香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

©buritora/stock.adobe.com

皆さんは香典返しに添えられている挨拶状を見たことがありますでしょうか。

手渡しの場合は無いことが多いですが、郵送の場合は挨拶状を添えるのが礼儀となっています。

挨拶状には、葬儀への参列や香典に対してのお礼や法要を無事に終えたことの報告、略式となってしまうことに対してのお詫び等を記載するのが一般的です。

本記事では、実際の挨拶状のマナーを例文と供に詳しく解説していきます。

香典返しと挨拶状を贈るタイミング

四十九日のタイミング

香典返しを贈る時期は仏式では、四十九日法要を過ぎた後です。

これは仏教の考え方では、四十九日法要をもって忌明けとするからです。

浄土真宗以外の宗派では、故人は初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)…と七日ごとに極楽浄土へ行けるかの裁判を受けるとされており、追善供養をすることで故人の旅立ちを祈ります。

そして最後の裁判の日にあたる、四十九日をもって、仏となるというのが仏教の思想です。

無事、四十九日法要を済ませることができましたという意味で、四十九日法要から一か月以内に香典返しと挨拶状をセットで送るのが理想的です。

日付指定をして、事前に届くように手配しておくのも良いでしょう。

直接手渡し出来る人には、極力手渡しをするのが望ましいです。直接手渡しできる人には挨拶状は必ずしもなければならないものではありません。

即日返し

最近は香典を頂いた方全員に同じものをその場で返す、即日返しをなさる喪家の方も多いです。その場合は、即日返しで渡した品物ではお返しが足りないような、高額な香典を頂いた方に、改めて別の品物と挨拶状を送るようにします。

香典返しの挨拶状はどこで用意できる?

香典返しの挨拶状は、品物とセットになっている物と、挨拶状だけを別で作成する二つの選択肢があります。

最近は「香典返し」として品物を取り扱っている店では、挨拶状もセットで用意してもらえることも増えています。

通販のサービスを利用する

最近は、通販の方が香典返しの品物も種類が豊富なことが多く、ショップによっては挨拶状も、オプションもしくはサービスでつけてもらえることがあります。

しかし、サービスで挨拶状をつけられる場合は簡易的な物になる場合が多いでしょう。

Webサービスを利用する

香典返しで贈るものを別に用意していて挨拶状だけ印刷したい場合は、専門のwebサイトで注文することも可能です。

送りたい内容の例文を選び、日付や故人名(戒名)、喪主名など可変部分を入力しすれば注文可能です。注文枚数によっては、割引があるショップもあります。

ギフトショップや百貨店

ギフトショップや百貨店では品物やカタログ等さまざまな品物を相手によって送り分けすることが出来、品物に挨拶状を添えて贈ることが可能です。

ギフトショップや百貨店ですと、香典返しに慣れていますので、多様な挨拶状の例文があったり、挨拶状自体もカードタイプや奉書紙タイプなど豊富な種類が用意されたいることが多いです。

店員さんに直接相談しながら、品物や挨拶状のパターンを決めることが出来るので安心感があります。

郵便局

郵便局では、香典返しの挨拶状の印刷を行ってくれます。例文は宗派によって複数用意されており、カードタイプか奉書紙(巻き紙)タイプから選ぶことができます。

宛名も印刷して、そのまま発送までしてもらえます。

もちろん直接郵便局に行って注文することもできますが、最近は郵便局のウェブサイトからも注文が出来ます。

印刷業者

近所に印刷屋さんがある場合で、個人の注文も受けている場合は、印刷業者に依頼することも可能です。ただ、ある程度枚数が無いと注文できないかもしれません。

印刷業者に依頼する際のメリットとしては、様々な種類の紙から選んで印刷ができるという点です。

後述している、挨拶状において正式とされる奉書紙への印刷も可能な場合があります。

葬儀社

葬儀社で香典返しの返礼品と挨拶状の注文を受けている場合もあります。

葬儀の流れで注文出来るので、あちこち出向かずに済むという点では楽かもしれません。

また、直接は受けていない場合でもおすすめの業者や個人でも依頼出来る印刷業者を紹介してもらえる場合もありますので、どこに頼んだら良いかわからない、という方は相談してみても良いでしょう。

自分で用意する

自宅にプリンターがある場合は、ハガキサイズなどのカードタイプであれば自宅で用意することもできるでしょう。

ネットで検索すれば、様々な例文も出てきますので気に入ったものを組み合わせて作成することが出来ます。

自宅にあるプリンターで奉書紙に印刷するのは難しいと思いますので、どうしても奉書紙で送りたい方は手書きするという選択肢もあります。

元々は手書きが正式ですので、枚数が多くない場合は、手書きの方が心が込められて良いかもしれません。

香典返しの挨拶状に書くべき内容

挨拶状には、葬儀への参列や香典に対してのお礼や法要を無事に終えたことの報告、略式となってしまうことに対してのお詫び等を記載します。

具体的には下記の流れに沿って文章を組み立てるのが良いでしょう。

①頭語(謹啓、拝啓など)

頭語は入れなくても構いませんが入れた場合は結語も必ず入れます。

時候の挨拶は省略しても構いません。

②葬儀に来ていただいた事や香典に対するお礼

葬儀に来ていただいた事は「ご会葬」、香典は「ご芳志」という言葉を使います。

③忌明けの法要が滞り無く終わったことの報告、戒名など

四十九日の法要を行った日を記載したり、戒名の報告をします。

④香典返しの品物をお贈りしたという報告

香典返しの品物は「心ばかりの品」という言葉を使うと良いでしょう。

⑤本来、直接ご挨拶に伺うべきところを略儀で済ませることへのお詫び

「本来ならば直接お会いして~」などというお詫びを入れると良いでしょう。

⑥結語(敬白、敬具など)

頭語を入れた場合は必ず結語も入れます。

⑦日付

日付は、お礼状を書いた日、四十九日は当日、四十九日法要を行った日、品物を届ける日のどれかを書きます。

品物を挨拶状と合わせて直接届けるのか、郵送するのかによっても変わりますが、年月のみで日にちを入れないという選択肢もあります。

⑧差出人の名前

喪主となる方の名前を書くのが一般的です。

余裕があったら親戚や友人など、パターンわけして挨拶状を作成するのも良いでしょう。負担となってしまう場合は、もちろん皆さんに同じ内容でも失礼にはあたりません。

親族に贈る挨拶状の例文

謹啓

先般 亡〇(続柄)〇〇(故人名)の葬儀に際しましては御多用中にも関わらず ご会葬を頂きかつご丁重なるご厚志を賜り誠に有難く 厚く御礼申し上げます

お陰様をもちまして〇月〇日に四十九日の法要を滞り無く営ませて頂きました

つきましてはご芳志のお礼と致しまして心ばかりの品をお届けさせて頂きます

何卒ご受納くださいますようよろしくお願い申し上げます

本来であれば拝眉の上で御礼申し上げるべきところ 略儀にて失礼とは存じますが

書中をもってご挨拶申し上げます

敬白

令和〇年〇月〇日

喪主 〇〇〇〇

親しい方に向けた例文

このたび  葬儀に際しましては お忙しいなかご会葬頂きご鄭重なご厚情を賜りましたこと 心より御礼申し上げます

また生前についても 故人への多大なるご交誼を賜りましたこと 故人に成り代わりまして感謝申し上げます

お陰様をもちまして〇月〇日に四十九日法要を無事に済ませましたので

ここにご報告させて頂きます

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので 供養のしるしとしてお納めいただきたくお願い申し上げます

本来ならば直接お会いして御礼申し上げ亡〇(続柄)〇〇(故人名)るべきところですが 書中をもってご挨拶にかえさせていただきます

令和〇年〇月〇日

喪主 〇〇〇〇

上司や同僚・会社関係の方に向けた例文

先般

普段より格別のご厚情を賜り 心よりお礼申し上げます

このたび 亡〇(続柄)〇〇(故人名) 葬儀に際しましては 御多用中にも関わらずご会葬頂き さらにはご丁重なご弔辞とご芳志を賜り 厚く御礼申し上げます

また 故人の就業中におきましては多大なるご厚誼を賜りましたこと 故人に代わりまして心より感謝申し上げます

お陰をもちまして四十九日法要も滞りなく営ませていただくことができましたので ここにご報告申し上げます

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので

ご芳志のお礼としてどうかご受納くださいますようよろしくお願い申し上げます

本来ならば拝眉のうえでお礼を申し上げるべきところ 失礼ながら書中にてのご挨拶となりますことをご容赦頂きますようお願い申し上げます

令和〇年〇月〇日

喪主 〇〇〇〇

香典返しの挨拶状を書くの注意点

香典返しの挨拶状を書く際には、句読点を使わない、忌み言葉となる重ね言葉を使わないといったルールがあります。

どのような点に注意するべきか詳しくみていきましょう。

句読点を使わない

一般的に、香典返しの挨拶状に句読点は使いません。使わない理由には、葬儀や法事が滞りなく済むようにという意味から、文章が途切れる句読点を使わないという説があります。

また、もともと書状には句読点を用いないため挨拶状にも用いないともされています。

句読点を付けても大きな問題はありませんが、なるべく避けたほうが無難でしょう。

忌み言葉を使わない

「重ね重ね」や「わざわざ」、「様々」といった音を繰り返して使う、重ね言葉は忌み言葉とも呼ばれます。悪いことが繰り返さないようにという意味で音が重なる言葉は避けられています。

重ね言葉以外にも不幸を連想させる忌み言葉はありますので、葬儀の最中や挨拶状にも使わないように注意しましょう。

「わざわざご会葬に来てくださり…」や「重ねて御礼申し上げます」などは言葉として使ってしまいがちですが、特に年配の方では気になさる方も多くいらっしゃいますので避けるようにしましょう。

季節の挨拶、頭語・結語

香典返しの挨拶状では、冒頭からお礼が始まりますので、季節の挨拶はあっても良いですが必ずしも必要ではありません。入れるかどうかは、全体の文章のボリュームを見て決めると良いでしょう。

また、頭語と結語も必ず必要なものではありません。両方入れるか、または両方入れないようにしましょう。

宗教・宗派による言葉の違いに気をつける

仏式では忌明けは四十九日となり、「満中陰」「七七日忌」とも言い換えることができます。

神式の場合は、忌明けの供養にあたるのは、亡くなった日から数えて五十日目の、五十日祭です。また、亡くなることは「帰幽(きゆう)」と言います。

キリスト教の場合は忌明けという考え方はありません。カトリックでは亡くなってから一か月後に命日祭を行ったり、プロテスタントでは礼拝堂で神に祈りを捧げたりしますが、遺族の意向によります。

また、人がなくなることをカトリックでは「帰天」、プロテスタントでは「召天」と言います。

挨拶状では仏式の例文が出ていることが多くありますので、間違えないように注意しましょう。

挨拶状を書く紙の種類

香典返しに添える挨拶状の用紙の種類は3種類あります。

奉書紙と呼ばれる最も格式が高い正式のもの、略式挨拶状と呼ばれるカード様式のもの、さらにはがきを用いた挨拶状です。それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

奉書紙

奉書紙(和紙)は、巻紙とも呼ばれており、中世から公用紙として使われてきた高級和紙のことです。今でも儀礼など格式が重んじられる場で使用されています。

もちろん、手書きで筆で縦書きするのが正式ですが、近年では、文字印刷が可能な奉書紙も登場しています。

挨拶状ではこの奉書タイプが正式なものとされています。奉書紙は軽く巻くようにして封筒に入れます。

カード

奉書紙以外にも、折りたたんではがきサイズになるものや、すぐ手に取って読めるカードタイプがあります。奉書紙に比べると簡略化した印象になるので、略式挨拶状とも呼ばれます。カードタイプの方が奉書紙タイプよりも安価なことがほとんどです。

通販や、百貨店・ギフトショップなどで、品物とセットで送れる挨拶状も、このカードタイプが最近ではメジャーになりつつあります。

はがき

郵便局やwebサイトなどではがきに挨拶状の文面を印刷、郵送を手配し、品物とは別に送ることもできます。もちろん、直接品物を手渡しする場合でも、ハガキを一緒に封入しても構いません。

ただ、香典返しの品物をお贈りする場合は、品物の中に挨拶状を封入してしまった方が手配も楽ですので、品物を郵送する件数が多い場合には別でハガキだけを印刷することは少ないでしょう。

挨拶状は封筒に入れる?入れない?

挨拶状は、奉書紙タイプが正式ですので、その場合は封筒に入れます。(紙を封筒に入れず折りたたむ場合もあります。)

不幸ごとが重なるのを避ける意味合いで封筒は中が二重になっていないものを選びます。

また、奉書紙タイプの場合は、封筒も格式を揃えて白い上質の和紙でできた封筒が良いでしょう。

カードタイプの場合は、カードとセットになった洋風の封筒が用いられることが多いようです。

封筒に入れることは必ずではありませんが、入れたほうが丁寧で好印象です。

香典返し・挨拶状を贈る手段は?

近年は、葬儀自体も簡略化の方向性がありますので、香典返しや挨拶状も簡略化したものがよく選ばれています。

どんな手段があるか詳しく見ていきましょう。

当日返し

近年は、葬儀当日に香典を頂いた方全員に同じ品物を返す、「当日返し」が多くなってきました。その場合、当日返しの品物ではお返しが足りないような金額の香典を頂いた方のみに、後日挨拶状を添えて改めて別の返礼品を贈ります。また、当日返しの返礼品には会葬礼状を中に入れますので、後日品物を贈らない方には改めての挨拶状は送らないことがほとんどです。

後日手渡しする

香典返しの正式な返し方は、忌明け後一か月以内に手渡しするという方法です。手渡しできる距離にお住まいの方には、ぜひ直接お礼のご挨拶に伺うことをお勧めします。その際、挨拶状はなくても構いません。挨拶状を添える場合は、郵送する方とは文面を少し変えるのが良いでしょう。

郵送

香典返しを手渡しできる距離にいない方には、品物と挨拶状を郵送で送ることになります。郵送の場合は、忌明け後一か月以内に贈るようにします。日付指定をして、忌明け後に届くように早めに手配しても良いでしょう。

最近は、品物とセットで挨拶状添えることもできますのでそのようなサービスを利用すると負担を軽減することができるでしょう。

まとめ

近年は、葬儀自体も簡略化されてきており、香典を受け取らない遺族もいるため、実際の挨拶状を見たことが無い方もいるかもしれません。

しかし、急な訃報を聞き、忙しい中葬儀に駆けつけてくれた御礼は出来れば簡略化せずに行うのが良いでしょう。

挨拶状にもマナーはありますが、心を込めて御礼をするということを大切にしてください。

▼香典返しのマナーまとめはコチラ

香典返し | 金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ