葬儀で供花を手配する方法とは?贈る前に知っておきたいマナーや相場について解説

身近な方の訃報の連絡を受けた時に、お花を贈りたいと思うことがあるのではないでしょうか。しかし、実際に葬儀に花を贈る機会は多くないため、どのようにすればよいのか疑問に思う部分も多いかもしれません。

この記事では葬儀に花を贈りたいときに、手配の仕方や送る際のマナー、贈る花の値段の相場、花を贈る時に気をつけなければいけないことについて解説します。

訃報を受け取ってから花を贈る手配をするまでの期間は短いですので、慌ててマナー違反をしてしまうことがないように、ぜひ内容を参考にして下さい。

供花とは

葬儀では祭壇や入り口にたくさんの花が飾られているのを目にします。葬儀に供える生花を供花(きょうか、くげ)といい、故人の霊を慰め、弔意を表すものとして葬儀には欠かせないものとなっています。

この供花を贈る人に特に決まりはなく、親族や故人と関係性の深い人から贈られることが多いですが、贈りたいと思う人は誰でも贈ることが可能です。ただし、供花を贈るにあたっては故人や遺族に配慮をし、マナー違反にあたることがないように気をつけなければなりません。

供花を手配する方法

供花を贈りたい時には、まず最初にご遺族に供花を贈っても良いかを確認する必要があります。なぜなら、故人やご家族の意向で供花や供物の受け取りを、辞退されていたり、会場の広さの関係でたくさんの供花を飾れないことがあるためです。したがって、忙しいだろうからなどと気をまわして、遺族に黙って供花を贈るようなことはせず、必ず了承を得てから贈るようにしましょう。

供花を贈ることに問題がなければ、供花を送ってもらう業者さんを探しましょう。近くの生花店やネットの花屋さんなどでも供花を取り扱っています。しかし、葬儀会社によっては他の事業者の供花の持ち込みを断っていたり、統一感を出すために花の種類を決めていることがあり注意が必要です。そのため、葬儀を行う葬儀会社に問い合わせをして供花の持ち込みが可能かなどを確認するか、葬儀を行う会社に供花の手配をするようにしましょう。ただし、いろいろな手間やトラブルを回避しやすいことなどを考えると、葬儀を行う葬儀会社に手配をするのがおすすめです。

供花を送る際のマナー

供花は贈る側の気持ちを表すものですが、贈る際にはマナーも存在します。マナー違反をしてしまうと、せっかくの気持ちが伝わらないばかりか、遺族に迷惑をかけてしまうことにもなりかねませんので気をつけましょう。

喪主が断っている場合には無理に送らない

供花を送りたいと思っていても、喪主が香典や供花などの厚志を辞退しているケースが最近では増加傾向にあります。供花を辞退する理由としては故人の意向を尊重してとされることが多いですが、それ以外にも葬儀後の返礼などの手間を省きたいと考える遺族もおられるでしょう。

そのような場合に、無理に送ってしまうと予定していなかったお返しを準備しなければならなかったり、供花の置き場所を考えたりなど遺族への負担が増してしまうことになります。したがって、喪主が断っている時にはその意向を尊重し無理に送るようなことは控え、ご迷惑にならないようにしましょう。

式の当日の余裕ある時間に到着するよう手配する

葬儀では通夜が行われる場合は、その日の午前中に届くように手配をします。告別式だけの場合には告別式の当日の開始時間に余裕を持って届くようにしましょう。もし手配を急いでも余裕をもって届けることが困難な状況なのであれば、無理に葬儀に供花を贈ることは避けたほうが無難です。

ただし、余裕を持たせすぎて前日などの余りにも早い時間に届けてしまうと、行き場所に困ることもあります。そのようなことを避けるため、自分で生花店などで手配をする時には、葬儀会社に何時頃に到着すればよいかを確認をしておくと安心です。

葬儀を行う宗教にふさわしい花を送る

葬儀には宗教によって飾るのにふさわしいとされる花の種類に違いが見られます。そのため、供花を贈る時にはどの宗教の葬儀であるのかを確認しておくようにしなければなりません。

たとえば、仏式の葬儀では菊やユリなどのほかカーネーションやランなどの洋花が用いられます。色は白を基調として薄いピンクや紫などの落ち着いた色のものを用いて籠などにアレンジメントした盛籠の形にするのが一般的です。そのほか、十分な広さのある会場であればスタンドタイプの花を供えることも可能です。

神式の葬儀では仏式と同様に白い菊やユリなどを選んで盛籠やフラワースタンドにして飾ります。色は白をベースにして仏式の場合と違って胡蝶蘭などを用いられることはあまりなく、シンプルな供花に仕上げて供えられます。

キリスト教では生花のみが用いられ白ユリやカーネーションなどの洋花が選ばれ、仏教で用いる和花の菊を使用することはほとんどありません。そのため、菊を使用したい場合にはスプレー菊や小菊などの種類が選ばれます。

キリスト教の供花を贈る時には遺族の自宅に送り、遺族が自宅から教会に運びます。したがって、持ち運びがしやすいアレンジメントの形で贈るのが通常です。

また、とげのあるバラや派手な色の花は供花にふさわしくないとされていますので、故人が好きだった花であったとしても避けるのが無難とされています。

ただし、最近では葬儀の考え方も多様化しており、地域や宗教によっての風習に違いがあるため、どのような種類や色の花を選べば良いのかは、葬儀を行う葬儀社に確認してみると良いでしょう。

供花の一般的な値段の相場とは

供花の値段は、盛花のタイプのものでは7,000円~20,000円くらいが相場となります。使用する花の種類や季節、大きさによって値段が変わります。スタンドタイプの供花では10,000円から30,000円くらいと盛花のタイプより大きなものになるため、その分値段が高くなります。

供花はひとつ(一基)だけ贈る場合とふたつ(一対)贈る場合があります。したがって一対で贈る場合の相場は倍となります。また、相場の金額より余りにも高額なものを贈ってしまうと遺族に気を遣わせることにもなりかねず、相場に応じた適正な金額のものを選ぶように心がけましょう。

供花の名札の書き方

供花を贈る時には誰から贈られたものかが分かるように、供花に名札をつけなければなりません。ただし、この名札は贈る人によって書き方に違いががあり、間違えないようにしなければなりません。したがって、それぞれの立場での名札の書き方を覚えておくようにしましょう。

会社で供花を送る場合

故人が勤めていた会社などが会社として供花を贈る時には、会社名、代表者の肩書、代表者名を記載します。

会社名は略さずに正式名称で書くようにします。ただし、社名が長くなってしまう場合には格式会社を(株)というように法人種別の部分に関しては略して書いても構いません。

連名で送る場合

会社の部署の複数人で供花を贈る時には、会社名と「部署名+一同」と書くようにします。また、部署の供花を連名で贈る時には肩書の高い人から右から順番になるように書いていきましょう。

友人や上下関係のない団体から連名で贈る時には、順番を気にすることなく連名にするか、「友人一同」などのように「一同」をつけるようにすると良いでしょう。

子供、兄弟などで供花を送る場合

故人の子供や兄弟などの身内が連名で供花を贈る時には、故人の名前を連名にはせず「子供一同」や「兄弟一同」などと書くのが一般的です。もし、身内であっても個人の名前を連名にしたい場合には、右から年齢の高い人から順に書いていきます。

親の葬儀でこどもは供花を送ったほうがいい?

親の葬儀に供花を贈る場合は「子供一同」として贈るのが一般的です。ただし、子供が1人しかいない時には、個人として贈る場合と親戚からの供花に入れてもらう、ふたとおりの贈り方があります。供花の費用の負担が大変と感じる場合には親戚の方に連絡をして、親戚一同の中に入れてもらうようにすると良いでしょう。

故人の子供であって喪主を務める場合には、地域によって供花の出し方に違いがあるので注意が必要です。たとえば、関東地方では喪主が個人で喪主花として供花を準備しますが、そのような風習のない地域もあります。ですから、自分の地域の風習がどのようになっているのか分からないときは、地域の葬儀会社に確認してみると良いでしょう。ただし、家族葬などの小規模な葬儀では供花の数が少ないと祭壇がさみしく見えてしまうこともあります。このような場合には、喪主も供花を出すようにすると良いでしょう。

供花をもらったらお礼は何を渡せばいい?

供花をいただいたら、お返しは不要との断りがない限り、必ずお返しをするようにします。お返しは品物にお礼状をつけて送り、タイミングは香典返しと同じく、四十九日の忌明け後になります。

供花へのお返しの品物は、香典返しと同様の考え方で構いません。したがって、品物を選ぶときは「消え物」と呼ばれる後に残らないものを選ぶようにします。たとえば、お菓子やお茶、食品などが挙げられます。このほか、タオルなどの日常で使用するものや最近では相手に好きなものを選んでいただけるようにカタログギフトなどを選ばれることも多くなっています。

お返しの品物は供花の値段のおおよそ3分の1から半額程度を目安に準備します。ただし、親戚などの身内からの供花であれば3分の1から4分の1程度の金額でも失礼には当たらないとされます。もし、供花と香典の両方をいただいた場合にはその金額を合わせた金額に応じたお返しを準備するようにします。

まとめ

葬儀に花を贈る時に最初に確認をすることは、供花をしても良いかどうか、供花の手配をどこで行うか、いつまでの届くようにすれば良いのかです。また、どのような花を贈るか、金額はどのくらいのものにするか、名札の書き方を手配の際に伝えます。

このように葬儀に花を贈る時にはいろいろと配慮が必要です。訃報を知ってから、供花の手配をするまでは時間の余裕があまりありません。そのため、ひとりで迷っていたり、分からないまま進めるのではなく、葬儀会社と上手くコミュニケーションを取って、遺族に迷惑がかからないようにすすめていきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ