香典返しの渡し方は?受付や渡す時におかける言葉・お礼状の文例も紹介

葬儀でいただいた香典に対し、御礼と忌明けの報告のために贈る香典返し。

「郵送しても良い?」「渡す際にはどのような言葉をかければ良い?」など香典返しの渡し方について疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

本記事では、香典の渡し方やのしのかけ方、香典返しを贈る際に添えるお礼状の例文などを紹介します。

香典返しは手渡し?郵送?

香典返しは弔事を滞りなく終えられたことを参列者に報告し、感謝の意を示すために贈られるものです。

以前は四十九日法要が終わった忌明け後に、香典返しを持参して一軒一軒訪ね、直接手渡していました。

しかし、近年では核家族化の影響などで、親族と離れて暮らすことが増えました。香典返しを渡すため、参列者の家を訪ねて回ることは難しくなったことから、香典返しを郵送することが一般的になってきています。

また、親しい間柄でも住所を知らない場合もあり、忌明けを待たずに通夜や葬儀の際に香典返しを渡すことも増えてきています。

手渡しと郵送のどちらでもマナー違反にはならないため、状況や手配する工数などから判断すると良いでしょう。

香典返しを手渡しする場合

香典返しを手渡しする場合、当日返しと後日改めて訪問して手渡すことの二通りが考えられます。

当日返しでは、通夜や葬儀の際に香典返しを渡します。タイミングとしては、香典をいただいた際に受付で渡します。

また、忌明け後などに改めて訪問して手渡す場合は、相手の予定を確認してから伺うようにします。

ここでは、手渡す際にかける言葉や、掛け紙(のし紙)のかけ方について、詳しくみていきましょう。

手渡す際にかける言葉

香典返しを直接渡す場合、挨拶状やお礼状は不要ですが、手渡す際に言葉がけをしましょう。以下の内容を伝えるようにします。

  • 香典返しをお持ちしたこと
  • 葬儀へ参列していただいたことと、香典をいただいたことに対するお礼
  • 四十九日法要が滞りなく終了したこと
  • (会社へ渡す場合)忌引きのお休みをいただいたお礼
  • 今後に向けての挨拶

四十九日法要後に手渡す際の例文

先日の葬儀では、お心遣いいただきありがとうございました。お陰さまで四十九日法要を滞りなくすませることができました。

ささやかですが、香典のお礼をお持ちしましたので、お納めください。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

上司や会社の方に手渡す際の例文

葬儀の際はお心遣いをいただき、ありがとうございました。

また、急にお休みをいただいてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

お陰さまで無事に葬儀を終えることができました。本日から復帰しますので、よろしくお願いします。

また、言葉がけの際には、以下のことに気を付けるようにします。

  • 小さい声で話すようにする。
  • 「様々」「重ね重ね」など、音が重なる忌み言葉は不幸が繰り返し起こることを連想させるため、使わないようにする。
  • 当日返しをする場合、会葬御礼と間違われないようにし、「お香典の御礼としてお納めください」などと一言添えるようにする。

掛け紙(のし紙)

弔事の際の贈り物には、のし紙ではなく掛け紙を使います。

のしはもともと「熨斗鮑(のしあわび)」といい、アワビを薄くして乾燥したものを慶事の際の贈り物に縁起物として添えていました。現在は紙に印刷した略式のものを使いますが、のし紙は慶事の際に使うものです。

そのため、弔事の贈り物である香典返しにはのし紙ではなく掛け紙を使います。掛け紙はのし紙と違い「のし」が印刷されておらず、水引のみが印刷されています。

水引は白と黒、もしくは白と黄色のものを選びます。表紙には「志」などを記載し、水引の下に名前を書きます。

宗教や地域によって使う水引や表書きが異なるため、確認してから掛け紙をかけるようにしましょう。

なお、香典返しを手渡しする場合は「外掛け」で掛け紙をかけるようにします。外掛けは贈り物の包装紙の上に掛け紙をかける方法で、手渡す際に掛け紙が相手に見えるようにします。

▼掛け紙に関する詳しいマナーはコチラ

香典返しの掛け紙(のし紙)マナー |紙の種類から名前・表書きの書き方まで

香典返しを郵送する場合

香典返しを郵送する際は、手渡しの場合と違い挨拶状・お礼状を添えることがマナーです。また、掛け紙のかけ方も異なるため、注意しましょう。

挨拶状・お礼状の書き方や掛け紙のかけ方を具体的にお伝えします。

挨拶状・お礼状を添える

香典返しを郵送する場合は、挨拶状・お礼状を添えることが一般的です。挨拶状・お礼状には、以下の事柄を伝えます。

  • 葬儀に来ていただいたことや香典に対するお礼
  • 忌明けの法要が滞り無く終わったことの報告、戒名など
  • 香典返しの品物をお贈りしたという報告
  • 本来、直接ご挨拶に伺うべきところを略儀で済ませることへのお詫び

上記の内容を盛り込み、文章を作成します。その際、句読点はつけず、「重ね重ね」や「さまざま」といった音を重ねる忌み言葉を使わないようにします。

親しい方へ向けた挨拶状の例文

このたび  葬儀に際しましては お忙しいなかご会葬頂きご鄭重なご厚情を賜りましたこと 心より御礼申し上げます

また生前についても 故人への多大なるご交誼を賜りましたこと 故人に成り代わりまして感謝申し上げます

お陰様をもちまして〇月〇日に四十九日法要を無事に済ませましたので

ここにご報告させて頂きます

つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので 供養のしるしとしてお納めいただきたくお願い申し上げます

本来ならば直接お会いして御礼申し上げ亡〇(続柄)〇〇(故人名)るべきところですが 書中をもってご挨拶にかえさせていただきます

令和〇年〇月〇日

喪主 〇〇〇〇

▼お礼状・挨拶状の詳しい例文や作成方法はコチラ

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

のし(掛け紙)

手渡しする場合と同じく、のしが印刷されていない掛け紙を使います。水引は白と黒、もしくは白と黄色のものを使用し、「志」など表書きと名前を記載します。

なお、郵送する際の掛け紙は手渡しとは異なり「内掛け」にします。外掛けは香典返しの品物に掛け紙をかけ、その上から包装紙で包む方法で、配送している間に掛け紙が汚れたり破れたりすることを防ぎます。

▼掛け紙に関する詳しいマナーはコチラ

香典返しの掛け紙(のし紙)マナー |紙の種類から名前・表書きの書き方まで

配送日に気を付ける

香典返しを葬儀の後に郵送する場合、忌明け以降に相手に届くようにします。仏式であれば、四十九日法要が終わった翌日~2週間以内にお送りすことが望ましいです。それよりも遅くなってしまう場合は、お詫びの言葉を添えるようにしましょう。

配送の手配は初七日法要の後から始め、香典返しを届けたい日時よりも2週間~10日前に配送すると安心です。

なお、忌明けのタイミングは宗教や状況によって異なるため、注意が必要です。

例えば、仏式であっても忌明けが年をまたいでしまう場合、故人の死後49日目ではなく35日目を忌明けとすることがあります。忌明けがいつになるのか、確認してから郵送の手配をしましょう。

また、送り先の方に結婚式など慶事がある場合、その日にちを避けて配送します。心配な場合は、前もって確認するとよいでしょう。

香典返しでおすすめの品物

香典返しでは、「不祝儀を後に残さない」という意味から食品や消耗品など「消え物」が良いとされています。

食品であれば、お茶や海苔、お菓子などがよく選ばれる品です。消耗品であれば、石鹸やシーツ、タオルなど日常的に使うものが挙げられます。

一方、肉や魚など日持ちしない生もの、アルコールなどの嗜好品、慶事に贈られる昆布や鰹節は避けることが一般的です。

また、近年ではカタログギフトを香典返しとして贈る方も増えています。カタログギフトを香典返しとすることは問題ありませんが、慣習を大事にする方に対しては、避けた方が良いかもしれません。

また、香典返しの金額相場は、通夜や葬儀・告別式でいただいた香典の半分の金額を目安にします。

▼香典返しにおすすめの品物ランキングはコチラ

人気の香典返しランキング|定番のおすすめ品からタブーな品まで紹介

まとめ

香典返しは、手渡しと郵送のどちらでも問題ありません。手渡しする場合と郵送する場合では、掛け紙のかけ方や挨拶状の有無などマナーが異なるため、注意が必要です。

香典返しの品物は、手渡しと郵送で変える必要はありませんが、日持ちしないものや嗜好品、慶事に贈られるものは避けるようにしましょう。

細かいマナーはありますが、香典返しは会葬や香典のお礼の気持ちを込めてお贈りすることが一番重要なので、神経質になりすぎなくても良いでしょう。

▼香典返しのマナーまとめはコチラ

香典返し | 金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ