告別式の持ち物は?香典や数珠など必要なもののリストを紹介

告別式に初めて参列する際は、どのような持ち物を持っていけば分からなという方が多いのではないでしょうか。

また、「必須で持っていかなくてはならない持ち物を、忘れないように確認しておきたい」という方もいらっしゃるでしょう。

今回は、告別式の持ち物を「必須のもの」と「あると便利なもの」に分けてご紹介します。また、身だしなみについても解説していますので、参考にしてみてください。

告別式で必要な持ち物

告別式で必要な持ち物を6つ紹介します。

ここで紹介するものの中でも、絶対に忘れないようにしたい持ち物は「香典」「袱紗」「数珠」です。

一つずつ確認していきましょう。

香典

告別式に参列する際、絶対に忘れたくないのが香典です。

香典は、基本的に一度渡せば問題ありません。そのため、通夜か葬儀や告別式のどちらかに持参すれば良いですが、両日とも参列する場合は通夜の際に持参します。

香典には香典袋や水引、表書き、金額相場などさまざまなマナーがあります。香典を初めて持参する方は、失礼の無いように前もって確認してから準備しましょう。

▼香典の詳しいマナーはコチラ

香典とは?金額相場・包み方・渡し方など一般的なマナーを完全解説

袱紗(ふくさ)

香典は香典袋のまま持参するのではなく、袱紗に包んで持参します。

袱紗には台付き袱紗、金封袱紗、ポケット袱紗などの形状がありますが、どれでも問題ありません。金封袱紗は袋状になっており取り出しやすいため、初めての方におすすめです。

また、袱紗は弔事用の黒やグレー、緑など暗い色のものを使います。紫色の袱紗は弔事と慶事の両方で使うことができるため、1つ持っておくと便利です。

▼袱紗の詳しいマナーはコチラ

葬儀にふさわしい袱紗(ふくさ)と香典の渡し方 | 色や形、代用品は?

数珠

数珠も告別式の際に必ず持っていきましょう。

数珠は焼香の際に手にかけて使いますが、貸し借りはタブーとされているため、絶対に忘れないようにします。

また、数珠は宗派によっても異なるため、自分が属している宗派の本式数珠を持っていきましょう。自分の宗派が分からない場合には、どの宗派でも使える略式数珠が便利です。

なお、仏教徒以外の方は数珠を持参する必要はありませんが、気になる場合は略式数珠を持参すると良いでしょう。

▼数珠の詳しいマナーはコチラ

葬儀での数珠の使い方・持ち方は?数珠なしはマナー違反?

ハンカチ

ハンカチは涙や汗を拭く以外にも、袱紗を万一忘れてしまった場合に香典を包む代用品として活用することができます。

また、和装で精進落としをいただく際にも、服を汚さないようにひざ掛けやナフキンとして活用できるため、ハンカチは準備しておきましょう。

ハンカチは黒か白で無地のものを用意します。布地と同色のレースで縁取られているものでも問題ありません。

▼告別式に持参するハンカチの詳しいマナーはコチラ

葬儀にふさわしいハンカチはどんなの?葬儀で役立つハンカチの使い方

財布

告別式にも財布を持参します。

式場へ貴重品を持ち込む際は、最小限にとどめる必要があるため、財布も大きな長財布はなどは避けるようにしましょう。

女性であれば、いつもよりも小ぶりのバックに荷物をおさめるため、財布もコンパクトなものにすると良いでしょう。

最低限の現金、カードのみに絞って、小さな財布で事足りるようにします。

名刺(仕事関係の告別式に参加する場合)

職場の方や取引先の関係者など、会社関係の告別式に参列する場合は名刺を持っていきましょう。

名刺を持参した場合は、香典と一緒に受付へ渡すことが一般的です。

上司と一緒に参列する場合は、上司の名刺も合わせて差し出しましょう。その際、上司の名刺には「弔」、自分の名刺には代理ということを示す「代」を記載しておきます。

告別式で用意しておくと便利なもの

ここでは、「告別式に必須ではないが、あると便利なもの」を紹介します。

季節や自分の体調、子どもと参列するのかなど、状況によってあると便利なものも異なるため、ここで紹介したもの以外でも必要なものがあれば、準備していきましょう。

エプロン

告別式のお手伝いを依頼されたときに用意しておきましょう。

色は黒か白、無地のものが良いですが、地域によっては手伝いをする方たちで色をそろえることもあるため、確認しておくと安心です。

また、精進落としのお手伝いもお願いされている場合は、テーブルや手などを拭けるように、タオルもあると便利です。タオルが汚れてしまったときに備え、合わせてビニール袋も持っていくと良いでしょう。

折り畳み傘

告別式当日が雨であったり、梅雨の時期や夏に突然雨が降り出すこともあるでしょう。そのような場合に備えて、折り畳み傘があると便利です。

告別式に持っていく折り畳み傘は、黒やグレー、紺色などの暗い色のものを選びます。普通の傘でも同様です。

なお、派手な色味の傘しかない場合はビニール傘を使う方が無難です。

扇子

夏場に限らず、扇子を用意しておくと役に立ちます。

告別式は人が密集するため、空調を調節していても、熱気がこもり暑くなってしまうことがあります。また、冬場であっても暖房が効きすぎてしまい暑くなることがあるため、扇子があると便利です。

黒色の扇子など派手でないものを準備しましょう。

手袋

手袋は、ネイルを隠したいときに役立ちます。

告別式に参列する際は、ネイルを落としていくことがマナーです。しかし、ジェルネイルなどすぐには落とせないネイルをしている場合、手袋をして隠せば問題ありません。

また、冬場は手袋を防寒具として活用することもできます。

手袋は布製やレースなどで、黒色のものを用意しましょう。ただし、革でできた手袋は殺生を連想させるため着用を避けます。

なお、焼香の際は手袋を外すことがマナーです。焼香の順番が回ってくる前に手袋を外し、座席に置いておきましょう。

焼香を終え、席に戻ってきたら再度手袋を着用します。

替えの黒ストッキング

女性は替えの黒ストッキングを用意しておくと安心です。

女性が和装ではなく洋服を着て告別式に参列する際は、黒ストッキングを着用します。ストッキングはちょっとしたことで破れやすいものですが、黒ストッキングが伝線しているとかなり目立ってしまうため、替えのものを持っていくと良いでしょう。

▼葬儀でのストッキングの選び方の情報はコチラ

葬儀にふさわしいストッキングの選び方 ❘ 色やデニールのポイントをご紹介

風呂敷

告別式では、会葬御礼や香典返しをいただいたり、精進落としの余った料理をいただくなど、来たときよりも荷物が多くなることがよくあります。

そのようなときに備え、風呂敷を準備しておくと増えてしまった荷物をさっとまとめることができて便利です。

風呂敷で手荷物をまとめることに慣れていない方は、あらかじめ包み方を確認して練習しておきましょう。

着替え

通夜を夜通し行う場合や、遠方から来ており斎場に宿泊する際など、睡眠をとることもあるでしょう。そのような場合、着てきた礼服だと寝にくいことがあったり、礼服にしわをつけてしまったりする可能性があるため、着替えを用意しておくと良いでしょう。

また、小さなお子さんがいらっしゃる場合も、精進落としなどお食事の際に服を汚してしまうことも考えられるため、着替えがあると安心です。

軽食

喪主や親族である場合、告別式では準備や挨拶などで何かと忙しくなるため、落ち着いて食事をとることができないこともあります。

また、一般参列者であっても告別式だけでなく火葬や初七日法要にも立ち会うと、精進落としをいただくまで長丁場となり、昼食をとる時間が遅くなります。

これらの場合に備えて、軽食を用意しておくと便利です。

軽食は、おにぎりや総菜パン、サンドイッチなど手軽につまめるものを準備しましょう。

告別式の服装

告別式に参列する際、持ち物と合わせて確認しておきたいのが服装です。通夜とは異なる場合もあるため、しっかりと準備しておきましょう。

喪服

男性

男性の喪服はブラックスーツが基本です。光沢のない黒いスーツを着用し、白で無地のワイシャツを着用します。

ネクタイも光沢のない黒色のものを選びましょう。さらに、靴下や靴も黒で統一します。

なお、三親等以内の親族であれば、正式礼装(モーニングコート)でも構いません。

▼【男性向け】告別式の服装に関する詳しいマナーはコチラ

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

女性

黒のワンピースやスーツ、和装であれば黒の色無地を着用します。

洋装をする場合、黒のストッキングをはくことがマナーです。また、夏場であっても半袖やノースリーブは避け、短くても五分丈のものを着用し肌が見えないようにしましょう。

なお、髪が長い場合は低い位置で一つにまとめ、ヘアアクセサリーはつけないようにします。

▼【女性向け】告別式の服装に関する詳しいマナーはコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

子供

幼稚園や学校の制服がある場合は、そちらを着用しましょう。制服は正装になるため、柄があったり色味が明るかったりしても問題ありません。

また、学生であれば靴もローファーやスニーカーで構いません。ただし、ニーハイソックスやくるぶしソックスは避けるようにします。

制服がない場合は、制服風の服装や中学生以上であればブラックフォーマルの着用が望ましいです。乳幼児であれば、黒やグレー、淡い色の服装で参列しましょう。

▼お子さんが告別式に参列する際の服装に関する詳しいマナーはコチラ

葬儀に子供を参列させても良い?服装や靴・髪型のマナーもご紹介

男女ともに黒色で光沢のない靴をはくようにし、エナメルやスエード、金具のついた靴は避けます。

また、男性であればローファー、女性であればミュールやサンダルははかないようにしましょう。

コート

冬である場合、コートを着用しても問題ありません。

室内ではコートを脱いでしまうため厳密な決まりはありませんが、明るい色やダウンコートなどは避けた方が無難でしょう。

コートの色は黒や白、グレーなど暗い色が望ましいですが、ベージュでも構いません。

また、コートに付属している革やファーは殺生を連想させるため、着脱可能なものはフェイクファーであっても取り外しましょう。

バック

告別式に持っていくバックは、黒色の布製で光沢や目立つ金具の無いものにします。また、ショルダーバックやカジュアルな印象を与えるリュックサックは避けるようにしましょう。

さらに、殺生を連想させるため、爬虫類の型押しや毛皮を使ったバックは避けます。

ただし、型押しではなくただ革でできたバックであれば、見た目から殺生を連想させないためマナー違反ではないとする見方もあります。

マナー違反と言い切れない部分はありますが、どうしても革製のバックしかない場合を除き、持っていかない方が無難でしょう。

時計

時計は基本的に外しておくことがマナーです。

しかし、スマホや携帯電を取り出して時間を確認することは憚れることがあるため、腕時計をつけておきたいという場合は、シンプルなものを選ぶようにします。

腕時計を着用する際は、ゴールドや金属製のベルトなど光るものは避けましょう。

▼告別式の際の時計に関する詳しいマナーはコチラ

葬儀で腕時計は着けてもいい?葬儀にふさわしい時計の選び方

指輪

結婚指輪を除いて、指輪はつけていかないことがマナーです。

なお、結婚指輪であってもピンクゴールドやイエローゴールドなど、色味が明るく気になる場合は外していきましょう。

ダイヤなど宝石がついているものも、外していくか、石がついている部分を掌の側に向けておくなど配慮が必要です。

ネックレス・イヤリング

ネックレス・イヤリングも基本的には着用しないことがマナーです。しかし、涙の象徴とされている真珠を使ったものであれば着用しても問題ありません。

ただし、二連になっているネックレスは不幸が重なることを連想させるため、ネックレスは必ず一連のものを着けます。

なお、真珠の色は白と黒のどちらでもでも構いません。

▼告別式の際のアクセサリーに関する詳しいマナーはコチラ

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

ベルト

ベルトは黒色のシンプルなもので、バックルが光らないものを選びます。

バックルは銀色のものであれば問題ありませんが、ゴールドのものは避けるようにしましょう。

注意が必要な持ち物・装い

告別式に参列する際の持ち物や服装について解説しましたが、注意が必要なものもあります。

ここでは、気を付けなければならない持ち物やタブーな身だしなみについてお伝えします。

携帯電話

告別式の途中に携帯電話のアラームや着信音がならないように電源を切るか、マナーモードに設定しましょう。

式場へ携帯電話を持ち込むことはできますが、告別式の途中に携帯電話の音が鳴ってしまうと、式の厳かな雰囲気を壊してしまいます。

式が始まる前に、必ず携帯電話の設定を確認するようにしましょう。また、腕時計のアラームがならないかも確認すると良いでしょう。

ネクタイピン・カフス

ビジネスの場などで使われるネクタイピンやカフスですが、告別式では着用を避けるべきです。

告別式では金属など光るものの着用がNGですが、ネクタイピンやカフスも反射で光ってしまうことがあるため、身に着けないようにします。

もしどうしても着用が必要であれば、告別式用に黒色のものを用意しましょう。

香水

告別式に香水をつけていくことはNGです。

告別式では香を焚いていますので、その妨げになることに加え、香水は故人を弔う場にそぐわないものです。

普段香水を使っている方は、いつもの流れで香水をつけてしまわないようにしましょう。

まとめ

告別式に参列する際、「香典」「袱紗」「数珠」は絶対に忘れないようにしましょう。また、会社や仕事関係の告別式に参列する際は、名刺も忘れずに持っていきます。

その他、あると便利なものは季節や一緒に参列する家族などから判断して、用意すると良いでしょう。

告別式は、基本的に突然参列が決まるものです。会葬の際に必要な持ち物を短期間で用意しようとすると、間に合わないこともあるため、平時の際にあらかじめそろえておくと安心です。

ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ