【一周忌法要】香典や服装のマナー、お返しやお布施の相場などを解説

身近な人が亡くなった後には、葬儀だけではなく、四十九日、一周忌、三回忌…と、節目節目で追善供養が行われます。今回は一周忌法要について解説します。

一周忌は、通夜や葬儀とは異なるマナーがあります。施主側にも、参列する側にも役立つ内容になっていますので、ご参考にしていただければと思います。

一周忌とは

一周忌とは、故人が亡くなって丸一年の節目です。一周忌のタイミングで行う法要を、一周忌法要といいます。一周忌は、仏教においては重要な意味を持ちます。

仏教では、故人が亡くなってから一年間は、「喪中」の期間です。喪中の期間は、お正月や、初詣などの日常的な行事から遠ざかり、行動を慎むことで供養します。一周忌によって喪が明けることになります。

一周忌は、僧侶による読経のほか、墓参りや食事が振舞われることもあります。斎場やホテル、寺院、自宅など、規模に応じて、様々な会場で執り行われます。

一周忌の流れ

一周忌法要の一般的な流れを説明します。

お坊さんが入場し、席に着いたところで、施主が簡単な挨拶をします。お経が始まったら、お坊さんの合図に従い施主→遺族→親族→一般参列者の順に焼香をします。

読経が終わった後には、お坊さんから法話が行われます。施主からお礼の挨拶があり、法要は終了となります。法要や墓参りを終えた後、僧侶や参列者に対し、食事を振舞います。この食事を「お斎(おとき)」ともいいます。法要の後に墓参りを行うケースもあります。

一周忌までに準備が必要なこと

©sand555/stock.adobe.com

葬儀の場合は、ほとんどの段取りを葬儀社に取り仕切ってもらえますが、一周忌法要は、施主となる方が準備を進めていくことが多いです。

なるべく時間的な余裕をもって準備を行いましょう。

一周忌の日程決め

一周忌法要は、本来は故人が亡くなったのと同じ月日(祥月命日)に行うものですが、親族の学業や仕事に配慮して、命日の前後の土日を選ぶことが多いです。お坊さんや親族に確認の上、日程を決めましょう。

なるべく3ヶ月前に、遅くとも2か月前には日程を確定するようにしましょう。

会場・食事の手配

一周忌の会場は、葬儀斎場やホテル、お寺、自宅など様々です。交通の便や、式場の規模感から、会場を予約します。お食事は、自宅で仕出し料理を活用するか、ホテルやレストランに会場を移動して行われます。

お食事の手配の際には、鯛や紅白の色遣いの料理などのご祝儀料理が入ることの無いように、「法要の会食」であることを伝えて予約しましょう。

引出物の用意

参列者は御供物料やお供えを持参します。そのお礼として、施主は引出物を用意します。引出物は、食品や石鹸洗剤などの消耗品が一般的です。

表書きに「志」と記したのしをつけ、渡します。法要の手配はギフトショップや百貨店などを利用し、法要の前日もしくは前々日までには届くようにしましょう。

食事を振舞わない場合には、折詰めの料理を用意し、引出物と一緒に渡します。

僧侶の手配とお布施の準備

葬儀や四十九日でお世話になったお坊さんに連絡します。一周忌のお布施は3万~5万円、お車代や御前料は5千~1万円が一般的です。

一般的には、お布施を包む封筒に、不祝儀袋は使用しません。不祝儀袋は不幸があった人に渡すものなので、お坊さんに渡すにはふさわしくないためです。お布施は、市販の無地の白い封筒もしくは奉書紙で包みましょう。

表書きとして、上部に「お布施」、下部に施主の名前を記します。お車代や御膳料を用意する場合には、お布施とは別の白い封筒を用意し、表書きには「お車料」や「御膳料」と記して準備をします。

表書きは、薄墨ではなく、通常の濃い墨の黒で記します。お坊さんへのお布施は、お経の前後やお墓参りの後、お礼の言葉と共に、お盆に載せて渡します。

案内状の作成

日時、場所、食事の有無を書いた案内状を作成し、親族や友人に送ります。返信はがきには、出欠だけではなく出席者の名前を書いてもらう欄を作ると、人数確認ができるため、食事の手配がしやすくなります。家族のみなど少人数の場合には、電話での連絡で良いでしょう。

一周忌での挨拶

一周忌法要では、施主から挨拶を行う場面が複数あります。家族のみの法要では、挨拶が省かれることもあります。一周忌法要は、親族や友人と、より良い人間関係を作ることができる場です。長くならない程度にオリジナルエピソードを含めて、気持ちのこもった挨拶にしましょう。

法要が始まる前の挨拶

お坊さんがお経の席に座られたところで、施主から一言挨拶をします。法要の後にも挨拶を行いますので、ここでの挨拶は短くて問題ありません。

本日は、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。

これより故○○(戒名もしくは、生前の名前と続柄)の一周忌法要を執り行わせていただきます。

(お坊さんの方を見る)それではご住職、よろしくお願いいたします。

お経が終わった後の挨拶

施主挨拶の例文です。お坊さんのお経が終わったら、施主より挨拶を行います。

本日は、お忙しい中、故○○(戒名もしくは、生前の名前と続柄)の一周忌法要にお越しいただき、ありがとうございます。

皆様のおかげで、一周忌法要を滞りなく行うことが出来ました。故人も喜んでいることと思います。

今後とも、変わらぬご支援を、よろしくお願いいたします。

この後、ささやかではございますが、お膳を用意しております。お時間のある方は、是非お召し上がりください。

本日は、誠にありがとうございました。

お斎の挨拶

お食事の前に、全員が席に座ったところで、施主から挨拶をします。献杯後は、合掌や黙祷の時間を取るケースもあります。

本日は、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。

おかげさまで、一周忌法要を滞りなく行うことが出来ました。ありがとうございます。

時間の許す限り、おくつろぎいただき、故人の思い出話などお聞かせいただけたらと思います。

それでは、○○様より献杯のご発声をお願いします。

献杯の挨拶

献杯する人は、簡単な自己紹介をしてから献杯の発声をします。施主が献杯を行っても構いません。

献杯を務めさせていただきます、○○と申します。

私は故人の○○で、故人とはよく一緒に釣りにでかけたものでした。

(簡単なエピソード)

今日は故人の思い出を語り合い、皆様と一緒に故人を偲びたいと思います。

それではご唱和お願いいたします、献杯。

お斎後の締めの挨拶

食事の時間は、1時間半~2時間が目安です。全員の箸が止まり、暫く経ったら、頃合いをみて締めの挨拶を行います。解散の前に、引出物を渡すことを忘れないように気を付けましょう。

本日は、お忙しい中、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

そろそろお開きとさせていただきたいと思います。

皆様方には、今後とも温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

お気をつけてお帰りください。

▼法事の挨拶のさらに詳しい例文を知りたい方はコチラ

法事の挨拶例文集|喪主の締めの挨拶や参列者の献杯の挨拶などを紹介

一周忌の香典

ここからは、法事に参列する側にとって役に立つ情報をまとめます。まずは、一周忌の御供物料(香典)について解説します。

一周忌では、香典ではなく御供物料(供物料)を持参します。香典は、死者の霊前に供えるものです。それに対し、既に仏様になった故人に対して、お供え物の代わりにお金を持参するというものが御供物料です。袱紗(ふくさ)に包んで持参し、施主に直接渡しましょう。

相場金額

御供物料の相場は、関係性が近いほど多くなります。御供物料は、世帯ごとに持参するのが一般的です。友人など一般参列者として参列する場合は、5千円程度が目安です。身内の場合には、世帯の人数にもよります。1万から5万円が一般的です。

食事が振舞われる場合には、食事代に相当する額(5千円~1万円程度×人数分)を上乗せし、切りのよい金額にすると良いでしょう。

「4」や「9」にまつわる金額は、縁起が悪い為に避けるようにしましょう。食事代に相当する額を、御供物料ではなくお供え物で贈る方法もあります。

香典袋とその書き方

一周忌の御供物料は、黒白もしくは双銀の結び切りの不祝儀袋に包みます。

表書きは、「御供物料」、「御供」、「御仏前」などと記します。「御仏前」は仏教の場合のみ使用します。宗派が分からない場合には、「御供物料」や「御供」と記すのが無難です。「ご霊前」と書かれている不祝儀袋は、通夜葬儀で使用するものなので、使用しないようにしましょう。

表書きの下部には御供物料を出す人のフルネームもしくは苗字を記します。一周忌の御供物料の表書きは、薄墨である必要はありません。濃い墨を使用しましょう。

▼法事の香典の相場金額などを知りたい方はコチラ

【法事の香典】金額相場や香典袋の書き方・包み方、渡し方を解説

一周忌で贈るお供えや花

一周忌に、お供えや供花を持参するのも良いでしょう。御供物料を贈るべきか、お供え物を贈るべきかは、地域によってさまざまです。

また、お供え物を持参する場合には御供物料は不要というのが通説ですが、親族によっては、現金とお供えをどちらも持参することを慣習としている場合があります。

何を持参するべきか迷ってしまう場合には、親戚にこれまでの慣習を確認すると良いでしょう。

一周忌にふさわしいお供えや供花

一周忌のお供えは、供花、果物や缶詰の盛物、蝋燭や線香、お菓子、飲み物が人気です。

お菓子は、法事の後でおすそ分けがしやすいように、小袋に入っているものを選ぶと良いでしょう。後に残るものや、日持ちのしないもの、臭いの強いものは、お供え物としてNGです。

一周忌に贈る生花は、優しい明るさの生花がオススメです。パステルカラーのピンクやブルー、イエローなどの入った生花が良いでしょう。赤やオレンジ色は「お祝い」のイメージになるため、一周忌の生花には相応しくありません。生花店で購入する際に、「お供え用」と伝えると良いでしょう。

お供えの相場金額

御供物料の相場と同様です。親族であれば1万円が相場ですが、世帯の人数や食事の有無によって変わってきます。友人としてお供えを贈る場合は、供花であれば5千~1万円、これ以外の供物であれば3千~5千円が相場です。

あまりに高価なお供えを贈ってしまうと、施主がお返しを用意する時に困ってしまうかもしれません。立場や関係性に見合ったお供えにしましょう。

お供え物ののしの書き方

一周忌のお供え物ののしは、黒白や双銀、黄白の結び切りを使用します。水引の上部には「御供」と記し、下部にはお供えする人の名前(苗字もしくはフルネーム)を記します。

一周忌の引出物(香典返し)

一周忌では、参列者は御供物料を持参します。それに対する御礼として、施主は引出物を用意します。引出物は、参列者一世帯に一つずつと、お坊さんにも用意するのが一般的です。

引出物の相場金額

一周忌のお返しは、いただいた御供物料の半分~3分の1が相場です。お返しは、食事と引出物で行います。例えば、食事が5千円、引出物が2千円の場合、5千+2千=7千円分のお返しをしたことになります。

お渡しする品物

弔事の品物は、使用すると後に残らない「消え物」が一般的です。消え物には「不幸が後に続かないように」という意味が込められています。

具体的には、誰もが消耗しやすい食品や消耗品(お茶やコーヒー、お菓子、調味料や、タオルなど)が良いでしょう。法要後に持ち帰りやすいように、なるべく軽くかさばらない品であることもポイントです。

受け取った人が欲しいものを選ぶことができる、カタログギフトも近年人気の品です。

引出物ののしの書き方

一周忌の引出物ののしは、黒白や双銀、黄白の結び切りを使用します。水引の上部には「御供」と記し、下部にはお供えする人の名前(苗字もしくはフルネーム)を記します。一周忌ののしは、薄墨ではなく濃い墨で書いて構いません。

▼法事の引出物を贈るマナーについて詳しく知りたい方はコチラ

法事の引出物|おすすめの品物や相場、のしの掛け方などを詳しく解説

一周忌での服装

一周忌法要においての、親族、参列者それぞれの服装を解説します。通夜や葬儀とは異なり、一周忌法要はあらかじめ準備をすることが可能です。クリーニングに出すなどして、清潔感のある服装で参列しましょう。

親族側の服装

一周忌では、一般的な喪服である準喪服を着用します。遺族側の男性は、弔事用のブラックスーツに白いワイシャツを合わせます。ネクタイや靴、靴下は黒無地を選びます。

女性の親族は、黒無地のアンサンブルやワンピース、スーツを着用し、足元は黒のストッキングとパンプスを合わせます。

一周忌法要は、家族のみで行う場合であっても、喪服の着用はマナーです。ただし、「平服でお越しください」と案内があった場合には、略礼服で参列しましょう。

子供の場合は、制服があれば制服で参列しましょう。制服のない年齢の場合には、白いシャツに、黒やグレーのズボンやスカートのように、地味な色合いできちんとした印象であればで良いでしょう。子供の服装は、大人ほど厳格ではありません。

参列者の服装

一般参列者として参列する場合には、準喪服もしくは略喪服で参列します。略喪服は、準喪服を少し崩した喪服です。

男性の場合は、黒や黒に近い茶色、グレーなどのダークスーツを着用します。白のワイシャツを合わせ、ネクタイは黒にしましょう。女性の場合も、黒や黒に近い茶色、グレーなどのスーツやワンピースを着用します。なるべく露出を抑えた服装にしましょう。

▼法事の服装についてマナーを詳しく知りたい方はコチラ

法事の服装は平服でもいい?女性・男性や回忌に分けて詳しく解説!

まとめ

一周忌法要は、流れや香典、服装など、さまざまな点において通夜や葬儀とは異なる点があります。通夜葬儀は故人との別れの場ですが、一周忌法要は故人の供養を行うとともに、故人を通じて人のつながりを深める場です。

あらかじめ日程が決まっているため、念入りに準備を行い、参列するようにしましょう。

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ