香典を郵送する方法は?手紙の文例や送るタイミング、封筒などを解説

親族でない場合の訃報連絡というのは、どうしても突然やってきます。

そのため時間的な都合や場所の問題で葬儀に参列することが困難である場合も考えられるでしょう。

その場合、香典も手渡しすることが難しくなってしまいます。

ただ「葬儀に出席できなくてもせめて香典を渡したい」という方のなかには香典を郵送しようとされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、香典を郵送する場合の方法やマナーを紹介します。

香典は郵送で送ってもマナー違反ではない

香典は葬儀に参列して手渡しでないといけないと考えられている方も多いのではないでしょうか。

確かに理想をいえば、葬儀に参列して香典を手渡しできるのが一番良いでしょう。

しかし、どうしても時間に制約がある場合や遠方に居る場合などは葬儀に参列すること自体が困難になってしまいます。

そこで葬儀に参列出来ない場合に送る弔電と同じように、香典も郵送することが可能です。

その場合には、マナーを守ってきちんとした手順を踏めば香典を郵送することは失礼に当たりません。ただ、香典を郵送するというよりは、お悔やみの気持ちを届けると考えるのが良いでしょう。

香典はどのタイミングで送ればいいの?

香典をおくるタイミングとしては2つあります。

1.葬儀当日に葬儀会場へ送る

2.後日喪主の家へ送る

葬儀当日に葬儀会場へ送る

葬儀の日程を確認して、葬儀に間に合うようなら直接葬儀会場へ送ることが可能です。郵便が届くのにかかる日数は普通郵便と同じですので、友引を避けたりしてすぐに葬儀を行わない場合には葬儀に間に合う場合があります。間に合うかどうか疑わしい場合は葬儀後に自宅へ送る方が良いでしょう。

後日喪主の家へ送る

近年では、葬儀を直葬で行う方も増えてきていますので葬儀に間に合わないという場合も多いです。その場合には、『喪主の自宅』宛に送りましょう。

しかし葬儀が終わって直後は手続きで忙しいものです。

そのため葬儀直後の忙しい時期を避けて数日経過した頃に届くように郵送の手配をしましょう。目安としては葬儀が終わって7日から10日くらいの間に届くのが適切です。

返礼品の手配が終わった頃に送ってしまうのも、相手に手間を掛けさせてしまうので注意が必要といえます。

平日に届ける場合には不在の場合が多く、再配達の手続きを取ってもらうのも、手間を掛けさせることになってしまいかねません。ですので、役所などの手続き関係が出来ない土曜・日曜に届くように送るなどの配慮はあっても良いでしょう。

この場合は、喪主の自宅へ届くように香典を送ります。

▼香典を葬儀後に渡す方法を知りたい方はコチラ

「葬儀で香典を渡しそびれた!」香典をあとから渡す2つの方法

香典を郵送する場合の宛名は?

香典を郵送する場合には誰に届けるのかという宛名が必要になります。

宛名は「喪主」もしくは「〇〇(故人)様ご遺族様」としましょう。

基本的には宛名は『喪主』の名前で送るのが良いでしょう。しかし、喪主が分からない場合というのも考えられます。その場合には、『〇〇(故人の名前)様ご遺族様』と送るのが良いでしょう。

親しい方の身内が亡くなった場合、続柄は分かっても喪主や故人の名前は分からないという場合があるかもしれません。その場合には、葬儀会場に問い合わせて確認するという方法もあります。

自宅ではなく葬儀場へ送る場合には、気付(きつけ)を付ける方が良いでしょう。これは、自宅ではなく立ち寄り場所に送る場合の送り方になります。こうしておけば、葬儀場のスタッフでも受け取ることが可能です。

ただし、全ての葬儀場でスタッフの方が受け取れるとは限りません。香典はお金ですから、トラブルを防ぐために、受け取りは親族に限定している葬儀場もあります。

香典を郵送する方法

ここまでで、送り先も宛名も確認することが出来ました。

次は、実際に香典を郵送する場合の方法です。香典を送るといっても、お金を送るのと変わりはありません。普通郵便で送るのもマナー違反になってしまいますので気をつけましょう。

香典は現金書留で送る

香典はお金を送ることになるため、現金書留を利用します。お金を普通郵便で送ることは禁止されているためです。

普通郵便で香典が届いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、マナー違反だけでなく法律違反となってしまうため、注意しましょう。

お金は香典袋(不祝儀袋)に入れてから封筒に入れる

まず、お金は香典袋(不祝儀袋)の中に入れます。普通郵便で使用する袋や裸では入れないようにしましょう。

香典袋の表書きや中の封筒の書き方は、葬儀に参列する場合と同じように書きます。ここでは、毛筆(筆ペンでも可)で薄墨を使用しましょう。普段書き慣れていないからといって、ボールペンやサインペンで表書きを書いてしまわれる方を見かけることがあります。文字の上手下手ではありませんから、苦手でも丁寧に書くことを心掛ければ問題ありません。

お悔やみの手紙も添えましょう

可能であれば、お悔やみの手紙も添えるようにしましょう。手紙と聞くと、身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかしここで必要なのは、気持ちの問題です。長い文章の手紙は必要ではありませんから、お悔やみの言葉と葬儀に参列出来ないお詫びの言葉を添えるようにします。注意が必要なのは、『忌み言葉は使わない』『封筒は一重のもの』『季節の挨拶は不要』『便箋は1枚のみで縦書き無地のもの』『薄墨か万年筆を使用』ということです。

例えば、手紙を書く際『くれぐれもご自愛ください』という言葉を使いがちですが、くれぐれもというのが忌み言葉になりますから注意が必要です。

香典返しが不要の場合は、香典返し不要の旨を一筆添えるようにしましょう。

手紙の文例

香典と一緒に送る文面を紹介します。

〇〇様(故人の名前)の御逝去を悼み謹んで御悔み申し上げます

本来であれば御葬儀に参列するところですが参列できない御無礼を御許しください

心ばかりではありますが御香典を同封いたしますので御尊前に御供えいただけますと幸いです

御家族の皆様にはどうか御力落とされませんよう御自愛ください

略儀ながら書中にて御悔み申し上げます

便箋のまま封筒に入れてOK

お悔やみの手紙は一重(二重でないもの)の白封筒に入れるようにします。

色付きの封筒を使用する場合もありますが、その場合は明るい色のものは避けましょう。

ただし、現金書留で送りますから封筒に入れずに便箋のままでそのまま送ることも可能です。

香典を包む際のマナー

香典を郵送する場合でも、通常の香典とマナーは変わりません。ここでは、香典の相場金額や香典袋の選び方・書き方、お札の入れ方などのマナーを解説します。

香典の相場金額

香典の金額は故人との関係性と自分の年齢で変わります。故人と血縁が近く、自分の年齢が高いほど香典で包む金額は高額になります。

故人が親の場合は5~10万円、祖父母の場合は5~10万円、兄弟姉妹の場合は3~10万円、おじ・おばの場合は1~5万円、いとこの場合は5千~3万円を考えておきましょう。その他の親族は、以前いただいた香典金額と同額をお返しします。友人や会社関係者などの場合は3千~1万円程度となります。

新札は避けて同じ向きにして入れるようにしましょう。どうしても新札しかない場合は、一度折り目を付ければ使用することが出来ます。また、使い込まれてクシャクシャになってしまっているお札も避けるべきです。

▼香典の相場金額を故人の関係性別に知りたい方はコチラ

【通夜・告別式】香典の相場は?年齢・故人との関係による平均金額

香典袋の選び方

香典袋は、喪家の宗教・宗派と包む金額を基準にして選びます。

仏教であれば表書きは「御霊前」「御香典」など、神道は「玉串料」「」、キリスト教であれば「お花料」「ミサ料」などを選びます。宗教がわからない場合は、「御霊前」でお持ちするとよいでしょう。

また、香典で包む金額が1万円未満の場合は水引が印刷されているもの、金額が1万円以上のばあいは本物の水引がついたものを選びましょう。なお、水引の色は白黒や白黄が多く用いられますが、地域によっても異なりますので、確認しておくと安心です。

▼香典袋の選び方を詳しく知りたい方はコチラ

香典袋(不祝儀袋)の種類は?香典の金額による香典袋の選び方

香典の書き方

香典袋には「表書き」「名前」「金額」「住所」を記載します。記入する際は薄墨で毛筆を使いますが、金額や住所は香典返しをする際に必要な情報であるため、読み取りやすいようにボールペンなどで記入しても問題ありません。

香典の外袋には、表側の水引より上に表書き、水引の下に名前をフルネームで記載します。中袋の表には「金壱萬圓也」などと旧漢字で金額を記載し、裏側の左下に住所と再度名前を記入します。

中袋が無い場合は、香典袋の表側に表書きと名前、裏側の左下に住所と金額を記入すれば問題ありません。

▼香典の書き方について詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典袋の書き方は?表書きや金額、名前 中袋がある場合の書き方

香典の包み方

香典を包む際は、典袋の表側に対してお札が裏を向くようにします。お札は肖像画が書いてある方が表側であるため、裏にして入れるには香典袋の蓋がついている方から肖像画と目が合う向きでいれます。お札の上下に関して向きの決まりはありませんが、複数枚入れる際にはすべての向きをそろえます。

また、香典で包むお札は新札は避け、折り目がついたものを選びましょう。

▼香典の包み方・お札の入れ方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋の正しい入れ方とは?

まとめ

やむを得ず葬儀に参列出来ない場合でも、香典を送る方法が理解いただけたのではないでしょうか。

香典の送り方も、マナーを知ってしまえば難しいものではありません。後日改めてお参りに伺う形にはなりますが、高齢化の進む日本では先に香典を郵送する機会というのことが一層増えるが予想されます。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

▼香典のマナーまとめはコチラ

【香典のマナー】書き方から相場金額、お金の入れ方・渡し方まで解説

この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ