香典と弔電(電報)は両方送ったほうがいい?送り方のマナーや片方だけでいい場合を解説

知り合いが亡くなったという訃報は突然やってきますので、どうしても都合がつかずお通夜にも告別式にも参列できないこともあります。そのような時は弔電をおくってお悔やみの気持ちを伝えるようにすることが大切です。

では、弔電をおくった時には香典はお渡ししなくても良いのでしょうか。

ここでは、弔電をおくった場合にお香典はどうすれば良いのかについて解説していきます。

香典と弔電の違いとは?

香典とは、通夜や葬儀の際、故人にお供えするお金のことです。もともとは文字通り線香を供えていましたが、相互扶助の観点から時代が下るにつれて現金を渡すようになりました。葬儀に参列する際は故人との関係性に関わりなく、必ず持参しなくてはならないものです。

一方、弔電とは故人への弔意を伝えるため、喪主宛に送る電報のことです。通夜や葬儀に参列できない場合に利用されます。

香典と弔電を両方おくる必要はある?

訃報を受けた場合に、どうしても都合がつかず通夜や葬儀、告別式に参列が難しい時にはすぐに弔電をおくるようにします。

このとき、故人が親しい友人や知人など特にお世話なった間柄の場合には弔電だけでなく香典もおくるようにします。

しかし、仕事の関係者や昔の知り合い程度というように、逆に特に親しいというわけではない場合には弔電のみをおくるのが一般的です。

したがって、弔電のみにするか弔電と香典の両方をおくるのかは、故人との親しさを基準にして考えていくと良いでしょう。

なお、最近は遺族の意向などにより、会葬や香典、供物などの辞退をされることも増えてきており、場合によっては弔電も辞退されていることもあります。どうしてもお悔やみの気持ちを伝えたいと思われるかもしれませんが、遺族がこれらを辞退されている時にはそれに従うのがマナーです。

香典や弔電を断っているのも関わらず、良かれと思っておくってしまうと、そのお返しを準備する必要が出てくるなど相手に迷惑をかけてしまいますので、そのような場合には控えるようにしましょう。

香典のみを送る場合

香典は一般的には葬儀に参列した時に渡すのが基本ですが、やむを得ない事情があって葬儀に参列ができないようなときには郵送しても失礼にあたりません。このとき、弔電はおくらずに香典のみおくることも可能です。ただし、郵送するタイミングやおくり方には気をつけるようにしましょう。

香典の送り方

葬儀に参列できなかった時は香典を持参し弔問をするようにします。その時期としては葬儀が終わった後1週間を目途とし、必ず事前に約束をしたうえで訪問するようにしましょう。なぜなら、遺族は葬儀の直後はいろいろな手続きなどで慌ただしくされていることが多く、いきなり訪問すると不在であったり迷惑にもなりかねません。

もし、弔問することが難しいようであれば、葬儀が終わった後に香典を現金書留で郵送するようにします。その際はお金を直接封筒に入れることはせず、不祝儀袋で包みおくるのがマナーです。そのため、現金書留の専用の封筒に入る大きさの不祝儀袋を準備するようにします。

▼香典を郵送する方法を詳しく知りたい方はコチラ

香典を郵送する方法は?手紙の文例や送るタイミング、封筒などを解説

香典の相場

香典の相場はおくる人の年齢や故人との関係性によって変わってきます。葬儀に参列できないため香典は多めに包んだ方が良いのではないかと考えるかもしれませんが、葬儀に参列した時と同額で問題ありません。

一般的には両親では5~10万円、兄弟で3~5万円、親戚で1~3万円程度が相場となります。職場の関係者や友人知人などでは、その親密さに応じて3千円~1万円程度が相場となります。

しかし、香典の金額の決め方には「4」や「9」は避けるなどのマナーがあるため、それらにも配慮をした上で金額を決めるようにしましょう。

▼香典の詳しい金額相場を知りたい方はコチラ

【通夜・告別式】香典の相場は?年齢・故人との関係による平均金額

香典には手紙を添えましょう

香典を郵送で送る時にはお悔やみの手紙を添えることも忘れないようにしましょう。お悔やみの手紙は長々と書く必要はありませんが、お悔やみの気持ちを伝えることで香典を郵送でおくったとしても丁寧な印象を与えることになります。

香典に添えるお悔やみの手紙には、お悔やみの言葉や葬儀に参列できなかったお詫び、故人への思いや気持ち、遺族へのいたわりの気持ちなどを書くようにします。

【お悔やみの手紙の例文】
この度の〇〇様の訃報に際し、大変驚いております。ご家族の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察し、心よりお悔やみ申し上げます。〇〇様には〇〇の際に大変お世話になりました。今でもあの優しい笑顔が思い出されます。本来であればすぐにでもご弔問にお伺いすべきところですが、遠方につき略儀ながら書中にてまずは書中をもちましてお悔やみ申し上げます。心ばかりではございますがお香料を同封いたしましいたので、ご霊前にお供えください。心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。

▼お悔やみの手紙の例文をさらに知りたい方はコチラ

お悔やみの言葉【葬儀・メールの例文集】

弔電のみを送る場合

故人との関係がそれほど親密ではなかったり、昔は親しくしていたが今は連絡を取り合っていなかった、仕事関係の付き合いの程度だった場合などで通夜や告別式に参列できないような時には弔電のみをおくることが一般的です。遺族が昔の住所録や年賀状をもとに連絡をされていることもあるため、生前の故人との関係性を考慮しながら判断するようにしましょう。

弔電の送り方

弔電を送る時は訃報を受け取ったが、通夜や告別式に参列することができないと分かった時点で速やかに準備をします。弔電は葬儀・告別式で読み上げられることが多いですが、中には通夜で読み上げる地域もあるため、できるだけ通夜の始まる時間までに到着するように送りましょう。

弔電は一般的には宛先を喪主にし、自宅や葬儀場に届くように手配をします。葬儀場では他の遺族と間違いがないように喪主の名前はなるべくフルネームを記載するようにしましょう。葬儀場に弔電をおくる際、もし喪主の名前が分からなければ、「(故人名)ご遺族様」としても構いません。

弔電に送る例文

弔電にはお悔やみの気持ちを伝えるためにおくるものです。したがってその気持ちを80~100字程度の文章に込めるようにします。また、弔電はNTTをはじめとしたいくつかの会社で取り扱っており、あらかじめひな形としての文章を準備してあることも多いですが、自分の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

【弔電の例文】

〇〇様のご訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。

ご会葬参列はかないませんでしたが、在りし日のお姿をお忍びし

心からご冥福をお祈りいたします。

▼詳しい弔電の送り方やマナーはこちらの記事をチェック

弔電とは?文例や宛名の書き方、送り方などのマナーを詳しく解説!

両方送る場合の香典・弔電の送り方

生前に故人に大変お世話になった場合や、深い付き合いなど特別な思いがある時には弔電と香典の両方をおくることがあります。また、葬儀を家族葬などで身内だけで執り行われることもあり、そのような時にも故人との関係性によっては弔電と香典の両方をおくることで、お悔やみの気持ちを伝えるようにしても良いでしょう。

弔電は先におくっておく

香典と弔電の両方をおくる時には弔電を先に送ります。訃報を聞いたらすぐに手配をして、できるだけ通夜の開始時刻まで着くようにしましょう。もし、通夜に間に合わない場合には、遅くとも告別式の開始時刻までには届くようにします。

香典はあとからお渡しする

香典は葬儀が終わった後、自宅などに弔問をして祭壇にお供えをしたり、遺族に手渡しするのがマナーです。葬儀が終わった直後はいろいろな手続きや所用などで忙しくされていますので、それらがひと段落し、気持ちも落ち着いたころを見計らって遺族に連絡を取るようにします。近くに来たからといって突然弔問するようなことは、決してしないようにしてください。

また、遠方などで弔問することが難しい時は香典を不祝儀袋に入れて現金書留でおくるようにしましょう。この時は香典だけではなくお悔やみの手紙を同封し、弔問できないことをお詫びし遺族へのねぎらいを記すようにします。

▼香典を後から渡す方法やマナーはこちらの記事をチェック

香典をあとから渡すことはできる?葬儀やお通夜で渡せなかったり行けなかった場合の対処法

【喪主向け】香典・弔電の断り方

近年では「親族だけで家族葬を行いたい」「香典返しの負担を減らしたい」などの理由から香典や弔電を辞退するケースも増えています。

香典や弔電を辞退することはマナー違反にはなりませんが、関係者へ事前にしっかりと伝えておかなくてはトラブルのもとになりかねません。

具体的には、通夜や葬儀の案内をする際、一緒に香典や弔電を辞退する旨を伝えます。香典の辞退するのか、弔電や供花なども辞退するのかがきちんと伝わるように注意しましょう。

また、伝わりきらなかった人がいる可能性があるため、念のため葬儀当日にも受付で香典や弔電は辞退している旨を伝えると安心です。

▼香典や弔電の断り方や辞退する際の例文を詳しく知りたい方はコチラ

香典の断り方|家族葬の場合や職場への香典辞退を文章例つきで解説

【喪主向け】香典と弔電をいただいた際のお礼は?

弔電だけでなく、香典も合わせていただいた場合には、お礼状と香典返しをお送りしましょう。香典返しは、いただいた香典金額の3分の1~半分の金額に相当する品物を選びます。送る時期としては、四十九日法要の後から遅くとも1ヶ月以内には届くようにしましょう。

弔電のみをいただいた際は、お礼状をお送りすれば問題ありません。お礼状には、弔電をいただいたお礼の他に、葬儀が無事に終了したことも書き添えます。

【お礼状の例文】
謹啓 夫〇〇の葬儀に際しまして、ご丁重なるご弔電をいただき誠に有難うございました。生前の夫をもっともよくご理解くださっていた貴方様に、心のこもったお別れの言葉を贈っていただきましたことで、亡き夫もさぞ喜んでいることと思います。おかげさまで葬儀も滞りなく執り行うことができました。今後ともご厚誼を賜りますよう御願い申し上げます。略式ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。敬白

まとめ

訃報に接した際に通夜や葬儀告別式に参列できない時は、故人との関係性を考慮したうえで弔電や香典をおくるようにしましょう。その関係性によっては両方をおくっても問題はありません。いずれの場合にも、故人に対してのお悔やみや遺族へのいたわりの気持ちをもって対応をすることが大切です。

▼香典の相場金額や包み方のまとめはコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ