香典の名前の書き方とは?一人の場合や夫婦連名の場合などシーン別に詳しく解説

葬儀に参列する際、香典袋を購入する方がほとんどかと思いますが、正しい名前の書き方をご存じでしょうか。

そもそも表書きの書き方がわからない方や、代理で持っていく場合や複数の方の香典が入っている場合など、どのように書いたら良いかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

本記事では場合別に香典袋の名前の書き方を解説していきます。

香典袋には何を書くか

香典袋の表面には、御霊前・御仏前・御香典・御花料・御玉串料といった宗派別の表書きと、名前(フルネーム)を記載します。香典袋によっては表書きの札が複数入っており、適当なものを選び、名前のみを書いて香典袋に貼り付けるタイプもあります。

香典袋の中袋には、住所や電話番号などの連絡先、故人との関係、香典の金額を書きます。書く欄が設けてあるタイプもありますので、その場合は欄に従って書きます。

書く欄が無い場合には、中袋裏の左下に縦書きで住所、電話番号、名前、故人との関係等を記載し、中袋の表側中央に縦書きで「金壱萬円也」などと金額を記載します。

また、香典袋は通常中袋がついていますが、5千円以下の金額を入れる際に利用できる簡易タイプでは中袋なしも売られています。

中袋を使うと袋が二重なので、不幸が重なることを連想させ、縁起が良くないという理由から、地域によっては使わないところもありますし、中袋が無ければ失礼になるということはありません。

中袋が無い香典袋の場合には、香典袋の裏面左下に中袋同様に縦書きで、住所、電話番号、名前を記載します。この場合、香典金額は裏面の右下に横書きで書く形でも構いません。

【場合別】香典の名前の書き方

香典袋の名前を書く位置は、水引の結び目の下です。水引の結び目の上には表書きを書きますので、水引が装飾でついている香典袋の場合には水引で名前が隠れてしまわないよう、大きさや位置に注意しましょう。

また、名前をどのように書くべきか場合別に詳しくみていきましょう。

1人で香典を渡す場合

自分一人で香典を渡す場合には、自分の名前を中央に表書きと同じくらいの大きさか、それより少し小さいくらいのサイズでフルネームで書きます

もし、仕事関係の方の葬儀に参列して香典を渡す場合には、名前の前に小さく会社名(部署名)を入れると遺族の方にも分かりやすいでしょう。

仕事関係でなくても、何らかの団体やサークル、クラブなどのお付き合いで参列する場合には、団体名等を名前の前に記載します。

夫婦で参列して香典を渡す場合

夫婦で参列して香典を渡す場合には、基本的には夫の名前のみを香典袋に書く形で問題ありません。地域によっては避けられているところもありますが、故人やその遺族との関係によっては妻と連名にした方が良い場合もあります。

  • 結婚して間もなく妻側の親族の葬儀で香典を渡す場合
  • 故人や遺族と夫婦で交流があったけれど、元々は妻の知り合いに香典を渡す場合…等

夫だけの名前では遺族がすぐには誰かわからないと思われる場合には、妻の名前を連名で記載するのようにしましょう。

夫婦で連名で記載する場合には、夫の名前を中央に書き、その左側に妻の名前を苗字を省略して書きます。

妻の友人に香典を渡す場合

妻の友人に香典を渡す場合には、妻の名前を書くようにしましょう。たとえその香典の中身のお金を夫が出していたとしても、夫の名前を書いても遺族には故人との関係がわからないからです。

夫婦で交流があった方であるならば、前述のように連名で書いても良いでしょう。

夫の代理で妻が参列して香典を渡す場合

夫の代理で妻が葬儀に参列して香典を渡す場合には、香典の名前は夫の名前を書きます。また、記帳の際にも夫の氏名を記載しますが、「山田 太郎 代」と書くと、本人は来れずに代理の方が参列してくださったということが分かります。

旧姓で香典を渡したい場合

学生時代の友人や、恩師の葬儀、結婚してからは交流が無かった方に香典を渡す際には、旧姓の方がなじみがあるので、旧姓で渡したいという方も多いかもしれません。

その場合には、表書きには現在の姓で名前を書き、横に括弧書きで旧姓を書くと良いでしょう。内袋も同様です。

また、記帳の際も現在の姓を普通に書き、小さく括弧書きで旧姓を書くと遺族もわかりやすいかと思います。

旧姓のみを書いて現在の姓を書かないと、香典返しの際に遺族が困ることがあるので注意しましょう。

友人など連名で香典を渡す場合

2人での連名の場合は、年長者を右に書きます

3名の場合は、中央に年長者や役職が上の方を書き、左に続けて名前を書いていきます。全体的に左に偏った形になりますが、問題ありません。同僚の場合は五十音順でも良いですし、三人の名前をバランスよく記載する形でも良いでしょう。

4名以上の場合は「〇〇一同」などとし、中に全員の住所や名前を書いた別紙を用意すると良いでしょう

代表者名のみを表書きに記載し、横に小さく「外一同」や「他〇名」と書く方法もあります。その場合も別紙にて他の人の情報もすべて記載します。

ただし、御香典に対しての香典返しがお金を出した人数分必要になるような場合や、一人当たりの金額が一般的な香典の相場と同等かそれ以上になるような場合は、一人ひとり香典袋を分けたほうが望ましいです。

地域にもよりますが、香典返しの相場は2,000~3,000円なので、一人当たりの金額がそれと同等かそれ以下の場合には香典返しは辞退するという選択肢もあります。

会社関係の葬儀に参列して香典を渡す場合

亡くなった方や喪家との関係が仕事での付き合いの場合は、社名も記載があった方がわかりやすいでしょう。

その場合は会社としての香典なのか、社内の団体や部署としての香典なのか、個人としての香典なのかをわかりやすく表書きに書きましょう。

会社としての香典の場合は、会社名のみを中央に、社内の団体や部署の場合は会社名を小さく+部署名を中央に、個人的に出す場合は会社名を小さく+(部署名を小さく)+個人名を中央に書くと分かりやすいです。

また、会社(社長)や部署としての香典を持って代表して参列し、自分個人の香典は出さないような場合は、記帳の際も自分の名前は書きませんので注意しましょう。代理の場合は、香典袋に記載の名前を書いた後に「代」と書きます。

香典袋には何で書くか

香典袋には毛筆で薄墨をすって書いたり、弔事用の薄墨の筆ペンなどがありますのでそれを利用して書きます。また、表書きと内袋でボールペンなどと使い分けても問題ありません。どのようなものが使えるか確認しましょう。

原則は薄墨で書く

四十九日前の御香典の表書きや名前には、小筆で薄墨をすって書くのが正式です。ただし、最近は毛筆を常用することは少ないので、薄墨の筆ペンを利用するのがスタンダードです。

薄墨には、「悲しみの涙で墨が薄れる」という意味や「突然の訃報に動揺して墨がうまく擦れない」といったような意味合いがあります。

四十九日の忌明けから、お供物などを喪家に持っていく場合は御仏前になりますので、普通の濃い墨で書いて問題ありません。

▼香典を書く際の薄墨やペンについての詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典に薄墨を使うのはいつまで?薄墨がない場合はペンで書いても良い?

ネームペン・サインペン・ボールペン

香典の内袋に書く住所や電話番号、名前などの情報はネームペン、サインペン、ボールペンなどを利用しても問題ありません

小筆や筆ペンですと慣れない場合、小さい字を書くと所々字が潰れてしまう事が多いからです。字が読み取れないと、後から遺族が香典返しの際に困ってしまいます。

ただし、表書きはボールペンなどは避けた方が良いです。コンビニでも薄墨の筆ペンは売っていますので、なるべく購入するようにしましょう。どうしても用意できない場合は、斎場のスタッフに言って借りることも出来ます。

印刷

あまり字が上手くないから香典袋の自分の名前を印刷したい、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、印刷された袋は事前に準備していたことを思わせるので失礼にあたる、と考える人もいます。

一番大切なことは、「手書きで丁寧に心を込めて書く」ということです。次に大切なのは「相手にわかりやすく書く」ということです。後から香典を確認する遺族にとっては、どこの誰かをわかりやすく書いてもらうことが一番だと考えると、印刷でも失礼ではないでしょう。

また、印刷でも薄墨を表現することはできますので気になる方は利用しましょう。

ハンコ

ハンコを使うという手段もあります。出来れば手書きで丁寧に書くのが理想ですが、印刷同様、「手書きで書くのが難しい」という方の場合にはハンコを利用しても問題ないでしょう。

最近は、薄墨のスタンプ台も販売されていますので、薄墨かどうかが気になる場合はそういったものを利用しても良いのではないでしょうか。

ただし、うまく押せないと滲んでしまったり相手にとってわかりづらくなってしまうので、名前や連絡先を押印する場合には注意が必要です。

まとめ

香典の表書きの名前は「受け取った遺族にとってわかりやすいように書く」という事を念頭に置いてどのように書いたら良いのか考えましょう。

毛筆や筆ペンを使って、丁寧に書くのが一番ですが、字に自信が無い場合や高齢の場合はその他のものを利用しても構いません。

遺族に余計な負担をかけないように、配慮して香典を準備できると良いですね。

▼金額相場など香典のマナーについて知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ