香典返しは「半返し」と「3分の1返し」どちらがいいの?香典返しの金額相場

香典返しを用意する際は、「半返し」と「3分の1返し」のどちらが良いのか、地域や風習などによっては迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
香典返しをどちらで用意するかによっても金額は大きく変わります。
今回は、香典返しが必要な理由から香典返しの相場など、香典返し全般について解説していきます。
香典返しについて、改めて確認してみてください。

どうして香典返しが必要なの?

そもそも、香典返しはなぜ必要なのでしょうか。
近代以前の葬儀では、親戚や近所の方が葬儀の準備などを行い、ご遺族に負担のかからないように相互に助け合うことが一般的でした。
この習慣がやがてライフスタイルの変化に伴い、お金で助け合う現在の香典という姿に変化してきました。
香典返しは、お金で助けていただいた方々に、四十九日法要を無事に済ませたことを報告するとともに香典をいただいた方へのお礼も兼ねて送るものとされています。

【香典返しまとめ】金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

香典返しの相場は半分(2分の1)~3分の1

では、香典返しの一般的な相場について確認していきましょう。
香典返しの一般的な相場は「半分(2分の1)」や「3分の1」の金額とされています。
香典返しの具体的な金額はいただく香典の額によって異なりますので、香典の相場を把握しておくことで事前に把握することができるでしょう。
なお、香典の相場は、香典を渡す人の年齢やご遺族との関係性によっても異なりますので、参考として一般的な香典の金額相場を一覧にしてみました。

故人との関係 20代 30代 40代
祖父母 1万円 1万円〜3万円 3万円〜5万円
両親(父・母) 3万円〜10万円 5万円〜10万円 10万円〜
兄弟、姉妹 3万円〜5万円 5万円 5万円
勤務先の上司 5,000円 5,000円〜1万円 5,000円〜1万円
勤務先の同僚や部下 3,000円〜5,000円 3,000円〜1万円 3,000円〜1万円

上記が香典の一般的な相場なので、上記金額の半分(2分の1)~3分の1を香典返しの金額として把握しておくと良いでしょう。
ただし、親族の方で高額な香典を用意される方もいらっしゃいます。
いただく香典の金額によっては、香典返しの金額を「半分(2分の1)」や「3分の1」で用意しなくても大丈夫です。
どのくらいの金額が常識的な金額なのかは把握しておくと良いですね。

地域によって香典返しの相場が異なる

香典返しの金額は一律に決まっているものではなく、地域の習慣や風習によっても異なります。
昔の葬儀では、参列者は近隣の人たちに限られたためその地域によって香典返しの金額に差がありました。
大きく分けると、関東では「半返し」関西では「3分の1返し」が一般的とされていました。
ただし、現在ではあまり関東と関西で厳密に香典返しの金額に差があるわけではなく、「半返し」を基本と考えておけば問題はないでしょう。
ただし、葬祭事では地域の風習や習慣が大きく関わる場合もあります。
「半返し」を基本としつつ、風習や習慣を事前に確認して香典返しを用意するようにしてください。

香典返しで「3分の1返し」することが多いケース

香典返しの金額は「半返し」を基本としつつ、習慣などを考慮して決める必要があります。
ただし、香典の金額が高額であったり「3分の1返し」で香典返しを用意するケースもあるので、具体的に確認していきます。

親族から香典をいただいたとき

親族から香典をいただく場合、高額な金額が包んであることがあります。
5万円や10万円と高額な香典をいただいた場合、その半返しを用意することが逆にご遺族の負担となる場合も考えられます。
高額な香典には多くの場合、葬儀のために使って欲しい想いが込められています。
したがって、親族から高額な香典をいただいたときは、ご遺族の負担も考慮して「3分の1返し」で問題ないとされています。

家族の働き手が亡くなったとき

家族の働き手が亡くなったときも、先方のご厚意に甘えて香典返しは「3分の1返し」で問題ありません。
家族の働き手が亡くなったことで、ご遺族の心理的、経済的な負担は大きいものです。
そのため、香典は生活のために優先的に使っていただき、香典返しは「3分の1返し」でも良いとされています。
場合によっては、香典返しを用意しなくても良いとされているので、経済状況などを考慮して香典返しを用意すると良いでしょう。

故人の子供が未成年の場合

故人の子供が未成年の場合も、ご遺族の心理的負担や経済的負担を考慮して、香典返しは「3分の1返し」で良いとされています。
残されたご遺族の今後の生活を考えると、未成年の子供がいることで心理的にも経済的にも負担は大きいものです。
送る側にも、香典返しは生活や子供のために使って欲しいという想いがありますので、ご厚意に甘えさせていただき、「3分の1返し」で用意しても問題ないでしょう。

即日返しのときの香典返しの相場は?

香典返しは従来、四十九日法要が無事終わったことの報告も兼ねて後日、お送りするものでした。
しかし最近では、香典返しを即日返しとして当日お渡しするケースも増えてきています。
即日返しをするケースでは、いただく香典の金額にかかわらず同じ品物を用意することが一般的です。
用意する品物の相場がどのくらいになるかは習慣などによっても異なりますが、2,000円〜3,000円程度の品物がよく選ばれています。
どの程度の品物を用意するかは、地域の習慣なども考慮しつつ、ご家族と話し合って決めると良いでしょう。

連名で香典を貰ったときの香典返しの相場

香典は、2〜3名の方の連名でいただくケースもあります。
連名で香典をいただいた場合でも、香典返しは個別に用意するようにしてください。
仮に3,000円の香典返しを用意していた場合、3人の連名だから一人あたり1,000円の品物を用意することも考えられます。
しかし、香典返しを別で用意する手間やいただいた香典に対するお礼の気持ちを伝えるという意味でも、他の方と同様に同じ金額の品物で贈る方が良いでしょう。
同じ金額で用意することに抵抗がある場合には、1,000円程度の小分けの菓子折りで用意しても良いかもしれませんね。

香典返しを辞退されたら香典返しはいらない

香典返しを辞退された場合には香典返しを用意する必要はありません。
香典返しを辞退する理由には、喪主やご遺族の負担を少しでも軽減したいという参列者のご厚意があります。
参列者のご厚意を無駄にしないためにも、香典返しは用意しない方が良いでしょう。
ただし、香典をいただいたお礼はすべきなので、お礼状などで感謝の気持ちを伝える心配りは必要ですね。
お礼状では、香典をいただいたことへのお礼だけでなく四十九日法要が無事に終わったことの報告を記載して送りましょう。
お礼状の記載方法については、次の項で解説しているので参考にしてみてください。

香典返しに添えるお礼状

香典返しのお礼状はどのように記載すると良いのでしょうか。
葬祭事ではマナーとともに、丁寧な文章が求められます。
では、香典返しに添えるお礼状を作りにあたり、どのような点に注意すると良いのでしょうか。
香典返しに添えるお礼状を書く際に注意する点について、ご紹介していきます。

句読点を使わずに文章を作る

香典返しのお礼状に限らず、葬祭事で作る文章では句読点を使わないことがマナーです。
句読点は一般的に、文章を読みやすくするために使われるものです。
しかし、葬儀に参列される方は、句読点などがなくても文章を読める教養のある方と考えますので、句読点を使うことは逆に失礼と捉えられます。
そのため、香典返しのお礼状などでは、句読点を使わずに文章を作ることがマナーとされています。

忌み言葉を使わない

忌み言葉を使わないことも、葬祭事における文章のマナーです。
忌み言葉とは、「重ね重ね」や「度々」、「返す返す」などの繰り返し言葉や、「四」「九」など死を連想させる言葉をさします。
葬祭事の文章では、不幸が繰り返してはいけない、死を連想させることから避けたいという意味もあり、忌み言葉を使わないように注意が必要です。

頭語・結語を正しく使う

頭語・結語は、必ずしも使う必要はありませんが、使う場合には正しく使うようにしてください。
頭語・結語としては、「拝啓・敬具」「謹啓・謹言」などがよく使われています。
丁寧な文章を心がけるのであれば、頭語・結語を正しく使って文章を作るとより良いでしょう。
普段から頭語・結語を使って文章を作る方は多くないかもしれません。
葬儀屋さんに相談することで、お礼状を丁寧な文章で作ってくれますので、葬儀屋さんに相談してみるのも良いかもしれませんね。

▼お礼状の例文やマナーはこちらの記事をチェック

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

まとめ

今回は、香典返しについて解説してきました。
香典返しは、葬祭事でご遺族側がしっかりと守りたいマナーの一つです。
しかし、香典返しのマナーについてしっかりと確認する機会はあまり多くないかもしれません。
今回の記事を参考に、香典返しのマナーを改めて確認してみてくださいね。

▼香典返しを贈る時期や品物のまとめはこちらの記事をチェック

香典返しの辞退は失礼?書き方や辞退されたときの対応も解説

香典返しの金額相場はいくら?親戚や会社へ贈る場合の目安も解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:えばし 和彦

現在、通信会社で営業の仕事をしている傍ら、WEBライターとして活動中。終活に関する記事を100本以上執筆。

関連する記事

記事のカテゴリ