会葬御礼とは?返礼品に用意するものや渡すタイミング

会葬御礼については、香典返しとどう違うのか、どのような品物を用意すれば用意のか、疑問に感じる点がいくつかあるかと思います。

今回は会葬御礼について、香典返しとの違いやどのような品物が相応しいのかなど、多くの方が疑問に感じる点を解説していきます。

会葬御礼をお渡しする際のマナーなどにも触れていきますので、本記事を参考に、会葬御礼について整理してみてくださいね。

会葬御礼の意味

会葬御礼は、葬儀・告別式の会葬者に対して、感謝の気持ちとして品物などをお渡しする会葬のお礼のことをいいます。

会葬者は、忙しい中時間を作って葬儀・告別式へ参列されています。
そのため、ご参列いただいた方へ、喪主やご遺族としてお礼の気持ちを伝えることが、会葬者に対するマナーといえます。

会葬御礼はこれまで、葬儀・告別式が終わった後、日を改めて会葬者へお送りする習慣がありました。

しかし近年では、葬儀・告別式の受付にて、その場で会葬者にお渡しする形式が一般的となっています。
葬儀・告別式に関わる習慣や風習は、地域などによっても異なりますので、ご家族やご親族に確認しつつ検討してみると良いでしょう。

© sakura/stock.adobe.com

香典返しと会葬御礼の違いは?

会葬者にお渡しする品物には、会葬御礼の他に香典返しがあります。

では、香典返しと会葬御礼の両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

普段はあまり触れる機会の少ない葬儀・告別式特有の風習でもあるので、両者の違いを明確に把握されている方は少ないかもしれません。
以下では、香典返しと会葬御礼の違いについて解説していきます。

© hanack/stock.adobe.com

香典返しとは

香典返しは、香典をいただいた会葬者に対して、香典のお返しとしてお渡しする品物です。

用意する品物は、いただいた香典の半額に相当する品物を用意することが一般的となっています。
香典返しは本来、法要が無事に終わったことを知らせるために送るもので、四十九日法要が終わった後にお送りするものでした。

しかし近年では、葬儀・告別式の当日にお渡しする即日返しが主流となっています。
葬祭事における風習や習慣は地域などによっても異なりますので、ご家族やご親族の方とも相談しつつ決めると良いですね。

会葬御礼とは

会葬御礼は香典返しと異なり、葬儀・告別式にお越しいただいた事に対する感謝の気持ちを伝えるものです。

したがって会葬御礼は、香典をいただいたかどうかは関係なく、葬儀・告別式にお越しいただいた会葬者全員にお渡しします。
会葬御礼は葬儀・告別式までに選ばなければならず、選んでいる時間はあまりないので、葬儀社にお願いしてしまうのが一般的となっています。
多くの葬儀会社では、葬儀・告別式の手配だけでなく、会葬御礼の手配まで行ってくれる会社がほとんどなので、迷った場合は葬儀社に相談してみると良いですね。

香典返しと会葬御礼を一緒に渡してもいいの?

会葬者への返礼品として、香典返しと会葬御礼があることがわかりました。
香典返しも会葬御礼も、会葬者へお礼として品物をお渡しする点では共通します。

では、香典返しと会葬御礼をまとめてお渡ししても問題はないのでしょうか。
まとめて渡すことができれば、それぞれで用意する手間が省けるように思えます。

しかし、上述したとおり香典返しは香典をいただいたお礼として、会葬御礼は葬儀・告別式に参列いただいたお礼としてお渡しする品物です。
両者は渡す目的が異なる品物なので、一緒に渡すことはあまり良くありません。

したがって、両者をお渡しする意味は異なるため、別物として渡すことがマナーと考えましょう。

会葬御礼で渡す返礼品はどのようなもの?

© Rummy & Rummy/stock.adobe.com

会葬御礼は、葬儀・告別式の当日にお渡しするものです。

そのため会葬御礼の返礼品としては、持ち帰りに邪魔にならず、かつ、日用品として使いやすいものが好まれる傾向にあります。
会葬者が手軽に持ち帰ることができる品物を選ぶのが良いでしょう。

具体的には、お茶やのりのセット、コーヒーのセット、タオルセット、最近ではQUOカードなどのあまり荷物にならない商品が良く選ばれています。

一人あたり1,000円〜1,500円程度の範囲が金額の相場となっていますので、予算を検討する際は、この範囲で検討しておくと良いでしょう。
これらの品物にお清めの塩をつけて、会葬御礼品として当日お渡しすることになります。

会葬御礼品とは?渡すタイミングや相場、人気の商品3選を紹介!

会葬御礼には挨拶として会葬礼状を添えましょう

会葬御礼には会葬礼状を添えてお渡しすることがマナーです。

会葬御礼の目的は、会葬者へ感謝の気持ちを伝えることなので、品物を渡すだけでなく、その気持ちを文章で表すことが必要です。
ここでは、会葬礼状がどんなものか、会葬礼状の例文などもご紹介していきます。

会葬礼状とは

会葬礼状は、会葬御礼としてお渡しする返礼品に添える感謝の気持ちを伝えるための礼状です。

会葬礼状は、葬儀・告別式が終わった後、無事に法要が終わったことを伝えるため、後日、郵送でお送りするものでした。
しかし近年では、会葬御礼として返礼品と一緒にお渡しすることが一般的となっています。

会葬礼状を作成する際には、「句読点を使用しない」「薄墨を使って書く」などの注意点があります。
そのため、ほとんどの場合は葬儀社に依頼することが多いでしょう。

会葬礼状はお礼の手紙 書き方と例文を紹介【自作用テンプレート】

会葬礼状の例文

葬儀社に依頼してしまえば簡単ですが、どのような文面で作成するのが相応しいかを知っていれば、ご自身で作成することも可能です。
ここでは、会葬礼状の例文をご紹介していきます。

普段の生活ではあまり触れる機会が少なく、文面を作ることが難しいと感じるかもしれませんが、記載すべき内容はある程度決まっています。
以下の文例を参考に、ポイントを把握しておくことで、簡単に文面を作ることもできるでしょう。

© fotoduets/stock.adobe.com

【例文1】

拝啓 亡 ○○儀 葬儀に際しましては
ご多忙中にも関わらずご会葬を賜り誠に有難うございました
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるべきところ
略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げご挨拶に代えさせていただきます
敬具令和○年○月○日
〒000-0000
〇〇県〇〇市〇〇 1-2-3
喪主 〇〇
外 親戚一同

【例文2】

謹啓 亡 ○○儀 葬儀の際はご多忙中のところをわざわざご会葬賜り
さらにご丁寧なるご芳志を賜りまして 心から厚く御礼を申し上げます
本来であれば拝眉の上御礼申し上げるべきところではございますが 略儀ながら書中にてお礼を申し上げご挨拶に代えさせていただきます
謹白令和○年○月○日
〒000-0000
〇〇県〇〇市〇〇 1-2-3
喪主 〇〇
外 親戚一同

会葬御礼は渡さなくてもかまわない?

会葬御礼は必ず渡さなければならないのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

会葬御礼は、葬儀・告別式に参列いただいたことへの感謝の気持ちを伝えるものです。

そのため、どのような葬儀の形態であっても、基本的には会葬御礼はお渡しすべきです

ただし、身内のみで執り行う家族葬などの小さな葬儀の場合、あらかじめ身内と相談の上、会葬御礼を渡さないと決めた場合、必ずしも会葬御礼を渡すことはありません。

基本的に、会葬御礼は渡すものとして考えるべきですが、葬儀の形態や地域の風習などを踏まえ、ご家族と相談のうえ渡すかどうか決定すると良いかもしれません。

会葬御礼を渡し忘れたときには

葬儀・告別式では様々な手配や式の進行など、ご遺族や喪主の方は非常に忙しく、全ての会葬者への対応は困難な状況です。
慌ただしい中での対応となるため、会葬御礼を渡し忘れてしまう可能性も十分に考えられます。

もし会葬御礼を渡し忘れてしまった場合でも焦らずに、後日、会葬御礼を郵送すれば問題はありません。

会葬御礼は、葬儀・告別式に参列いただいた会葬者へお礼の気持ちを伝えるものです。
その場でお渡しすることが目的ではありませんので、後日にしっかり対応すればマナー違反とはなりませんのでご安心ください。

まとめ

今回は、会葬御礼について、香典返しとの違いにも触れつつ解説してきました。
葬儀・告別式は普段の生活の中であまり馴染みのある行事ではなく、分からないマナーや風習などがたくさんあります。
当サイトでは、葬祭事に関連した様々なマナーなどについて解説した記事をたくさん用意しています。
本記事で会葬御礼について確認しつつ、その他のマナーや風習などについても知識を深めてみてください。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:えばし 和彦

この記事を書いた人:えばし 和彦この記事を書いた人:えばし 和彦

現在、通信会社で営業の仕事をしている傍ら、WEBライターとして活動中。終活に関する記事を100本以上執筆。

関連する記事

記事のカテゴリ