告別式の時間はどれくらい?流れや所要時間、受付開始時間などを解説

一般的に通夜の翌日に行われる告別式ですが、通夜とは異なり午前中に始まることが多くなっています。

「開式の何分前までに受付を済ませればいいのか」「遅刻などで途中入室はできるのか」など疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

また、親族などで受付の手伝いをするために少し早めに会場へ到着しなくてはいけない場合もあり、告別式の時間に関するマナーが気になる方は多いでしょう。

本記事では、告別式は何時から始まることが多く、いつまでに会場へ到着すればよいかを解説します。また、告別式の流れや時間も紹介しますので、参考にしてみてください。

告別式は何時からはじまる?

一般葬の場合、告別式は午前中の10時や11時に始まることが多いです。

告別式が終わった後は、出棺して火葬をし、精進落としをいただくなど行うべきことが多くあるため、告別式は午前中に行うことが一般的になっています。

ただし、地域によっては火葬をしてから告別式を行う「前火葬」の場合もあるため、確認が必要です。

また、告別式は火葬場を予約している時間から逆算して時間を決めますが、火葬場に空きがなく、午後遅めの時間などの火葬になった場合、告別式が午後から行われることもあります。

ただし、あまり遅くの時間に告別式や火葬を行うと翌日に影響が出たり、式場で別の通夜が始まったりしてしまうため、13時開始や遅くとも14時開始となることが一般的です。

告別式の流れと所要時間

告別式の式自体は30分~1時間ほどとなっており、式が終了した後に出棺を行います。出棺をした後は火葬場へ移動して火葬をしますが、その後に初七日法要を行うか否かで所要時間が異なります。

また、親族か一般の参列者かでも式のどこまで参加するかが異なり、それによって所要時間も変わります。

実際にどのようなスケジュールになるのか、タイムテーブルで具体的に紹介しますので、参考にしてみてください。

火葬までの場合

初七日法要を行わず、告別式と火葬を行った場合の所要時間は受付開始から合わせて4時間ほどです。火葬の後に精進落としをいただく場合は、さらに1時間ほど所要時間が長くなります。

親族ではなく、告別式のみ参加した場合は受付から式の終了までおよそ2時間を所要時間として見込んでおくと良いでしょう。

告別式~火葬までのスケジュール

時間 式次第 内容説明
9:00 葬儀の準備 開式の1時間ほど前に集まり、進行の確認をしたり、弔電に目を通すなど、葬儀の準備を行います。
9:30 受付 準備が済んだ後、受付を行います。
9:55 お寺さま入場 参列者が着席した後は、読経のためにお呼びした僧侶を迎えいれます。
10:00 開式 司会により、葬儀・告別式の開式が宣言されます。
10:10 読経と焼香 僧侶に30分ほど読経をしていただいている間に、焼香を行います。焼香は、喪主→遺族→弔問者の順で行います。
11:00 お寺さま退場 僧侶が退場します。
11:10 弔辞・弔電の読み上げ、挨拶 僧侶が退場した後、弔電がある場合はここで読み上げます。その後、喪主が挨拶をします。
11:30 閉式 司会により、通夜の閉式が宣言されます。
11:40 出棺 告別式の後に出棺をし、遺族や一部の参列者が火葬場へ向かいます。
12:10 火葬 火葬には、およそ1時間~1時間半ほどかかります。
13:30 お骨上げ・収骨 火葬が終了したのち、骨拾をして収骨します。
13:35 精進落とし 1時間ほど、「精進落とし」という会食が行われます。火葬場の都合や時間によっては、火葬している間に行われることもあります。

初七日法要も合わせて行う場合

初七日法要は、故人の死後7日目に行う法要です。親族と離れて暮らしているなど、葬儀の後に再度集まることが難しくなっていることから、近年では初七日法要の日にちを繰り上げて告別式と同じ日に行うケースが増えています。

初七日法要を告別式と同日で行う場合、火葬が終わった後に再度式場へ戻って行うため、告別式と合わせると全体で6~7時間ほどの所要時間となります。

なお、精進落としは初七日法要の後にいただくのが一般的ですが、火葬の最中にいただくこともあります。

告別式~初七日法要までのスケジュール

時間 式次第 内容説明
9:00 葬儀の準備 開式の1時間ほど前に集まり、進行の確認をしたり、弔電に目を通すなど、葬儀の準備を行います。
9:30 受付 準備が済んだ後、受付を行います。
9:55 お寺さま入場 参列者が着席した後は、読経のためにお呼びした僧侶を迎えいれます。
10:00 開式 司会により、葬儀・告別式の開式が宣言されます。
10:10 読経と焼香 僧侶に30分ほど読経をしていただいている間に、焼香を行います。焼香は、喪主→遺族→弔問者の順で行います。
11:00 お寺さま退場 僧侶が退場します。
11:10 弔辞・弔電の読み上げ、挨拶 僧侶が退場した後、弔電がある場合はここで読み上げます。その後、喪主が挨拶をします。
11:30 閉式 司会により、通夜の閉式が宣言されます。
11:40 出棺 告別式の後に出棺をし、遺族や一部の参列者が火葬場へ向かいます。
12:10 火葬 火葬には、およそ1時間~1時間半ほどかかります。
13:30 お骨上げ・収骨 火葬が終了したのち、骨拾をして収骨します。
14:00 移動 初七日法要が行える式場へ火葬場から移動します。
14:30 初七日法要 故人の死後7日目に行う法要を繰り上げて行います。
15:00 精進落とし 1時間ほど、「精進落とし」という会食が行われます。

葬儀・告別式の流れ|喪主・遺族と友人で分けて具体的な流れとマナーを解説

告別式は何分前に行けばいい?

告別式に参加する際は、時間をしっかりと守ることが大切です。そのため、開式に遅れないように時間に余裕をもって着席できるようにしましょう。

告別式に出席する場合、30分ほど前に会場へ到着していることが望ましいです。しかし、喪主や親族、受付などのお手伝いをする場合は少し時間が異なるため、注意が必要です。

喪主や親族、お手伝いの場合

喪主や親族は式が始まる1時間以上前に会場へ到着していることが望ましいです。

喪主や親族である場合、当日の式の進行や会場のセッティングなどを葬儀社と最終確認するため、早めに到着する必要があります。

また、式のお手伝いをする場合も受付をする際の手順確認などの必要があり、開式の1時間前には会場に着くようにしましょう。

参列者の場合

一般の参列者の場合、時間に余裕をもって告別式が始まる20~30分前に式場へ到着すると良いでしょう。

一般的に、告別式の受付は開式の30分前から始まるため、それに合わせる形になります。

開式の5分前までに着席していれば問題ありませんが、受付や遺族への挨拶、事前にトイレを済ませておくなど思ったよりも時間がかかることがあるため、時間に余裕をもって会場に到着しておくと安心です。

告別式は途中で入退室できる?

告別式の途中入退室は可能ではありますが、基本的には避けるべきでしょう。

小さな子供がぐずりだしてしまった場合などは別ですが、式の最中に会場へ出入りすることは望ましくありません。

しかし、仕事や交通事情などによって、やむをえず遅刻してしまう時もあるでしょう。

遅刻をしてしまったときは、まず式場のスタッフやの係の人を探し、会場へ入室したい旨を伝えましょう。タイミングをみて案内してもらえるので、会場に入ったら親族の方へ一礼して入り口近くの席に座ります。

なお、香典を渡したり芳名帳に記入したりすることは、葬儀が終わった後で問題ありません。

また、途中退出は焼香の際にすると良いでしょう。急いでいる場合でも、焼香は終わらせてから退出します。退出の際も、遺族へ一礼して静かに会場から出ます。

まとめ

告別式は午前中に行われることが多く、10時や11時に開始することが一般的です。

受付は開式の30分前から行われますが、親族や喪主、お手伝いの方はそれよりも早く会場に着くようにしましょう。一般参列者の場合、受付時間よりも早く会場へ到着する必要はありませんが、開式に遅れないよう余裕をもって行動することが大切です。

また、告別式の所要時間は喪主・親族と一般の参列者とで変わってきます。初七日法要を同日に行うかどうかでも所要時間が異なるため、どの時点まで参加するかあらかじめ確認しておくとおよその見込み時間がわかります。

時間に関するマナーをきちんと守り、失礼のないようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ