お通夜に遅刻してしまうと失礼にあたる?遅れて参列する場合の失礼のない対応方法や香典の渡し方を解説

訃報の連絡は突然受け取ることが多く、お通夜に参列したいと考えても、ほかの予定と重なってしまって、開始時間に間に合わないこともあるかと思います。

そもそもお通夜に遅刻することは問題ないのでしょうか。この記事では、お通夜に遅れることはマナー違反にならないのかやお通夜に遅刻する際の対応の仕方について詳しく解説していきます。

急なお通夜に遅刻してしまうことは避けられないこともあります。ぜひこの記事を読んで、万一の時の対応に困らないようにしておきましょう。

お通夜に遅れて参列することは失礼にあたる?

そもそも、お通夜に遅刻していくことはマナー違反にならないのでしょうか。多くの場合お通夜が開始されるのは18時から19時ごろになるため仕事が終わってすぐにかけつけたとしても、時間に間に合わないこともあるでしょう。

30分程度の遅刻なら問題なし

お通夜の開始時刻に間に合わず遅刻してしまいそうな場合、30分程度の遅刻であれば問題ないことがほどんどです。お通夜が始まると僧侶による読経があり、その後参列者のお焼香が始まります。開始から30分程度まではまだ焼香を行っている時間となるため、遅刻しても係りの方の指示に従い、そっと着席すれば問題ありません。

ただし、式場に到着した時に僧侶の読経が行われている場合には読経が終わるまで外で待ち、お焼香が始まったタイミングで会場の中に入るのがマナーです。お通夜が式場で行われている時には係りの方の指示に従い、自宅で行われている場合でも葬儀社などの方や葬儀の進行のお世話をしている方の指示に従うようにします。

1時間以上遅れる場合は斎場に連絡を

1時間以上遅刻してしまうと、僧侶の読経や参列者によるお焼香が終わっていることがあります。

ですから、そのような状況になってしまった場合には、斎場に連絡をして今から駆けつけて参列することが可能かの確認をしましょう。もし、1時間以上遅れても参列が可能であるとのことであれば、できるだけ急いで駆け付け、お通夜が終わった後に遺族にお悔やみの気持ちを伝えて、遅刻したことをお詫びしましょう。たとえお通夜に遅刻してしまったとしても、忙しいにもかかわらずお通夜に駆けつけてくれとことを遺族は嬉しく感じることでしょう。

したがって、お通夜の開始時刻に間に合わないという理由でお通夜に行かないよりは、遅刻してでも駆け付けたほうが遺族には喜ばれます。

自宅でのお通夜の場合夜遅くの訪問は控える

お通夜に遅刻してしまうことは問題ないと言っても、あまりに遅い時間になるようであれば訪問を控えたほうが良いこともあります。特に自宅でお通夜を行っている場合、遺族は悲しみの気持ちを抱えたまま、次の日の葬儀の準備をされていることでしょう。そのような中で夜遅くの弔問客の対応をすることは負担を増やすことになりますので控えることが望ましいです。

もし、到着が21時以降になってしまうようであればその日の弔問は諦め、葬儀へ参列するか後日改めて弔問にお伺いするなどの対応が適切です。

遅れて参列する場合の受付でのマナー

お通夜の開始時刻に間に合わず、遅れて参列する時にでも受付で香典を渡ししたり、記帳を行う必要があります。では、お通夜に遅れてしまったときには受付でどのように振る舞うのが良いか、そのマナーについて知っておくようにしましょう。

受付ではお悔やみの言葉とお詫びを

お通夜が開始となってもしばらくの間は受付の方がまだ残っておられますので、遅刻しても会場に入るタイミングなどの指示をいただくことが可能です。

したがって受付に到着すれば、まずお悔やみの言葉に加えて遅刻したことへのお詫びを伝えましょう。そして、可能であればお焼香をしたいと思っている旨を伝えます。もし、大きく遅刻してしまって既に受付が終了している場合でも会場内の式場のスタッフに声をかけて対応をお願いするようにします。

▼お悔やみの言葉のマナーや使ってはいけない言葉を詳しく知りたい方はコチラ

お悔やみの言葉のマナー|例文とタブーの言葉をチェック

遅れた理由などの説明は不要

受付で遅刻したことに対する謝罪をする際には遅刻の理由を伝える必要はありません。人それぞれお通夜の開始時間に間に合わない理由があり、多少の遅刻は問題ないと許容されているので、その理由を問われることはありません。

それよりも、受付で遅れた理由などを長々と話されて受付の方の手が止まり、式場に入る時間が更に遅くなるほうが好ましいとは言えません。受付ではあまり時間がかからないように気をつけて、速やかに会場に入れるように心がけるのがマナーです。

お通夜に遅れて参列する場合の香典の渡し方

© NOBU/stock.adobe.com

お通夜が始まる前に受付した時では、香典は受付でお渡しします。ただし、お通夜の開始時刻に遅れてしまった場合の香典の渡し方は、受付が開いているときと既に受付が終了している時では対応の仕方が変わりますので注意が必要です。

受付が開いている場合

お通夜に遅刻してもまだ受付が開いている間には通常通りの対応をします。すなわち、受付の方にお悔やみの言葉を述べ、遅れたことへのお詫びをします。そして、記帳を行って持参した香典をお渡しするようにします。

その後、係りの方の案内に従って会場に入場して着席し、まだ全ての人の焼香が終わっていない状況であれば焼香の順番を待ちましょう。

既に受付が終わってしまっている場合

受付はお通夜の間ずっと開けて待っているのではなく、ある程度の時間が過ぎれば終了します。もし式場に到着した時間が遅かったため、既に受付が終了していた場合には香典は直接遺族にお渡しをするようにします。もし、遺族がお通夜に参列していて直接お渡しすることが難しい場合には、葬儀場の方へ事情を話して香典を預けるようにします。

直接、香典を遺族にお渡ししたい場合には、お通夜が終了した後のタイミングでお渡しするのが良いでしょう。ただし、お金に関することなので、その保管の仕方などで遺族の方の負担をかけない方法でお渡しするのが望ましいです。

もし、お通夜の会場で香典をお渡しするのが難しい場合には、葬儀の受付でお渡しするか、後日郵送で贈るという方法をも選択肢に入れておきましょう。

▼香典について詳しく知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

お通夜に遅れて参列する際に注意しておきたいこと

お通夜に遅れてしまう場合には、連絡の方法や服装などで注意しておきたいマナーがあります。お通夜に遅れること自体は問題ないことがほとんどですが、マナー違反にならないようには留意しておくようにしましょう。

遺族に直接連絡はしないこと

お通夜に遅刻する時は30分程度であれば、特段連絡をする必要はありません。ただし、1時間以上遅れる場合には、到着時に既に焼香が終わっていると考えられることや、遺族の都合の確認も含めて連絡をするようにします。

しかし、この時に遺族に直接連絡をすることは避けましょう。なぜなら、お通夜が始まる前は弔問客への対応などで忙しくされており、通夜が始まってからは厳かな雰囲気を壊さないために携帯電話の電源を切っておられることも多いためです。

したがって、遅刻することの電話連絡はお通夜が行われる式場にかけるようにし、焼香に間に合うかなどの必要事項の確認を取るようにしましょう。ただし、お通夜が始まってからの時間帯になると式場の人が遺族と連絡を取ることも難しくなるため、電話連絡は式が始まる時間の前にするのが望ましいです。

お通夜は喪服でなくても問題ない

遅れてお通夜に参列する場合も含めて、お通夜では喪服を着用する必要はありません。黒や紺、グレーなどダークカラーのスーツを着用し、アクセサリー類は外しておきましょう。

仕事などでお通夜に遅れてしまうことが明らかな場合には、お通夜にふさわしい服装をしておけば、すぐに駆け付けることが可能になります。少しでも早く到着できるように工夫することもマナーです。

まとめ

突然の訃報で仕事などの予定をやりくりしても、お通夜の行われる場所までの距離などによってはどうしても遅刻してしまうこともあるでしょう。しかし、30分程度の遅刻であれば問題はなく、それ以上の遅刻となっても遅れてでも駆け付ける方がマナーです。

ただし、余りにも遅い時間になる場合には葬儀に参列するか、後日弔問させていただくようにして、遺族の負担にならない配慮を行うようにしましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ