香典を代理で預かったときの記帳の書き方・渡し方を解説

©Ameashi/stock.adobe.com

葬儀は突然行われることが多く、どうしても予定があわせられない方もいらっしゃいます。

そのため、葬儀に参加できない方の代わりに香典を代理で預かることもあるでしょう。

では、香典を代理で預かった場合の出し方や記帳の書き方にはどのようなマナーがあるのでしょうか。

今回は、香典を代理で預かった場合の出し方・記帳の書き方についてまとめていきます。

今回の記事を参考に、香典を代理で預かった場合のマナー等について整理してみてください。

▼香典のマナーまとめはコチラ

【香典のマナー】書き方から相場金額、お金の入れ方・渡し方まで解説

香典を代理人に渡してもらうようお願いしてもいい?

香典を代理で自分以外の方から渡してもらうことは、マナー違反にはあたりません。代理人はあまり縁のない方にお願いすることは避け、自分や故人と親しい方に依頼します。

また、通夜や葬儀に参列できず、香典を代理で渡してもらう際は、その旨を喪主へ事前に伝えておきましょう。弔電をおくったり、お悔やみの言葉を伝えたりして、弔意を伝えることも大切です。

なお、香典は不祝儀袋に入れ、表書きなどを書いた状態で渡すようにしましょう。袱紗に包む必要はありません。

代理で渡してもらう以外の方法

「代理で渡してもらうのは気が引ける」「お願いできる人がいない」という場合は、「香典を郵送する」「弔電をだす」「後日弔問に伺う」という方法もあります。

香典を郵送する場合は、葬儀が終わってから1週間ほど後に届くよう送ると良いでしょう。葬儀前後は何かと忙しくなるため、落ち着いた頃合いにお送りします。

弔電は、葬儀があるとわかった時点で準備をします。弔電だけ出しても問題ありませんが、親族や親しい親戚などは後から香典を郵送しても良いでしょう。

弔問に伺う場合は、必ず事前に訪問してもよいか確認をとりましょう。弔問の際に香典を渡すという手もあります。

▼香典を郵送する方法を知りたい方はコチラ

香典を郵送する方法は?手紙の文例や送るタイミング、封筒などを解説

香典の代理を任されたときに葬儀までにやること

香典を代理でお渡しするので、行き違いのないように準備しなければいけません。

そのため香典を代理で渡す場合には、葬儀までに以下の2つのことを済ませておきましょう。

  • 事前に遺族に伝えておく
  • 香典を預かった相手の基本情報を確認する

では以下の内容を参考にしつつ、葬儀までにやることを確認していきましょう。

事前に遺族に伝えておく

香典を預かった代理人は、代理で香典を持参する旨を葬儀までに事前に遺族に伝えておくと親切です。「依頼人が葬儀に参列できないこと」「香典を代理で持参すること」の2点を伝えてください。

代理で香典をお持ちした場合、誰の代理人なのか事前にしっかり伝えておかないと、葬儀当日に行き違いが起きてしまう可能性があります。

香典はお金がからむ事柄なので、トラブルは避けたいです。

上記の内容を事前にしっかり伝えておき、当日行き違いが起きないように準備してくださいね。

香典を預かった相手の基本情報を確認する

香典を代理で預かるので、香典を預かる本人の基本情報はしっかりと確認しておいてください。

特に、会社の上司などの代理で香典を持参する際には、上司のフルネームなど把握できていない可能性もあります。

喪主やご遺族は、代理人からいただいた情報をもとに香典返しを用意するなどの対応をしなければなりません。

そのため、依頼人の情報が不明瞭だと、喪主やご遺族に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

したがって、依頼主の情報は葬儀までにしっかり確認しておきましょう。

香典を代理で渡す場合の受付対応

次に、香典を代理で持参した場合の受付での対応について確認していきます。

代理で香典を持参する以上、依頼人の方に迷惑をかけないためにもしっかりとしたマナーで受付をしたいものです。

また、受付の仕方次第では、ご遺族や喪主の方に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

意識していないと忘れてしまいがちなマナーや対応もありますので、しっかりと整理してみてください。

©ri。/stock.adobe.com

誰の代理かを最初にはっきりと伝える

葬儀や通夜の受付では、誰の代理で香典を持参したのかはっきりと伝えるようにしましょう。「本日は〇〇の代理で参りました。」などと伝えれば問題ありません。

なお、お名前を伝える際は、苗字だけでなくフルネームで伝えてください。

苗字だけで依頼人の名前を伝えてしまうと、同じ苗字の方が他にいらっしゃり、受付の方が混乱してしまう可能性があるため、フルネームでしっかりと伝えるようにします。

また、会社の関係者として上司などの代理で香典を持参した場合には、会社名や役職名もしっかり伝えるようにしましょう。

事前に代理で香典を持参する旨を伝えていた場合でも、受付にまでしっかり情報が伝わっているとは限らないため、きちんと伝えることが大切です。

香典を代理で渡している旨を芳名帳(名簿)に記帳する

葬儀の受付では、芳名帳に依頼人のお名前とご住所を記載し、代理で香典を預かっている旨をが伝わるようにします。

この時、芳名帳には依頼人の名前をフルネームで記載するだけでなく、代理人の名前も記載します。

記帳の書き方としては、依頼人の名前を記載した横に、「代 〇〇〇〇」と代理人である自分の名前を記載することがマナーです。

芳名帳は、どのような方が葬儀に参列したのか、誰がどのくらい香典を持参されたのかをご遺族や喪主が確認するために使われます。

芳名帳の情報をもとに、香典返しやお礼状などを用意する際の参考にしますので、香典を代理で持参した場合には、香典を預かった人の情報を忘れずに芳名帳に記載するようにしましょう。

香典の代理での渡し方

ここでは、香典を受付にてお渡しする際に守るべきマナーを確認していきます。

香典をお渡しする際にも、普段はあまり触れる機械の少ないマナーがありますので、改めて整理してみましょう。

香典を代理で持参するということは、預かった人の行動が依頼した方の行動と見られてしまいます。

香典を依頼した方のためにも、しっかりとしたマナーで対応していきたいですね。

©aijiro/stock.adobe.com

袱紗に包んで持参する

代理で香典をお渡しする際も、香典袋を裸で持参することなく、袱紗に包んで持参するようにしましょう。

受付でお渡しする段階で、袱紗から香典袋を取り出してお渡しします。

受付に並んでいる際に袱紗から取り出してしまうと、マナー違反と見られてしまいますので、袱紗から取り出すタイミングにも注意が必要です。

▼袱紗の包み方を知りたい方はコチラ

葬儀の香典の袱紗(ふくさ)への入れ方・包み方

香典は相手が読める向きで渡す

袱紗から取り出した香典は、香典袋に記載されたお名前を受付の方が読める向きで、両手でお渡しします。

仮に、葬儀の受付が用意されていない場合は、御霊前に直接供えることになります。

この場合でも、御霊前に供える段階で袱紗から取り出して供えます。

供える際は、名前を自分が読める向きで御霊前に供えることがマナーです。

香典をお渡しする際のマナーについては、更に詳しい記事を用意していますので併せて参考にしてみてください。

▼香典の渡し方について詳しく知りたい方はコチラ

香典の渡し方|かける言葉やふくさからの出し方・後日渡す方法も解説

お悔やみの言葉をかけましょう

香典をお渡しする際には、「この度は御愁傷様でした」「お悔やみ申し上げます」などお悔やみの言葉をかけながらお渡しします。

故人と面識があったりする場合には、自然と言葉が出てくるものです。

しかし、代理で香典を持参した場合など故人やご遺族と面識がない場合、一言添えることを意識していないと忘れてしまいがちです。

代理として持参している場合でも、お悔やみの言葉を一言添えて香典を渡すことを意識しておきましょう。

お悔やみの言葉についても詳しい記事を用意していますので、参考にしてみてください。

▼お悔やみの言葉のかけ方や例文はこちらの記事をチェック

お悔やみの言葉のマナー|例文とタブーの言葉をチェック

上司の代理をするときの注意点

上司の代理で香典を持参するときのマナーについて解説していきます。

上司の代理で香典を持参するときは、個人の代理をする時と比較して気をつけたいマナーがあります。

上司を代理して香典を持参するので、マナー違反とは思われたくないですね。

ここでは、特に注意したいマナーを以下で解説していきますので、参考にしてみてください。

©Ameashi/stock.adobe.com

香典・芳名帳へは会社の住所を記載する

上司の代理で香典を持参するということは、会社の代表として香典を持参することとなります。

そのため、香典や芳名帳に記載する住所は会社の住所を記載するようにしましょう。

上司の名前をフルネームで記載することはもちろんですが、会社名を記載する際も、略すことなく正式な会社名を記載してください。

なお、会社の代表として香典を持参していますので、代理人の方の住所を記載する必要はありません。

上司の名刺をお渡しする

上司の代理で香典を持参した場合、葬儀の受付にて名刺を求められることもあります。

そのため、葬儀に参列する際には、上司の名刺を忘れずに持って行くようにしてください。

故人の会社関係者とご遺族や喪主は、必ずしも面識があるとは限りません。

ご遺族や喪主は、名刺を確認することで故人とどのような関係にある方が参列したのか確認することとなります。

そのため、上司の名刺をお渡しすることは重要なポイントです。

なお、葬儀で名刺をお渡しする際には、上司の名刺だけではなく代理人も名刺を渡すようにしましょう。

その際に、 上司の名刺なのか代理人の名刺なのかが分かるように、代理人の名刺の右上に「代」という文字を記載し、上司の名刺の右上には「弔」という文字を記載することがマナーです。

©takasu/stock.adobe.com

家族の代理をするときの注意点

夫や妻、親の代理で葬儀に参列し、香典を渡すこともあるでしょう。この場合も、受付では依頼人の名前を記帳し、隣に「代」や「代理」を添えて自分の名前を書きましょう。

なお、夫の代理で妻が葬儀に参列する場合、香典は「○○家」として出すことが一般的であるため、芳名帳には夫のフルネームの後に「内」をつけて記帳します。

代理で会葬御礼品・香典返しを受け取った場合は?

代理で会葬御礼品や香典返しを受け取った場合は、出来る限り本人に手渡しで渡すことがマナーとされています。

ただし、代理人の環境や状況などによっては、手渡しすることが困難な場合もあるでしょう。

その場合、必ずしも手渡しである必要はなく、手渡しが困難の場合には郵送でお送りしても問題はありません。

会葬御礼や香典返しは、香典を頂いた事に対するご遺族や喪主からのお礼の品です。

そのため、香典を頂いた方に最終的に届けば、どのような方法であっても問題はないとされています。

▼会葬御礼が何かを詳しく知りたい方はコチラ

会葬御礼品とは?渡すタイミングや相場、人気の商品3選を紹介!

まとめ

今回は、香典を代理で預かった場合の対応やマナーについて解説してきました。

香典を代理で預かっている以上、マナーを守り責任を持って香典をお渡ししたいものですね。

葬儀などの葬祭事では、様々な場面でマナーが重視されます。

今回の記事を参考に、香典を代理で預かった場合でもしっかりと役割を果たせるように、様々なマナーを確認してみてください。

▼参列前に葬儀のマナーを確認!

葬儀やお通夜に参列する前に知っておきたい7つのマナー ❘ 服装や香典のマナーなどを解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:えばし 和彦

現在、通信会社で営業の仕事をしている傍ら、WEBライターとして活動中。終活に関する記事を100本以上執筆。

関連する記事

記事のカテゴリ