香典返しの辞退は失礼?書き方や辞退されたときの対応も解説

葬儀では、『参列者が香典を包み遺族がお返しを用意する』のが一般的です。

しかし、遺族の負担を考えて香典返しの辞退を考える場合も増えてきました。今回は、どのような時に香典返しを辞退される方が多いのか。また、香典返しを辞退する場合のマナーや伝え方・香典袋への辞退の書き方を紹介します。

是非最後までご覧ください。

香典返しを辞退するのは失礼?辞退する理由

香典を持つ女性

香典は、亡くなった方を悼む気持ちを表すものです。香典返しを受け取ることが前提ではありませんので、香典返しを辞退すること自体、失礼にもマナー違反にもあたりません。

通常であれば、香典返しを行うのが一般的です。そのため、遺族は香典返しを行うことを考えているでしょう。ですから、香典返しを辞退することを伝えることが必要になります。

具体的に香典返しを辞退される方の理由を紹介していきます。

遺族の負担を軽減させたい

遺族の負担を軽減させたいという理由が、香典を辞退される方の中で最も多い理由ではないでしょうか。香典は、急な出費が重なる遺族の扶助という意味合いも含まれています。

ですので、今後の生活を考えて香典返しを辞退するという方がいらっしゃるでしょう。

特に、一家の世帯主が亡くなった場合は、今後の生活費の足しにしてほしいという想いから香典返しの辞退を考えられる方が多いようです。

香典を連名で出しており、小額なため

何名が連名で香典を包んでいる場合、ひとりあたりの金額が小額である場合があります。一般に、3千円以上であれば連名ではなく一人ずつで香典を包みますが、一人あたりの金額が3千円未満で香典をつつんでいる場合は、香典返しの金額がとても小額になったり、準備する人数が多くなったりしてしまい喪家の負担が増えてしまいます。

香典返しをいただくほどの金額ではないことに加え、喪家の負担を減らすために香典返しを辞退します。

会社から事務的に出ているため

会社によっては、従業員やその家族が亡くなった際に福利厚生の一部として香典がでる制度があります。この場合、特定の個人や部署から香典が出ているわけではなく、会社から香典が事務的に出ているため、香典返しをいただいても誰が受け取るか分からなくなってしまいます。

そのため、会社から福利厚生の一部として香典を出す際は、香典返しも辞退します。

ただし、会社からの香典でも取締役や特定の個人・部署などから香典をいただいた場合は、香典返しいただくことが多いようです。

公的な組織や会社で香典返しの受け取りが禁止されている場合

そもそも、香典返しの受け取りを禁止されている場合があります。

公的な組織や会社の場合、組織や会社のルールで香典返し自体を受け取れないという場合があります。その場合には、遺族に香典返しの辞退を伝える必要があるでしょう。

辞退を伝えずに香典返しが届いてしまっては、かえって迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

地域的な理由

葬儀を行う地域によっては、風習で香典返しは行わないという地域もあります。

冠婚葬祭を簡素に行うことを目的として、香典返しを行わないというのが理由です。地域で決まっているからといって、辞退の旨を伝えなかった場合に香典返しが届くということも考えられます。

香典返しを辞退する旨は、しっかりと伝える必要があるといえるでしょう。

香典返しを辞退するときの伝え方・文例

香典返しを辞退するには、遺族へその旨をきちんと伝える必要があります。香典返しを辞退する方法として一般的なのは、香典袋の中袋などに記載する住所・名前に続けて香典返し辞退の旨を書き添えたうえで、葬儀の際、受付にも一言断って香典を渡す方法です。

口頭で伝えるという方法を思い浮かべる方も多いとは思いますが、実は口頭で伝えるというのはおすすめ出来ません。葬儀の際の遺族の心情は不安定なものです。そこへ口頭で伝えても忘れてしまったり別の方と間違えてしまったりということも考えられます。

そのため、香典袋にも香典返し辞退の旨をしっかりと記載しておきましょう。それでは、具体的に香典返しを辞退する方法を解説してきます。

葬儀の受付で直接伝える

最近では、葬儀の際に香典返しを行う「即日返し」が増えています。ですので、香典返しを辞退する場合、葬儀の受付でも香典返しが不要ということを伝える必要があります。即日返しだった場合、受付で「誠に勝手ではございますが、香典返しは辞退させていただきます。」などと一言断るようにしましょう。

但し、上記にもあるように受付に香典辞退を口頭で伝えるだけでは遺族にその旨が伝わらない可能性もありますので、香典袋に記載しておくなど他の方法と組み合わせてください。

香典袋(不祝儀袋)に香典返し辞退の旨を書く

香典返し辞退の旨を受付で伝えても、遺族に正確に伝わるという保証はありません。

香典返しを辞退される場合は、受付で香典辞退の旨を伝えるだけでなく香典袋(不祝儀袋)にも書くようにしましょう。

中袋に金額や名前、住所を記入しますが、その隣に香典返しを辞退する旨を一緒に書き添えるのが良いでしょう。

『香典返しは辞退させていただきたくお願い申し上げます』という一文で問題ありません。

なお、「香典返しを辞退するのであれば、住所や電話番号は記載しなくてもいいのでは」と思われるかもしれませんが、遺族から後日お礼状やお礼の電話をいただくこともあるため、しっかりと記載しておくようにします。

香典返し辞退用の封筒で渡す

香典返しを辞退する場合に利用できるものとして、香典返し辞退用の封筒や香典返し辞退の旨を書いたシールがあります。これらを利用すれば、香典返しを辞退するということが明確に遺族へ伝わります。

香典返しの辞退をはじめて行うという方でも行いやすい方法ではないでしょうか。

香典袋に一筆箋を入れる

香典返し辞退用の封筒やシールを利用する方法は手軽に行えますが、他の方法が良いという方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、香典袋の中に香典返しを伝える一筆箋を入れるという方法もあります。方法としては丁寧ですが、一筆箋に書く内容が分からないという方が多いでしょう。一筆箋を書く際は薄墨で書くようにします。筆が苦手な場合は、万年筆やボールペンで書きますが色はグレーの物でも構いません。

香典返しを辞退を伝える一筆箋の文例

香典返しを辞退する場合の一筆箋の文例です。

〇〇(喪主か直接面識のある方の名前)様
この度は心よりお悔やみ申し上げます
誠に勝手ではございますがお返しのご配慮は不要でございます
故人の冥福を心からお祈り申し上げます
〇〇 〇〇(自身の名前)

一筆箋を書く際はあまり長い文章にならないように注意しましょう。

香典を郵送する場合は手紙を添える

葬儀に参列することが出来ないときに、香典を郵送する場合もあるでしょう。

郵送する場合には、一言程度の手紙を添えますしょう。そして香典返しの辞退を希望する場合は、手紙の内容に香典返し辞退の旨を書き添えるようにしましょう。

内容としては、葬儀に参列出来ないお詫びを述べ、続いて香典辞退の旨を伝えるのが文章としてのまとまりも良いでしょう。

香典を郵送した時の香典返し辞退を伝える手紙の文例

郵送で香典を送った場合の香典返し辞退の手紙の文例は以下の通りです。

〇〇(故人)様のご訃報に接し謹んでお悔やみ申し上げます
あいにく葬儀に参列出来ないご無礼をお許しください
心ばかりですが同封の物をご尊前にお供えしていただければ幸いです
誠に勝手ではございますがお返しのご遠慮は不要です
故人の冥福を心からお祈りいたします
〇〇 〇〇(自身の名前)

この場合の手紙は、季節の言葉などは用いません。あまり長い文章にならないように注意しましょう。

香典返しを辞退するときの書き方|不祝儀袋・一筆箋に添える辞退の文例

香典返しを辞退する場合は香典の金額は少なめに

香典返しを辞退する場合、相場通りの香典の額を包んでしまってはかえって遺族に迷惑をかけてしまうことも考えられます。特に、高額な香典を包むと、「これだけ香典をいただいたのだから、お返ししなくては」と遺族に気を遣わせてしまうかもしれません。

一般に香典返しを辞退するような香典の金額は3千円~5千円ですが、親族として参列し、それよりも多く香典を包む場合は、相場よりも少し減らして包むなどの配慮をするとよいでしょう。

会葬御礼品は受け取りましょう

葬儀に参列したときに会葬礼品を受け取った経験もあるのではないでしょうか。これは香典返しと間違えやすいですが、会葬礼品とは葬儀に参列してもらった事に対するお礼です。香典に対するお礼ではないので間違えずに受け取るようにしましょう。

大きさが違うので判別は付きやすいですが、間違えて香典返しを受け取っては元も子もありません。香典返しか会葬礼品か分からない場合や自信の無い場合は、受付でどちらであるか確認するようにしましょう。

▼会葬御礼について詳しく知りたい方はコチラ

会葬御礼品とは?渡すタイミングや相場、人気の商品3選を紹介!

【喪主・遺族向け】香典返しを辞退されたら

香典返しを辞退されて際は、厚意をありがたく受け取り、香典返しをする必要はありません。ただし、忌明け後にお礼状を送るようにしましょう。お礼状には、配慮いただいたことのお礼や、四十九日法要が済み忌が明けたことを記載します。

ただ、親族などから高額の香典をいただき、何もお返しをしないことがためらわれる場合は、お中元やお歳暮を贈ったり、会食に招くなど別の方法でお礼をしてもよいでしょう。

▼香典返しを辞退された際の対応や代わりのお礼の方法を知りたい方はコチラ

香典返しを辞退されたときの遺族のマナー

まとめ

香典返しを辞退すること自体、失礼であったりマナー違反でないことが理解いただけたのではないでしょうか。
難しいのは、その先の香典返しを辞退する方法でしょう。この記事を読んでいただけたら、その問題も解消出来るものと思います。

▼香典返しの相場金額や渡し方などのまとめはコチラ

【香典返しまとめ】金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ