香典返しの金額相場はいくら?親戚や会社へ贈る場合の目安も解説

自身が喪主を務めて葬儀を執り行う場合、決めなければいけないことが数多くありますが、そのうちの一つに香典返しがあります。香典返しには、どれくらいの金額の物をいつ用意したらよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

本記事ではそんな方のために、香典返しの相場金額やマナーを解説します。

香典返しの相場金額

香典返しの相場は一般的には「半返し」か「三分の一返し」といわれています。しかし、高額な香典を頂いた場合には、半返しか、三分の一返しではかなり金額が違ってきてしまいます。

どういったケースに贈り分けをすれば良いのか、詳しく解説していきます。

基本的には半返し

香典返しは基本的はいただいた金額の「半返し」がマナーといわれています。半返しとは、例えば1万円の香典をいただいたら、半分の5,000円程度の品物を香典返しとして贈るということです。

地域によって違いがありますが、一般的な葬儀の場合、ご近所の方、故人や喪主の友人、故人や遺族の仕事関係の方の場合の香典の平均金額は5,000円ですので、その場合は2,500円程度の香典返しを用意します。

地域によっては、知人の香典は3,000円と決まっていることもあります。その場合の香典返しは1,500円程度になり、少額の香典に対しても香典返しを行います。

当日返し(即日返し)とは?

葬儀後に香典返しを贈るためには、香典帳に記載のある住所の確認や、お贈りする商品の選定などの準備が必要になり、近親者が亡くなってただでさえ大変な遺族にとって負担となります。

そこで、近年は通夜・告別式の場で会葬に来ていただいた感謝の気持ちを込めて香典返しをお渡しする「当日返し」を行う方も増えてきました。

葬儀当日に香典返しを直接お渡しするので、葬儀後の家族にかかる香典帳の整理や発送手続きなどの負担の軽減となります。

この場合は、通夜・葬儀当日は一律で会葬者に同じ香典返しをお渡しし、高額の香典をいただいた方へは後日改めて、金額にふさわしい品物をお贈りします。

当日お渡しした香典返しと、後日改めて贈る品物の合計金額がいただいた香典の半分~三分の一程度になるようにすると良いでしょう。

当日返しは2,000~3,000円が相場

地域によっても違いがありますが、一般参列者の香典の平均額が5,000円程度の地域の場合、当日返しを行う際には、2,000円~3,000円程度の香典返しをご用意します。これで大体の方へのお返しを葬儀当日で終えることが出来ます。

親戚や特に親しくしていた方などから、高額の香典を頂いた場合にのみ、当日返しの分の品物と合わせて三分の一から半返しになるような品物を選定して後日お贈りします。

香典返しを後日お贈りする場合には、四十九日法要が終わった後に、無事に法要を終了した事をお知らせする挨拶状と共に直接お渡しするか郵送をします。

相場と異なる場合

基本的には半返しをする香典返しですが、三分の一返しで良いとされるケースがあります。

一般的に東日本では半返しがマナーですが、西日本では三分の一返しで良いとする地域もあるようです。各地域での違いもありますので、葬儀社などに確認すると良いでしょう。

ここでは、地域の違い以外によるケースを詳しくみてきましょう。

高額な香典をいただいた時

まず、高額の香典をいただいた場合です。特に親戚・親族からの香典は葬儀料金の支払いを助ける相互扶助の意味合いもありますので、高額になることが多いです。

一般的に3万円以上の香典は高額とされますが、その場合は三分の一程度のお返しでも問題ありません。また、5万以上の香典の場合は、四分の一程度でも構わないでしょう。

親族への香典返しをする時

葬儀の香典は、地域によって違いもありますが、故人や喪主との関係や年齢によって大体の相場が決まっています。親戚・親族からの香典は葬儀料金の支払いを助ける意味合いもあり、5万以上と高額になることも多いです。

また、実の親が亡くなった場合、喪主以外の成人している子どもたちが10万程度の香典を出すような場合もあります。

親戚等から5万円以上の香典をいただいた場合、香典返しの金額は四分の一~三分の一で良いとされています。

世帯主や未成年の子供が亡くなった時

一家の主が亡くなった場合の香典返しも、香典返しは三分の一程度で良いとされています。

香典は今後の生活に使ってほしいという配慮の意味もありますので、一家の働き手でお子さんを遺して亡くなられたような場合には、必ずとも半返しにあてはめなくても良いでしょう。

また、未成年の子供や若い方が亡くなった時も三分の一程度で良いとされています。

若い方が亡くなると、会葬者も大勢の方が見込まれますので遺族の負担も大きくなります。また、まだ若い方を亡くされた遺族の心労に対しての弔慰を込めて香典出す方が多いので、必ずしも半返しにあてはめなくても問題ありません。

香典返しを贈る時期

仏式で葬儀を行った場合、香典返しは四十九日法要の後に「忌明け」してから送ります。本来は四十九日の翌日に届けるのが一般的ですが、忌明けから二週間以内には届くようにしましょう。

神式での場合は五十日祭が忌明けとなります。香典返しはもともと仏式でのしきたりですが、今は神式でも仏式に準じる形でお返しが行われています。

また、キリスト教には本来「香典返し」という習慣がないのですが、時期としては、プロテスタントでは一ヶ月後の召天記念日後、カトリックでは死後30日の追悼ミサ後にお返しをするのが慣例になっています。

▼香典返しを贈る時期についての詳しい情報はコチラ

香典返しを贈る時期は?タイミングは「即日」か「忌明け」が一般的

香典返しには挨拶状・お礼状を添える

香典返しを後日郵送する場合は、挨拶状やお礼状を添えることがマナーです。

挨拶状には、基本的は通夜・葬儀に参列していただいたこと、御香典をいただいたことに対するお礼を記載します。そして四十九日法要が無事に済んだこと、戒名が決まっていればそちらも合わせて記載しましょう。

また、生前、故人とお付き合いしていただいていたことの感謝とお礼を記載し、略儀でお礼を伝えることについてのお詫びも添えます。

▼挨拶状・お礼状の書き方や例文はコチラ

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

香典返しをしない場合

一般的には少額でも香典返しを行うのがマナーですが、香典返しを贈らなくてもよいケースがあります。下記にて詳しくみてきましょう。

香典返しを辞退された時

香典をいただく際に、遺族の負担に配慮して「香典返しは辞退させて頂きます」と受付で言われる場合や、香典の表に記載があったり、中に手紙が入っている場合があります。

これらの場合、香典返しは不要です。会葬御礼品がある場合は、受け取ってもらえるようであれば、そちらを渡すようにしましょう。

▼香典返しを辞退された際の詳しいマナーはコチラ

香典返しを辞退されたときの遺族のマナー

会社名や部署名、団体などからの御香典

故人や喪主の仕事関係で、会社名義や◯◯部署一同といったような形で1万円程度の香典をいただく場合もあります。

この場合、香典が会社から経費として出ている事も多いので、香典返しは贈らなくても問題ありません。後日、香典返しの代わりに個別包装になっているお茶やお菓子などを職場の皆さんにお配りするとよいでしょう。

ただし、香典の中身が社員や部署の人数分×通常個々にいただく金額(3,000円程度)と変わらないような場合は、きちんと個別に香典返しを贈るようにします。

香典を寄付する場合

最近は故人の遺言で香典を寄付するという選択肢もあります。全額寄付を行う場合には、香典返しを贈りません。

しかし、香典を寄付するというのはまだ一般的ではありませんので、会葬礼状などに、寄付をさせていただくために香典返しはお贈りしないという旨を記載する必要があります。

また、香典の全額を寄付して香典返しをお贈りしないということに抵抗がある場合には、香典返しに必要な金額以外を寄付するということも出来ます。

まとめ

香典返しの相場は基本的に半返しです。

しかし、頂いた香典が高額だった場合や故人の年齢が若かった場合など、三分の一返しか、それ以下でも良いケースがあります。

ただし、地域よってある程度ルールが決まっていたする場合もありますので、不安な場合は葬儀社の担当者に相談してみて相手に失礼の無いようにしましょう。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ