献杯の意味とは?乾杯との違いや挨拶例文、やり方を解説!

「献杯(けんぱい)」という言葉を聞いた事がありますか。「乾杯」とも間違われやすい「献杯」ですが、行うシチュエーションも動作も違うという事をご存じでしょうか。

葬儀や法要の場で行われるのが「献杯」ですが、どういった流れで行われるのかわからない方もいるかもしれません。

本記事では、献杯の意味や行う際の流れや作法、実際に献杯の挨拶や音頭をとる際の文例などを紹介していきます。

献杯とは

献杯
献杯とは、葬儀や法要が終わった後に行われる会食が始まる前に行うもので、故人に敬意を表すために盃を差し出すことを言います。献杯の意味や、乾杯との違いを詳しく見ていきましょう。

献杯をする意味

「献杯」の元の意味は「相手に杯を差す事」(お酒を注いで勧めること)全般を差しますが、一般的に使われている「献杯」は葬儀や法要などの弔事の際に行われます。

献杯は故人に対して敬意や哀悼の意を表すためのもので、「献杯」の発声が行われた際には、お酒や飲み物が入った、盃やグラスを静かに差し出すようにします。

乾杯との違いは?

献杯はよく乾杯とも間違われますが、乾杯は慶事、献杯は弔事と覚えておくと簡単でしょう。

乾杯は、祝福の気持ちを表現したり、場を盛り上げたりするためにその場にいる人みんなで「乾杯!」と元気よく発声し、グラスも高く掲げます。

そして盃やグラスを周りの人と「カチン!」と合わせます。その後は、みんな飲み物を口にし、乾杯には文字通り杯を乾かす=飲み干すという意味もあるため、飲み干せる人は飲み物を飲み干し、拍手して盛り上げることもあります。

慶事以外でも飲み会などで「お疲れ様」という意味などでも乾杯をすることはありますが、行われる動作は一緒です。

一方、献杯は、故人への弔意やご先祖様への感謝の気持ちを表したりするものであるため、「献杯」の発声も厳かに行います。周囲の人と盃やグラスを合わせることもしませんし、グラスも胸の高さよりはあげません。お酒などに口を付けた後も、拍手等は行わずに合掌や黙とうで締めくくります。

献杯をするタイミングは?

献杯が行われるのは、下記のようなタイミングです。

  • 葬儀が終了し、忌中払いや精進落としの会食が始まる前
  • 法要が終了し、お斎(会食)が始まる前
    ※地域や宗派(浄土真宗)によっては献杯を行わない場合もあります。

基本的には、全員にお酒・飲み物が注がれるのを待ち、献杯をするまでは食事に手はつけません。

献杯はいつまで行う?

献杯を行うのに、何回忌までという期限はありません。年忌法要は十七回忌や三十三回忌、五十回忌を持って弔い上げとする方も多いですが、法要を行い、その後お斎(会食)を行う際や、法要でなくても故人を偲んで集まったりする際には献杯を行うのが良いでしょう。

献杯の流れと作法

献杯の流れと作法は、宗派や地域によって違いがある場合がありますが、基本的には下記のような流れで行われます。

 

  1. 葬儀や法要終了後、会食の席に移動
  2. 故人の遺影や位牌の前にお酒を入れた杯が供えられ、参列者にも飲み物が配られる
    ※周囲の人と注ぎあう場合、スタッフや係の人が飲み物を配る場合、両方あります。
    ※地域によっては遺族の方が参列者に飲み物を注いでまわる場合もあります。
  3. 全員に飲み物が行き渡ったのが確認でき次第、(もしくは斎場スタッフなどが声をかけたりアナウンスをしたりしてくれる場合もある)喪主もしくはその他遺族が挨拶
  4. 挨拶を終えたら、「献杯」の音頭を取る
    ※挨拶と献杯の音頭は別の方が行う場合もあります。
  5. 参列者も杯を胸の前に差し出し、厳かに「献杯」と発声し、盃やグラスに口をつける
  6. 黙祷や合掌で締めくくる場合もある
  7. 献杯が終了してから食事に手を付ける

 

献杯の際の飲み物には決まりはありませんが、日本酒が用意されていることが多いです。着席時に用意されたお膳の中に、既に盃に日本酒が入っている場合もあります。

この様なケースで、お酒が苦手・飲めない方は動作だけを一緒に盃で行い、盃に口をつけるだけで実際には飲まなくても構いません。

また、飲み物を選べる場合には必ず日本酒+盃で献杯を行わなければいけないということもありません。グラス+ソフトドリンクで行っても良いのです。

献杯の挨拶

献杯の挨拶

献杯の挨拶には注意した方が良い事項があります。また喪主以外の方に挨拶をお願いする場合には事前に依頼する必要があります。どんな方に依頼したら良いのか、挨拶はどのようにしたらよいのか例文も合わせてみていきましょう。

献杯の音頭は誰がとる?

献杯の音頭は喪主がやらなければいけない、というルールはありませんので、他の方に依頼しても良いのです。故人と親しかった人や、縁が深い方に依頼しても良いでしょう。もちろん、喪主の方が参列のお礼など挨拶をした流れで、そのまま献杯を発声することも多いです。(他の方にお願いする場合でも、喪主は参列のお礼などの挨拶は行います。)

葬儀や法要の規模にもよりますし、地域によっては本家筋の人に依頼するなど決まりがある場合もあります。誰かにお願いしたいけれど、どなたにお願いして良いかわからない場合には、葬儀社の方や親族の年長者に確認しておくと良いでしょう。

また、別の方にお願いする場合には遅くてもお通夜の際に、「翌日の精進落としの席の献杯の音頭をお願いしたい」と依頼しておくのが良いでしょう。

献杯の挨拶をする際の注意点

献杯の挨拶の際にはいくつかの注意点があります。

まず一点目は長くなりすぎない事です。連日の通夜・告別式(火葬)で疲れている方もいらっしゃるかもしれませんし、故人との思い出がたくさんあったとしても献杯の際の長すぎる挨拶はスマートではありません。自己紹介・故人との関係・思い出等を短く一分程度にまとめます

二点目は、忌み言葉を使わないように注意する事です。忌み言葉で代表的なものは「わざわざ」や「たびたび」などのように同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」です。また、「4」や「9」などが使われている言葉、「死ぬ」や「生きる」など直接的な言葉、「苦しむ」「終わる」「消える」などの不幸を連想させるような言葉は避けるようにします。

三点目は、挨拶の内容です。葬儀の場ですから、ウケを狙ったような内容も不適切ですし、故人のプライバシーを傷つけるような事項も避けます。逆に、無理に涙を誘うような内容にしなくて構いません。故人やその遺族が聞いても不快にならないような内容にしましょう。

挨拶の例文

喪主が献杯も行う場合

 

本日喪主を務めさせて頂きました、故人の長男(仮)の〇〇でございます。本日は、お忙しい中、葬儀にご参列頂きまして誠にありがとうございました。お陰様で、皆様のお力添えにより、滞りなく葬儀を済ませることが出来ました。

私には厳しかった父ですから、今も傍で見ているような気がしており、父が亡くなった実感がまだ沸きません。しかしながら、今後残された家族一同、故人の遺志を継ぎ、頑張っていく所存でございますので、今後ともご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ささやかではございますが、精進落としのお膳を用意いたしましたので故人の思い出話などなさいながらお召し上がり頂ければと思います。

それでは、故〇〇の生前を偲び、献杯させて頂きます。献杯。ありがとうございました。

皆様どうぞお召し上がりください。

喪主以外が献杯を行う場合

 

故人の友人の〇〇と申します。故人とは学生時代からの付き合いになりますので、40年以上の付き合いになります。故人とは若いころから遊びや旅行など、様々な経験を一緒にしてきました。

今回突然の訃報で、正直、まだ信じられない気持ちでいっぱいです。ただ、楽しい場が好きだった故人ですから、本日は皆様と故人の楽しい思い出を語り合いながら、冥福を祈りたいと思います。それでは皆様、献杯の御唱和をお願いいたします。献杯。ありがとうございました。

▼献杯の挨拶例文集はこちら

献杯の挨拶の言葉は何がいい?文例を法要や話す人ごとに分けて紹介!

まとめ

献杯は葬儀や法要のなどの弔事の際、会食の前に故人に敬意を払い、冥福を祈りるために行うものです。献杯は乾杯とも間違われがちですが、乾杯とは違って、他人と盃やグラスを合わせることはしませんし、グラスも胸の高さよりはあげません。基本的には献杯が終わるまで、食事には手を付けずに待ちます。

これらは、社会人として知っておきたいマナーですので葬儀や法要に参列する際には注意しましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ