香典の金額の書き方のマナー ❘ 3000円や5000円などの実際の書き方をご紹介

親戚や、友人・知人の訃報を知り、葬儀に参列する際に用意しなければならないのが香典です。当日の葬儀式場に到着するまでに準備をしておく必要がありますが、香典袋の書き方がわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に、「金額の数字は難しい漢字で書く必要があった気がするけど、どういう漢字を使うんだったっけ?」と思う方は多いかもしれません。

本記事では、香典袋の金額の書き方を中心に、香典袋の書き方やお金の入れ方を解説していきます。

香典金額の書き方

香典袋を書く際には、表書き、名前、住所、電話番号の他に金額の記入をしなければなりません。金額を記入しなければならないのは、遺族以外の方が葬儀の受付や会計をする場合もあり、香典袋に記載されている金額と中に入っている金額が正しくあっているか確認して香典を整理していくためです。

間違いを防ぐためにいくつか香典金額の書き方のポイントがありますので、詳しくみていきましょう。

旧字体の漢数字を使う

香典の金額を書く際は、旧字体の漢数字を使い、縦書きで書くことが多いです。これは、読み間違いや後から書き換えられることを防ぐためです。一般的な漢数字の一、二、三などは棒を横に引くことで、書き換えようと思えば容易に可能なことが想像できますし、他にもシミなどが偶然ついてしまうことで、読み間違えてしまうこともあるでしょう。

以上の理由から、香典の金額記入の際には利用されてきました。

香典には利用しない金額もありますが、旧字体でどのように記入するのが良いのか見ていきましょう。

  • 1 「」例:壱萬圓
  • 2 「」例:弐萬圓
  • 3 「」例:参萬圓
  • 4 ※「死」を連想させるため、使用しない
  • 5 「」例:伍仟圓
  • 6 ※香典では割り切れる偶数は基本的に避ける
  • 7 「」例:七萬圓 ※奇数だが、香典の場合はあまり利用しない
  • 8 ※香典では割り切れる偶数は基本的に避ける
  • 9 ※「苦しみ」を連想させるため、使用しない
  • 10 「」例:拾萬圓、弐拾萬圓
  •  「」例:参仟圓
  •  「」例:伍萬圓

円の旧字体は「圓」となります。難しい場合は「円」と記載しても良いですが、数字が旧字体なのでなるべく合せた方が良いでしょう。

横書きの場合はアラビア数字でもよい

香典袋の金額の記入は、中袋の表側に縦書きで書くことが多いです。しかし、中袋がついていない場合は、外袋の裏側の右下あたりに横書きの記入欄がある場合もあります。

記入欄が無い場合は自分で横書きで書くこともあるでしょう。

このように、もし横書きで書く場合は「金3,000円」「金5,000円」「金10,000円」等で数字をアラビア文字で書いても構いません

金額を書く際に使うペン

香典袋を記入する際、表書きや名前など基本的には薄墨を使いますが、金額記入にはサインペンやボールペンを使っても構いません

もともと薄墨には「悲しみの涙でうまく墨が滲んでしまう」という意味や「突然の訃報に驚いて墨がうまくすれない」という意味があります。

ですから、一番良いのは薄墨をすって小筆で記入したり、筆ペンを使って手書きで書くことです。

しかし、相手にわかるような字で書くというのも非常に重要になってきます。

特に住所や連絡先、金額は香典返しをする際に遺族にとって重要な情報なので、きちんと読み取れるように書くのが一番です。

筆ペンなどが慣れずに、字が滲んでしまって読めないよりは、サインペンやボールペンなどで相手にとって読みやすい字で記入した方が良いのです。

▼香典を書く際に使う薄墨やペンについての詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典に薄墨を使うのはいつまで?薄墨がない場合はペンで書いても良い?

金額を記載する場所

香典袋に金額を記載する場所は、中袋があるかどうかで変わってきます。記入欄がある場合はそれに従いますが、無いことも多いので、その場合は下記を参考にしてください。

基本的には中袋の表側

中袋がついている香典袋の場合は、中袋の表側に記入します。中袋が封筒タイプの場合は、蓋がついていない方が表側、奉書紙タイプで一枚の紙でお金を包む場合は紙の端が見えないきれいな面の方が表側になります。

中袋の表側を確認したら、中央に縦書きで「金壱萬圓(也)」などと書きます。

中袋がない場合は香典袋の裏側

中袋が無い香典袋の場合は、香典袋の裏側に記入します。香典袋の裏側は、表書きや名前を書かない、紙の端が見える方です。

香典袋の裏の左下には住所を記入しますので、改行し、それに続けて「金伍仟圓」などと書きます。もし、スペースがあまり無い場合には、住所を書いた場所とは別に、香典袋の裏の右下のあたりに横書きで「金5,000円」などとアラビア文字で数字を記入しても構いません。

中袋の住所と名前の書き方

中袋の裏側に住所(電話番号)、名前、金額の記入欄が設けてある場合は、それに沿って必要事項を書きましょう。欄がない場合は、中袋の裏の左下に縦書きで「住所・氏名・金額」をそれぞれ改行して書きます。香典袋自体に記入欄がある場合もありますので、その場合はそれに従って書きます。

遺族は香典袋や芳名帳を見てお礼状や香典返しを準備することが多いです。忙しい中、わざわざ住所録や年賀状を調べるのはかなりの手間になりますので、郵便番号や部屋番号までしっかり書くようにしましょう。

香典のお札の入れ方

香典袋に入れるお札は、予め用意していたことを想定されないようにするのと、数え間違いの元になるので新札を避けます。どうしても新札しか手元にない場合は、折り目を付けます。

また、香典袋にお札を入れる際には、お札の裏面を向け、お札が複数枚になる場合には全ての向きを揃えて入れるのがマナーです

お札の表は、肖像画が書いてある面になりますので、その逆が裏面になります。(二千円札の場合は守礼門が書いてある面が表です。)

香典袋に入れる際、なぜお札を裏面にするかというのは、諸説ありますが、肖像画が描いてある方を伏せることによって悲しみに顔を伏せる、という状況を表現しているからといわれています。さらに、通常は表面でやり取りするお札を裏にすることで、非日常を表しているともいわれているようです。

香典袋には、中袋があるものと無いものが販売されているので、それぞれの入れ方を解説していきます。

中袋がある場合の入れ方

香典袋の中袋は、封筒タイプのものや奉書紙タイプのものがあります。封筒タイプのものは、蓋がついている方が中袋の裏になりますので、中袋を表にしたときにお札が裏を向いているようにして入れます

封筒タイプの袋に自分がお札を入れるときは、蓋が付いている裏面から入れると思いますので、お札の肖像画と目が合う形で入れていけば、表を向けたときに自然とお札は裏を向いている形になります。

奉書紙とは、白くてしっかりとした和紙の一種です。ツルツルした面が表で、ザラザラとした面が裏になります。奉書紙の裏側を自分に向けるようにして置き、お札の裏を奉書紙と合せるように下に向けて、包み込みます。

一般に販売されているものは折り目が既についていますので、その折り目に沿ってお金を入れるようします。その際もお金を包み終わった奉書紙を表に向けたときに、お札が裏側に入っているように気を付けます。奉書紙を折りたたんでいき、最後に折った紙が残る方が裏側になります。

中袋が無い場合の入れ方

中袋がないタイプの香典袋は、封筒タイプや一枚の紙や和紙を折りたたんで使うタイプのものがあります。

中袋がない場合は、御霊前などの表書きや自分の名前を書く面が香典袋の表面となりますので、表から見たときにお札が裏を向いているように入れるようにします。

和紙を折りたたんで使うタイプは紙の端が見えている方が裏、その逆のきれいな面の方が表になります。(一部、紙の端が表側にくるタイプの香典袋もあります。)紙の中央にお札の裏面を紙と合わせるように下に向けて置き、そのあと順番に、左、右、下、上と折りたたむようにします

▼香典の包み方について詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋の正しい入れ方とは?

まとめ

香典袋の金額は、基本的には旧字で記載します。普段使わない漢字も多いので、難しいと感じる方も多いですが、旧字で記載する理由は読み間違えや後から書き換えられてしまうのを防ぐためです。その他にも、香典袋には表書きや名前、住所等を記載する必要があります。

後から香典を確認したり、香典返しを準備する遺族のためにも、正しく記入するようにしましょう。

▼金額相場など香典のマナーについて網羅的に知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ