香典を渡すタイミングはいつ?親族の場合や家族葬での渡し方も解説

通夜や告別式に参列する際に、「香典はいつどのように渡せばよいのだろう?」「受付で出せば良いの?遺族に直接渡すの?」と不安に思っている方がいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、本記事では香典を渡すタイミングや渡し方について解説していきます。

香典を渡すタイミング

香典を渡すタイミングは、受付をする時が正解です。

通夜・告別式どちらかにしか参列しない場合には、行った時に渡す形で問題ありません。逆にどちらにも参列する場合には、どちらで出しても構いません。

地域によっては通夜で「御通夜見舞い」や「伽見舞い」「荷台」といった表書きの袋に香典とは別にお金を入れて渡し、告別式で御香典を渡すという場合もあります。

しかし、そういった風習が無い地域では香典を通夜・告別式と二回に分けて出すと「不幸が重なる」という意味にもとられてしまいますので、やめましょう。

その地域や土地で独特の風習がないかどうか、事前に確認しておくと安心です。

基本的には、斎場に到着し、受付に行くと記帳をするよう受付担当の方に案内されますので記帳をし、そのままの流れで受付の方に香典を渡します

家族葬などで受付が無い場合は、遺族に直接渡すか祭壇の前に置きます。喪家との関係によっても渡すタイミングが異なりますので注意しましょう。

親族として香典を渡すタイミング

©buritora/stock.adobe.com

受付が用意されている葬儀の場合は、親族であっても基本的には受付に香典を出します(地域や土地柄によって風習が異なる場合もあります)。葬儀当日は、喪主や遺族の方は会葬者の対応などで忙しく、香典を直接頂いても管理できない場合が多いからです。

また、香典返しが当日返しの場合には、受付に記帳をし、香典を出したタイミングで品物や引換券を渡されることが多いです。この場合、香典と渡した品物の数が同じになるように管理していることがほとんどですので、遺族に香典を渡してしまうと遺族が受付等をして、香典を頂いた方に香典返しを渡すというような作業が発生してしまいます。

そのため、親族として早めに集合していたとしても、受付が始まったタイミングで受付に香典を出すのが良いでしょう。

家族葬などで、親戚・親族しか参列しない場合には受付を用意しないこともあります。その場合には、祭壇の前に切手盆と呼ばれる黒塗りのお盆が置いてあることが多いですから、式が始まる前の焼香等のタイミングで先に出すようにします

もしお盆が見当たらない場合は、喪主にどこに香典を出せばよいのか確認しましょう。

職場関係で香典を渡すタイミング

職場の関係で香典を渡す場合は、参列して香典を渡すか、もしくは葬儀の後から直接手渡しするかのどちらかです

故人が親しくしていた方だったり、そのご家族の場合にはなるべく参列して香典を渡すのが良いでしょう。自分が参列出来なくても、同僚が参列する場合には香典を預けることも出来ます。

一つの香典袋に2~3名までなら連名で名前を書いてお金を入れても良いですが、一人当たりの金額が3千円以上なら、なるべく香典袋は分けるようにしましょう。

もし、家族葬などで式には参列できない場合には、後から手渡しになります。ただし、職場で渡す際にはなるべく就業時間前や、お昼休み、就業時間後などタイミングを見計らって業務時間外に渡すのが良いですね

その場合も、あからさまに渡すのではなく、小声で声をかけて渡したり、少し人目のないところで渡すのが良いでしょう。

香典の渡し方

香典を渡すときは、袱紗から取り出して相手から見て文字が読める向きで手渡します。

また、香典の渡す相手が葬儀場のスタッフなのか遺族なのか、故人の親族なのかによってもかける言葉やタイミングが変わってきます。

渡す時にかける言葉

受付に渡す場合には香典を差し出す際に、「この度はご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」「どうぞお納めください」等のお声がけをすると良いでしょう

ただし、受付をしている方が親族ではなく斎場スタッフやご近所の方の場合には、「御霊前にお供えください」と言ったり、目礼等でも構いません。

遺族に直接渡す場合、親しい方であれば「大変だったね」「あんまり無理しないで身体に気を付けて」と声をかけてもよいかもしれません。

時間帯にもよりますが、親しい遺族がいたとしても、他の会葬者がいる場合にはあまり長話をしないように注意しましょう。

▼香典の渡し方に関する詳しいマナーを知りたい方はコチラ

葬儀での香典の渡し方は3パターン!渡すタイミングや渡すときのポイント

葬儀に参列しない場合は、いつ渡す?

葬儀に参列しない場合は、香典は郵送するか後日手渡しする方法があります。

郵送するにしても、手渡しするにしてもタイミングが重要ですので、いつ渡すべきか下記にて詳しく解説していきます。

香典を郵送する時の渡し方

葬儀の前に訃報を知り、式まで日数に余裕がある場合は、葬儀を行う斎場宛に日付指定をして香典を郵送することもできます。

訃報を知った当日や翌日に通夜が行われるときは、斎場に郵送しても間に合わない可能性が高いので、香典は喪主の自宅に送ります。その場合、葬儀の前後は忙しく受け取れない可能性が高いので、葬儀後2~3日後を目安に、あまり遅くならないよう送ると良いでしょう

また、郵送する際は香典だけを送るのではなく、葬儀に参列出来ないことを詫びるお手紙を添えるようにします。

▼香典を郵送する際の詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典を郵送で送るのはマナー違反?正しい香典の送り方

香典を後日手渡しする場合

香典を後日手渡しする場合は、ご自宅に弔問に伺って渡すのが一番良いでしょう

その場合は遺族の方に事前にアポイントを取り、四十九日を過ぎる前にお伺いできると良いでしょう。お線香をあげさせてもらえる場合には、仏前にお供えする形で問題ありません。自分が文字を読める向きでお供えをします。

また、例えば職場の方やご友人などへ、ご自宅には伺わずにお渡しする場合にも、なるべく四十九日を過ぎる前にお渡しするのが良いでしょう。

後から訃報を知った場合の渡し方

葬儀の後から訃報を知った場合、重要なのは四十九日を過ぎているかどうかです

四十九日前であれば葬儀に参列する場合と同様の金額を入れたお香典を、お手紙と一緒に送る形で問題ありません。知った時点でなるべく早くお送りすると良いでしょう。

もし、四十九日を過ぎてしまっていたり、亡くなってから数か月経ってしまっている場合には、御香典としてお金をお送りするのではなく、故人が好きだったものやお線香などをお送りすることをおすすめします

遺族は四十九日を目途に香典返しの準備をします。四十九日を過ぎてしまっていると、御礼状や香典返しを整理してしまっている可能性が高く、そこから改めて香典返しを選んで送るという手間をかけさせてしまうからです。

そのため、お供物に対してのお礼等は不要という旨のお手紙を一緒に封入すると良いでしょう。

法事で香典を渡すタイミング

法要や法事で香典を渡す場合には、基本的には式が始まる前に仏前かご遺族に直接渡します

自宅やセレモニーホール、ホテルで行う場合には仏前、寺院で行う場合には遺族に直接渡すケースが多いです。

仏前に置く場所があれば、到着してお線香をあげたり焼香をする際に置きます。仏前には自分が文字を読める向きで香典を置くようにします。

もし、仏前に置く場所が見当たらない場合には遺族に直接渡しても良いか確認をするようにしましょう。

まとめ

香典を渡すタイミングは、葬儀に参列するかどうか、参列出来ない場合には訃報をいつ知ったかによって対応が変わります。

葬儀に参列出来なくても、香典を後から渡したり郵送したりすることも可能ですが、時期によっては相手に負担をかけてしまう場合もあります。

故人や遺族のことを思ってお渡しする香典ですから、マナーを確認し気持ちよく受け取って貰えるように心掛けましょう。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ