香典返しを贈る時期は?タイミングは「即日」か「忌明け」が一般的

弔事でのマナーとして香典を頂いた際には香典返しをします。しかし、自分が葬儀に参列して香典をお渡しした際に、その場で香典返しをいただいた時としばらくたった後に自宅に送られてきたという二通りの経験はありませんか。

実際のところ香典返しはどのタイミングで行うのが正しいのでしょうか。この記事では香典返しをする時期の解説と香典返しとして人気のある商品についてのご紹介をしていきます。

©sakura/stock.adobe.com

香典返しをする2つの時期

香典返しをお返しする時期は無事に四十九日の法要が執り行われたという報告も兼ねて、忌明け後におくるのが一般的です。

しかし、近年家族葬などの身内だけで行う少人数の葬儀が増加しておりこれらの葬儀の場合では、葬儀の当日に「即日返し」として会葬御礼と共にお渡しすることもあります。

このように香典返しをする時期は二通りあり、どちらを選べばよいのかは葬儀の規模や地域の風習などで変わってきますが、それぞれの内容を理解しておきその時になって慌てないようにしておきましょう。

忌明け後の香典返し

忌明け後に香典返しする時にはそれぞれから頂いた香典の金額に見合った品物をお返しするようにします。しかし、具体的にはどの時期に何をおくればよいか迷うこともあるでしょう。

忌明け(四十九日法要)とは

葬儀の後、家族を亡くした遺族は故人の冥福を祈って喪に服します。この期間を終えることを忌明けといます。

本来仏教では故人が故人が亡くなった後、七日ごとの忌の日に法要を行うことになっており、初七日に始まり七七日にあたる四十九日を忌明けの日とされ満中陰とも呼ばれてます。

この忌明けにより故人の魂は旅立つといわれ、忌明けの法要が執り行われます。

©sand555/stock.adobe.com

忌明け後に香典返しをする理由

香典返しは香典をいただいたことに対するお礼だけではなく、滞りなく四十九日の法要を終えて忌明けを迎えたという報告を兼ねて行うものです。そのため、四十九日の法要が終了した忌明け後のタイミングで香典返しをするのが一般的とされているのです。

三十五日で忌明けとする場合もある

月の下旬に亡くなった場合、四十九日の忌明けが3か月目に入ってしまうことがあります。これは「三月越し」と呼ばれ、三月が「身つき」、四十九日が「しじゅう(始終)く(苦)」と連想され「始終苦が身についてしまう」と語呂が合うため地域によっては縁起が悪いと考えられるようです。したがって、このように考える地域では忌明けの日を四十九日の日ではなく、5回目の忌にあたる三十五日とする場合があります。

香典返しの金額相場と人気の品物

香典返しは葬儀の際にいただいた香典に対しての返礼としてお返しするもので、通常香典の半額程度の品物をお返しするようにします。

香典返しとしてお返しする品物としては不幸を残さないという意味で、消えてなくなるものが選ばれます。しかし、ものによっては生活スタイルやな年齢などによって使われない場合もあり、誰にでも使用されるようなものを贈るという配慮が必要です。

たとえば、食品や飲料品、洗剤などの日用品などを選ぶことが多くなります。その中でも、香典返しとして人気のある品物としては日用品では高品質のものや有名ブランドのもの、食品ではこだわりのあるお菓子などが良いでしょう。また、贈られた人が自分の好きなものが選べるカタログギフトも人気が高いです。

即日返し

最近では通夜や葬儀の当日に香典返しを渡すことも増えてきました。葬儀と一緒に手配ができるため簡便なように思われますが注意しておかないといけないこともありますので気をつけましょう。

即日返しとは

即日返しとは葬儀当日に受付でお渡しする香典返しのことを言います。その場で直接お礼の言葉を伝えて香典返しをお渡しすることができ、住所を管理して後日それぞれにお送りするという手間が省けるため即日返しをするケースは増えてきています。

即日返しに用意する品物と金額相場

即日返しは頂く香典の金額が分からないためにそれぞれに見合った金額のものをお返しすることが難しくなります。そのため、あらかじめ準備しておく品物は2,000円~3,000円程度のものを準備しておき、高額の香典を頂いた場合にはその差額を後日お返しするようにします。

また、品物はどのような参列者にも喜ばれるものや持ち帰ることを考慮して、かさばらないものを選ぶようにしましょう。これらのことから、タオルや焼菓子などが選ばれることが多くなっています。

会葬御礼品との違いに注意

葬儀に会葬いただいた場合は会葬返礼品をお渡しします。これは香典の有無や金額に関わらず全員に同じものを返礼品として準備します。

そのため、香典の即日返しをする際には香典返しの品物とこの会葬返礼品は別になりますので間違えないように注意しましょう。会葬返礼品には500円~1,000円程度のハンカチやギフトカード、お茶など誰にでも使い勝手の良いものが選ばれることが多いです。

各宗教・宗派の香典返しの時期

一般的な香典返しの時期は上記で紹介しました。

しかし、特定の宗教・宗派では香典返しをおこなう時期が違ったり、そもそも香典返しがないという場合があります。

浄土真宗の香典返しの時期

浄土真宗では、故人は亡くなると同時に極楽浄土に行き、仏様に生まれ変わるとされる「即身成仏」の教えがあります。そのため、故人を偲ぶための忌中という考え方をしません。

このような考え方から香典返しの時期は四十九日の忌明け後ではなく初七日から数えて1か月以内に行うとされています。他の仏式の宗派に比べて早い時期におくるため、注意が必要です。

キリスト教の香典返しの時期

キリスト教には忌明けや香典返しという考え方はありません。しかし、日本では多くの方が仏教であるため頂いた香典にお返しをする香典返しの風習が一般的な考えとなっています。そのため、キリスト教の場合でも頂いたお花料に対して返礼品を送ることが通例となりました。お返しの時期は宗派によって違いがあり、プロテスタントでは亡くなった日の1か月後の昇天記念日、カトリックでは三十日目に執り行う追悼ミサの後となっています。

神道の香典返しの時期

神道とは日本の風土や日本古来の風習や生活習慣に根ざした伝統的な信仰です。この神道での葬儀の場合、仏式の通夜を通夜祭や遷霊祭と呼ばれ、葬儀の代わりに葬場祭が執り行われます。

香典返しは本来は仏教に由来するしきたりとなりますが、古来からの風習として一般的に広まっているものであり、神式の葬儀においても香典返しは行われます。神式での香典袋には「御神饌料」や「御玉串料」と書かれているため、厳密には香典返しではなく「御神饌料」や「御玉串料」への返礼品ということになります。

神道では故人が亡くなられた50日目を忌明けとし仏式の四十九日の法要にあたる五十日祭を行います。したがって香典返しも五十日祭の日以降で1か月以内に行うようにします。

香典返しをおくるときの3つのポイント

香典返しをおくる時には気をつけておきたいポイントがあります。香典返しは感謝の気持ちの返礼品をおくるものです。これらを間違えてマナー違反にならないように注意しましょう。

送る時期を先延ばしすぎない

葬儀の後は頂いた香典の整理や手続きなどしなくてはならないことも多く忙しくなります。そのため、香典返しを忌明け後にお送りする場合には遅くなりすぎないようにしっかりと計画的に準備を進めましょう。

香典返しは遅くとも忌明けの法要を行った後出来るだけ早くに送るようにするのがマナーであり、2週間から1か月までには終わるようににします。

挨拶状を添える

香典返しをおくるときには挨拶状を添えるのがマナーです。

ところが、香典返しは葬儀が終わり慌ただしい時期に準備をしなければならず、香典の金額に合わせていくつかの品物を選ぶ必要があります。そのため品物選びばかりに気持ちが向きがちになるため注意が必要です。

香典返しを選ぶと共に、香典返しと一緒に添える挨拶状の作成が必要となりますので、どのような内容にするのかもしっかりと考えておくようにしましょう。

掛け紙(のし紙)をつける

香典返しとしておくる品物には掛け紙を付けます。掛け紙には表書きの書き方や水引の選び方、掛け紙の張り方などさまざまなマナーがあります。普段の生活ではあまり経験しないことも多い掛け紙ですが、正しい掛け紙の付け方を知っておいて間違えないようにしましょう。

香典返しの渡し方

準備した香典返しは直接手渡すか配送でお送りします。香典返しをお渡しする時期や相手との関係性、自宅などの距離的なことを考慮してそのような方法でお返しするのかを決めましょう。

直接手渡しする

香典返しを直接手渡しする場合の多くは通夜や告別式の会場で即日返しをする時です。

この場合に受け取った方としては、香典に対する返礼品なのか会葬返礼品なのかがはっきりしない場合があると考えられます。香典返しであることをお伝えするために「お心遣いありがとうございます。御香典のお返しの品でございます」とひとこと添えると良いでしょう。

また、関係性が深く近隣の方に対しては忌明け後にご自宅等に出向いて香典返しを手渡しする場合もあります。このような時には直接お礼の言葉を述べるため、挨拶状は不要となります。

郵送する

本来、香典返しは喪主が直接手渡ししてお返しするのがマナーとされていました。しかし、現代では遠方から葬儀に来て下さる場合も多く、ひとりひとりに出向いてお返しすることが困難であり、香典返しを郵送することが一般的となっています。

この場合には挨拶状を一緒につけておきます。挨拶状では会葬のお礼と四十九日の法要が済んだことを伝え、書面での挨拶となることのお詫びを書いておくのがマナーです。

また、弔事である香典返しを送る時には相手に結婚式などのお祝い事があることが分かっている場合にはその時期を避けるなどの配慮をするようにしましょう。

まとめ

香典返しをおくる時期は忌明けと即日返しがあり、そのタイミングによって準備するものも違ってきます。また、同じ忌明けでも宗派によって違いがあったり、配送する場合には住所や香典返しの金額に応じた品物を決めるなどしなければいけないことがたくさんあります。その時になって慌てないようにしっかりと準備するようにしておきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ