葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

葬儀では服装に意識を取られがちですが、メイクにも葬儀にふさわしいマナーがあります。
メイクで女性の顔の雰囲気は大きく変わるため、基本マナーを意識する必要があるのです。
今回は葬儀でのメイクの基本マナーを、葬儀にふさわしい「片化粧」と呼ばれるメイクを基準に解説をしていきます。

洗面化粧室でメイクをする若い女性

メイクは薄め・控えめの「片化粧」が基本

葬儀では「片化粧」と呼ばれる薄め・控えめのメイクが基本です。
葬儀の主役は故人ですので、参列をする側が自分を主張するように着飾ることは望ましくありません。
また故人へ弔意を示すためには、清潔感ある身だしなみをするべきと認識されているため、故人に配慮しメイクも控えめにしましょう。

片化粧とは

「片化粧」とは、メイクが薄く控えめで、「薄化粧」と似た意味合いの化粧の仕方です。
似た言葉に「ナチュラルメイク」がありますが、こちらは少し意味が違います。
「片化粧」はあくまで薄く、控えめに化粧を施しますが、「ナチュラルメイク」は、自然な顔を作り上げるためにしっかりとメイクをするためです。
お葬式では、いくら自然体であってもしっかりとメイクをすることはマナー違反ですので、「片化粧」と「ナチュラルメイク」の違いを理解しておくとよいでしょう。

「すっぴん」もマナー違反

薄めで控えめなメイクというのであれば、逆に「すっぴん」でもいいのではないかと思われるかもしれません。
しかし、成人している女性が葬儀で「すっぴん」はマナー違反です。
葬儀では着飾ることは確かに不要ですが、儀式という大切な場所ですので身だしなみを整えることが最大のマナーです。
「すっぴん」は手を抜いていると思われますし、人の前に出るにはみっともないと考えられていますので、事情がない限りは片化粧をしていきましょう。

© naka/stock.adobe.com

化粧下地・ファンデーション

それではここから葬儀にふさわしい「片化粧」の具体的なメイク方法について説明をしていきます。
まず化粧下地やファンデーションから見ていきますが、全体的に自然さを意識して仕上げていきましょう。

顔全体に薄く塗る

化粧下地やファンデーションはむらなく全体に縫っていきますが、普段よりも薄めに伸ばして塗りましょう。
シミが気になる場合には、ファンデーションを塗る前にコンシーラーで隠しておきます。
ファンデーションの上からはパウダーで抑えると控えめにすることができます。
薄く塗ることができファンデーションはパウダー状のものですが、リキッドタイプでも厚塗りに気をつければ問題ありません。

ツヤ感は控える

ツヤ感の出るファンデーションは葬儀にはふさわしくありません。
ツヤ感のある肌は、明るい印象を与えてしまうからです。
葬儀は悲しみの場ですので、明るい印象は必要ありません。ツヤ感が出るファンデーションは控えるように薄く塗ったり、ティッシュで押さえたりしてツヤ感を控えるように心がけましょう。

ハイライトは使わない

ファンデーションには肌を明るく見せるためハイライトのファンデーションもありますが、葬儀ではふさわしくありませんので使用しないようしましょう。
肌が明るく活発に見えるハイライトですが、葬儀ではそのような印象は必要ありません。
ハイライトのファンデーションしか持っていない場合には、葬儀に備えて通常のファンデーションも用意しておくとよいでしょう。

目・眉

次に「片化粧」の目や眉のメイクについて具体的に見ていきます。
ここでも大切なのは自然さであって、綺麗に着飾ることではありません。
目や眉は、メイクの濃さでずいぶんと印象が変わってしまうポイントなので、特に気を付けましょう。

アイシャドウは派手な色・ラメは避ける

アイシャドウは基本的にはつけなくて構いませんが、つける場合には派手な色やラメ入りは避け、ベージュやブラウンなどの落ち着いた色にとどめます。
できればアイシャドウをつけたとしてもつけたかどうか、パッと見ではわからない程度が望ましいです。

マスカラ重ね付け・つけまつげは控える

片化粧では、マスカラの重ね付けやつけまつげは控えましょう。
マスカラやつけまつげは目を濃く、大きく、華やかに見せるためのものですので、お葬儀の印象としては必要がありません。
特につけまつげはマナー違反とされていますのでつけないように気をつけます。
マスカラは重ね塗りでなければ気づかれにくくても、つけまつげはどれだけ控えめなものでも気づかれてしまいますので、少しぐらいはいいだろうとの考え方はおすすめできません。

眉は濃くしすぎない

眉をメイクする際は、ブラウン系の色合いで濃すぎないように作り上げましょう。
「自然な眉」をイメージして作るとよいのですが、自分の眉がある人は形を整える程度でかまいません。
眉をすべて剃っている人は、細すぎず太すぎず、そして濃すぎず薄すぎないで自然に見える眉を描きましょう。
柔らかい印象になるようう、ペンシル型ではなく、パウダー型のアイブロウを使うのもおすすめです。

カラーコンタクトはつけない

カラーコンタクトも葬儀ではマナー違反ですのでつけないようにします。
カラーコンタクトは、本来の目を隠してしまい、違う色に見せるので自然さを意識する片化粧には含まれないのです。
またカラーコンタクトは目の色を変えるだけではなく、目を大きく見せるためのものもあります。
目を大きく見せるためのカラーコンタクトをしていると、葬儀では目が大きくて不自然な印象を与えてしまう可能性もありますので、葬儀にカラーコンタクトはつけていかないようにしましょう。

頬・チーク

葬儀の片化粧では、頬のチークはつけないのがマナーです。
しかし、肌の色は人によって千差万別ですので、血色が悪いなどチークをつけないと不自然な印象を与えてしまう場合には、さりげなくチークをつけた方がよいでしょう。
葬儀にチークはできれば使わないにこしたことはありませんが、つけていく場合には、下記を参考して選びましょう。

ラメ・パールは避ける

チークはラメやパールなどのきらきらするものは避けましょう。
ラメなどが入っていると、光が当たって輝いて明るい印象を与えてしまいます。
葬儀では光沢のあるものはマナー違反とされていて、チークも例外ではありませんので、光るものは使わないようにします。

肌に馴染みやすい落ち着いた色を使う

チークの色は、自分の肌になじみやすい落ち着いた色を使いましょう。
赤みが強い色や肌とかけ離れた色だと、目立ちますし、活動的な印象を与えてしまいますので、薄めのピンクがおすすめです。
またもともと葬儀にはチークを使わないことがマナーという観点から、チークをつけていることがわからないように全体的にチークを塗り、ファンデーションにぼかしておくとよいでしょう。

口紅・リップ

片化粧では口紅やリップは塗らないのが正式なマナーです。
もとの唇の色があまりない人は薄く口紅をつけても問題はありませんが、あくまで自然に見える落ち着いた色を選び、薄く塗る程度にしましょう。
口紅のツヤや煌めきがあるものは控え、マットなものを選びましょう。赤やピンクの色合いは意外と目立ちますので、ベージュ系がおすすめです。
テカテカと光るグロスもつけないようにして、自然体を意識します。

中学生・高校生はメイクをしなくて良い

©buritora/stock.adobe.com

メイクは大人の女性のマナーとして考えられていますので、中学生や高校生である場合にはメイクをする必要はありません。
これは高校生までは子供であり、メイクは必要無いと考えられてきた昔の日本の考え方の名残です。
しかし、現在は高校生もメイクをする人もいますので、葬儀でメイクをしたい場合には大人の片化粧よりも薄く、化粧をしているかどうかわからない程度にしておくとよいでしょう。

葬儀にふさわしい服装・ネイル

葬儀では、メイクだけではなく服装やネイルにも気を配らなくてはいけません。
服装とネイルはメイクと同じく、おしゃれ感は出さず清潔感があることを意識します。
ここでは葬儀にふさわしい服装とネイルを見ていきましょう。

服装

葬儀に参列する際の喪服には「正喪服」「準喪服」「略喪服」があり、遺族・親族の場合は「正喪服」または「準喪服」を、一般の参列者の場合は「準喪服」を着用します。
正喪服とは、男性ではモーニングや五つ紋付き袴、女性では五つ紋付黒喪服(和装)であり、故人からみて3親等までの身近な親族が着用します。
準喪服は、男女ともにブラックフォーマルで、女性はアンサンブルやワンピース、パンツスーツで構いません。
略礼服は、地味な色合いの平服ですので、一般の参列者がお通夜の際に赴く際に着用して構わないものとなりますので、親族での参列する際には避けましょう。
男女ともにアクセサリーなどは、結婚指輪以外は外し、カバンなどの小物も光沢のない素材のものにします。

▼葬儀・通夜における女性の服装のマナーを知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

ネイル

爪先は指先の小さな場所ですが、意外と目につくものでもあります。
そのため、ネイルはつけなくて構いませんが、つける場合には透明やベージュのネイルに限り、つけているかどうかわからない印象に仕上げましょう。
派手な色やストーンなどの装飾は厳禁です。
普段からネイルをつけていて、ネイルをとる時間がない場合には、上からベージュのネイルを重ね塗りするなどして、目立たないように心がけます。

▼葬儀・通夜でのネイルのマナーや隠し方を詳しく知りたい方はコチラ

葬式でのネイルはNG!ネイルを隠す7つの方法

まとめ

葬儀では大人の女性でメイクをしないことはマナー違反となりますので、メイクはする必要があります。
しかし、葬儀では着飾る必要はありませんので、メイクは薄めで控えめな「片化粧」とし、濃い色やラメなどの華やかさが出るものは使わないようにしましょう。

▼葬儀・通夜での服装のマナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ