【香典返しのマナー】贈る品物やお礼状、渡す時期や相場などを解説

葬儀で香典をいただいた際は、香典返しを贈ることが一般的です。

しかし、初めて香典返しを贈る場合、「そもそも香典返しはいつ贈るの?」「品物の金額はいくらが相場?」「贈るのを避けた方がよい品物は?」など、マナーについて分からないことが多いのではないでしょうか。

本記事では、そのような方に向けて香典返しを贈るタイミングや相場金額など、香典返しのマナーについて解説します。

香典返しとは?

香典返しは、通夜などでいただいた香典に対して参列者へ贈るお礼の品です。

香典返しは忌明けに贈ることが一般的ですが、これは滞りなく弔事が終了し、故人への供養が行えたことを参列者へ伝えて、感謝の意を示すという意味があります。

香典返しを四十九日の法要後に贈る場合、初七日法要の後から準備を始め、四十九日法要の翌日~2週間以内に届くようにします。

香典返し | 金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

香典返しを贈る時期

香典返しを贈る時期は、「忌明け後」と「葬儀の当日」の2つがあります。どちらにするかは、予算や手配にかかる工数などを加味したうえで決めるとよいでしょう。

それぞれについて、詳しく説明します。

忌明け後

香典返しは、四十九日法要が済んだ忌明け後に贈ることが一般的です。香典返しを贈ることによって、弔事を滞りなく終えられたことや、忌が明けたことを参列者に伝えます。

忌明け後に贈る場合は、四十九日法要から2週間以内に贈ることが望ましいです。もし、それよりも遅くなってしまう場合は、一言お詫びの言葉を添えて贈るようにしましょう。

また、忌明けのタイミングは宗教や状況によっても異なります。

仏式でも、忌明けが年をまたいでしまう場合は、故人が亡くなってから49日目ではなく、35日目を忌明けとすることもあります。

キリスト教では死後30日目の追悼ミサや死後30日目の召天記念日、神道では三十日祭や五十日祭を忌明けとしています。

神式・天理教式では、葬儀の翌日を翌日祭とし、翌日祭から10日事に十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭と続き、五十日祭が忌明けとなります。

忌明けがいつになるのか、事前に確認した上で香典返しの手配をするようにしましょう。

当日返し(即日返し)

忌明けを待たず、通夜や葬儀の際に香典返しを贈ることを「当日返し(即日返し)」といいます。

親族であっても離れて暮らすことが増え、葬儀に参加しても四十九日法要には参加しない場合が増えていることから、通夜や葬儀を行った当日に香典返しを贈るようになってきています。

当日返しは、いただいた香典の金額に関わらず一律の香典返しを贈ることで、品物を選ぶ手間や配送までの管理を軽減できるというメリットがあります。

当日返しの場合、忌明け後に香典返しを贈る必要は基本的にありません。ただし、高額の香典をいただいた場合、忌明け後に追加して香典返しを贈ることもあります。

厳格に決まりがあるわけではないので、故人とどのような付き合いがあったかや、親族内での関係性から判断するようにしましょう。

香典返しを贈る時期は?タイミングは「即日」か「忌明け」が一般的

香典返しの金額相場は「半返し」がマナー

香典返しを贈る際、品物の金額相場で悩む方は多いでしょう。

香典返しの相場は「半返し」が良いとされ、いただいた香典の半額で用意することがマナーです。

香典は一律で同じ金額をいただくわけではないため、いただいた金額に応じて香典返しができるよう、3つほど品物を準備しておくと良いでしょう。

また、当日返しをする際は2,000~3,000円が金額相場となっています。

ただし、高額の香典をいただき、後日追加で香典返しを贈ることもあります。この場合、いただいた香典の半額から当日贈った香典返しの金額を差し引いた金額を目安にし、半返しとなるようにします。

親族から高額な香典をいただいた場合

近しい親族である場合、高額な香典をいただくことがあるでしょう。その場合、むやみに半返しで香典返しを贈る必要はありません。

親族から高額な香典をいただいた場合、「葬儀の足しにしてほしい」という意味が込められています。

そのため、香典返しの品物は、いただいた香典の3分の1~4分の1程度の金額を目安に用意すると良いでしょう。

▼香典返しの相場金額についての詳しいマナーはコチラ

香典返しは「半返し」と「3分の1返し」どちらがいいの?香典返しの金額相場

香典返しで贈る品物のマナー

香典返しで金額と同じく悩むことが多いのは、贈る品物です。

感謝の気持ちを伝えるためにも、失礼のないものを選ぶ必要があります。

ここでは、香典返しに適した品物や避けたほうが良い物など紹介いたします。

お茶やお菓子などの食品

「不祝儀を後に残さない」という考えから、香典返しでは食品や日用品など消耗するものを贈ることが好ましいとされています。

そのため、食品であればお茶やコーヒー、お菓子や海苔などがよく選ばれる香典返しです。

お菓子ではようかんや煎餅を選ばれることが多いですが、最近では洋菓子を贈る方も増えてきました。

洗剤やタオル等の日用品も定番

香典返しでは、お茶やお菓子などの食品が選ばれる一方で、洗剤やタオル等の日用品も定番となっています。

前述の通り、香典返しでは主に消え物が適していると言われています。

タオルは日常で使う頻度が多く、消耗が激しいものとされているため洗剤と同様に消え物として捉えられています。

金券やカタログギフトはマナー違反?

近年、香典返しで品物を贈るのではなく、金券やカタログギフトを贈るケースが増えてきています。

金券やカタログギフトであれば、金額に応じて別々の品物を用意する手間がありません。また、贈られた側が自由に品物を選ぶことができる上に、かさばらないというメリットがあります。

金券やカタログギフトを贈ることは、マナー違反ではありませんが、注意が必要な場合もあります。

金券や商品券は、具体的な金額が相手にも見えてしまうため、「現金と同じもの」ととらえ、贈ることは失礼だと考える方もいらっしゃいます。昔からの習慣を重んじる方や、目上の方に金券や商品券を贈ることは避けた方が良いでしょう。

▼香典返しに人気の品物やタブーな品物を詳しく知りたい方はコチラ

人気の香典返しランキング|定番のおすすめ品からタブーな品まで紹介

のしの表書きでは「志」の一文字を書くことが一般的

のしの表書きでは「満中陰志」と書く場合もありますが、一般的には水引の上に「志」の一文字を書きます。

また、水引の上には、「満中陰志」や「志」以外にも「偲び草」、「明志」など地域や宗派によって異なる場合があります。

水引の下には送り主の名前を書き、水引に文字が重ならないようにしなければいけません。

水引の下に書く送り主の名前は、名前の下に○○家と付ける事が一般的とされています。

▼のし(掛け紙)についての詳しいマナーはコチラ

香典返しの掛け紙(のし紙)マナー |紙の種類から名前・表書きの書き方まで

香典返しの渡し方のマナー

香典は四十九日法要が終わった後、弔事が滞りなく終了した報告と、お礼をかねて参列者の自宅を訪ね手渡しをすることが一般的でした。

しかし、近年は親族が遠方に住んでいるなど、手渡しが難しいこともよくあるため、香典返しを郵送するようになってきています。

手渡しと郵送どちらでも問題はありませんが、うまく使い分けると良いかもしれませんね。

お礼状・挨拶状を添える

香典返しを郵送で贈る場合、お礼状・挨拶状を添えるのがマナーです。お礼状・挨拶状には、以下の内容を記載します。

  • 葬儀に来ていただいた事や香典に対するお礼
  • 忌明けの法要が滞り無く終わったことの報告、戒名など
  • 本来、直接ご挨拶に伺うべきところを略儀で済ませることへのお詫び

お礼状・挨拶状は奉書紙で作成し、封筒に入れて香典返しに添えます。封筒は「不幸が重ならない」ようにするため、二重になっていないものを選びます。

▼例文など、お礼状・挨拶状のより詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

会社へ香典返しを渡す場合

会社から香典をいただいた場合、香典返しをする必要のあるものとないものがあります。まずは、香典の名義を確認しましょう。

香典の名義が社名である場合、会社の福利厚生や慶弔規定に基づいて贈られているため、特に香典返しは必要ありません。

香典の名義が社長個人や、会社で親しくしてもらっている方であった場合は、半返しで香典返しを贈るようにしましょう。

香典返しは、通常忌明けに贈るものですが、会社から香典をいただいた場合は仕事を休んで迷惑をかけたお詫びの意味も込めて、忌引き明けに渡しても問題ありません。

職場へ香典返しを贈る際は、職場で分け合っていただけるように、個包装のお菓子などを持参するのが良いでしょう。

また、勤務開始前や休憩中に渡す、香典をいただいていない方へ気を遣わせないように、関係のない方の前は避けて渡すなどの配慮も忘れないようにしましょう。

香典返しの受け取りを辞退された場合の対応

近年では遺族の負担を考え、香典を辞退される方が増えている傾向があります。

辞退をされた場合は、電話や手紙、お礼メールなど、別の形でお礼の気持ちを伝えることが大切です。

また、香典返しは主に、四十九日の後に頂く香典と四十九日法要が終わった報告を合わせて品物と一緒にお礼状送ることが一般的とされています。

そのため、香典返しを辞退された方に対しては、このタイミングで品物は送らずお礼状だけを送り感謝の気持ちを伝えましょう。

香典返しを辞退されたときの遺族のマナー

香典返しのお礼メールを送る際のマナー

香典返しのお礼メールを送る際は、長文にならないように遺族の気持ちに寄り添った内容にすることが大切です。

例えば、香典をいただいたお礼や葬儀に参列していただいた感謝の気持ちなどを伝えましょう。

また、電話や手紙と同じ通信手段である一方で、目上の方や会社の上司の方などメールでお礼を送る事を良く思わない方もいるので、親しい間柄の方など相手を考えて送ることが必要になります。

まとめ

香典返しは、弔事が滞りなく終了したことを報告し、感謝の意を伝えるために、香典をいただいた参列者へ贈る品物です。四十九日法要後の忌明けに贈る場合と、通夜・葬儀の当日に贈る場合があります。

品物の金額は、基本的にいただいた香典の半額を目安としますが、近しい親族から高額の香典をいただいた場合は、3分の1~4分の1の金額を目安としましょう。また、品物は食品や日用品など後に残らないものを選びます。

香典返しは郵送で問題ありませんが、お礼状・挨拶状を添えるようにしましょう。

香典返しにはさまざまなマナーがありますが、しっかりと確認し、贈る方に失礼の無いようにしたいものですね。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ