献杯の挨拶の言葉は何がいい?文例を法要や話す人ごとに分けて紹介!

故人の供養のために法要の後に会食の席を設けることがあります。その会食を始める時には献杯の挨拶を行います。

ここでは、献杯の挨拶は誰がどのようなタイミングでおこなうのか、会食に参列した時の具体的な献杯はどのようにするのかについて解説します。

献杯とは

献杯とは、葬儀や法要の後に開かれる会食の席の冒頭で行われるもので、故人に対して敬意や畏敬の念を表すためにお酒の入った杯を差し出すことをいいます。参列者は献杯時の挨拶が終わり、「献杯」の掛け声に合わせて復唱し、杯を軽く持ち上げて故人に敬意を表します。宗派によってはこの時に合掌又は黙とうをすることもあります。

献杯は宴席での「乾杯」とは違います。したがって、乾杯をする時のように、杯を高く持ち上げる、他の参列者と杯を打ち付けて音を出す、拍手をするなどはしてはいけません。また、献杯が終わるまでは、飲み物や食事には手を付けないようにするのがマナーです。

▼献杯のやり方を意味詳しく知りたい方はコチラ

献杯の意味とは?乾杯との違いや挨拶例文、やり方を解説!

献杯の挨拶は誰がする?

献杯の挨拶は誰がするのかという、明確な決まりはありません。喪主が行うこともあれば、他の親族や故人と親しい関係にあった人などにお願いをする場合もあります。

誰に献杯をお願いするのかは喪主が判断することになりますが、挨拶の内容を考えておくなどの準備もあるため、献杯をお願いする人には前もって依頼をしておくようにしましょう。

献杯の挨拶をするタイミング

献杯は喪主など法事の代表者の挨拶が終わり、会食がスタートする前の声かけとして行われます。その挨拶はどのようなタイミングで行われるのかを確認しておきましょう。

通夜や葬儀後の精進落とし

葬儀での会食は精進落としと通夜ぶるまいがあります。火葬後に故人への供養と参列者への御礼とお清めの意味を込めて会食を行うものは精進落としとよばれ、通夜の後に弔問客をもてなすために行う通夜ぶるまいとは異なります。

通常、葬儀での献杯は精進落としの後に行われることが多いですが、開始の時間を決めて行われる通夜ぶるまいでは喪主の挨拶の後、献杯が行われることもあります。

法事のお斎

百箇日法要や一周忌、三回忌などの年忌法要の後に、参列者や僧侶とともにお斎とよばれる会食を行うことを法事とよび、この法事では会食の開始時に献杯を行います。

法事を行う時期は決まっており、弔い上げまでに何度か行われますが、献杯は故人への敬意を表す意味もあり、法事のお斎では毎回行われます。

献杯の挨拶のやり方

葬儀での会食では献杯に先立ち、位牌の前にもグラスや盃を置くようにします。そして、喪主からの指名で、献杯の挨拶を行う人は前に出て、故人の遺影や位牌に一礼しましょう。そして、献杯の際には故人に背を向けない立ち位置になるよう気をつけます。

献杯の挨拶を行った後、落ち着いたトーンで献杯の発声とともに盃を掲げます。この時、盃はあまり高く上げすぎないように注意し、胸から目の高さくらいとします。また、参列者は献杯の発声に合わせて、唱和し盃に口をつけ故人への敬意をあらわし、盃同士を打ち合わせたりしないように気をつけましょう。

祝いの席での乾杯とは違い、飲み物を一気に飲み干すことも献杯ではマナー違反となるため注意が必要です。また、献杯を行う際の飲み物に特に決まりはありません。ビールや日本酒などのアルコールが準備される場合が多いですが、アルコールが飲めない、帰りに車を運転する等の場合は、ソフトドリンクでも問題ありません。

献杯の挨拶のマナー

喪主以外の人が献杯の音頭をお願いされた場合、喪主の挨拶が終わった後簡単な挨拶を行ってから、献杯の音頭をとります。

挨拶は短めに

献杯の依頼を受けた人は、献杯の掛け声の前に故人や参列者に向けて挨拶を行います。ただし、会食では献杯が終わるまでは料理に手を付けないのがマナーとなっているため、参列者を長くお待たせすることがないように、挨拶は1分程度で手短に終わらせるようにしましょう。

故人を偲んだ内容にする

献杯は故人への敬意を表すために行うものであり、献杯の挨拶は故人を偲んだ内容にするのがマナーです。献杯でのあいさつは故人との関係性など簡単な自己紹介を述べて、故人との思い出やお悔やみの言葉を盛り込むことを忘れないようにしましょう。

忌み言葉は避ける

献杯の挨拶を行う時のマナーとして、縁起が悪いとされている忌み言葉を使用しないように注意します。忌み言葉とは「ますます」「たびたび」など同じ言葉を繰り返す重ね言葉のことで、不幸を繰り返すことをイメージされるため、献杯の際の挨拶で用いるのは好ましくありません。

加えて、「苦」「死亡」「死去」等の直接的に死をイメージするような言葉も使用しないように注意が必要です。

献杯の挨拶中は料理に手をつけない

法事の席では献杯の掛け声を掛けるまでに料理や飲み物に手を付けることはマナー違反になり、通常の宴席での乾杯のマナーとは異なっているため注意が必要です。

このマナーを知らずに、献杯をする前にうっかり料理や飲み物に手を付けてしまうと、非常識な人と思われてしまうかも知れません。また、そればかりか故人に対しての敬意を払っていないと、周囲に人に不快な想いをさせてしまう可能性もあるため、十分気をつけるようにしましょう。

宗教ごとの違いに注意

献杯は宗教宗派で定められているものではなく、古くからの慣習として行われているものです。そのため、葬儀や法事の席で必ずしも献杯が行われるわけではありません。

また、キリスト教では献杯を行わないことが通例であり、仏教でも浄土真宗では献杯は行わないとされています。このように、献杯が行われるかどうかは、宗教ごとの違いや地域性によって違ってきます。

献杯の挨拶例文

献杯の挨拶は、自己紹介、故人が亡くなったことに対する心境や生前のエピソードを簡単に述べて、参列者への献杯唱和のお願いをして献杯の発声を行います。その後、参列者に献杯を頂いたことのお礼を述べるのが一般的な流れになります。

通夜での献杯の挨拶

 

故人の兄弟が献杯の挨拶を行う場合

故人の兄(弟)でございます。本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございました。故人も安心してくれていることと思います。

この席では、弟(兄)との思い出を皆様と語らいながら、冥福を祈りたいと思っております。それでは、これより献杯させていただきます。献杯。

 

四十九日・納骨式での献杯の挨拶

 

故人の孫が献杯の挨拶を行う場合

故人の孫の〇〇です。本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました。

おかげさまで無事に四十九日の法要を終えることができました。忌明けを迎え、祖母も安心しているのではないかと思います。これよりは、食事をしながら故人の思い出話をお聞かせいただければ幸いです。それでは故人を偲び献杯を行いたいと思います。献杯。

 

一周忌での献杯の挨拶

 

親戚が献杯の挨拶を行う場合

本日はお集まりいただきましてありがとうございました。私、故人の甥の〇〇です。

おかげさまで無事に一周忌を済ませることが出来、叔父も安心していることと思います。この席では、皆様と叔父との懐かしい思い出話を伺いながら、故人を偲び冥福を祈りたいと思います。それでは、献杯のご唱和をお願いいたします。献杯。

 

まとめ

献杯の挨拶を依頼された時は、参列者をあまりお待たせしないように長くならないように、事前に話す内容をまとめておくと良いでしょう。葬儀や法事の会席に参列する場合にも、マナーに関する知識を得ておき、故人に対する敬意を表せるようにしておきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ