香典のお札はどの向きで包む?新札はNG?お札に関するマナーを解説

葬儀には、なにかとマナーが付き物です。通夜や葬儀には亡くなった方への気持ちとして香典を持参しますが、この香典もただ香典袋にお札を入れればいいわけではありません。

葬儀は突然のことです。いざという時に香典の包み方が分らないようでは大変です。今回は、香典袋に入れるお札の種類や入れ方などのマナーを説明します。

お札の入れ方について

香典のお札に関するマナーで一番気になることは、お札の入れ方・包み方ではないでしょうか。初めて香典を包む際は、お札をどの向きで封筒にいれればよいか迷ってしまう方も多いでしょう。

ここでは、香典を包む際のお札の向きと入れ方を解説します。

お札を入れる向き

香典を包む際、香典袋の表側からみてお札が裏を向くよう封筒にいれます。お札は肖像画が書いてある方が表面であるため、香典袋をふたがついている裏側から開けた際に、お札の肖像画が見えるように入れます。

お札を裏にして香典を包む理由は諸説ありますが、お札の肖像画が下を向くことで「悲しみに顔を伏せる」という意味がこめられています。

なお、お札の裏表に関してはマナーがありますが、上下に関しての決まりは特にありません。複数枚お札を入れる際は、すべてのお札の向きをそろえることに注意しましょう。

中包みの場合のお札の包み方

香典袋には、一枚の紙を折りたたんでお札を包む中包みタイプのものもあります。この場合、奉書紙が使われていることが多いでしょう。

奉書紙はツルツルした面が表側、ざらざらした面が裏側となります。包む際は奉書紙の裏側を自分に向けて置き、お札の肖像画がみえる表面を上側にします。お札をのせた後は、元の折り目にそって折りたたんでいきましょう。最後に折りたたんだ紙の端がみえる方が香典袋の裏側になります。

中袋の場合のお札の包み方

中袋タイプの香典袋は封筒の形をしており、封筒のふたが付いている方が裏面になります。そのため、香典袋の表からみてお札が裏側になるようにするには、ふたがついている裏目側から、お札の肖像画と目が合う向きで入れます。

外袋のとじ方

香典袋は、外袋と中袋の2つの袋があることが一般的です。外袋が奉書紙などで一枚の紙を折りたたむタイプであった場合は、折りたたむ順番にも決まりがあります。外袋は左側の紙、右側の紙、下側の紙、上側の紙と折りたたんでいきます。

また、封筒タイプなどは糊付けをした方がよいのではないかと心配になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、その必要はありません。

香典は香典返しをするために係りの方が金額をひかえており、糊付けしてしまうと香典袋をあける手間がかかってしまうためです。

▼香典のお札の入れ方・包み方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋の正しい入れ方とは?

お札の新しさ

香典を用意するときに次に注意したい点は「ピン札を用意するかどうか」です。具体的にどのようなお札を用意すればいいのかみていきましょう。

新札は控える

ピン札を受け取ると、なんだか嬉しい気持ちになりませんか。結婚式などお祝い事では、お祝いとしてピン札を用意するのが良さそうですね。しかし、香典の場合はピン札を使うのはマナー違反とされており、使用感のあるお札を包むのが正解です。

では、なぜ香典にはピン札を使用してはいけないのでしょうか。

ピン札は、わざわざ銀行などに行って用意しないと手に入らない物です。そのためピン札を使うことで「亡くなることを待ちわびで準備していた」かのような印象をご遺族に与えかねません。そこで、香典には、「急いで準備して駆け付けた」という意味で、古いお札を使用するようにします。かといって、使い古したくしゃくしゃのお札を包むことは失礼になりますので、財布の中でも綺麗なお札を包みましょう。

新札の場合は折り目をつける

手元にピン札しかない場合もあります。キャッシュレス化が進む近年においては、財布の中に現金を入れておらず、香典の準備のためにATMで慌てておろす場合もあるでしょう。そんな時、用意したお金がピン札だった場合はどうしたら良いのでしょうか。

ピン札であっても真ん中に折り目をつけてから香典袋に入れれば良いとされています。折り目をつけたところで新札に変わりはありませんが、最近は新札を利用したからといって「亡くなることを準備していた」などと捉えられることは、ほぼ無くなりました。とはいえピン札には「お祝い事」のイメージがあるため、遺族への気遣いとして真ん中に折り目を付けて渡します。

お札の枚数

では香典袋に入れるお札の枚数や金額の決まりについてもみていきましょう。

日本では偶数が陽数、奇数が陰数とされています。また、偶数は「割り切れる」ため「縁が切れる」という考え方から、結婚式や葬儀の場面には相応しくないと考えられています。この偶数を避けた方が良いという考え方は、香典袋に入れるお札の枚数や金額にも適用されます。

© kudoh/stock.adobe.com

偶数枚は控える

偶数は割り切れることから「縁が切れる」とされます。そのため絶対的な決まりではありませんが、お札の枚数は1枚、3枚、5枚等、奇数にするのが一般的です。一万円を包む場合、「五千円札2枚」や、「五千円札1枚と千円札5枚」等、偶数枚にすることはマナー違反になりますので避けるように気を付けましょう。また、奇数であっても同じお札を十数枚等、枚数を多くしてしまうと遺族が香典を整理する際に迷惑を掛けます。できるだけ少ない枚数でお渡ししましょう。

▼お札の枚数に関するマナーを詳しく知りたい方はコチラ

香典では偶数を避けるべき?金額や枚数は「割り切れないもの」がマナー

金額にも注意する

注意するべきは枚数だけではありません。香典袋に入れる金額については、一万、三万、五万など、一番上の位を奇数にするのが一般的です。ただし地域によって葬儀のしきたりは異なっており、「偶数であってもかまわない」と考える地域もあります。しかし、地域のしきたりがわからない場合は奇数にしておく方が無難といえます。

一般的な香典の金額相場は上司や同僚、友人の場合は5千円や1万円、隣近所や先生・恩師に対しては3千円や5千円等となり、故人との関係性や年齢によって香典の相場は変わります。

「4」と「9」を避ける

日本では4は「死」、9は「苦」を連想させるため縁起が悪いとされています。語呂合わせではありますが、枚数が4枚や9枚になること、金額に4や9が入ることは避けた方が無難です。有志一同など、まとめた香典が四万円になってしまう場合には一万円を供花供物などに充て、香典の金額は奇数になるようにしましょう。

万札、五千円札、千円札どれで払えばいいの?

香典に入れるお札にも決まりがあるのでしょうか。

お札の種類に関しては万札、五千円札、千円札、どのお札を使用しても問題ありません。ただし最小限の枚数になるように準備しましょう。例えば一万円であれば、千円札を10枚や五千円札を2枚ではなく一万円札で用意をします。

特に複数人でまとめて香典を用意する場合には気を付けてください。枚数が多くなると金額が分りにくくなり間違えてカウントされることもあります。葬儀後に香典の整理を担当される方に迷惑が掛かるため止めましょう。

まとめ

香典はただ渡せば終わりと思われる方もいらっしゃいますが、供花や供物と同じように故人に対して供えるものです。心を尽くしたマナーで用意をしましょう。今回は、お香典に入れるお札のマナーについて説明をしましたが、香典袋の選び方や香典の包み方にも決まりがあります。お札のことだけではなく、お香典全体のマナーを確認してから参列しましょう。

▼香典のマナーまとめはコチラ

【香典のマナー】書き方から相場金額、お金の入れ方・渡し方まで解説

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ