会葬御礼品とは?渡すタイミングや相場、人気の商品3選を紹介!

故人が亡くなり、葬儀を執り行うにあたっては短期間でいろいろなことを決めて行かなくてはいけません。

そのひとつに会葬御礼品があります。ゆっくりと検討をする時間もない中で会葬御礼品とはどのような意味があり、どんな物を選べば良いのかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、会葬御礼品の選び方や人気の商品についてを紹介していきます。是非、会葬御礼品を決めるときの参考にしてみてください。

会葬御礼品は何のために用意するの?

会葬御礼品とは通夜や告別式などの弔問客にお渡しするお礼の品で、時間を割いて葬儀に参列していただいたことに対する感謝の気持ちを表すことを目的としています。

そのため、香典を頂いた頂いていないにかかわらず、会葬してくださった方全員に同じものをお渡しすることになります。

会葬御礼品を何にするのかは通夜を行うまでに決める必要があるため、葬儀社の方にお任せするという場合もあるようです。
しかし、会葬への御礼との意味合いのため他人任せにするのではなく、限られた時間の中であっても遺族によって決めるのが好ましいと言えるでしょう。

会葬御礼とは?返礼品に用意するものや渡すタイミング

会葬御礼品はいつ渡せばいいの?

会葬御礼品は受付時祭壇での焼香が終わった後のタイミングで清め塩と一緒にお渡しします。

小規模な葬儀の場合は焼香が終わったタイミングでお渡しすることもありますが、弔問客の人数が多くなる場合には受付に会葬御礼品と会葬礼状の入った紙袋を準備しておいたほうがスムーズです。この場合、受付で芳名帳に記載いただいた後に手渡しするようにします。

会葬御礼品の相場は?

会葬御礼品は香典返しとは違い、すべての弔問客に同じものをお渡しします。

この会葬御礼品でお渡しする品物の金額はそれほど高額である必要はなく、一般的には500円〜1000円前後が相場となります。
また、一般葬ではどれくらいの人数の方が弔問に来られるかを予測することは困難なため、数が足りないということがないように少し多い目に準備をしておく必要があります。

会葬御礼品に人気の商品3つ

葬儀に参列する方は遠方から来られていることもあり、その年齢もさまざまです。また、会葬御礼品は後に残らず消費されるものが良いとされています。

したがって、会葬御礼品を選ぶ際には持ち運びがしやすいよう、軽くてあまり好みが分かれず食品などでは消費期限が長いものを選ぶようにすると良いでしょう。
会葬御礼品として人気の商品には次のようなものがあります。

© mnimage/stock.adobe.com

1.お菓子

焼菓子などのお菓子は大きさの割にはあまり重くならず品が良く見栄えもします。また、日持ちもするため会葬御礼品として選ばれることの多い商品です。

なかでも、名前の知れている銘菓やブランドなど知名度が高いものは見た目も高級感があり、イメージが良いため贈られた側の満足度も高くなります。
また、お菓子は年代や好みに左右されにくいところも会葬御礼品にぴったりであるといえるでしょう。

例えば、銀座ウエストの「リーフパイ」やヨックモックの「シガール」などの焼菓子は持ち運びも軽く幅広い人に好まれるでしょう。

2.お茶・コーヒー

昔から会葬御礼品や香典返しとしては、よくお茶が選ばれていました。その名残から今でもお茶は人気の会葬御礼品となっています。

しかし、生活様式の変化などもあり最近では自宅でお茶を入れて飲むことがあまり無いという人も増えているようです。そのため、お茶に代わりコーヒーも人気となっています。

お茶であれば銘茶かティバックになっているものを選びましょう。コーヒーであれば1人分ずつ小包装されているドリップ式やスティクタイプのものが喜ばれるでしょう。

3.商品券

参列者の好みにあわせることを考えることなく、実用性のあるものとして最近ではクオカードや図書カードなどのギフトカードも人気があります。

ひとり暮らしの方の場合ではお菓子やお茶をもらっても余ってしまうということもあります。また、大きな荷物を持っての移動が大変になるような高齢者にもギフトカードであれば荷物になりません。
ギフトカードであれば自分の好きなものを購入することができるのも人気の理由でしょう。

ただし、ギフトカードは相手にその金額が分かってしまうのでその部分は気になるところでもあります。

会葬御礼品にはお礼状を添えましょう

©mellisandra/stock.adobe.com

会葬御礼品には葬儀の後に使用してもらうように、清め塩を添えてお渡しするようにします。

それとともに会葬礼状と呼ばれるお礼状を一緒に沿えるようにしましょう。

会葬礼状は葬儀に参列していただいた方や香典や供花、供物、弔電などのご厚志に対してのお礼を述べたものです。残念ながら葬儀に会葬いただけず、ご厚志のみ頂いた方に対しては葬儀後にお礼状として郵送しますが、葬儀に参列していただいた弔問客に対しては会葬返礼品と共に会葬礼状もお渡しするようにします。

会葬礼状の書き方や文章には決まりがありますので、会葬礼状の作成にあたっては注意点をあらかじめ知っておくようにしましょう。

会葬礼状はお礼の手紙 書き方と例文を紹介【自作用テンプレート】

会葬御礼品と香典返しの違い

葬儀に関連する返礼品には葬儀に参列していただいたことへの感謝を表す会葬返礼品と、香典を頂いたことに対する香典返しがあります。

したがって、その場合には会葬御礼品と香典返しを別々に準備しておくことになります。

香典返しは四十九日の法要後に行い、納骨と無事に葬儀が済んだという報告とお礼をかねてお渡しする忌明け返しが通例です。
しかし最近では通夜や告別式の当日に香典返しをお渡しする「当日返し」が主流になってきています。

香典返しは頂いたお香典の3分の1~半分程度の金額のお返しをすることが多いですが、当日返しでは葬儀の前にあらかじめ準備をしておく必要があります。
そのため、お香典の金額の確認が出来ず、どの程度のものを準備すればよいのか迷うところでしょう。一般的には2000円から3000円程度のものを一律に準備されていることが多いようです。

ただし、頂いたお香典の金額が大きかった場合には忌明けに差額分の品物を香典返しとして改めてお送りするようにしましょう。

自宅へのお参りでも会葬御礼品をお渡ししましょう

葬儀に参列できなかった人が、自宅に弔問に来られる場合があります。

その場合にもお帰りになられるときに会葬御礼品をお渡しするようにします。

そのため、会葬御礼品や香典返しは予備を自宅に置いておくようにし、急な弔問にも慌てないように準備をしておきましょう。
ただし、自宅に準備しておく予備の分は余ってしまう場合がありますので自分たちでも使えるようなものにしておくと良いでしょう。

©one/stock.adobe.com

まとめ

会葬御礼品や香典返しについては地域や家の風習がある場合もありますが、会葬していただいたことへの感謝の気持ちです。
限られた時間で決める必要はありますが、香典返しも一緒にお渡しするのかなどご遺族の方にあった方法と品物を選ぶようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ