戒名の値段はいくら?気になる相場や注意点など詳しく解説

©oka/stock.adobe.com

仏式の葬儀をおこなう際は俗名の変わりに、寺院のお坊さんからいただいた戒名が使われます。

そして、寺院のお坊さんに戒名を付けていただくと、お布施として戒名料をお渡します。

ただ、お布施は感謝の気持ちとしてお支払いするもので、戒名を付けていただいた際に支払う値段がはっきりと決まっているわけではありません。

そのため、いくら包んでいいのかと疑問に感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな戒名の値段や相場について詳しく解説します。

戒名とは

戒名とは、仏門に入った証として故人に送られる名前の総称です。

宗派によってその考え方や言い方は異なり、浄土真宗系では法名、また日蓮宗系の宗派では法号といいます。

本来の戒名は、亡くなってから付けられる名前ではなく、俗名を捨てて仏弟子になった証として出家の際に与えられます。

このことを生前戒名といいます。

現在では、在家のままでも授戒会に参加することで戒名を授けられるようになりました。

そのため、生前のうちに戒名を受けなかった方も葬儀の際に戒名を授けられます。

仏教では俗名のままでは無事に極楽浄土に渡れないという考えられているため、仏式の葬儀では基本的に戒名が授けられます。

戒名の値段や相場はどれくらい?

戒名は主に、戒名を授けてもらったことに対するお布施として、寺院のお坊さんにお渡しをします。そのため、戒名の値段は決まっておらず、包む金額はあくまでも喪主のお気持ちということになります。

戒名には付けられる名前にランクがあり、ランクが高くなればなるほどお布施として支払う値段も高くなります。

仏教の中でも宗派によって異なるため一概には言えませんが、相場として一番下のランクに位置する信士・信女の戒名で5万円ほど、一番最高位のランクである院居士・院大姉では100万円以上お渡しします。

戒名は文字数により値段が変わる?

戒名は、宗派に関係なく文字数が多いほど金額が高くなります。

一般的に戒名は院号、道号、戒名、位号の4つの部分で構成され、全体で9~15文字ほどになります。

院号や位号など種類によっては、高額な戒名料が必要になる場合もあります。

その一方で、戒名の相場と比較して、相場以上の高額な金額を寺院から求められた場合は、付けていただいた戒名の位にふさわしい値段なのか確認するとともに、葬儀社に相談する事をお勧めします。

戒名は宗派により値段が変わる?

戒名には、宗派ごとにいくつかのランクがあり、男性は「信士」→「居士」→「大居士」、女性は「信女」→「大姉」→「清大姉」の順でランク付けされています。

下の表のように、どの宗派でもランクが高くなるほど戒名の値段も高くなりますが、基本的に決まった金額はなく、寺院によって値段が異なります。

また、菩提寺がある場合は、その菩提寺で決められた金額をお布施としてお渡しをします。それではそれぞれの宗派の戒名がどのような値段の相場なのか見ていきましょう

信士・信女 居士・大姉 院信士・院信女 院居士・院大姉
浄土宗 30~40万円 50~60万円 70万円~
真言宗・天台宗 30~50万円 50~70万円 80万円~ 100万円~
日蓮宗 30~50万円 100万円~
浄土真宗 20万円~ 50万円~
臨済宗 30~50万円 50~80万円 100万円~
曹洞宗 30万円~ 50~70万円 100万円~ 100万円~

※あくまでも目安の値段であり、お寺によって金額は異なります

浄土宗の場合

浄土宗の五重相伝会では、戒名料ではなく冥加料として表されています。

そのため、一般的に五重相伝会の参加料が戒名料とされ、信士・信女の場合は30万円~40万円、居士・大姉の場合は50万円~60万円、院信士・信女の場合は70万円~、院居士・大姉の場合は100万円~が目安とされています。

そのため、生前戒名を付ける事ができる五重相伝会の冥加料は他の宗派の戒名料を比較すると安く設定されています。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合は、戒名ではなく法名として表され、値段を具体的に提示されない事が特徴的です。

また、浄土真宗は戒律を持たない性質である事と、細かく宗派が分けられているため値段相場が不透明となっています。

しかし、法名には位号を付けないためランクが高いものがないため、どのような法名も値段は20万円前後が相場となります。

その一方で、法名にお金を払うという意味ではなく、法名を付けていただく寺院のお坊さんへのお気持ちとしてお渡しする事が一般的であり、別途でお布施も必要としません。

臨済宗の場合

臨済宗は院号、道号、戒名、位号で構成され、位によって値段が変わってきます。

信士・信女の場合は30万円~50万円、居士・大姉の場合は50万円~80万円、院居士・院大姉の場合は100万円が値段相場になります。

曹洞宗の場合

曹洞宗は元々、生前戒名を多く授けられていましたが、現在では亡くなった後に戒名を授ける事が多くなりました。

また、曹洞宗における戒名の相場は、信士・信女は30万円~、居士・大姉は50~70万円、院信士・院信女は100万円~、院居士・院大姉は100万円~という相場となります。

真言宗・天台宗の場合

真言宗・天台宗は位牌に戒名を刻む際に梵字を一番上に刻む場合があり、梵字をつけることで仏門に入った証の意味があります。

また真言宗・天台宗の場合、低い位である信士・信女は30~50万円、居士・大姉は50~70万円、院信士・院信女は80万円~が相場となり、位の高い院居士・院大姉は100万円以上が相場といわれています。

日蓮宗の場合

日蓮宗では戒名の事を法号と表します。

また日蓮宗の場合、信士・信女は30万円~50万円、居士・大姉は50万円以上、院信士・院信女は30~50万円が一般的な相場となっており、院居士・院大姉は最高位のランクで100万円~が目安となります。

©oka/stock.adobe.com

戒名を自分で付ければ無料?

戒名は基本的に寺院のお坊さんに付けてもらいますが、自分で戒名を付ける事ができます。

また、自分で付ける事で費用を抑えることができ、尚且つ自分の希望にあった戒名を付ける事ができます。

しかし、仏教の知識がないと自分で戒名を付けることは難しく、戒名は仏門に入った証として寺院のお坊さんから付けてもらうものなので、寺院から納骨をお断りされる場合もあります。

そのため自分で戒名を付けるメリットがある一方で、デメリットも存在するため家族や親族と相談して戒名を付けることをお勧めします。

戒名は自分で付けられる?付け方や注意点を詳しく解説

戒名によって生じるトラブルとは

戒名を寺院のお坊さんに付けていただく際に、思わぬトラブルが生じるケースがあります。

高額なお布施をお渡しすれば、位の高い戒名を付けていただけるという考えが遺族に中であるため、望んだ位の戒名を付けてもらえないというトラブルが多く起きています。

戒名は仏門に入った証であるため、高い位が偉いという訳ではなく、故人にあった戒名を授けるものであり、金額によって戒名が変わらないと理解しておく必要があります。

を位の高い戒名を授かりたい場合は、日頃から寺院に対して社会や寺院に対して貢献していく必要があります。

また、このようなトラブルを避けるためにも事前に寺院に値段の確認をしておく事をお勧めします。

まとめ

葬儀を負担する側に精神的な負担がかからないように、的確な値段をお布施としてお渡しすることが大切です。

また、葬儀の際に慌てないためにも、生前戒名や事前に寺院や葬儀社に相談することをお勧めします。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ