香典を中袋なしで渡す場合の書き方・お札の包み方

香典を包む場合、お札を中袋に入れて用意するのが一般的です。

中袋に自分の住所や金額を記載し、誰がいくらを包んだか、ご遺族の方が把握しやすいように用意することがマナーとされています。

しかし、香典袋によっては中袋がないものもあります。

中袋がない場合、住所や金額などどこに書けば良いのか知らないと、戸惑ってしまうのではないでしょうか。

今回は、中袋がない場合の香典について、名前や金額の書き方、お札の入れ方などの疑問について解説していきます。

▼そもそも香典とは?という方はこちら

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

香典を中袋なしで渡す理由

香典

まず、中袋なしで香典を渡す理由について解説していきます。

香典を用意する際には、お金を中袋に包むことが一般的ですが、中袋に入れないことがマナーとされている地域もあります。

これには中袋に包まないことで「袋を二重に重ねない」、つまり、不幸が二重に重ならないという意味が込められています。

このような意味から、一部の地域では中袋に包まずに香典を用意する文化が根付いていました。

この文化が全国的に広まり、中袋のない香典袋が販売されています。

しかし、多くの場合、中袋に包まない香典袋は略式のものと捉えられ、包む金額は1万円までとされています。

地域の風習や習慣などを確認しつつ、中袋がない香典袋でも問題ないか確認したうえで用意するとよいでしょう。

中袋がない場合の香典の表書きの書き方

次に、中袋がない場合の香典の、表書きの書き方について解説していきます。

表書きの書き方は、中袋がある場合と変わらず、「御霊前」や「御香典」などが一般的です。

表書きは、宗教や宗派などによって書き方が異なりますので、事前に宗教や宗派などを確認しておくと間違いないです。

もし喪家の宗教などがわからない場合は、「御霊前」で用意するとよいでしょう。「御霊前」の表書きは使える宗教や宗派が多いので、宗教や宗派を確認できない場合に使います。

ただし、仏教の宗派によっては「御霊前」が使えない場合もあります。

宗教や宗派による表書きの違いについては、次の項で解説していきます。

宗教・宗派による表書きの違い

香典の表書きは宗教や宗派によって異なりますので、整理しておく必要があります。

以下で、宗教や宗派に応じた表書きを一覧で整理しましたので参考にしてみてください。

宗教 表書き
仏教 御香料、御香典、御霊前、御仏前
*浄土真宗の場合は「御仏前」のみ
キリスト教 御花料、御香料、御霊前
神道 御玉串料、御榊料、御霊前

仏式では、四十九日法要までは「御霊前」、それ以降は「御仏前」を使用するのが一般的ですが、浄土真宗ではすべて「御仏前」となる点に注意が必要です。

浄土真宗では、「往生即成仏」という宗派の考えがあり、死後すぐに仏になるとされていることから「御霊前」という表書きを使用しません。

できる限り、事前に宗教や宗派を確認し、相応しい表書きを記載して用意できると良いですね。

▼香典の書き方を詳しく知りたい方はコチラ

香典袋の書き方は?表書きや金額、名前、中袋がある場合の書き方について解説

香典の中袋がない場合の名前・金額の書き方

中袋のがある場合は、中袋の表面に金額を記載し裏面に名前や住所を記載します。

では、中袋がない場合は、名前や金額はどのように記載すべきでしょうか。

中袋がない香典袋で用意した経験がないと、どう書いていいかわからずに困ってしまうかもしれません。

ここでは、香典袋の中袋がない場合の名前や金額などの書き方について解説していきます。

香典

© NOBU/stock.adobe.com

名前

中袋がない香典袋の場合、名前は香典袋の表面にフルネームで記載します。

香典袋の表面には、「御霊前」などの表書きが水引より上段部分に記載されていますので、名前は水引の下段部分に記載するようにします。

名前を記載する時は、上段の表書きより小さい文字で記載することがポイントです。

香典を連名で包む場合には、一番右側に目上の人の名前を記載するようにします。

3名以上で包む場合には、代表者の名前を一番右に記載し、左側に「外一同」と記載して包むことがマナーです。

なお、香典の表書きや名前を書く際は薄墨を使うようにします。薄墨をわざわざすることができなくても、薄墨の筆ペンが香典袋と一緒に売られていることがほとんどであるため、そちらを活用するとよいでしょう。

ただし、住所や金額は毛筆だと文字がつぶれて読みにくくなってしまうこともあるため、読みとりやすさを重視してボールペンで書いても問題ありません。

▼香典の名前の書き方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の名前の書き方とは?一人の場合や夫婦連名の場合などシーン別に詳しく解説

住所

香典をいただいたご遺族は、香典返しやお礼状をお送りすることとなります。

そのため、香典を包んだ場合には、香典返しやお礼状の送り先が分かるように香典袋などに住所を記載するようにします。

中袋がない香典袋の場合には、香典袋の裏面に直接住所を記載しましょう。

一般的には縦書きで住所を記載し、番地などは漢数字を用いて記載します。

中袋がない香典袋の場合、住所の記載を忘れてしまう可能性もありますので注意が必要です。

金額

中袋がない場合、香典袋の裏面には住所だけでなく包んだ金額を記載しましょう。

香典を受け取った喪主やご遺族は、香典返しなどのために金額を管理する必要があります。

香典を贈る側としては、喪主やご遺族が金額をしっかり管理できるように香典袋に金額を記載することがマナーです。

金額を縦書きで記載する際は、漢数字を用いて記載しますが、常用漢字ではなく旧漢字を使用して記載します。

なお、香典を用意するにあたって「4」「9」は死を連想させる忌み言葉であるため、避けるべき数字とされています。

また、4,000円や6,000円などの割り切れる金額は、「故人と縁が切れる」という意味で縁起が悪いとされ避けるべき金額とされていますので注意が必要です。

▼香典金額の書き方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の金額の書き方のマナー ❘ 3000円や5000円などの実際の書き方をご紹介

旧漢字

旧漢字を用いることで、安易に金額が改ざんされたり読み間違いなどによる金額の差異が出てしまうことを防止しています。

旧漢字で金額を記載する際には、「金 参阡圓」「金 五阡圓」など、金額の最初に「金」という文字を入れて書くのが一般的です。

金額の最後に「也」という文字を入れて記載する場合もあります。

「也」は「〇〇円丁度です」という意味で、「円以下の金額は入っていませんよ」という意味が込められています。

現代の日本では円以下の単位は使われていませんので、「也」は記載しなくて問題ありません。

以下に、旧漢字の一覧を掲載するので参考にしてみてください。

横書きの場合の住所・金額

中袋のない香典袋には、裏面に住所や金額を記載する欄が設けられているものも販売されています。

一般的には縦書きの記載欄が設けられていますが、横書きで記載する欄が設けられているものもあります。

裏面に横書きで住所の番地や金額を記載する場合には、算用数字(1、2、3、4…など)を用いて記載して問題ありません。

算用数字を用いた金額の書き方は、金額の最初に「金」という文字を入れ、「金3,000円」「金5,000円」と記載します。

「金」の代わりに「¥」を記載する場合もあります。

金額を記載する際は、カンマを入れてしっかり区切ると読み取りやすく親切です。

中袋なしの香典袋へのお札の包み方

ここでは、中袋がない香典袋へのお札の入れ方について解説していきます。

香典として用意するお札には、お札の新しさやお札の向きなど、しっかり把握しておきたいマナーがあります。

また、金額に応じたお札の枚数など、普段はあまり意識する機会が少ないので、ぜひ参考にしてみてください。

香典袋とお札

©poko42/stock.adobe.com

お札の新しさ

香典に用意するお札は、新札ではなく古いお札を用意しましょう。

新札を用意することは、「香典をあらかじめ準備し、訃報を予見していた」という意味で失礼にあたります。

香典は突然の訃報に伴い用意するお金なので、事前に準備することができず、本来であれば手持ちの古いお札でしか用意できないものです。

したがって、古い手持ちのお札で香典を包むことがマナーです。

仮に、手持ちが新札しかない場合には、折り目をつけるなどして用意しましょう。

お札の向き・上下

お札の向きついても注意が必要です。

香典袋にお札を包む際は、肖像画が描いてある面を伏せて、香典袋の表側に対して「お札の裏」が見えるように包みます。香典袋を表面から開けた際、お札の肖像画が下を向いていれば正解です。

複数枚包む場合には、全てのお札が同じ向きで揃っていることをしっかり確認してください。

お札の包み方について正式に決まりはありませんが、「悲しみに顔を伏せる」という意味から、上記のような包み方が習慣となっています。

上下に関しては裏表よりも厳格な決まりはなく、お札が下を向いていればそこまで気にする必要はありませんが、複数枚包む際は上下の向きも揃えましょう。

お札の枚数

香典は、突然の訃報に伴い用意するお金なので、手持ちのお札で用意するものとされています。

したがって、お札の枚数やお札の種類には特に決まりはありません。

具体的には、以下のどのパターンで包んでも大丈夫です。

5,000円を包む場合

手元に五千円札を持っている:五千円札で包む
手元に千円札5枚を持っている:千円札5枚で包む

3万円を包む場合

手元に一万円札3枚を持っている:一万円札3枚で包む
手元に一万円札2枚、五千円札2枚を持っている:一万円札2枚、五千円札2枚で包む

▼香典に使うお札のマナーはコチラをチェック

香典のお札はどの向きで包む?新札はNG?お札に関するマナーを解説

香典袋の封の仕方

香典袋が封筒タイプである場合、糊付けは必要かと心配になる方もいらっしゃるかもしれまんが、糊付けをする必要はありません。

香典は葬儀の会計係などが香典返しをする際のために金額を控えています。そのため、糊付けして封をしてしまうとすぐに開けられなくなり、かえって手間になってしまうからです。入れたお金を落としてしまわないように注意して持っていきましょう。

また、封筒タイプではなく一枚の紙でお札を包むタイプの香典袋もあります。その際、折りたたむ順番は左側の紙、右側の紙、下側の紙、上側の紙、の順になります。

まとめ

今回は、中袋がない香典の包み方について解説してきました。

中袋がない場合でも、気をつけたいことやマナーは一般的な香典の包み方と同じなので、中袋の有無に関わらず参考にしていただけると内容です。

本記事を参考に、中袋がない香典についてのマナーなどを確認してみてくださいね。

▼香典の入れ方について詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋への正しい入れ方とは?

▼葬儀に参列する前に確認したい!香典の渡し方について知りたい方はコチラ

香典の渡し方|かける言葉やふくさからの出し方・後日渡す方法も解説

▼香典袋のマナーまとめ

香典袋のマナー ❘ 書き方やお札の入れ方、種類ごとの違いについて徹底解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:えばし 和彦

現在、通信会社で営業の仕事をしている傍ら、WEBライターとして活動中。終活に関する記事を100本以上執筆。

関連する記事

記事のカテゴリ