【通夜・告別式】香典の相場は?年齢・故人との関係による平均金額

葬儀に参列する際にお持ちする香典。いくら入れたらいいんだろう?周りに相談したり、合せたりしても良いのだろうか?と悩む方もいらっしゃるかと思います。
香典は多ければ多いほど良いというものでもありません。
ある程度の相場を理解した上でお渡しし、喪家に負担をかけないことが何よりも大切です。
本記事では故人との関係によって変わる香典の相場を詳しく解説していきます。

香典を用意するときの注意点

葬儀で香典を用意するときには日本の古くからの考えに由来する、独特のルールがあります。また、香典の相場は地域・故人との関係性・年齢(立場)によって変わります。
香典を用意するときにはある程度、ルールを理解しておくようにしましょう。

地域で独特の風習や相場が決められてることがある

香典を出す際に一番最初に気を付けたいのは、その地域での独特の風習や相場が無いかどうかです。
地域によっては、「御霊前(御仏前)」や「御香典」などの表書きの袋の他に、「伽見舞い」「通夜見舞い」「叺代」など別の袋を用意して持っていくような地域もあります。
また、関係によって相場がはっきりと決まっているような地域もあります。
ですからまずは、地域の風習を確認しましょう。

偶数、「4」「9」は避ける

香典の金額を決める際、故人との縁を切ってしまう、ということを連想させるため割り切れる偶数は避けるようにしましょう。また、「死」や「苦しみ」を連想させる、4や9の数字も避けるのが一般的です。
香典は1・3・5・10の数字で入れると良いとされていますが、一万円の次が三万円だと負担も大きくなりますので、二万円は例外的に認められている傾向があります。

香典の相場は故人との関係性・年齢(立場)によって変わる

その地域で独特の風習などが無い場合や、あったとしても香典の相場にある程度幅があるような場合は、故人との関係性や年齢、立場によって金額の目安が変わってきます。
故人との関係でどのような相場になるのか、下記にて詳しくみていきましょう。

故人が家族の場合の香典相場

まず、亡くなった故人と同居していた場合は遺族(喪家)として葬儀を挙げる側になりますので基本的には香典は不要です。
また、別居していたとしても学生などで経済的に独立していない場合や、その家を継ぐ立場の人間である場合には香典は不要なケースもあります。
どのような場合に、どれくらいの金額相場になるのか下記にて詳しく解説していきます。

故人が祖父母の場合の香典相場

祖父母と同居していた場合

自身が同居している祖父母が亡くなった場合は、遺族となりますので基本的には香典は不要です。
しかし同居していても別世帯として生計を立てている場合は、必要になる場合もあります。祖父母が亡くなった場合には、自分の両親のどちらかが喪主となるケースが多いですので、香典についてどのようにするべきか相談するようにしましょう。
もし両親が不在で自分、もしくは兄弟・姉妹が喪主となる場合には、葬儀費用について分担するかどうか話し合った上で香典の金額を決めると良いでしょう。

祖父母と同居していなかった場合

同居していない祖父母の場合は、一万~十万程度が相場になります。
この金額の幅は、自身の年齢を考えて決めるようにします。
20代前半もしくはまだ就職して間もない方は、香典は一万~二万で構わないでしょう。
もっと出せる場合は出しても良いですが、無理をして負担を増やすのは祖父母も望んでいないはずです。
30代~40代では三万~五万、50代以上では五万以上と考えておくと良いでしょう。
兄弟・姉妹がいる場合はその兄弟たちと金額を相談して合わせても良いでしょう。

祖父母の葬儀の際は、上記の香典の他に「孫一同」などで生花や供物を出すのが一般的です。

故人が曾祖夫母の場合の香典相場

曾祖父母と同居していた場合

同居している曾祖父母の場合は、祖父母同様香典は基本的に不要です。

曾祖父母と同居していなかった場合

同居していない場合には、一万円~三万円程度が相場になります。
曾祖夫母の場合、関係は三親等となり、叔父・叔母や甥・姪と同じ親等になります。しかし、曾祖夫母の葬儀となると、まだ若い年齢で参列することになるケースが多いのではないのでしょうか。
幼い頃などよく面倒を見てもらったというような場合には、気持ち多めに包んでも良いかもしれませんが、兄弟がいる場合は一緒に供物で調整するのが遺族に気を遣わせずに済むかと思います。
20代では一万~二万、30・40代では二万~三万程度を考えておきましょう。
50代で曾祖夫母が存命のケースは少ないと思いますが、もし参列する機会がある方は三万以上と考えるのが良いでしょう。

また、曾祖夫母の葬儀の場合も「曾孫一同」などで供物を出すのが一般的です。

故人が親の場合の香典相場

自分が喪主を務める場合

故人が自分の親の場合、同居していたり、同居していなくても喪主を務める場合は香典は不要です。

自分が喪主ではない場合

自分が嫁いで家を出ていたり、別世帯を構えて生活しており、喪主・施主ではない場合は香典が必要になるケースの方が多いでしょう。
基本的には喪主を務める人が葬儀料金の支払いを行いますが、自分の兄弟・姉妹が喪主となる場合は事前に葬儀料金の負担についてどのようにするか確認しておきましょう。
特に喪主から申し出がない場合は、相場の金額の香典を出す形で問題ありませんが、葬儀の形式や、家族や自分自身の経済状況等をふまえて金額を決めるようにします。
事前に葬儀費用を出していなかった場合、20代であれば五万程度、30~40代であれば五~十万、50代以降であれば十万以上は考えておきたいところです。

加えて、親の葬儀の場合は生花を出すことになるケースが多いでしょう。このとき、○○一同などと他の方と合同で出すのではなく、個人名で出すのが望ましいです。

故人が兄弟・姉妹の場合の香典相場

自分が喪主もしくは同居していた場合

同居している兄弟・姉妹の場合や、自身が喪主を務める場合は香典は不要です。

お互い独立していた場合

お互い独立して生活していた場合には香典が必要となってきます。
兄弟・姉妹は二親等の関係性になりますので、基本的な相場は祖父母の葬儀の際と同様ですが、幼少期一緒に育ったと考えると三万~十万は考えておくのが良いでしょう。
20代であれば三万程度、30・40代であれば三万~五万、50代であれば五万以上で、供物も合わせてだします。
これは、自分の実の兄弟・姉妹でも、義理の兄弟・姉妹(配偶者の兄弟・姉妹)でも一緒です。
結婚している場合は、連名もしくは夫の名前(世帯主名)で香典を出すようにしましょう。

故人が親戚の場合の香典相場

基本的に親戚が亡くなった場合は、以前家族が喪家として相手の家から頂いた香典の金額を参考にして、同じ金額をお返しするのがマナーです。
他のお供物等ももらっているようであれば、同等の金額のお供物もお出しするようにします。
もし前回もらった額がわからないという場合には、下記の相場を参考にしてください。

故人が叔父・叔母の場合の香典相場

故人が叔父・叔母の場合はどこまでの交流があったかにもよりますが、一万~五万程度が相場となります。叔父・叔母は三親等の関係性になりますので、曾祖父母と同程度の金額相場と考えて問題ありません。
しかし、家庭によっては近くに住んでいて幼いころお世話になったり、かなり交流がある場合もあります。もし、大変お世話になっていたというようなことであれば、相場より少し多めに包むか、お供物も合わせて出すようにします。
香典は20代であれば一万~二万、30代であれば二万~三万、50代であれば三万~五万程度を考えておくようにしましょう。

故人がいとこの場合の香典相場

いとこが亡くなった場合は五千円~三万円程度が相場となります。いとこは四親等となりますので、民法上の関係性は少々遠くなります。
しかし、歳が近いいとこの場合、小さい頃よく遊んだり、大きくなってからも交流がある方は多いのではないでしょうか。
そういった場合には、血縁関係の他にどの程度親しかったかというのを考慮に入れて香典を考えるようにします。
遠くの土地に住んでいて、ほとんど交流が無かったような場合には20代の方ですと五千円程度で構わないでしょう。
しかし、親しくしていたような間柄であれば一万円程度出しても良いかもしれません。
30代以上であれば一万円程度と考えて、それ以上は交流があったかどうかで決めるようにます。
不安な場合は、他のいとこと相談して金額を合わせても良いでしょう。

故人が義父母の場合の香典相場

配偶者が喪主もしくは義父母と同居していた場合

故人が義理の両親であった場合、誰が喪主を務めるかで香典がいるかどうかが変わってきます。
自分の配偶者が喪主を務める場合や、故人と同居していたり、同居していなくても生計を共にしていたような場合には香典は不要です。

上記以外の場合

故人の配偶者が喪主だったり、自分の配偶者の兄弟・姉妹が喪主だったり、故人と同居していなかったりする場合には香典が必要になります。
その場合、自分の両親が亡くなった場合の香典相場と同じとなりますので、20代であれば五万程度、30~40代であれば五~十万、50代以降であれば十万以上は考えておきましょう。
しかし、義実家の経済状況や、親戚関係、その他義兄弟などとの相談の上、場合によっては、相場以下とも相場以上ともなる可能性はあります。
トラブルを避けるためにも、誰がどのように葬儀を取り仕切るのか、どのように葬儀料金を負担するかしっかりと話し合いの上、香典の金額を決めるようにしましょう。

故人がその他親族の場合の香典相場

どこまでの親族と親戚付き合いをしているのかは、その家々によって違います。昔ながらの遠い親戚と、親戚付き合いをしている方たちもいるでしょう。
その場合は、その家から今まで頂いたことのある香典の金額と同額を包んで返すのが基本です。
もしわからなければ五千円~一万円を相場と考えておけば良いでしょう。
特別お世話になったり、頻繁な交流が無かったのであれば、全世代で五千円程度と考えておいて問題ありません。

故人が友人・知人関係の場合の香典相場

故人が友人・知人、またはその親である場合は三千円~一万円程度が相場となります。
友人・知人の場合は、年齢によってあまり金額相場は変わりません。
関係性によって相場が違いますので細かく見ていきましょう。

故人が近所の人の場合

地方ではまだまだご近所や同じ町内の人が亡くなった場合、そこまで交流がなくても香典を持っていく風習が残っている場合があります。
故人がご近所の関係だった場合、三千円~五千円が一般的な相場となりますが、その地域によっても違うので確認をしましょう。
ご近所付き合いの場合、自身の年齢はあまり関係ありません。以前その家から香典を頂いていれば、その金額と同じ金額を香典として包んでお返しするのがマナーとなります。

故人が友人の場合

故人が自分の友人の場合は、五千円~一万円が相場となります。顔見知り程度の場合は三千円程度でも良いでしょう。
自分の友人が亡くなった場合は、たくさん包んであげたい気持ちもあると思いますが、あまり多くの金額を包みすぎると香典返しの際などに喪家の負担となってしまいます。友人同士で金額を揃えるにしても注意するようにしましょう。

故人が友人の親の場合

故人が、自分の友人の親の場合は、三千円~一万円程度が相場となります。とても親しい友人で、亡くなった親とも交流があったような場合は、一万円程度包んでも良いでしょう。ただ、こちらもあまり多くの金額を包みすぎると喪家の負担となってしまいますので、注意しましょう。

故人が会社・ビジネス関係の場合の香典相場

会社によって、関係や役職によって香典の金額がはっきりと決まっている場合もあります。また金額が決まっている上に、香典返しは辞退するというルールがある会社もあります。
まずは、会社に規定が無いか確認するようにしましょう。
全体としては、三千円~一万円が相場になります。下記にて細かくみていきましょう。

故人が同僚の場合の香典相場

故人と一緒の職場で働いていた場合、三千円~一万円が相場となります。
個別で出すのか、部署でまとめて出すのか、香典返しは辞退するのかどうかによっても変わります。
個人で香典を出す場合、20代は三千円でも問題ありませんが、他の同僚の方と合わせるのが良いでしょう。
30代以上は五千円程度を考えておくとようにしましょう。
その他は、特別親しくしていたり、席が近かったり、ということがあれば相場の金額より多く出しても良いですが、一万円は超えない方が喪家に気を遣わせません。

故人が上司の場合の香典相場

自身より年上の方や上司が亡くなった場合は、三千円~一万円程度を相場で考えておきましょう。
ただし、上司との関係も直属の上司なのか、どれくらいお世話になった上司なのかといった関係の深さや年齢で金額は変わります。
20代などで、あまり関係が深くなかった場合は三千円でも構いません。
30代以降では、五千円~一万円を考えておき、関係の深さで金額を決めるようにしましょう。
また、若い方がたくさんいるような職場の場合は、個人で香典は出さずに「○○部署一同」などとして、会社から一万円程度の香典を出すような場合もありますので確認するようにしましょう。
またこの場合は香典返しを辞退するようにします。

故人が部下の場合の香典相場

自身の部下にあたる方が亡くなった場合は五千円~一万円程度が相場になります。こちらも直属の部下なのかどうかと自分の役職によっても金額は変わります。
会社の規模にもよりますが、部長職くらいまでは五千円、それ以上の役職であれば一万円程度を考えておくと良いでしょう。
会社の代表である場合は、代表者名で一つ香典を出し、更に会社名で出す形もあります。
会社名での香典は香典返しを辞退する場合もあります。
自身が葬儀に出席できない場合は、代表者に香典を預けるという形でも問題ありませんが、なるべく都合をつけて参列されるのが望ましいでしょう。

故人が同僚の親の場合の香典相場

地域差はありますが、同僚の親が亡くなった場合にも香典を出すところがまだまだあります。
故人が会社の同僚の親の場合は、三千円~一万円が相場となります。同僚が同期や同じ部署の関係で親しい場合は、お持ちしても良いかと思いますが、そこまで親しくなければ無理に香典を渡す必要はないと思います。

ただ、同僚が喪主で一般葬(家族葬ではない)の場合は、会社名でも香典を出したりご供花等あげるのが良いでしょう。
故人が、会社で一緒に働く上司の親の場合は、同僚と同様で三千円~五千円が相場と考えて問題ないでしょう。
ただ、部下の親が亡くなった場合で自身が社長職であったりする場合は、五千円~一万円程度が相場になります。

故人が取引先の場合の香典相場

取引先の方が亡くなり、香典を出す場合にはその企業の業態や風習などで相場が違ってきます。また故人の役職や立場、会社とどういう付き合いがあったのかによってかなり金額に開きがあります。
会社として出す場合や、社長名で出す場合は、一万円~十万円程度が相場となります。(葬儀が社葬かどうかでも違います。)
しかし、個人的に付き合いがあったり、親しかったという形で出す場合は五千円~一万円程度を考えておけば良いでしょう。

連名や夫婦で渡すときの香典相場

夫婦で渡す場合には、一名分の香典相場の金額で問題ありません。その場合、香典の表書きは、基本は夫の名前のみで良いですが、例えば故人が妻側の親戚で、妻の名前も書いた方が喪家にとってわかりやすい場合は、連名の形で書くのが良いでしょう。
職場の同僚同士や、友人同士で連名にする場合は、人数分の相場の金額を入れます。ただし、三名以上となる場合は袋は分けるのがマナーです。
もし「○○一同」として香典を出し、一人当たりの金額が三千円以下になるような場合には香典返しは辞退する旨を伝えます。

まとめ

葬儀の香典の金額は、血縁関係がより重視された相場になっており、多ければ多いほど良いものではありません。友人関係で仲が良かったからといって多く出しすぎては香典返しなどの際に喪家の負担になってしまう場合もあります。
血縁関係(自身の年齢)+普段の交流(仲の良さ)を考えた上で金額を決めるようにしましょう。

香典袋の書き方は?表書きや金額、名前 中袋がある場合の書き方

香典返しを辞退されたときの遺族のマナー

 

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ