香典袋のマナー ❘ 書き方やお札の入れ方、種類ごとの違いについて徹底解説

© NOBU/stock.adobe.com

お通夜や告別に参列することが決まり香典袋を用意する際、たくさんの種類があり、何を選んでよいのかわからず困ったことはありませんか。

香典袋の素材や、表書きの文字、水引の種類など知らないと迷ってしまうこともあると思います。

その他にも、入れるお金の金額やお金の包み方、金額の書き方など香典袋には細かいルールがあります。

本記事では、香典袋の書き方や包み方、選び方など詳しく解説していきます。

香典袋の書き方

香典袋には、表書き、名前、金額、住所や電話番号を記載します

遺族と面識が無い場合は、故人との関係を書いた方がよい場合もありますし、書く欄がある香典袋もあります。また、中袋がついている場合とついていない場合では、少し書き方も違います。

それぞれどのように書けば良いのか、具体的に解説していきます。

香典金額の書き方

香典の金額は旧字体で記載するのが一般的です。これは、読み間違いや後から書き換えられてしまうのを防ぐためといわれています。

香典では故人との縁を切ってしまうことを連想させる割り切れる偶数、「死」や「苦しみ」を連想させる4や9の数字を避けます。

ですから実際、香典を入れる金額に使われるのは、1→壱、2→弐、3→参、5→伍、10→拾、千→阡(仟)、万→萬の数字と円→圓の文字です。

香典袋に中袋がついている場合には、中袋の表側中央に縦書きで「金壱萬圓也」などと記載します。也はつけるのがマナーとする人もいますが、近年ではつけてもつけなくてもどちらでも構わないとされています。

中袋がついていない場合には、香典袋の裏側に記載します。この場合、袋の右下に横書きで書くことが多いですが、横書きの場合には数字はアラビア文字で「金5,000円」などと記載しても構いません。

▼香典の金額の書き方に関する詳しく知りたい方はコチラ

香典の金額の書き方のマナー ❘ 3000円や5000円などの実際の書き方をご紹介

名前の書き方

名前は、香典袋の水引きの結び目の下に縦書きで、フルネームを記載します。

夫婦連名で香典を出す場合には、夫の名前を中央に書き、左側に妻の名前を苗字を省略して書きます。

仕事の関係で香典を出す場合には、名前を中央に書き、右に小さく会社名や部署名を書きます。団体やサークル等の関係で出す場合も同様に、団体名などを名前の右に記載します。

また、仕事関係者と連名で出す場合には、年長者や上司を中央に書き、左側にもう一名の名前を書きます。同僚の方と連名に出す場合には、五十音順で左右均等に記載する形で問題ありません。

3名の場合は、中央に年長者や役職が上の方を書き、左に続けて名前を書いていきます。全体的に左に偏った形になりますが、問題ありません。同僚の場合は五十音順で、三人の名前をバランスよく記載する形でも良いでしょう。

4名以上の場合は「〇〇一同」などとし、中に全員の住所や名前を書いた別紙を用意します。

代表者名のみを表書きに記載し、横に小さく「外一同」や「他〇名」と書く方法もあります。その場合も別紙にて他の人の情報もすべて記載します。

ただし、香典に対しての香典返しがお金を出した人数分必要になるような場合や、一人当たりの金額が一般的な香典の相場と同等かそれ以上になるような場合は、一人ひとり香典袋を分けたほうが望ましいです。

▼香典の名前の書き方に関する詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典の名前の書き方とは?一人の場合や夫婦連名の場合などシーン別に詳しく解説

表書きの書き方

表書きは、香典袋の水引の結び目の上に縦書きで書きます。香典袋の表書きは宗派によって変える必要があります。

浄土真宗以外の仏教式の通夜・告別式にお持ちする香典袋には、「御霊前」か「御香典」、浄土真宗の場合は「御仏前」か「御香典」と書きます。

神式の場合は、「御霊前」か「御玉串料」と書きます。

キリスト教式の場合は、「御霊前」か「御花料」と書きます。カトリックの場合は「御ミサ料」でも構いません。

葬儀に参列する際に、仏教式だけれど細かい宗派はわからない、という場合には「御香典」でお持ちすると無難です。

宗派が全くわからないという場合には、「御霊前」でお持ちすると、ほとんどのケースで大丈夫です。もし、仏教の浄土真宗だった場合には「御仏前」が正しいですが、もし「御霊前」でお持ちしてしまったとしても、包み直すことまではしなくて大丈夫です。

ただし、亡くなってから四十九日を過ぎると仏教の場合、表書きは全ての宗派で「御仏前」に変わります。後から訃報を知り、香典などを持って弔問に行く際や、四十九日法要、一周忌法要などは注意しましょう。

▼香典袋の書き方について詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典袋の書き方は?表書きや金額、名前 中袋がある場合の書き方

香典袋には薄墨で文字を書く

香典袋の表書きは、基本的に薄墨を使って書きます。小筆で書くか、使い慣れない場合は弔事用の筆ペンを使います。

薄墨には「悲しみの涙で墨が薄れる」といった意味や「急な訃報で動揺してうまく墨がすれない」といった意味があります。

なお、サインペンやボールペンを使うのは避けましょう。

ただし、中袋や香典袋の裏面に金額や住所を記載する場合には、サインペンやボールペンを使っても構いません。住所や電話番号などの連絡先は、喪家にとって、香典返しをするための重要な情報なので、わかりやすい文字で記載する必要があります。

また、手書きで書く以外には、ハンコや印刷をするという選択肢もあります。

本来、手書きで丁寧に書くというのが一番ですが、受け取った相手が読める字であるということも重要です。もし、手書きに自信が無い方や字が震えてしまうような方は、ハンコや印刷で薄墨を表現することも可能なので、検討してみると良いでしょう。

▼香典袋を書く際に使う薄墨やペンに関するマナーを知りたい方はコチラ

香典に薄墨を使うのはいつまで?薄墨がない場合はペンで書いても良い?

香典袋の入れ方

© boarder/stock.adobe.com

香典袋には、お札の入れ方や香典袋の閉じ方、袱紗の包み方のマナーがあります。

詳しくみていきましょう。

お札の入れ方

香典袋にお札を入れる時には、全てのお札の向きを揃えて、香典袋を表から見たときにお札が裏側を向いて入っているようにします

香典袋の表側は、表書きや名前を書く面です。

お札の表側は、肖像画が描かれている方なので、裏側はその逆の面になります。

香典袋や中袋が封筒タイプの場合には、封筒の蓋がある面が袋の裏側になります。蓋をあけて、お札の肖像画と目が合う形で入れていけば、香典袋や中袋を表に向けたときに、中のお札は裏側を向いている形になります。

中袋が無い香典袋の場合には、外袋に直接お金をいれます。外袋が封筒タイプの物は、前述した中袋が封筒タイプのものと同様の入れ方です。

一枚の紙や和紙を折り畳んで使う香典袋は、ざらざらした紙の面が裏側になるので、裏側を向けて紙を広げ、お札を裏に向けた形で中央置き、お札から見て、左の紙、右の紙、下の紙、上の紙の順番で折り畳んでいきます。

この場合も、最後に香典袋を表に向けたときに、中のお札は裏側を向いている形になります。

▼香典の入れ方について詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋の正しい入れ方とは?

香典袋の閉じ方

香典袋は基本的に糊付けをしません。香典袋の中袋も、中袋なしの香典袋も、全て糊付けをしないようにします。

封筒タイプの香典袋は蓋に両面テープがついている場合や、封と書いてあるシールがついている場合もありますが、使わなくても問題ありません。

これは、香典を受け取った受付の担当者や遺族が、お金の確認作業をしやすいようにするためです。

のりや両面テープでしっかり封がしてあると、はさみであける必要があり、余計な手間がかかりますので、糊付けは避けた方が良いのです。

中袋がついていない香典袋も、しっかりと折りたたむことでお金が滑り落ちてくることはありませんし、封筒タイプの香典袋も蓋を折り込んでお札を入れば問題ありません。

袱紗の包み方

香典は袱紗に包んで持っていくのがマナーです。袱紗はしわになりづらい素材で出来ていることが多いですが、しわ等がついてしまっている場合には事前にアイロンをかけておきましょう。

正方形の袱紗へ香典袋を包む際には、まず袱紗をテーブルの上などにひし形になるように広げて置きます。台付き袱紗も同様です。爪付き袱紗の場合は、爪が左側にくるように広げて置きます。

そして、中央より少し右側に表書きが見えるように縦のまま香典袋を置き、右・下・上・左の順に袱紗を折り畳みます。

最後に余った左側の布をぐるりと裏側に回し、開ける時は左から開けられるように包みます。

ポケットタイプの金封袱紗の場合は、左開きになるようにします。金封袱紗は略式とされていますで、3万円以上の香典になる場合や目上の人葬儀には、金封袱紗はなるべく避けるようにします。

▼葬儀に使う袱紗の選び方など詳しいマナーを知りたい方はコチラ

葬儀にふさわしい袱紗(ふくさ)と香典の渡し方 | 色や形、代用品は?

香典袋の種類

香典袋にはいくつかの種類があります。前述した、封筒タイプの香典袋や一枚の紙や和紙を折りたたんで使うタイプの香典袋以外にも、水引が印刷であったり中袋があったり無かったりする場合があります。

どのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

水引の違い

香典の水引は結び切りで、印刷されているものと装飾でついているものがあります。

水引が装飾でついている香典袋の場合、水引の色は、黒白、青白、双銀、黄白などがあります。黒白や青白は全般的に利用できますが、関西地方では黄白の水引を香典に使う地域もあります。

水引が印刷されているのか、装飾でついているのか、更に色の違いは金額の違いで使い分けましょう。水引が香典袋自体に印刷されているようなタイプは目安として5千円~1万円くらいまで、水引が装飾としてついていて、黒白のものは1万円以上、双銀のものは5万円以上包む場合に利用するのが好ましいでしょう

中袋の有無

香典袋には中袋があるものと無いものが販売されています。一般的に高額な香典を包む場合に使う香典袋には中袋がついていることが多いです。

中袋がもし無かったとしても失礼にはなりません。一部では、中袋と外袋で二重に香典を包むことが「不幸が重なる」ことを連想させるとして、中袋を使わない風習の地域もあります。

このような地域の場合では中袋がついている香典袋を購入したとしても、中袋は使わずに外袋のみを使いましょう。

香典袋はどれがいい?

香典袋の選び方は、香典の金額と喪家の宗教によって変わります。前述しましたが、水引が香典袋自体に印刷されていたり、封筒タイプのものは5千円~1万円くらいまで、水引が装飾で黒白のものは1万円以上、双銀のものは5万円以上包む場合に使います。

また、表書きは喪家の宗教によって変わります。封筒や包み紙に表書きが直接印刷されているものもありますし、いくつかの表書きの札が入っており、使い分けれるようになっている香典袋もあるため、確認してから購入しましょう。

▼香典袋の選び方について詳しく知りたい方はコチラ

香典袋(不祝儀袋)の種類は?香典の金額による香典袋の選び方

香典の渡し方

© tatsushi/stock.adobe.com

香典を渡すのは、基本的には通夜・告別式に参列した際に渡します。もし参列できない場合には、郵送するという選択肢もあります。

具体的にどのようにすれば良いのかみていきましょう。

葬儀で渡す場合

葬儀で渡す場合には、受付があるかどうかで渡し方が変わります。一般の方も参列するような式の場合には受付が用意してあることがほとんどですが、家族葬で親族のみしか参列しない場合には受付が無い場合もあります。

受付がある葬儀の場合には、到着したらまずは記帳をします。記帳を終えたら、袱紗から香典袋を取り出し、相手側から見て表書きが読める向きで両手で差し出します。

もし、受付で香典を置くための切手盆が用意されている場合は、その上に香典袋をそのまま置きます。記帳と香典を渡す順番が逆の場合もありますが、受付の方から案内がありますので指示に従いましょう。

香典を渡す際には「この度はご愁傷さまです。お悔やみ申し上げます。」「御霊前にお供えください。」などと受付の方に声をかけます。受付の方が親族ではないとわかる場合は、目礼だけでも構いません。

受付が無い場合は、焼香の際に御霊前に供えるか、遺族に手渡します。御霊前に供えるときは、文字が自分からみて読める向きにして供えます。遺族に手渡しする場合には、遺族からみて字が読める向きで渡します。

▼葬儀当日での香典の渡し方に関する詳しく知りたい方はコチラ

葬儀での香典の渡し方は3パターン!渡すタイミングや渡すときのポイント

郵送する場合

香典を郵送する場合は、葬儀まで日数があるのか無いのか、それとも葬儀が終わってしまってから訃報を知ったのかで対応を変える必要があります。

葬儀まで少し日数がある場合、日付指定をして斎場か自宅に現金書留を送ることが出来ます。ただし、斎場によっては受け付けていない場合もありますので、事前に確認してから送るようにしましょう。

斎場が受け付けていない場合は自宅に送ることも出来ますが、告別式が終わって2、3日後、もしくは遺族の都合の良いなるべく早い日程に届くように日付指定をして送るようにします。

告別式が終わってからの日付を指定する理由は、葬儀社との打ち合わせや役所の手続きなどで遺族も忙しく、受け取れないことが多いためです。

また、訃報を葬儀の後に知った場合は、四十九日を過ぎているかどうかで対応を変えます。

四十九日前ならば、通夜・告別式に参列できなかった事をお詫びするお手紙を封入した上で、葬儀に参列する場合と同様の香典をお送りしても問題ありません。

しかし、四十九日を過ぎてしまっていたり、亡くなってから数か月経ってしまっている場合には、香典でお金をお送りするのではなく、当家の負担にならない程度のお供物をお送りすることをおすすめします。

▼香典を郵送する際のマナーを詳しく知りたい方はコチラ

香典を郵送で送るのはマナー違反?正しい香典の送り方

まとめ

香典袋には、表書きや名前の書き方、使うペンのルール、金額によっての選び方のマナーがあります。選び方のポイントは、喪家の宗教と金額に見合った香典袋かどうかというところです。また、お金の包み方などは慶事とは逆になるので、弔事を覚えれば慶事の際にも応用することが出来ます。

香典袋に関するマナーは社会人として知っておきたいマナーですので、覚えておくと安心ですね。

▼相場金額など香典のマナーについて知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ