香典返しを辞退するときの書き方 | 不祝儀袋・一筆箋に添える辞退の文例

香典返しを辞退しようと考えている方の中には、どのように辞退を伝えればよいか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
辞退する場合の伝え方として、『不祝儀袋(香典袋)に直接書く』『一筆箋を添える』が最も多く使われている方法でしょう。
この記事では、不祝儀袋直接書く場合の書き方や一筆箋に添える文例を紹介します。是非最後までご覧ください。

香典返しを辞退する理由は?

香典返しを辞退する理由として考えられるのはいくつかありますが、大きく分けると3つのパターンに分けることが出来ます。
具体的に挙げると

  • 遺族の負担を軽くするため
  • 香典が少額なため
  • 香典返しをもらうことが出来ないため

という3パターンでしょう。それぞれのパターンについて、理由を説明していきます。

遺族の負担を軽くするため

香典とは、故人に対する弔意や葬儀の負担を軽くする相互扶助の役割です。

金銭的な負担を軽くする相互扶助を目的として香典を出される場合、香典返しをもらってはかえって遺族の負担が大きくなってしまいます。

特に、世帯主が亡くなった際は「香典を今後の生活費の足しにしてほしい」と考える方もいらっしゃいます。

あまりに高額の香典を包んでしまうと、遺族に気を遣わせてしまうた、わざと相場金額よりも少なくすることもあります。

香典が少額なため

複数人で少額の香典を出し合った際や、会社などの規定で少額の香典を包むことが決まっている時には、香典返しを辞退される方もいらっしゃいます。

先程の遺族の負担を軽くすることが目的であり、遺族に気を遣わせないという意味を込めて香典の額を減らしました。こちらは、少額の香典を複数人で包んだり会社などの規定で香典の額が少額であるため香典返しを辞退される場合です。

香典の額が相場よりも少なくなることには変わりありませんが、意味合いが異なります。

香典返しをもらうことが出来ないため

公的な組織や会社に所属している場合、規定で香典返しを受け取れないということがあります。

公的な職に就いている方は、香典が有識者への寄付にあたる可能性があるからです。この行為は、公職選挙法違反になってしまうため香典辞退が出せません。つまり、香典返しも辞退する必要があります。

頻繁にあることではありませんが、法的な理由で香典をいただけない方もいらっしゃると

香典返しを辞退するときの伝え方

香典返しを辞退する場合の伝え方は、以下のようなものが考えられます。

  1. 葬儀の受付で口頭で伝える
  2. 香典辞退の不祝儀袋を使用する
  3. 香典辞退のシールを使用する
  4. 不祝儀袋に香典返し辞退の旨を記す
  5. 一筆箋を不祝儀袋の中に入れる

1.の方法だけでは不十分ですので、1.と2.~5.のどれかとの組み合わせで香典返しの辞退を伝える方法が良いでしょう。

なお、葬儀の受付では「誠に勝手ではございますが、香典返しは辞退させていただきます。」などと口頭で伝えればよいでしょう。当日に香典返しを渡される場合は受け取らず、会葬御礼だけいただきます。会葬御礼は香典へのお返しではなく、葬儀に参列していただいことへのお礼であるため、受け取って問題ありません。

不祝儀袋(香典袋)で香典返しの辞退を伝える文例

不祝儀袋に香典返しの辞退を記すには、何処にどのように書けば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。香典返しの辞退を記す場所と文例を説明していきます。

不祝儀袋のどこに書く?

不祝儀袋を分解すると、外包みと中袋と水引とに分けることができます。

不祝儀袋に香典返しの辞退を記すには、不祝儀袋の外包みの裏側の端か中袋の住所・氏名の横に書くようにしますが、特に決まりはないためわかりやすい場所に書くと良いでしょう。

香典辞退を記入する際に注意するのは、丁寧な文章で書くことです。次項目で書き方を説明しますので、参考にされてください。

文例

不祝儀袋に直接香典返しの辞退を記す場合は、長い文章は必要ありません。
香典返しの辞退を伝えるわけですので、『お返しは辞退させていただきます』の一文を書いておけば十分です。

一筆箋で香典返しの辞退を伝える文例

不祝儀袋に直接書く場合よりは長くなりますが、一筆箋に書く場合は短めの文章が必要になります。ここでは、一筆箋に書き記す文例も紹介しますので参考にされてください。

一筆箋とは?

一筆箋とは、縦18センチ横8センチで短冊形の便箋のことです。B5サイズの便箋に比べると書ける長さも短いですが、ちょっとした一言を添えるには大変便利な便箋でしょう。

文例

一筆箋を用いた香典辞退の文例は、以下のようになります。

〇〇(喪主名)様
心よりお悔やみ申し上げます
誠に勝手ながらお返しのご配慮は不要でございます
故人の冥福を心よりお祈り申し上げます
〇〇 〇〇(自身の名前)

辞退の文章は何で書く?

香典返しを辞退する場合には香典袋か一筆箋にその旨を記載しますが、香典袋と同じく薄墨で書く必要はありません。

香典袋に直接記載する場合はそろえても問題ありませんが、毛筆で文字を書くことになれていないと、読み取りにくくなってしまうでしょう。

きちんと文字を読み取れることの方が重要であるため、ボールペンなどを使い、無理に薄墨で書く必要はありません。

【遺族向け】香典返しを辞退されたら、どうする?

香典返しを辞退された場合は、相手のご厚意をいただき、香典返しをする必要はありません。ただし、忌明け後にお礼状は送るようにしましょう。

また、親族などから高額の香典をいただき、何もお返しをしないことがためらわれる場合は、お歳暮やお中元を贈ったり会食に招待するなど、別の方法でお礼をするとよいでしょう。

▼お礼状の例文など香典返しを辞退された際のマナーを知りたい方はコチラ

香典返しを辞退されたときの遺族のマナー

まとめ

香典返しを辞退する際は、香典袋に直接その旨を記載するか、一筆箋を添えるようにしましょう。また、口頭でも受付の方に伝えると親切です。

香典返しを辞退することはマナー違反にはあたりませんので、きちんとマナーを守って遺族の方に伝えられるようにしましょう。

▼香典返しを辞退するときのマナーまとめはコチラ

香典返しの辞退は失礼?書き方や辞退されたときの対応も解説

▼香典返しの相場金額や品物などのまとめはこちら

香典返し | 金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ