【葬儀スタッフに聞いた】通夜・葬儀でマスクをしてもいい?体調不良時や予防でのマスク着用について

©SB/stock.adobe.com

風邪や花粉症が気になる季節の葬儀への参列。

葬儀に参列する際もマスクをしても良いのか迷った経験がある方はいらっしゃいますか?

なんとなく、マナーが悪いような気がして気が引けてしまう方もいらっしゃるでしょう。

今回は葬儀に参列する際のマスク着用マナーに関して解説していきます。

通夜や葬儀でマスクを着用してもいいの?

葬儀へ参列する際にマスクを着用していくのは問題ありません。

花粉症や風邪でくしゃみや咳がたくさん出てしまっているような場合、他の人がいるところに出掛けていくのにマスクを着用するのはエチケットです。

また、不特定多数の人が集まる場所であるがゆえに、感染予防をするためという方もいらっしゃるでしょう。

この場合外せるなら外した方が良い場面もありますが、基本は問題ありません。

喪主でもマスクを着用していい?

身近な人が亡くなると葬儀が終わるまで休まることがなく、体調を崩してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

また、喪主ではあるけれど、季節によってはどうしても花粉症の症状がひどいという方もいるかと思います。

何度も咳やくしゃみが出てしまったりして、明らかにエチケットとしてマスクを着用した方が良い場合はしても良いでしょう。

ただ、喪主の場合は来ていただいた参列者の方への挨拶やお礼もありますので、予防でマスクを着けている方は必ず外して対応をしましょう。

風邪や花粉症の方も外せそうであれば、式中だけでも出来れば外した方が良いでしょう。

年配の方などは特に「マスクをつけたままでは失礼だ」と感じる方もいるかもしれません。

また、どうしても外せないような場合は親族代表のあいさつなどを別の方に依頼するのが懸命です。

葬儀の受付をする場合のマスク着用

受付を依頼された場合でのマスク着用は出来れば避けた方が良いです。

受付は、親族の方が行うのであれば、親族代表として参列者の方に挨拶やお礼をすることになりますし、マスクをしたままだと失礼だと感じる参列者の方もいる可能性があります。

また受付は参列者の方と会話することも多いですし、マスクをしたままだと聞こえづらくなってしまいます。

会話するときのみ顎にかけるような形はだらしがなく見えてしまうので辞めましょう。

もし、ひどい咳やくしゃみが出ている場合は、逆にマスクをするべきですが、受付を依頼された時点で、喪主に確認するか断りを入れておくと良いです。場合によっては、別の方にお願いできるかもしれません。

もし、マスクを着用したままでも良いからと受付を依頼された場合には、参列者の方への挨拶や案内などは聞こえるように、普段よりもなるべくはっきりと大きな声で行うようにしましょう。

「葬儀の受付をお願いされた」受付の仕事内容・受付対応のマナー

葬儀でマスクを外したほうが良い場面

©hanack/stock.adobe.com

葬儀にマスクをしていくのは問題ないですが、外せるようであれば外した方が良い場面もあります。

それは誰かと会話する場面や、喪家の方にお会いした際や焼香のときなどです。

これは相手に不快な思いをさせないためのマナーです。

受付

受付の場面では、必ず外した方が良いという訳ではありませんが、外せるのであれば外した方が良いでしょう。記帳所などは、その葬儀場によって違いがあったりするので、受付担当の方と会話したりする事が予想されるからです。

マスクをしていると、どうしても声が聞き取りづらくなってしまいます。

また、親族の方が受付をしている場合にはお悔やみの声をかけることもあるでしょうから、その場合には外した方が良いですね。

お悔やみの言葉をかけるとき

喪家の方に挨拶をしたり、お悔やみの言葉をかける場合にはマスクはなるべく外すようにしましょう。

マナーという点でもそうですが、喪家の方は葬儀当日は沢山の会葬者とお会いになります。マスクから見えた顔だけでは、どなただったのかという事が分からない場合もあるからです。

喪主の方と顔見知りでない場合にお声をかける際は、マスクを外し、故人や家族とどいう関係か、という事と名前を名乗ってお話になると良いと思います。

焼香時にはマスクを外しましょう

焼香は、故人に敬意を払い冥福を祈る行為です。

故人や遺族に失礼の無いように咳やくしゃみが出ている場合でも、焼香の際は外すようにしましょう。

予防でマスクをしている方はもちろん外しましょう。

もし、焼香の際にも外せないようなひどい症状なのであれば、参列自体を避けた方が良いです。

例えば顔の傷などを隠すために、マスクをしているような場合は、焼香の最中は他の人からはあまり顔が見えませんので、外すようにしましょう。

焼香とは?葬儀での焼香の基本的な作法

おしゃれ目的・色付きマスクの着用は避けましょう

最近はマスクは白だけでなく黒やピンク、柄つきのマスクも登場しています。

風邪症状の際に、白以外のマスクを着用する方もいるかと思いますが、世間一般の認識としてはおしゃれの傾向が強いと感じてしまう方が現時点では多くいらっしゃいます。

今後世間のイメージも変わる可能性はありますが、喪服を着たら色付き・柄付きのマスクはしない、どうしてもする必要があれば白を着用するようにしましょう。

まとめ

葬儀のマスク着用に関しては「こうあるべき」ルールというよりも「こうした方が良い」というマナーです。

他の参列者の方を不快にさせないためのエチケット、故人や遺族の方を思いやるマナーを優先させるようにしましょう。

どうしてもマスクを外せないような事情がある場合は、誰かに代わりに香典を預けて会葬を依頼し、関係が深い場合は後日当家を弔問するのが良いでしょう。

葬儀に参列できません…欠席連絡や香典のマナーは?

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ