生前葬とは?元気なうちにお葬式を行う目的とメリット

「生前葬」と聞いて皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。

終活が一般化してきた中で、生前葬も多様化してきており、一般的なお葬式の様な形式だけではなく、最近では様々な方法があり、明るい雰囲気で行われるケースも多いのです。

一般の方で生前葬を行う方は今はまだ少数派ですが、本記事では、生前葬をやってみたいな…という興味を持っている方のために、生前葬のやり方や費用のメリット・デメリットを紹介し、更に生前葬に招待された方のために、参列する場合のマナーについても解説していきます。

生前葬とは

生前葬を行う女性

©milatas/stock.adobe.com

生前葬とは生きているうちに、関係のあった方に感謝を伝える葬儀、セレモニーのことです。

「生前葬」という言葉からすると「葬儀」をイメージしがちですが、葬儀というよりも、お別れ会や感謝パーティーのようなイメージに近い会を開かれる方が多いです。

生前葬を行う目的

生前葬は、自分の言葉で今まで親交があった方に感謝の気持ちやお礼を伝えたい、人生の区切りとして行いたい、自分の死後に葬儀の負担をかけたくない・減らしたいという目的で行う方が多いです。

余命宣告をされた方もそうですが、年齢を重ねて体の自由が効くうちに会いたい人に会っておきたいという方もいらっしゃいます。

また著名人に多いのですが、人生での大きな転機を迎えた方など、これまでの人生を振り返るとともに、人生の区切りや第二の人生のスタートしたことを周囲にも理解してもらうために開かれる方もいらっしゃいます。

一般的なお葬式との違い

一般的なお葬式は、遺族や生前親交のあった方が亡くなった故人の冥福を祈るため、また仏教であれば成仏のために行うという意味合いが強いですが、生前葬は自分自身が施主となり、自分が呼びたい方を招待します。

一般の葬儀では、お寺の住職や神社の神主さんを呼んで、拝んでもらうのが一般的ですが、生前葬では呼ばずに、無宗教で行うケースが多いです。

生前葬のメリット

高齢女性2名

©imtmphoto/stock.adobe.com

生前葬は、生きているうちにできる、自分の意志で決められる、という点で大きなメリットがあります。下記にて、そのメリットを細かくご紹介します。

自分の言葉で感謝の気持ちを伝えられる

やはり一番のメリットは、今までお世話になった人に自分で挨拶できる、という点ではないでしょうか。急に亡くなってしまった場合は、葬儀に来ていただくのが難しい場合もありますし、実際に自分で会いたい方にお会いすることが出来ません。

また普段から「これまで親しくしていただいていた方々に再びお会いしたいとは思っているけど、理由がないと連絡を取りづらい」という方もいらっしゃるかもしれません。

主催者も「生前葬」という理由があるので、会いたい方にもお声掛けしやすいでしょうし、招待された側も事前に日程調整が出来るので、参列しやすいでしょう。

自分で納得のいく会を開催できる

一般の葬儀の場合、施主となるのは家族になります。

生前に葬儀について相談しており、細かい部分まで決めていたとしても、相談してから実際の葬儀まで期間があいてしまったりした場合には、その内容での実施が難しかったり、そもそも実行されない可能性もあります。

ですが、生前葬ですと自分の納得のいくプランを自分で決めることが出来て、実際に来ていただいた方を自分でおもてなしすることができます。

楽しい会にすることができる

一般的な葬儀ですと亡くなった故人を偲んで涙を流している方がいらっしゃったり、どうしても「悲しみ」を切り離すことは難しいかと思います。

ですが、生前葬は生きているうちに行うことが出来るので、「楽しんで行ってもらいたい」「笑顔で送り出してもらいたい」と常に思っている方にはぴったりでしょう。

家族に葬儀の心配をさせなくても済む

死後に遺族が葬儀の内容を決めるケースですと、遺体の問題などもあり、時間的制約が少なからずあります。

また、差し迫った時間の中で、残された遺族が色々と決めなければならないとなると、精神的・肉体的、さらには金銭的にも負担になります。

生前葬を行っておけば、実際亡くなった後は密葬という形で済む場合が多いので、葬儀の内容を決めるという点や、費用の点で遺族の負担を軽減することが出来るでしょう。

生前葬のデメリット

生前葬に不満を抱く男性

©imtmphoto/stock.adobe.com

これまでは一般の方で生前葬をあげるという方は少なかったので、その点でデメリットもあります。以下でデメリットを解説しますので、生前葬を検討されている方は注意しましょう。

招待客を集めるのが難しい

一般の方ですと、なかなか周囲の理解を得るのが難しい場合もあります。生前葬を行う目的・意図をしっかりと理解してもらってから、招待するのがおすすめです。

自分本位になってしまいがち

自分で決められるからこそ、自分本位になってしまいがちなケースもあります。どういう目的・意図で生前葬を行いたいのか、家族としっかりと話し合って、納得してもらってから行うようにしましょう。

また、実際に生前葬を行う場合は、死後の葬儀をどうして欲しいのかというのも決めておいた方が良いでしょう。

参列者にも開催の目的や意図を事前に説明し、死後の葬儀についてどういう予定をしているのかという点についても、きちんと説明した方が親切です。

実際の葬儀と二重に費用が掛かる場合もある

家族の負担軽減のために生前葬を行い、実際の死後には火葬式のみで構わないと本人が思っていたとしても、残された家族には抵抗があったり、周囲の反対もあった場合、本人の意思とは別に一般的な葬儀や家族葬を行うケースもあります。

死後の葬儀をやらずに密葬をしてほしいと考えている場合は、きちんと家族と話し合って納得してもらったり、明確な遺書を残した方が賢明かと思います。

生前葬の流れ

宗教者を呼んで、実際の葬儀に近いようなスタイルでやる場合は、「告別式」の内容に近いですが、パーティースタイルで実施する場合は結婚式などの演目に近くなるでしょう。

おおまかな葬儀の流れ

ここではパーティースタイルの生前葬の流れを紹介します。

開式の挨拶 司会がいる場合は司会が進行をします。小規模で司会がいない場合は、本人による挨拶とまとめてしまって良いでしょう。
主催者・本人による挨拶 参列者の方に、来ていただいたお礼や、開催の目的などを含めて挨拶を行います。
来賓の挨拶 大規模にやる以外は無くても良いでしょう。
乾杯 事前にどなたかに依頼をしておきましょう。
自分史の紹介 スライドや、ムービー等を流すと良いでしょう。
会食・歓談 主催した本人が各テーブルを回ったりしながら、食事や会話を楽しみましょう。
友人代表のスピーチ 無くても良いと思いますが、お願いできればした方が盛り上がるでしょう。
余興 参列者が楽しめたり、自分らしいものだったり、思い出に残るものを用意しましょう。
主催者・本人による挨拶 当日の感想や、自分の死後の葬儀の予定などについてお話しすると良いでしょう。
閉式の挨拶 閉式したら会場の外で参列者の方のお見送りをしましょう。

生前葬のやり方

生前葬

©ayaka_photo/stock.adobe.com

生前葬は、無宗教で行う場合が多いので、本当に自由なスタイルで開催することが出来ます。

自分のやりたい葬儀の内容によって依頼する場所や、準備が必要なものが変わってきますので、以下で解説していきます。

生前葬をしたいときはどこに頼めばいいの?

どんなスタイルで生前葬をやりたいかにもよります。

宗教者を呼んで戒名を生前授与して頂いたり、実際の葬儀に近いようなスタイルでやる場合には葬儀会社に依頼するのが適当かと思います。大手の葬儀会社ですと生前葬プランがあったりする場合がありますが、中小の葬儀会社ですとプラン自体が無いことも多いです。プランが無くても実施は可能ではありますが、実施したことがない葬儀会社もまだまだあります。

葬儀会場で生前葬をやるというのが抵抗がある場合や、「パーティー」や「宴会」というスタイルを重視して実施したいという場合には、ホテルや貸切が出来るレストランに依頼するのが良いでしょう。

生前葬は食事や余興がメインになりますので、自分で振る舞いたい食事が出せる場所や、やりたい余興が出来る場所を選ぶのが良いかと思います。

生前葬で事前に準備、決定すること

生前葬をおこなうと決めた際に準備しておくことは以下のとおりです。

  • 開催場所、日時の決定
  • 食事内容などの決定
  • 余興など式の内容詳細の決定、準備
  • 記念品など、引き出物の決定、準備
  • 招待客の決定、招待状の送付
  • 式場の準備

生前葬は普通のお葬式とは異なり、参加者が楽しめる余興を行うことが多いです。

式に参加したくなるような余興を事前に用意しておきましょう。

生前葬の服装

一般的な葬儀は喪服での参列が基本ですが、生前葬には決まりはありません。招待状を出す時などに主催者側で指定をするのが親切です。

生前葬の主催者の服装

ホテルなどで行う場合は正装が良いかと思いますが、カジュアル過ぎなければ、自由な服装で良いかと思います。

思い入れのある衣装や参列される方が見てわかるような自分を現すような服があれば、それを着ていくのもお勧めです。

余興として途中で着替えたりしても良いでしょう。

生前葬に参列される方の服装

特に記載がない場合は、セミフォーマルのスーツやワンピースの平服で参列するのが一般的ですが、不安な場合は主催者に確認をしましょう。

主催者側からの指定がある場合はそれに従います。

主催者の方との思い出があるような服ですと、会話のきっかけにもなりますし、思い出にもなるかもしれません。

生前葬の香典

生前葬の場合は、会費制で香典は不要な場合が多いです。

もし、会費でない場合は主催者が全て負担するというケースもありますが、「御花料」などとして10,000~20,000円を包んで持っていくのが一般的です。不明確な場合は事前に確認をした方が良いでしょう。

もし、香典を断られるような場合には、式に出席した後にお礼の気持ちで何かお贈りするのが良いかと思います。

生前葬にかかる費用の目安

生前葬にかかる費用

@tamayura39/stock.adobe.com

では、実際に生前葬をしたいと思った場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

以下は生前葬にかかる大まかな費用目安になります。

項目 費用 備考
開催場所のレンタル レストラン:10万程度~
葬儀社のホール:30万程度~
ホテル:50万程度~
カジュアルレストランを貸切、自分で細かなこともやる場合はもっと安く済む場合もあります。
葬儀社を利用して祭壇を作ったり、ホテルで装飾をしてもらう場合は、式場利用料に含まれているものとそうでないものがあるので、事前に確認をしましょう。
司会 2万程度~ 呼ばなくてもできますが、招待客が多くパーティースタイルでやる場合はお願いした方が良いでしょう。
食事 一人当たり1万円程度~ 生前葬は食事もメインになってきますので、気持ちよく帰ってもらうためには、ある程度費用をかけたお食事を提供するのが良いでしょう。
自分史などの映像作成 2万程度~ 自分でやる場合はかかりません。
余興 5万程度~ 何を余興にするのかでかなり変わってきますが、簡単なゲームをする場合は景品を用意したりしましょう。カラオケなどをする場合でも、景品があった方が盛り上がるかもしれません。
プロの歌手や、演奏者、芸人さんなどに余興をお願いする場合は、それなりの費用がかかります。
引出物 3千円~5千円程度~ 来ていただいたお礼に引き出物をご用意するのが望ましいです。

例えば、30人の参加者を想定した場合の費用の目安は125万円~になります。

高いと感じる方もいいかもしれませんが、自分の心身の状態が元気な間にこれまでお世話になった方々を集められる機会になると考えると魅力的ですね。

生前葬をおこなった場合、死後のお葬式は?

生前葬を行った場合は、死後のお葬式はやらなくても構いませんが、遺族の気持ちとして住職や神主さんに拝んでもらいたいという場合も多いでしょう。

そのため死後の葬儀をおこなうのか実際にどうするか家族と話し合っておく、遺書を残しておくというのがおすすめです。

生前葬をおこなった場合、死後の葬儀は密葬だったり、本当に近しい身内だけで家族葬などで簡単に済ませるというのが多いケースかと思います。

生前葬をおこなった芸能人や有名人の例

ビートたけし(タレント、映画監督)
バラエティ番組の企画で「葬儀をコントネタでやると番組が当たる」というジンクスの元、行われました。

桑田佳祐(歌手)
音楽番組の企画で、番組のリニューアル記念として新しく生まれ変わる、という意図で行われました。

テリー伊藤(タレント)
還暦を記念してバラエティ番組の企画で行われました。

SMAP(歌手)
「FNS27時間テレビ」の企画として「今までのSMAPから生まれ変わる為に」という名目で行われました。

アントニオ猪木(元プロレスラー、政治家)
両国国技館でイベントとして行いました。

水の江瀧子(女優)
生前葬を行った後、芸能界を引退されました。

安崎暁(実業家)
末期がんを発症し、感謝の会を実施されました。

まとめ

終活が広まる中、一般の方で生前葬を実際に行われる方はまだまだ少数かもしれません。また、生前葬のスタイルが自由であるがゆえに、参列する側のマナーなども不明確で、実際招待された場合は戸惑ってしまうかもしれません。「生前葬」を行う目的を参列者の方に理解してもらい、生前葬の当日楽しんでもらうためにも、主催者は招待客にしっかりと意図や目的を伝え、死後の葬儀はどうするのかなどはしっかり家族と話し合い、納得をしてもらった上で開催するのが良いでしょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ