葬儀・告別式の流れ|喪主・遺族と友人で分けて具体的な流れとマナーを解説

告別式を喪主として初めて執り行う、告別式に初めて参列するなどの場合、告別式がどのような流れで行われるのか事前に確認しておきたいという方も多いでしょう。

本記事では、告別式がどのような流れで行われるのか、タイムスケジュールを用いてわかりやすく解説いたします。また、告別式へ参列する方に向けて実際に式場ではどのようなことを行うのか、その際のマナーも合わせてご紹介します。

告別式とは

告別式とは、故人の友人や職場の方などが故人との最後の別れをする場です。一般葬である場合、2日にわたって葬儀は行われますが、告別式は2日目に行われます。

告別式は喪主が主催となって故人との別れを偲ぶ場ですが、宗教的な意味合いはありません。近年では葬儀が終わった後日、別の会場を借りて「お別れ会」などを開くこともあるようです。

告別式と葬儀の違い

告別式は故人の友人や職場の方など、親族以外の一般の方との別れを行う社会的な式典です。一方、葬儀は親族が故人の死を弔い、冥福を祈る宗教的な儀式です。

もともと告別式と葬儀は別に行われており、葬儀が終わると僧侶が一度退出し、再度入場してから告別式を行っていました。

しかし、現在では一連の流れとして行うことがほとんどで、告別式と葬儀の区別はなくなっています。

なお、葬儀と告別式を一緒に行う場合、開式から遺族の焼香までが「葬儀」、一般参列者の焼香から閉式までが「告別式」とされています。

葬儀・告別式の流れ

告別式は葬儀の2日目に行います。通常は告別式・葬儀の後に出棺をし、火葬を行います。地域によっては通夜の前に火葬を行ったり、葬儀・告別式の前に火葬を行うこともあります。

近年では故人が亡くなってから7日目に行う初七日法要を告別式と同日で行うこともありますが、こちらは火葬の後に行います。

火葬、もしくは初七日法要が終了した後に精進落としをいただきますが、火葬の間にいただくこともあります。

葬儀の流れ

時間 式次第 内容説明
9:00 葬儀の準備 開式の1時間ほど前に集まり、進行の確認をしたり、弔電に目を通すなど、葬儀の準備を行います。
9:30 受付 準備が済んだ後、受付を行います。参列者が多い場合は、一時間ほど前から受付を始める場合もあります。
遺族は遺族席に座り、会葬に来てくださった方に挨拶をします。挨拶や御礼を述べるときは立ちましょう。
9:55 僧侶入場 参列者が着席した後は、読経のためにお呼びした僧侶を迎えいれます。
10:00 開式 司会により、葬儀・告別式の開式が宣言されます。
10:05 読経・引導 読経をし、引導が行われます。引導は故人に戒名を授け、極楽浄土へ導く儀式です。
また、読経の長さは宗派によって異なりますが、約30~60分ほどかかります。
10:10 焼香 僧侶の読経の中、焼香をします。焼香は「喪主→遺族→弔問者」の順で行います。
10:55 僧侶退場 僧侶が退場します。
11:00 弔辞・弔電の読み上げ いただいた弔辞・弔電を読み上げます。時間の都合で、一部名前のみ紹介することもあります。弔電を全て読み上げたら、祭壇に供えます。
11:05 喪主挨拶 閉式の前に喪主から挨拶をすることもあります。
11:10 閉式 司会により、葬儀・告別式の閉式が宣言されます。
11:15 お花入れ・釘打ち 親族が棺の中にお花などを入れ、最後のお別れをします。お花が入れ終わったら棺の蓋を閉め、釘打ちを行います。
11:30 出棺 告別式の後に出棺をし、遺族や一部の参列者が火葬場へ向かいます。
12:00 火葬 火葬には、およそ1時間~1時間半ほどかかります。
13:30 お骨上げ・収骨 火葬が終了したのち、骨拾をして収骨します。
14:00 移動 初七日法要を行う場合、火葬場から式場へ移動します。
14:30 初七日法要 故人の死後7日目に行う法要を繰り上げて行います。
15:00 精進落とし 1時間ほど、「精進落とし」という会食が行われます。火葬の間に行われることもあります。

所要時間はどれくらいになる?

告別式・葬儀そのものの所要時間は1時間となっていますが、式に参列した場合は出棺まで立ち会うことが一般的です。

故人の友人など一般参列者として出棺まで立ち会う場合、受付開始から出棺までで2時間を所要時間として考えておくと良いでしょう。また、初七日法要を同日に行う場合、葬儀全体の所要時間は5~6時間ほどとなります。

一方で、喪主や遺族は基本的にすべてに参加するため、葬儀の準備から精進落としまでで5~6時間を見込んでおくと良いでしょう。初七日法要を同日に行う場合は6~7時間となります。

▼葬儀・告別式の所要時間を詳しく知りたい方はコチラ

告別式の時間はどれくらい?流れや所要時間、受付開始時間などを解説

通夜~葬儀・告別式までの流れ

喪主として葬儀を行うことになった場合、葬儀当日だけでなく故人が亡くなってからさまざまな手配をしなくてはなりません。

ここでは、喪主になった際にどのような流れで通夜から葬儀・告別式を準備して執り行うかを解説します。

通夜・告別式までの準備

故人が亡くなった当日は、主に法的手続きや葬儀の手配を進めることになります。主に行うことの流れをまとめると、以下のようになります。

  1. 死亡診断書を作成してもらい、役所で各種手続きを行う
    医師に死亡診断書を作成してもらい、役所で「死亡届の提出」をし「火葬許可証の発行」をしてもらいます。死亡届と火葬許可証の発行は年中無休・昼夜問わず対応してもらえます。葬儀社によっては、死亡届の提出・火葬許可書の発行を代行してもらえることもあります。
  2. 葬儀社へ連絡をし、遺体を安置してもらう
    葬儀社へ連絡をし、遺体の処置や葬儀の執り行いを依頼します。葬儀社へ連絡すると、30分~1時間程度で対応してもらうことができます。安置場所へ到着した後、遺体を綺麗に保つための処置を行います。
  3. 葬儀の日取りやスケジュールなどを決める
    葬儀社や菩提寺と相談しつつ、葬儀形式や葬儀の日程を決めたり、火葬場の手配を行ったりします。
    地域によっては、個人ではなく葬儀社を通さなくては火葬場の予約ができない場合があるため、綿密に相談すると良いでしょう。
  4. 通夜を伝える連絡
    葬儀の日程が決まった後に、親戚や友人・知人などに訃報を知らせます。三親等以内の親戚には、亡くなった後に訃報を伝えますが、三親等以外の親戚や友人・知人には、通夜の日にちが決まってから連絡をします。
    連絡をする際は、通夜の日時と場所など、必要事項をもれなく伝えましょう。
  5. 遺影写真を決める
    遅くても通夜の前日までに、遺影写真を決めておく必要があります。葬儀社によっては、メモリアルコーナー等の設置がありますので、葬儀の際に斎場に飾る故人の写真を選びます。
  6. 供花や供物のとりまとめ
    亡くなった当日でなくても問題ありませんが、遺族が親戚の供花や供物の取りまとめをし、葬儀社に発注することが多いです。
    また、精進落としの席のお料理の内容や人数、会葬御礼品、香典返しを当日行う場合は香典返しの品物の内容や、発注個数を決める必要があります。

喪主・親族の告別式当日の流れ

告別式・葬儀を行う当日、喪主は式の前に確認することがいくつかあります。式を滞りなく進めるため、以下の点について確認しておくと良いでしょう。

  • 弔電を読み上げる順番を決定する
    告別式の当日、いただいた弔電を確認し、どのような順番で読み上げるか決めます。いただいた弔電の数が多い場合、いただいた方の名前のみ紹介しても問題ありません。(弔電の読み上げは、基本的に司会の方が行います。)
  • 席次と焼香順の確認
    参列者に、会場内でどのような席順で座っていただくかを確認します。一般的には祭壇に向かって右側が遺族・親族の席、左側が友人や会社の関係者の席になります。細かな席順は、焼香を行う順番も加味しながら考えると良いでしょう。
  • 参列者の人数を確認する
    火葬場へ行く人数や精進落としの準備が必要な人数を確認します。人数分の手配ができているか最終確認をしましょう。

親族は喪主のような確認事項はありませんが、一般参列者よりも早く式場へ向かい、故人とのお別れをすることが一般的です。

なお、受付などのお手伝いを依頼されている場合は、開式の1~2時間ほど前に式場へ到着し、受付の方法や流れを確認し、準備を行います。

告別式・葬儀が行われる前に必要な確認を済ませた後は、基本的に参列者と同じ流れで告別式・葬儀に参加しますが、喪主は告別式の最後と精進落としの席の締めで挨拶を行います。

葬儀・告別式に参列する際の流れとマナー

告別式や葬儀に初めて参列する方は、告別式でどのようなことが行われ、それに対してどのようなマナーがあるのか分からないということが多いでしょう。告別式に参列する前に実際の流れを確認して失礼の無いようにしたいという方もいらっしゃるはずです。

ここでは、告別式において参列者として行うことと、そのマナーを解説します。

受付

告別式に参列する際、一番最初に受付をします。受付では香典を手渡し、芳名帳に名前を記帳します。

簡単にお悔やみの言葉を述べ、香典を受付の方に手渡します。切手盆といわれる黒塗りのお盆が置いてある場合には、そちらに置くようにします。

なお、前日の通夜に香典を手渡している場合、告別式で再度渡す必要はないので、すでにお渡ししている旨を伝えれば問題ありません。

▼香典の金額や包み方など詳しいマナーを知りたい方はコチラ

香典とは?金額相場・包み方・渡し方など一般的なマナーを完全解説

香典を手渡した後は、芳名帳に名前を記帳します。もし香典を他の方から預かっている場合は、自分の名前と香典を預かった方の名前も記帳します。

代理で出席している場合、芳名帳には参列できなかった方の名前を先に書き、その下に「代理」と記載して自分の名前を小さく記載します。

受付が終了したら、会葬御礼や香典返しなどを受け取ってから会場に入って席に着きます。席については案内してもらえることもありますが、「祭壇から向かって右が親族・遺族、左が一般参列者」と覚えておくと安心です。

また、式場にはいってから遺族への挨拶は控えるようにしましょう。

▼芳名帳の詳しい書き方はコチラ

葬儀の「芳名帳」の書き方は?代理・夫婦・連名の場合の書き方も解説

焼香

告別式が始まり僧侶による読経が進むと、焼香が始まります。焼香は喪主→遺族→弔問者の順で行いますが、前の方が終わった後に焼香を行えば問題ありません。

焼香は宗派ごとに方法が少し異なる場合があります。例えば、多くの宗派では抹香を額におしいだいてから香炉へくべますが、浄土真宗はをそのまま香炉にくべます。心配な場合は事前に確認しておくようにしましょう。

なお、焼香で遺族と対面した場合、黙礼や軽くお悔やみの言葉を述べると良いでしょう。

▼焼香の詳しい作法を知りたい方はコチラ

焼香とは?葬儀での焼香の基本的な作法

出棺・火葬

出棺は故人を見送る最後の場であるため、一般参列者でも出棺が終わるまで立ち会うことが望ましいです。

出棺では告別式が終了した後に、花入れや釘打ちなど最後のお別れの儀式をし、柩を霊柩車にのせます。霊柩車が発車する際は、黙礼と合掌をし、故人の冥福を祈ります。

故人と親密な関係にあった場合、火葬にも立ち会うことがあります。その場合、出棺が終わった後に指示に従って火葬場へ向かう車へ乗りましょう。

火葬場で火葬を行った後は、拾骨を行い遺骨を骨壺へ納めます。拾骨は喪主→遺族→一般参列者の順で行い、遺骨の下半身から上半身に向けて骨を拾って骨壺へおさめていきます。一番最後は故人と最も血縁の深い人が、喉仏の骨を拾って終了します。

▼出棺の詳しい流れやマナーはコチラ

出棺の時に知っておくと良いポイントとは?手順からマナーまで詳しく解説

まとめ

告別式は故人の友人や職場の関係者など一般の参列者が故人との別れを偲ぶ場です。

一方、葬儀は遺族や親族が故人の冥福を祈る宗教儀式ですが、葬儀と告別式は一連の流れてとして区別なく行われることがほとんどです。

喪主として葬儀を執り行う場合、事前に手配しなければならないことや当日対応すべき事柄も多いため、葬儀社と相談しつつ他の親族の協力も得られるようにして、負担を減らせるようにすると良いでしょう。

また、告別式に参列する際は出棺まで立ち会うことが一般的ですが、当日慌てないよう事前に葬儀・告別式のマナーを確認しておくと安心です。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ