香典を包む袱紗(ふくさ)がない!袱紗は絶対に必要?代用品を紹介します

葬儀に参列する際、香典袋は袱紗に包んで持っていくことがマナーということはご存じでしょうか。

自分の袱紗を持っていないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし当日でも、用意することは可能ですし、袱紗がもし無くても代用品を利用することもできます。

袱紗が無い場合の対応も含めて、本記事では袱紗の選び方、使い方について解説します。

©Wakko/stock.adobe.com

袱紗は絶対必要?香典を渡すときに袱紗が必要な理由

袱紗とは、祝儀袋や香典袋を包むための布やその入れ物のことを指します。

袱紗に包むと、水引が崩れてしまったり、香典袋そのものが汚れてしまったり、しわになってしまうのを防ぐことが出来ます。また、袱紗に包むことで相手へ敬意を表し、喜びや悲しみを共に感じていますという気持ちを表現する意味もあると言われています。

元々は、贈り物や貴重品を持ち運ぶ際に汚れや日焼け防止のために使われてきたのが袱紗ですので、香典を袱紗に包むのは相手への礼儀なのです。

袱紗の種類や色

正式なものは、風呂敷よりも一回り小さいサイズの、絹やちりめんで作られた正方形の布になります。種類も、慶事用、弔事用、慶弔両用とあり、用途によって色やデザインも様々あります。また、素材などによってもお値段もピンキリです。実際どのような物があるのか見ていきましょう。

袱紗の色

慶事用の袱紗は、赤やピンク、黄色や金色などの暖色系の華やかな色の物です。

対して弔事用の袱紗は、黒やグレー、紺色や緑色などの寒色系の地味な色の物が使えます。

濃い紫色の袱紗は慶弔両用で使えますが、薄紫色は慶事用となります。

また、えんじ色は女性であれば慶弔両用で使えますが、男性は慶事用としてのみ使えます。

逆に紺色は男性であれば慶弔両用で、慶事にも使えますが女性は弔事にしか使えません。夫婦間で貸し借りを考えている人は注意しましょう。

袱紗の種類

袱紗には正式な正方形の一枚布の袱紗以外にもいくつかの形式があります。

また、一枚布でも、表は暖色系、裏は寒色系となっているリバーシブルタイプもあります。

爪付き袱紗

爪付き袱紗は正式な袱紗に爪がついたタイプの袱紗です。

包んだ布が途中で開いてしまわないようになっているので、内ポケットなどに入れる場合などに適しています。

台付き袱紗

台付き袱紗は袱紗に台がついているタイプの袱紗です。

包む際に香典を台にセットしてから包むので、カバンの中に入れて持ち運んでいる最中に折れたりしわになってしまう心配が少ないので安心です。

金封袱紗

金封袱紗は長財布タイプの袱紗です。

略式とされていますがポケット部分に香典を入れるだけですし、内側に台紙などが入っていてしっかりしているので、香典袋が折れたりしづらく、取り扱いが簡単なので人気があります。金封袱紗も上下をひっくり返すことで慶弔どちらでも使えるタイプもあります。

柄・デザイン

何も柄や刺繍が入っていない無地の袱紗が正式とされていますが、装飾や刺繍があるものもあります。

例えば慶事用の袱紗の場合、桜や鶴、松竹梅や扇、亀甲などのおめでたい刺繍が入ったものや、かわいい柄やレースなどの装飾などがある袱紗もあります。そのような模様が入っている袱紗は色が紫でも弔事用として使うのは避けましょう。

逆に、蓮や菊、蘭などの刺繍などが入ったものは弔事用になります。慶弔両用で使えるものを考えている人は、色だけでなくデザインや刺繍にも注意しましょう。

袱紗の購入場所

袱紗が無い場合、通夜や葬儀に向かう前に少し時間が取れれば用意することは可能です。購入場所によって置いてある物の素材や品質、お値段も様々です。どういった場所で購入できるのか詳しくみていきましょう。

デパート、百貨店

大きめのデパートや百貨店であれば、ほとんどの店で置いてあります。必ず購入したい場合には、まずデパートや百貨店に行くのをお勧めします。種類も豊富ですし、品質も良いものがありますので、自分が気に入るものに巡り合える可能性が高いです。お値段も3,000円~10,000円からのものが複数置いてあるでしょう。一つ良いものを購入して長く使うのが良いかもしれません。また、店員さんに相談しながら選べるのも百貨店で購入するメリットです。

葬儀場の売店、仏具店

葬儀場によっては売店がない場所もありますが、売店がある場合は置いてある可能性が高いです。また、仏具店が併設されているケースもあります。

仏具店ではほとんどの店で弔事用袱紗は置いてありますし、3,000円前後のお手頃な値段のものが置いてあることが多いと思います。

しかし慶事用やリバーシブルタイプに関しては置いていない場合もあるでしょう。

文房具店、スーパーマーケットの文具コーナー

文房具店や、大きめのスーパーマーケットの文具コーナーでは金封が置いてある雑貨コーナーがあります。お店によってですが、その場所に一緒に袱紗が売っている可能性があります。ただし、百貨店や仏具店に比べると種類は少ないと思います。また、売っているのも確実ではありませんので、急いでいる場合は事前に電話などで確認するのが良いでしょう。

100円ショップ、コンビニ

大型の100円ショップやコンビニにも店によっては置いてある場合があります。種類は多くなく、1,000円以下で買えるものになるとポリエステルなどの化学繊維の素材となり、品質も百貨店などで売っている物よりは劣りますが、袱紗を忘れてしまった場合やとりあえずほしい場合には良いでしょう。ただし、100円ショップやコンビニは商品の入れ替わりが激しいので、以前置いてあったとしても同じものが置いてあるとは限りません。急いでいる場合は電話で確認してから買いに行くと良いでしょう。

袱紗が無いときは代用品でもOK!

袱紗は必ずしも専用の物を用意しなければいけないわけではありません。無いときは別の物で代用もできます。しかし、代用するにしても色などには注意が必要です。実際どんなもので代用ができるか見ていきましょう。

© AKI’s Palette/stock.adobe.com

ハンカチ

袱紗が無い場合の代用品として一番手軽なのは、ハンカチです。ハンカチも代用品として使えるのは色が黒か白の物になります。薄い模様やワンポイントの刺繍などであれば入っていても問題ないでしょう。袱紗であれば、他の寒色系の色でも問題ありませんが、ハンカチで代用する場合は避けた方が望ましいです。

また、香典袋全体を包みますので大判のハンカチだと包みやすいと思います。もちろんですがタオル素材の物は使えません。

風呂敷

今では風呂敷を持っている方も少ないと思いますが、風呂敷も袱紗の代用品として使えます。普通の大きさの風呂敷ですと大きすぎて使いづらいので、折りたたんで使うか、小さめの物があればそちらの方が良いでしょう。

風呂敷で代用する場合も、寒色系のものにし、柄や模様が入っていない物にしましょう。

スカーフ

寒色系の単色のスカーフをお持ちの場合は、スカーフも代用品として使えます。派手な柄が入っていたり、レースの装飾などが入っているものは避けましょう。また、使う場合はシルクなどの皴になりづらい素材の物にし、ウォッシュ加工がされたものは使わないようにしましょう。

代用品での香典の包み方

まずハンカチでも風呂敷でも代用品を使う場合は、しっかりとアイロンをかけて形を整えます。しばらく使っていない物だったりする場合は、洗濯出来る時間があれば、アイロンの前に洗濯もしておくと良いでしょう。

そして、広げたハンカチや風呂敷を香典袋を包めるサイズの正方形に折り畳みます。

次に、自分から見てひし形になるようにハンカチ等を置き、中央より左側に寄せて香典袋を自分で読めるように置きます。

その後、右・下・上・左の順番で布を折り畳んで香典袋を包み込めば完成です。

まとめ

突然、葬儀に参列することになり、袱紗を持っていない場合は当日購入することも出来ますし、代用品を使うことも出来ます。

しかし、突然ですと代用品を探すのにも時間がかかってしまう可能性もあります。必ず持っていなければならない物では無いですが、香典を渡す相手への礼儀でもありますので、1つ持っておくと安心ですね。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ