戒名がないとどうなる?葬儀、供養、お墓・納骨堂それそれへの影響

仏式で葬儀を行う場合には戒名を授かります。しかし、最近では費用面や考え方の多様性から戒名はいらないと考える人も増えてきているようです。戒名はつけなくても良いものなのでしょうか。

この記事では、もし戒名をつけないとどのような問題が生じるのかやその対処方法などについて解説していきます。戒名をどうしようかと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

戒名とは?なぜ戒名をつけるの?

戒名とは仏門に入る時に授かる名前のことです。戒名を授かるということは仏教で定められた戒律と呼ばれる戒めや生活規律を守るという意思をあらわし、戒名があるということは仏門に入った、すなわち仏弟子になったことの証となります。

本来、仏式で葬儀を行ったり供養を受けたりするのは仏弟子であることが前提であるため、戒名は生前に授かっておくものです。しかし、現代の日本では生前に戒名を授かっておくという人は少ない傾向にあり、亡くなった後に遺族が戒名をつけてもらうよう住職に依頼することが一般的になっています。

戒名を付けてもらうには戒名料をお布施としてお支払いします。また、戒名にはいくつかのランクがあり、故人の社会的地位やお寺への貢献度によって付けてもらえるランクが違い、戒名のランクが上がるとお支払いするお布施の金額もあがります。

最近ではこのような経済的な負担を考慮したり、仏式の葬儀や供養にこだわらない人が増えていることもあり、戒名はいらないと考える人も少なくありません。

戒名をつけない場合の注意点

©tamayura39/stock.adobe.com

戒名は必ずつけなくてはならないものではありませんが、戒名がないことで問題が生じることもありますので、安易に戒名はいらないと考えるのは良くありません。戒名をつけなくても問題がないかどうかを見極めて判断するようにしましょう。

菩提寺との関係

先祖代々のお墓や自分の入るお墓がある菩提寺がある場合には、その寺院の檀家の家系であると考えられます。そのため、戒名をつけないことで菩提寺との関係性が悪くなりトラブルへと発展することがあります。菩提寺にはこれまでから先祖代々のお墓を管理していただいており、今後の寺院との関係に影響を与えることにもなりかねません。

親族への同意

戒名をつけないということは故人の判断や遺言によって、遺族に依頼されているものかもしれません。しかし、その場合でも遺族がほかの親族から批判をされたり、反対されることもあるでしょう。なぜなら、戒名をつけることはこれまでは常識とされているものですので、それをつけないということは非常識であるとの批判を受けかねません。

また、戒名をつけるかつけないかは個人的なものでありながら、菩提寺などの寺院との関係性も深くかかわってくるため、親族に口出ししないで欲しいとは言えない問題です。ですから、戒名をつけない場合は事前に親族へ説明し、同意を得てその先の親戚づきあいに支障を来さないようにしなければなりません。

葬儀で戒名がない場合の影響とは

戒名は必ずしも付けなければならないものではないですが、場合によっては戒名がないことで葬儀をする時に支障を来すことがあります。

そのため、戒名をつけないことのリスクや注意点を知っておき、葬儀をする時になって困らないようにしましょう。

葬儀の際に起こり得る事象

仏式葬儀が難しくなる

仏門に入ることを意味する戒名を授からないということは、仏式の葬儀や法要も必要ないと考えているということです。

そのため、戒名を授からない場合には仏門に入っていないということになり、一般的な仏式の葬儀を執り行うことが難しい場合があります。

読経をしてもらえない

戒名はいらないと希望をしていても、葬儀だけは従来の形で行いたいと思うこともあるかもしれません。

しかし、戒名がないことで僧侶から読経を断られることがあります。読経は故人の冥福を祈り、無事に極楽浄土へ行けるように供養をするためのものです。そのため、仏門に入っていない故人への読経はしてもらえないことがあります。

菩提寺に断られる可能性が高い

菩提寺のある地元で葬儀を行う時には、僧侶に葬儀場に来ていただくように依頼をします。

その際、故人が亡くなったことを伝えて菩提寺の住職に戒名をつけてもらうことが一般的ですが、戒名は必要ないということであれば、葬儀に来ていただいたり、菩提寺の寺院で葬儀を行うことを断られる可能性が高くなります。

戒名を付けずに葬儀を行う方法

執り行うにあたり様々な問題が生じますが、これらに対して対処方法がないわけではありません。戒名をつけずに葬儀を行う方法をご紹介します。

自由葬・無宗教葬を選ぶ

一般的な仏式の葬儀では戒名が必要になりますが、仏式ではなく自由葬と呼ばれる無宗教葬であれば戒名がなくても問題ありません。

無宗教葬とは故人や遺族の希望する内容で葬儀を行う従来の形にこだわらない葬儀のスタイルです。葬儀の流れとしては一般的な葬儀のやり方を基に行われますが、無宗教葬のため戒名をつける必要はありません。また、無宗教葬であれば葬儀の流れも自由にアレンジし、読経の代わりに黙とうや献奏などを行って、故人や遺族の希望に合わせた個性的な葬儀とすることが可能です。

無宗教葬とは?無宗教の方のための新しいお葬式 | 流れ・費用

お坊さん便を利用する

戒名をつけない場合には通常は僧侶を読んでの読経はしませんが、葬儀の時にだけ読経はしてほしいと思うこともあるかもしれません。しかし、戒名をつけないということは仏門に入っていたいため、読経だけを僧侶にお願いすると断られることもあると思います。

このような時にはお坊さん便という僧侶を派遣してくれるサービスの相談してみると良いかもしれません。お坊さん便には全国の各宗派のお坊さんが登録されており、戒名をつけない無宗教葬であることを告げた上で、読経が可能な僧侶を手配してもらうことが可能です。

供養で戒名がない場合の影響とは

©naka/stock.adobe.com

戒名をつけない場合、供養を行うときにも影響が見られます。

供養は亡くなった人の冥福を祈る行為のことで、仏壇に手を合わせたり、法要で読経をしてもらうなどが一般的な供養となりますが、戒名がないとそれらが困難になることがあります。

戒名がないと法要をしてもらえない可能性がある

法要とは遺族や親族が故人を偲んで冥福を祈る追善供養のことで、たとえば、初七日や一周忌、三回忌などにように節目の命日に遺族や親族が集まり、僧侶に読経をしてもらいます。

しかし、戒名を持たないということは仏様の門下に入っていないことを指しますので、仏式の法要をすることは困難となります。

戒名がなくても供養してもらえる方法

無宗派の供養を行うには、宗旨や宗派を問わない寺院や霊園に遺骨を管理してもらえる永代供養を受ける方法があります。永代供養では、その寺院によって供養の頻度や内容が定められており、無宗教であっても読経をしてもらえることもあります。

また、節目の命日には宗教的な儀式としてではなく、読経はせずに親族などが集まり会食をしながら故人を偲ぶという方法をとっても良いでしょう。

お墓・納骨堂で戒名がない場合の影響とは

©moonrise/stock.adobe.com

戒名がない場合、遺骨の収骨にも問題が生じることがあります。

お墓は先祖代々のお墓に入る場合と、新たに建てる場合があります。戒名をつけないときにはそれぞれの場合で、どのようなことに注意する必要があるりのかを、あらかじめ知っておくようにしましょう。

お墓・納骨堂で起こり得る事象

菩提寺のお墓に入れない

先祖代々のお墓のある菩提寺がある場合、檀家としての葬儀を行わなかったり、戒名がないという理由でそのお墓に入ることを拒否されることがあります。そもそもお寺は仏教の修行を行う場所です。したがって、お寺のお墓に入るのであれば、戒名を授かり仏門に入らなければなりません。

祖先の代より菩提寺と檀家は強い結びつきでつながってきています。しかし、戒名をつけないということでそのつながりが途絶えてしまうことになるため、他の親族ともよく相談をしておくようにすることが重要です。

宗教が限定されている墓地に入れない

お墓を建てる墓地には種類があり、大きく分けると霊園墓地と寺院墓地があります。このうち寺院墓地とはお寺の敷地内にある墓地のことで、その運営管理はお寺が行っており、手厚い供養が受けられることが特徴です。

その一方で、墓地に埋葬されるためにはそのお寺の檀家に限定されることが多く、宗旨や宗派もそのお寺と同じでなければなりません。したがって、戒名がない場合には寺院墓地のお墓への納骨は難しいでしょう。

戒名がなくてもお墓を利用する方法

無宗教の墓地・納骨堂を利用する

寺院の墓苑の中には宗旨や宗派を問わないとするところもあります。また、寺院が納骨堂を運営している場合、納骨堂への納骨は必ずしも檀家になる必要はなく、宗旨や宗派を問わないとするところが多いのが特徴です。

納骨堂には民間や公営の納骨堂もあり、これらの納骨堂では宗旨や宗派は問われないため、戒名がない場合や無宗教、神仏に対する信仰心のない無神論者の場合でも納骨することが可能になります。

公営・民営墓地を利用する

自治体が経営主体となり運営を行う公営霊園では宗旨や宗派は問われません。公営墓地は墓石代や永代使用料、管理費などの費用も安く人気があるためその自治体に住んでいることが条件になっています。また、公募制で希望者が多い時は抽選になることもあり希望通りにならないこともあります。

そのほか、民間の事業者が運営をしている民営墓地でも宗旨や宗派を問われないところが多く、誰でもお墓を建てることができます。戒名はないけども、お墓は建てて納骨をしたいと考えている場合にはこれらの墓地を利用すると良いでしょう。

散骨する

現代では供養の方法も多様化しており、戒名だけでなくお墓もいらないと考える人も増えています。

そのような時に遺骨を細かく粉砕して粉上にしたものを、海や山に撒き故人を弔う方法を散骨といいます。

また、散骨は一度にひとつの場所に撒くだけではなく、故人の思い出の土地をめぐり、少しずつ散骨をおこなう散骨旅行という方法や、遺灰を専用のカプセルの入れて宇宙に散骨する宇宙葬と呼ばれる散骨の方法もあります。

樹木葬をおこなう

樹木葬とは、霊園の敷地内や山などの着や草花の下に遺骨を埋葬する方法です。ただし、遺骨をそのまま埋葬するのではなく、散骨と同様に細かく砕いてパウダー状にした遺骨や遺灰を撒くことで、散骨と同様とみなされます。もし、遺骨をそのまま埋葬するのであれば樹木葬を扱っている霊園を探すようにします。いずれの場合にも戒名がなくても問題ないことがほとんどです。

戒名をつけるのにかかる費用

©Ni_photo/stock.adobe.com

戒名はいらないと考える理由の一つに、その費用の高さを挙げられることがあります。実際に戒名を授かる時の戒名料は、お布施として菩提寺の住職にお支払いすることになるため、明確にこの金額と示されていることは少ないです。

しかし、相場としては10万円から100万円ほどかかると考えておかなければなりません。また、金額に開きがあるのは、つけていただく戒名のランクや宗派によって戒名料の相場が違っていることによります。

戒名の費用を抑える方法

葬儀には様々な費用がかかることもあり、戒名料を少しでも抑えて経済的な負担を軽くしたいと考えることもあるのではないでしょうか。実際に戒名にかかる費用を抑えるには以下のような方法があります。

戒名の位を下げる

戒名には院号・道号・戒名・位号の4つのパートから構成されていて、この4つをつなげたものを戒名と呼んでいます。この構成によって戒名のランク付けがされることになります。たとえば、院号は菩提寺である寺院や社会に対しての貢献が大きかった人に対してのみ与えられるもので、誰でも授かることができるものではありません。また、位号は性別や年齢によって決められ、いくつかの種類があります。

高いランクの戒名を授かることは名誉なことではありますが、同時に戒名料も高くなります。そのため、戒名のランクにこだわらないのであれば、寺院に相談をして戒名の位を下げた戒名をつけてもらうようにすると良いでしょう。

戒名授与サービスで戒名をつける

戒名は菩提寺の住職や納骨予定のお寺につけてもらうほか、戒名の授与をするサービスを行っているところもあります。戒名料はお布施の意味合いをもっているためその金額が明確になっていなかったり、感謝の気持ちを含むため高額になりがちです。

しかし、戒名授与サービスでは金額を明確にし、一般的な相場よりも安価に設定されています。菩提寺がなく、民間や公営霊園に納骨を予定しているのであればこのようなサービスを利用することで戒名の費用を抑えることができます。

自分で戒名をつける

戒名は自分でつけることも可能です。戒名を構成する4つのパートについてのそれぞれを自分でふさわしいものを考えて戒名をつけることにより、戒名の費用を抑えることができます。

ただし、宗派によって文字数や特定の文字を使用するなど戒名の付け方に違いがあるため、自分の宗派の戒名の付け方に従うようにしましょう。

しかし、菩提寺がある場合には自分でつけることによって、トラブルになることも考えられ、自分で勝手に戒名をつけることは避け、事前に相談するようにしましょう。

生前戒名を授かっておく

本来、戒名とは仏様の弟子になることをあらわし、生前戒名を授かることは徳の高い行為であるとされます。また、生前戒名では自分の好きな言葉を入れてもらうように相談し、自分で納得のいく戒名にすることができるばかりか、お布施の金額も低く抑えることができます。

ただし、生前戒名は菩提寺がある場合にはその住職に依頼しなければなりません。他の僧侶に戒名をつけてもらうことで、亡くなった時に納骨を拒否されたり、もう一度、菩提寺で戒名をつけ直し、再度お布施をお支払いすることにもなるため注意が必要です。

まとめ

戒名がいらないと考える人の理由は様々ですが、戒名をつけなくても葬儀や供養の方法を工夫することで問題がないこともあれば、菩提寺などとトラブルになったり納骨を拒否されたりするケースも考えられます。戒名は必ずつけなければいけないものではありませんが、菩提寺や親族に事前にしっかりと相談をしておき、葬儀の段階でトラブルか生じないようにしておきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ