葬儀後の主な法要について日程の決め方や流れ、金額を解説!

葬儀を行った後には、法要を行いますが、四十九日や一周忌以外にもさまざまなものがあり、それぞれの法要をどのように行えばよいかわからない方も多いでしょう。

今回は葬儀と法要の違いや、法要の種類と流れ、金額などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

法要とは

法要とは、葬儀の後に故人の冥福を祈り供養として行われる仏教の儀式です。

仏教の世界では人は亡くなった後、7日ごとに生前の行いについて裁きを受けるとされています。そのため、法要は7日ごとに行われます。

また、全部で7回ある裁きが全て終わると成仏するため、故人が亡くなってから49日目が「忌明け(きあけ)」になります

忌明けまでの49日間を「中陰(ちゅういん)」といい、この間は現世から供養をすることで故人が故人が極楽浄土へ行けるよう助けることができます。そのため法要で故人へ善を送ります。

また、法要は親戚や故人の知人・友人などが集まることで、故人を通した人の縁やつながりを再認識し、故人へ感謝したり自分を見つめなおしたりする機会になります。

通常、忌明け以降は一回忌など年忌のみの法要となります。

葬儀と法要の違い

葬儀とは、故人の冥福を祈り、故人との別れの場として設けられる儀式です。僧侶を招き、遺族とその親戚や故人の友人・知人で行われます。

葬儀には、次の4つの意味があります。

  • 残された人が故人に別れを告げる
  • 故人があの世でも幸せでいられるように祈る
  • 故人と死別する悲しみから立ち直るため、故人の死を認識する
  • 遺体に病原菌が繁殖したり、腐敗したりしないための衛生的処置

法要は葬儀の後に故人の供養を目的として行われるのに対し、葬儀は「故人との別れの場」として設けられているという点で大きく異なっています。

法要の種類と流れ

法要は、基本的に四十九日法要までは7日ごとにあります。また、忌明け以降も様々な法要がありますが、今回は特に重要なものや親戚・友人などを集めて行うものについて詳しくご説明いたします。

忌日法要
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日
(三十五日)
いつなのか
(さんじゅうごにち)
命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日
(四十九日)
なななのか
(しじゅうくにち)
命日も含めて49日目
百ヵ日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目
年忌法要
一周忌 命日から満1年目

初七日法要

初七日法要は、故人が亡くなった日から数えて7日目に行う法要です。

遺族や親族などが集まり、僧侶に読経してもらった後に焼香と会食を行います。

仏教では、故人が亡くなって7日目に三途の川に到着するとされています。三途の川を緩流で苦労せず渡れるように、初七日法要を行います。

法要に参列する親戚が遠方に住んでいるなど何度も集まることが難しい場合は、葬儀を行う日に初七日法要をまとめて行うこともよくあります。

葬儀・告別式の後に法要を行う場合は「式中初七日」、火葬の後に法要を行う場合は「繰り上げ初七日」といわれます。

三十五日法要

故人が亡くなった日から数えて35日目に行う法要です。

地域によっては重要視される法要ですが、通常は遺族のみで小規模に行ったり、省略されることの多い法要です。

法要を行わない場合は、遺骨、遺影、位牌を安置した中陰壇にお線香をあげ、手を合わせてお参りすると良いでしょう。

また、地域や宗派、状況によっては三十五日法要を忌明けとすることもあります。

四十九日法要

故人が亡くなった日から数えて49日目に行う法要であり、とても重要視される法要です。

遺族や親族以外にも、故人が親しくしていた友人や知人にも参列してもらい、法要を行います。僧侶による読経の後、焼香をして会食をおこないます。多くの場合、四十九日法要の際に納骨も合わせて行います。

故人が亡くなってから49日目は、故人の生前の行いについての裁きが終わり、魂があの世へ向かう日とされています。

故人が極楽浄土へ行けるよう、四十九日法要を行います。

四十九日法要は、故人が亡くなってからちょうど49日目に行う必要はなく、土日や祝日など集まりやすい日に行って問題ありません。しかし、49日目を過ぎて行うことは望ましくないため、それよりも前に行うようにしましょう。

なお、四十九日法要をもって忌明けとされるため、これ以降は結婚式など慶事の参加に参加して問題ありません。

新盆・初盆

新盆・初盆は、喪が明けてから初めて迎えるお盆のことです。

忌明け後初めて迎えるお盆をさすため、お盆の期間に忌明けしていない場合は、次回のお盆が新盆・初盆となります。

新盆・初盆の法要では、親族や知人・友人を招き、僧侶に仏前や墓前で読経してもらいます。その後、参列者で会食を行います。

お盆の期間中は、「霊供膳(りょうぐぜん)」といわれる食事を仏壇に朝・昼・晩と3度供えます。お盆は故人の霊が帰ってくる日とされており、精霊へ家を教えるために新盆提灯を飾ります。

なお、お盆は8月15日周辺とすることが一般的ですが、地域によっては旧暦の7月15日をお盆とすることもあるため、確認するようにしましょう。

また、浄土真宗など宗派によっては新盆の法要を行わないこともあります。

百ヵ日法要

故人が亡くなった日から数えて100日目に行う法要です。

家族や親族など身内のみで法要を行うことが多いですが、省略されることも多々あります。

百ヵ日法要は「卒哭忌(そつこくき)」ともいわれ、泣くことをやめて悲しみに区切りをつける日とされています。

一周忌

故人が亡くなってから満一年の命日に行う法要で、年忌法要の中で最も重要な法要です。

親族や友人・知人が参列し、僧侶に読経してもらった後に焼香と会食を行います。

一周忌法要も必ず命日に行う必要はなく、日にちをずらして行うことが可能です。その際は、四十九日法要と同じく命日の後に法要を行うことは避け、命日よりも前に法要を行うようにしましょう

また、一周忌法要を終えると喪中の期間は終了となります。

法要の日程の組み方

喪が明けるまでの法要にはさまざまなものがありますが、ここでは親族や友人・知人を集めて行うことの多い初七日法要と四十九日法要について、日程の組み方をお伝えします。

初七日法要

初七日法要は故人が亡くなってから7日目に行う法要です。

法要までの準備期間が短いため、迅速に対応しなくてはなりませんが、葬儀の日程と一緒に決めることが一般的です。読経をしてもら僧侶の予定も確認しつつ、決めるようにしましょう。

初七日法要は遺族だけでなく、故人の親しかった友人や知人などを招くことが多いため、事前に連絡をしておきます。

ただし、初七日法要は「式中初七日」や「繰り上げ初七日」など、葬儀を行う日に合わせて行うことが多く、葬儀とは別日に行うことは少なくなっています

四十九日法要

四十九日法要は、故人が亡くなってから49日目までに行う法要です。

葬儀とは異なり、参列してほしい人にはあらかじめ案内状を1か月前に送っておく必要があるため、葬儀が終わった後、忘れずに準備を始める必要があります。

四十九日法要は、参列しやすいように故人が亡くなってから49日目周辺の土日や祝日でいくつか候補日を出します。その上で、法要を行う場所と読経してもらう僧侶の都合を確認して日程を決めます

法要を行う場所は、自宅や菩提寺、霊園の施設などが一般的ですが、読経してもらう僧侶と相談して決めると良いでしょう。

法要でかかる費用

法要では「会場代」「会食代」「お布施」「お車代」の費用が発生します。

  • 会場代
    斎場や霊園の施設などを借りる際に費用がかかります。どのような会場を借りるかによって異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。
    なお、法要を自宅で行う場合、費用は発生しません。
  • 会食代
    法要では、精進落としを振舞うことが一般的です。仕出し弁当やレストランなどを利用する際は、参列者一人あたり3千~1万円ほどがかかります。
  • お布施
    お布施はお寺様の法施(ほうせ)に対して僧侶へ支払うもので、相場は3万~5万円になっています。
    宗派や地域によってあまり金額の違いはありませんが、お寺によっては金額表を作成している場合もあるため、折に触れて伺ってみると良いかもしれません。
  • お車代
    お布施とは別に、僧侶へ交通費としてお車代を支払います。お車代の相場は5千~1万円とされています。

なお、お寺様との付き合いがない場合、僧侶を手配してもらえるサービスもあります。こちらは、お車代やお布施などを含めて3万~6万円ほどとなっています。

法要の香典の相場金額

法要は主催するよりも参列者として参加することの方が多いでしょう。法要に参列した際、香典の金額に悩む方の多いと思いますが、香典は故人との関係などでおおよその相場が決まっていますので、以下の表を参考にしてみてください。

また、「死」や「苦」が連想されるため、「4」や「9」を含んだ金額は避けることがマナーです。偶数も避けたほうが良いでしょう。

故人との関係 金額相場
両親 1万~5万円
兄弟・姉妹 1万~5万円
祖父母 5千~3万円
叔父・叔母 5千~1万円
甥・姪 5千~1万円
いとこなどその他の親戚 3千~1万円
友人・知人など親族以外 3千~1万円

※法要の後の会食にも参加する際は、さらに5千~1万円上乗せすることが一般的

まとめ

法要は、故人と最期のお別れをする葬儀とは異なり、故人の冥福を願い供養するためのものです。

四十九日法要までは7日に1回法要があり、その後も新盆・初盆や一周忌などさまざまな法要がありますが、親族や友人・知人を招いて行われることが多いのは「初七日法要」「四十九日法要」「一周忌」になります。

葬儀ほどではありませんが、法要には費用がかかるものや、準備が必要なこともありますので、事前に確認しておけば安心です。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ