香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋の正しい入れ方とは?

© boarder/stock.adobe.com

葬儀に参列することになった際、久々の葬儀だったり慌てていたりすると香典のお金の入れ方を忘れてしまっていることありませんか。「慶事とは逆」ということは覚えていても、具体的にどのようにするのが正解か知らない方もいるかと思います。

そんな方のために、本記事では香典の入れ方を詳しく解説していきます。

香典のお札の入れ方

香典袋にお札を入れる際には、お札の裏面を向け、お札が複数枚になる場合には全ての向きを揃えて入れるのがマナーです

お札の表は、肖像画が書いてある面になりますので、その逆が裏面になります。(二千円札の場合は守礼門が書いてある面が表です。)

香典袋に入れる際、なぜお札を裏面にするかというのは、諸説ありますが、肖像画が描いてある方を伏せることによって悲しみに顔を伏せる、という状況を表現しているからといわれています。さらに、通常は表面でやり取りするお札を裏にすることで、非日常を表しているともいわれているようです。

また、お札を縦にした時の上下に関しては、肖像画の描かれている方を下にして入れる事が多いですが、地域によっては逆とするところもあるようです。お札が裏を向いていれば、お札の上下に関しては、それほど気にする必要はないでしょう。

中袋がある場合のお札の向き

香典袋には中袋がついているものが多く販売されています。中袋は、封筒タイプであることが多く、中袋のふたが付いている方が裏になります。中袋を表にしたときにお札が裏を向いているようにして入れます。

自分がお札を入れるときは、ふたが付いている裏面から入れると思いますので、お札の肖像画と目が合う形で入れていけば、表を向けたときに自然とお札は裏を向いている形になります。

中袋がない場合のお札の向き

中袋がないタイプの香典袋は、封筒タイプや一枚の紙や和紙を折りたたんで使うタイプのものがあります。中袋がない場合は、御霊前などの表書きや自分の名前を書く面が香典袋の表面となりますので、表から見たときにお札が裏を向いているように入れるようにします

和紙を折りたたんで使うタイプは紙の端が見えている方が裏、その逆のきれいな面の方が表になります。(一部、紙の端が表側に来るタイプの香典袋もあります。)紙の中央にお札の裏面を下に向けて置き、そのあと順番に折りたたむようにします。

奉書紙で包む場合のお札の向き

香典袋の種類によっては、中袋が奉書紙になっているものもありますし、奉書紙でお金を包み、香典袋として使うこともあります。

奉書紙とは、白くてしっかりとした和紙の一種です。奉書紙にも表裏があり、ツルツルした面が表で、ザラザラとした面が裏になります。

奉書紙の裏側を自分に向けるような形にし、お札の裏を下に向けて包み込みます。表側には御霊前などの表書きや名前を書きますが、奉書紙が中袋の場合は金額を記載したりします。

一般に販売されているものは折り目が既についていますので、その折り目に沿ってお金を入れるようします。その際もお金を包み終わった奉書紙を表に向けたときに、お札が裏側に入っているように気を付けます。奉書紙を折りたたんでいき、最後に折った紙が残る方が裏側になります。

香典袋のとじ方

香典袋の種類によっては、封筒タイプではなく、1枚の和紙や紙などで折り込むタイプのものがあります。

このようなタイプは裏側の折りたたみ方に注意が必要です。

和紙の上にお札を載せたあとに、左側の紙、右側の紙、上側の紙、下側の紙、の順番で中央に向けて、折りたたんでいきます。注意が必要なのは上、下の折り順です。最後の折り込み口が上から開けるような形になっているようにします。

ちなみに、慶事で使う祝儀袋の場合は、左、右、下、上の順番で折りたたみます。

「喜びはこぼさないように下で受け止める」「悲しみの涙は下へ流す」と覚えておくと間違いづらいでしょう。

袱紗の包み方

©aijiro/stock.adobe.com

香典は袱紗に包んで持っていくのがマナーです。正方形の袱紗に香典袋を包む際には、まず袱紗をひし形になるように広げて置きます。台付き袱紗も同様です。爪付き袱紗の場合は、爪が左側にくるように広げて置きます。

そして、中央よりやや右側に表書きが見えるように香典袋を置き、右・下・上・左の順に袱紗を折り畳みます。

最後に左を折り、余った端を裏側に回し、開ける時は左から開けられるように包みます。

ポケットタイプの金封袱紗の場合は、左開きになるようにします。金封袱紗は略式とされていますので、3万円以上の香典を包む場合や目上の人葬儀には、金封袱紗はなるべく避けた方が良いでしょう。

また、香典を受付で渡す場合には袱紗から出して、相手に文字が見えるようにして差し出します。

▼葬儀に使う袱紗の選び方など詳しいマナーを知りたい方はコチラ

葬儀にふさわしい袱紗(ふくさ)と香典の渡し方 | 色や形、代用品は?

四十九日や三回忌など法要の香典の入れ方

浄土真宗以外の仏教では、亡くなってから四十九日を過ぎると、香典袋の表書きは「御仏前」に変わります。これは、亡くなってから七日ごとに極楽浄土に行けるかどうかの審判を受け、四十九日目(7回目の審判)で成仏するという考えによるものです。

四十九日や一周忌などに持っていく香典には、すでに日程が分かっていることなので新札を入れても失礼ではありません

もし、複数枚の新札をいれる場合にはお札を完全に重ねてしまうのではなく、少しずつずらして入れると、自分にとっても相手にとっても数え間違いの予防になります。

お札が複数枚の場合にはお札の向きを揃え、香典袋の表から見たときにお札が裏側になっているように入れるのは葬儀に出す香典と一緒です

香典で包むお札のマナー

香典袋に入れるお札が複数枚になるときには、まず全てのお札を表に揃え、向きを同じ方向に揃えてから香典袋に入れましょう。お札は表裏だけでなく、向きを同じ方向に揃えることも大切です。

また、汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札は失礼にあたりますので、なるべく使わないようにしましょう。

新札は避ける

香典に入れるお金は新札を避けるのがマナーです。新札を避けたほうが良い大きな理由は2つです。

一つ目は、「急な訃報で、前もって準備するものではない」という意味合いがあるからです。

二つ目は、新札だと数える際にお金同士が重なって、数え間違いの可能性が高まるからです。

もし、手元に新札しかない場合は折り目を一度つけてから包むようにします

避けた方がいいお札の枚数

お札の枚数にも避けた方が良いとされている数字があります。故人との縁を切ってしまうことを連想させるため、割り切れる偶数は避けるのが一般的です。同じく、「死」や「苦しみ」を連想させる、4や9の数字は避けられてきました

以上の理由を含め、香典には1・3・5・10の枚数で入れると良いとされています。ただし、1万円の次が3万円だと負担も大きいため、2万円は例外的に認められている傾向があります。

例えば、5千円や3千円は千円札で入れても奇数なので構いませんが、1万円の場合には千円札を10枚入れるのはやめましょう。ただし、10万円は一万円×10枚でいれても問題ありません。もし、連名でお金を入れて集める場合には、数え間違いや、会計の手間からも大きいお金へ両替できるのであればした方が良いです。

▼香典に入れるお札に関するマナーを詳しく知りたい方はコチラ

香典のお札に関するマナー | ピン札や偶数枚は避けるべき!

香典袋の選び方

香典袋を選ぶ基準は大きく分けて二つで、喪家の宗教・宗派と中に入れる金額です

御霊前や御仏前など、表書きが既に印刷されている香典袋を購入する場合には注意しましょう。

御霊前 浄土真宗以外の仏教式、神式、キリスト教式での通夜・告別式

※蓮の模様が入った御霊前の香典袋は仏教式でしか使えません。

御仏前 浄土真宗での通夜・告別式
御香典 仏教式での通夜・告別式
御花料 キリスト教式での通夜(前夜祭)・告別式
御玉串料 神式での通夜・告別式

また、香典袋には、水引があらかじめ袋自体に印刷されているものや黒白、双銀のもの、素材も高級和紙を使ったものと、いくつか種類があります。

一般的には、1万円を超える金額を入れる場合には、水引が印刷されている封筒タイプの物ではなく、本物の水引がついているものを利用するようにします

逆に、1万円以下の場合には和紙を利用していたり、水引が装飾でついているような立派な香典袋は外側だけ豪華になってしまうので避けた方が良いでしょう。

▼香典袋の選び方について詳しく知りたい方はコチラ

香典袋(不祝儀袋)の種類は?香典の金額による香典袋の選び方

まとめ

香典では、使うお金やお札の向き、包み方などが慶事で使う祝儀袋と反対になる部分が多くあります。どの部分が反対だったか忘れてしまっても、意味や背景を一度覚えると、香典の正しい入れ方を思い出すことが出来そうですね。

当日慌てないためにも、葬儀の参列が決まった場合には前日までに香典の用意はしておくと安心です。

▼相場金額など香典のマナーについて知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ