骨葬とは?流れや費用について詳しく解説

日本では宗教に関わらず、ほとんどの場合は葬儀を行った後に火葬をするのが通常の流れとなっています。ところが、一部の地域や、故人の遺体の状況から葬儀・告別式の前に火葬を行う骨葬という形式の葬儀を行う場合があります。この記事では、骨葬とはどのようなものなのかや骨葬を行う理由、流れや費用について詳しく解説していきます。

骨葬とは

骨葬とは先に火葬を済ませてその後に葬儀・告別式をおこなう葬儀の形のことです。故人がなくなった時にその霊を弔う一般的な方法は、お通夜、葬儀・告別式を執り行い、その後火葬場に遺体を移送して火葬を行うという流れで執り行う供養ですが、地方の風習をはじめとしたさまざまな理由により、骨葬が執り行われています。

葬儀の時点で火葬が行われた後のため葬儀会場には棺はなく、祭壇に置かれた故人の遺骨を祀ることになるため骨葬と呼ばれています。

骨葬を行う理由とは

骨葬を行う理由はさまざまなものがあり、地域の風習としてその地域では一般的である場合と、他の理由により止む無く骨葬をする場合に分けられます。

地域の風習

骨葬は東北地方で多く見られます。そのほか中国地方や九州地方の一部、沖縄でも見られる葬儀の形式です。これらの地域では、農業や漁業の繁忙期や雪深い冬の時期に葬儀を行うことを避けるため先に火葬を行っておき、参列出来る時期になってから葬儀を行っていたという歴史的な背景があります。また、気温が高い地域では遺体が傷みやすいこともあるため先に火葬を行う方法がとられています。

ただし、これらの地域では先に火葬を行うことが一般的な葬儀の形であるため、あえて骨葬と特別な呼び方をすることはありません。

密葬を行う場合

故人が著名人や企業の経営者などであった場合、先に親族だけで密葬を済ませておいて、火葬を行い、その後改めて本葬やお別れ会を実施することが良くあります。この場合、本葬は火葬を行った後に行うことになるため、祭壇には故人の遺骨が祀られ、参列者は故人の顔を直接見ながらお別れをすることは出来ません。一方で、本葬を執り行うまでの時間がかかっても、遺体の損傷を心配する必要がないため、時間をかけて本葬の準備を行うことが可能になるのです。

密葬とは?香典や出席のマナー、家族葬との違いを解説

伝染病や怪我などご遺体の状態が良くない場合

交通事故や長期間の闘病生活などで遺体の損傷が激しかったり、状態が良くない時や、孤独死などで亡くなってから時間が経過していて、腐敗が進んでいるような場合には先に火葬を済ませて骨葬とすることがあります。

また、伝染性の感染症で亡くなった場合などでは、遺体を介して他者への感染の拡大を生じさせかねません。このような時には、棺に納められた遺体に対して感染拡大防止の対策が取られて火葬場に移送され、骨葬の流れで葬儀が執り行われることになります。

新型コロナウイルス感染症で亡くなった場合にも、このような形での対応が取られるため、遺族が故人との最後のお別れができなかったという問題が生じています。

ご遺体を遠方から運ぶ場合

進学や就職などで実家を離れて都市部や他県で生活をしていた場合や、海外で生活をしていた人の場合にも骨葬となるケースが多くなります。

これは、遺体のまま陸路や空路で長距離の搬送をすると大きな費用がかかり手続きも煩雑となるためです。したがって、故人の居住地の近くで火葬をしてから遺骨を持ち帰り、骨葬で葬儀・告別式を行ったほうが費用を抑えることができるのです。また、遠方から遺体を搬送すると遺体の損傷を来してしまうリスクが高くなるため、そのような事を防ぐ目的もあります。

骨葬の流れとは

骨葬の形式で葬儀を行うことが一般的な地域での流れは、通夜を行った次の日に火葬を行う前火葬と分類されるものと火葬を行った日に通夜を行い、翌日に葬儀告別式を行う流れの骨葬に分類されます。ただし、葬儀・告別式はお骨の状態で行うため、どちらの場合も広い意味で骨葬と呼ばれています。

骨葬が一般的な地域ではなく、特段の理由があって骨葬の方法を選ばれた場合には、通夜の前に火葬が行われます。

また、骨葬では葬儀・告別式はいつおこなっても問題がなく日にちや時間帯を柔軟に設定することができます。通常、遺体を安置することが出来ないホテルなどの会場でも、遺骨であれば持ち込むことが可能になるなど、その選択肢が広がることは骨葬のメリットといえます。

骨葬の費用は一般的な葬儀と変わらない

©Syda Productions/stock.adobe.com

骨葬の形式での葬儀を行う場合では、火葬と葬儀・告別式の順序が違うだけで、実施される内容は同様であるため、骨葬にかかる費用として特別なものはありません。したがって、骨葬の費用は一般的な葬儀を行う場合と変わりがありません。

葬儀にかかる費用について解説!気になる相場や内訳、葬儀の種類ごとにかかる費用まで徹底網羅

骨葬で香典はいくら包めばいい?

骨葬は通常とは違った形での葬儀であると感じる方もおられるため、香典に関しても違いがあるのではないかと思うことがあるかも知れません。しかし、骨葬であっても香典に特別違いがあるわけではなく、地域の風習や年齢、故人との関係性により通常の葬儀の形式での相場と同等の金額を包むようにしましょう。

【通夜・告別式】香典の相場は?年齢・故人との関係による平均金額

まとめ

日本では一部の地域で火葬後に葬儀・告別式を行う骨葬の風習のあるところがあり、そのような葬儀では遺体の代わりに遺骨を祀ることになります。ただし、一般的に骨葬の流れで葬儀が行われている地域ではそれが通常の状態であり、特別なことととらえられていないため注意が必要です。

ただし、通夜や火葬、葬儀・告別式で執り行う儀式は一般的な葬儀で行われるものとの違いはほとんどありません。自分にとっては馴染みのない葬儀の形は戸惑うこともあるかも知れませんが。いざという時に慌てないようにしておきたいものです。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ