法事とは?服装やお供えのマナー、挨拶やお返しなど網羅的に解説!

葬儀の後は、お盆や祥月命日など様々な節目で法事が行われます。では、法事が行われる節目には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、法事の時期や内容について解説します。

法事とは

法事(法要)とは、葬儀の後、故人の冥土での幸福を祈る儀式です。仏教においては、遺族が法事を行う事が、故人の供養となるといわれています。そのため、遺族は区切りごとに集まり、故人の冥福を祈ります。

また、故人や先祖のために行う法要を「追善法要」といい、法要の後の会食を「お斎(おとき)」といいます。

法要と法事の違い

法要と法事は、混同されやすい言葉ですが、正確には意味が異なります。読経をあげる供養を「法要」というのに対し、読経の後の食事までを含めて「法事」といいます。

忌日法要

仏教では、本来は亡くなってから四十九日までの間、7日ごとに法要を行います。

初七日の後には、二七日(14日目)、三七日(21日目)、四七日(28日目)、五七日(35日目)、六七日(42日目)、そして七七日(四十九日)の法事を行うのが本来ですが、初七日と四十九日以外の法事は省略されるか、遺族のみで行うことが多くなっています。四十九日まで、7日ごとに行う法要を「忌日法要(中陰法要)」といいます。

忌日の数え方は、亡くなった日を1日目と数えるのが通例ではあります。ただし、地域によっては死亡前日を1日目と数えることもありますので、お坊さんに確認すると良いでしょう。

初七日法要

初七日法要は、故人が亡くなってから7日目に行う法要です。仏教では、人は亡くなってから7日ごとに生前の行いの審判を受け、そして最後の審判である四十九日に生まれ変わり先を決められるといわれます。(宗派によって諸説はあります。)

一番目の審判である初七日には、お坊さんを招き読経をしてもらいます。ただし、葬儀直後ということもあり遺族親族やお坊さんの都合を合わせることが難しく、近年では初七日法要を葬儀の当日に繰り上げて行うことが一般的となっています。

▼初七日法要の流れなど、さらに詳しく知りたい方はコチラ

初七日とは?数え方や具体的に何をするのかという疑問まで詳しく解説

四十九日法要

四十九日法要は、。四十九日(七七日忌)をもって中陰の期間は終わり、忌明けとなります。それまでの忌中の間には、お祝い事を避ける習わしがあります。忌中には、神社の参拝や、結婚式の出席は控えるべきといわれています。

忌明け法要は、故人の魂が極楽に行くのか地獄に行くのかを決める大切な節目です。親族や友人が集まり、盛大に法要を行います。なお、三十五日を忌明けとする宗派もあります。

▼四十九日法要の流れなど、さらに詳しく知りたい方はコチラ

四十九日法要とは?計算方法や流れ、香典・服装・お返しなどを解説

百か日法要

百か日法要とは、亡くなってから100日後に行う法要です。別名を「卒哭忌(そっこくき)」といいます。遺族にとっては、悲しみに一区切りをつけ、日常に戻っていくという意味があります。また、四十九日法要で故人の魂が極楽に行けなかった場合、再審判が行われるといわれています。

百か日法要は、近親者で集まり、自宅の仏壇の前で行われることが多いです。百か日法要は、省略されることもあります。

年忌法要

年忌法要とは、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と、故人が亡くなったのと同じ月日(祥月命日)に行われる法要です。一周忌は満一年ですが、三回忌は満二年です。

「回忌」の考え方としては、故人が亡くなった日(忌日)を一回忌と数えるため、一周忌は二回目の忌日です。死後2年で三回忌、死後6年で七回忌を迎えます。

年忌法要は、亡くなってから年が経つにつれ、徐々に規模が縮小され、三十三回忌か五十回忌を節目に弔い上げとされます。

一周忌

一周忌の法要は、亡くなってから1年後に行います。一周忌を迎えるまでの間は喪中のため、年賀状や初詣などを控えます。一周忌は重要な節目なので、親類や友人などを招いて盛大に行います。

▼一周忌についてさらに詳しく知りたい方はコチラ

【一周忌法要】香典や服装のマナー、お返しやお布施の相場などを解説

三回忌

三回忌の法要は、亡くなってから2年後に行います。三回忌以後は、「周期」ではなく「回忌」で数えます。三回忌までは、故人の友人も招待されることがありますが、七回忌以後は親類のみで行う事が一般的です。

法事の流れ

一般的な法事の流れを説明します。

お坊さんが席に座ったところで、施主より一言挨拶を行います。読経が始まり、お坊さんより合図があったら、施主→遺族・親族→一般参列者の順で焼香を行います。

読経が終わった後、お坊さんより法話(仏教のお話し)が行われます。施主挨拶により、法要は終了します。その後、場所を変えて食事を振舞います。お墓参りを行う事もあります。

法事を行う際の準備

葬儀は葬儀社が準備を行いますが、法事の場合は施主が準備を行います。法事は、事前に緻密な準備を行う必要があります。余裕をもって準備に当たりましょう。ここでは、法事の準備について説明します。

日程を決める

まずは日程を決めます。四十九日法要や、一周忌、三回忌など様々な節目がありますが、法要は忌日当日でなくても構いません。

法要には、特に避けるべき日柄はありません。節目直前の土日など、集まりやすい日程にされるケースが多いです。お坊さんや親類の予定を確認し、日程を決めましょう。

日程が決まらないと、他の準備をすることができません。2~3か月前には日程を決定しましょう。

僧侶の手配

日程や場所を決める際には、必ずお坊さんの予定を確認するようにしましょう。菩提寺がある場合は、基本的には菩提寺に依頼をします。どこに依頼したらいいか分からないという場合には、親戚に相談すると良いでしょう。

お坊さんと関わりが無い場合には、インターネットで調べるか、近隣葬儀社に紹介してもらいましょう。

場所や食事・料理の手配

法要と食事の会場を決めます。法要は規模に応じて、自宅や寺院、ホテル、斎場、霊園の法要室など、さまざまな場所で行われます。

食事は、飲食店やホテルで行うことが多いですが、仕出し料理などを利用して自宅で行うのも手です。

伊勢海老や紅白の色遣いなど、お祝いの印象になる料理は避けましょう。予約をする際に、法事で利用することを伝えておくと安心です。

案内状の作成・郵送

案内状を送る場合には、法事の日時、場所、食事の有無を記し、返信はがきをセットして送ります。返信はがきには参加の可否と、参加者の名前を記入できる欄を作っておくと、人数が確認でき、食事の個数を考えるときに役立ちます。返送期限も記しておきましょう。

法要の一か月半前までには、案内状を届けるようにします。

お返しの用意

参列者からいただくお供えや御供物料に対し、お礼の品物(引出物)を準備します。弔事の引出物は、参列者に対して一世帯に一つと、お坊さんに渡すのが一般的です。

ギフトショップやデパートなどで手配し、法事の前日もしくは前々日に届くようにしましょう。

引出物を渡す方法は、あらかじめ食事の席にセッティングしておく方法と、解散の時に手渡しする方法があります。渡し忘れの無いように気を付けましょう。

▼法事の引出物について詳しく知りたい方はコチラ

法事の引出物|おすすめの品物や相場、のしの掛け方などを詳しく解説

お布施の用意

お布施は、法事当日、読経の前後に渡すことが一般的です。法事の種類にもよりますが、お布施の相場は1~5万円です。別途、お車代を用意する場合は5千~1万円、食事の席に参加されない場合には、御膳料を5千~1万円用意すると良いでしょう。法要の前日までに用意します。

法事の服装・髪型

©buritora/stock.adobe.com

法事に参列する際の、服装や髪型について一般的な法要でのマナーを解説します。葬儀とは違い、法事は前もって準備することができます。あらかじめクリーニングに出すなどして、清潔感のある服装で参列しましょう。

遺族側の服装

葬儀後、三回忌までの法事は、準喪服を着用します。準喪服とは、通夜葬儀で一般的に着る喪服です。

男性はブラックスーツに白いワイシャツ、黒無地のネクタイ、黒の靴を合わせます。女性の場合は、黒のスーツ、アンサンブル、ワンピースに、黒のストッキング、黒のパンプスを合わせます。カバンや傘などの小物類も黒で統一しましょう。アクセサリーは、結婚指輪や真珠以外は身に着けないのがマナーです。

七回忌以降の法要では、親族も略喪服で構いません。男性は、ダークカラー(黒、グレー、紺色など)のスーツ、女性はダークカラーのスーツ、ワンピース、アンサンブルです。

葬儀同様、髪型は顔にかからないようにスッキリまとめましょう。束ねる場合は、耳より低い位置で一つに結びましょう。

参列者側の服装

友人や町内・会社関係などの一般参列者は、三回忌までは準喪服もしくは略喪服を着用します。七回忌以降に招かれることはほとんどありませんが、七回忌以降は略喪服で参列します。七回忌以前の法要であっても、「平服でお越しください」と案内がある場合の「平服」とは略喪服のことです。

平服とはいえども喪服なので、殺生を連想させるような動物柄や、光沢のある素材はNGなど、喪服の基本的マナーを守りましょう。厳粛な場であることを意識して、場に応じた服装で参列しましょう。

▼法事の服装についてさらに詳しく知りたい方はコチラ

法事の服装は平服でもいい?女性・男性や回忌に分けて詳しく解説!

法事での挨拶

法事においても、葬儀のように施主が挨拶する場面があります。場面の雰囲気に合わせ、心を込めた挨拶をしましょう。家族のみで行う場合などでは、挨拶は省略されることもあります。

法事が始まる前

法事が始まる前に、施主より挨拶をします。お坊さんがお参り机の前に座られたところで、挨拶を始めます。①参列者への感謝、②故人の名前、➂お坊さんの紹介・読経の合図、を挨拶に盛り込むと良いでしょう。

これから読経が始まるというタイミングなので、厳かさを心がけ、短い挨拶にしましょう。

読経が終わった後

法要の終了の挨拶を行います。①参列の感謝、②無事に法要が終えられたことを伝えましょう。お斎の席が用意されている場合は、食事の席に誘導する一言を加えましょう。お斎が無い場合には、引出物や折詰の料理を渡すと良いでしょう。

読経後の挨拶は、厳かな雰囲気の中で行われます。場に合った口調で、感謝の気持ちの伝わる挨拶にしましょう。

お斎が始まる前

法要後の食事(お斎)は、故人の思い出話をしながら召し上がっていただけると良いでしょう。①参列者に対し改めて参列の感謝を伝え、②参列者が料理を召し上がりやすい雰囲気にしましょう。代表者が献杯の挨拶をする場合には、代表者の紹介をします。

お斎の後の締めの挨拶

お斎の後の挨拶で、解散となります。①参列への感謝、②故人への気持ち、③今後のお付き合いへの協力を含んだ挨拶にすると良いでしょう。引出物を手渡しする場合には、引出物についての一言を添えることで、渡す前に帰ってしまうことの無いようにしましょう。

▼法事の挨拶例文をみたい方はコチラ

法事の挨拶例文集|喪主の締めの挨拶や参列者の献杯の挨拶などを紹介

法事の香典(御供物料)

法事では、現金もしくはお供えを持参します。この現金は、香典と同じような意味ですが香典ではなく「御供物料」といいます。

相場金額

御供物料は、金額に決まりはありません。参列する法事の種類や、関係性によって変わります。

一般的な相場としては、親族であれば1万~3万円、お斎がある場合は2万~5万円です。夫婦や家族で参列する場合には、多めに包みます。友人などの参列者は5千~1万円、お斎がある場合は1万~2万円が相場です。

香典袋と書き方

御供物料は不祝儀袋に包んで持参します。宗旨宗派や、法要の種類によって、使用すべき不祝儀袋が異なりますので、確認してから用意しましょう。

水引の色は、四十九日法要までは黒白です。その後は、黒白や双銀、黄白などが使用されますが、地域によって異なります。

表書きは、四十九日を迎えるまでは「ご霊前」、四十九日以後は「御供物料」や「御仏前」が一般的です。「御仏前」は宗旨宗派によっては使用できません。「御供物料」という表書きであれば、幅広い宗派に使えて無難です。

水引の下部には、代表者のフルネームか苗字を書きます。四十九日以後は、表書きを書く際に、薄墨ではなく濃い墨を使用して構いません。

▼法事の香典について相場金額などを詳しく知りたい方はコチラ

【法事の香典】金額相場や香典袋の書き方・包み方、渡し方を解説

法事のお供えや花

法事のお供えとして、供花や供え物を持参するのも良いでしょう。法事のお供えのおすすめを紹介します。

おすすめのお供え・花

おすすめのお供えは、お菓子や果物、乾物などの食べ物、ビールやジュース、線香や蝋燭です。

お菓子を持参する場合は、法事のあとでお裾分けしやすいよう、個包装の物を選ぶと良いでしょう。和菓子でも洋菓子でも構いませんが、なるべく日持ちのする物を選びましょう。

供花を持参する場合、濃い赤やオレンジ色は、お祝いの印象になってしまいます。供花の注文時に、法要用であることを伝えると良いでしょう。

お供えの掛け紙・表書き

お供えの掛け紙は、結び切りの水引が印刷されているものを使用しましょう。

水引の色は地域性があります。東日本では黒白、西日本では黄白が一般的ですが、地域の専門店やギフトショップで確認すると良いでしょう。

水引の上部に「御供」と記し、下部には代表者のフルネームもしくは苗字を記します。

法事のお返し

参列者からいただくお供えや御供物料に対し、お礼の品物を準備します。このお返しの品を、引出物(引き物)といいます。

では、引出物はどのような品を用意すれば良いのでしょうか。相場金額なども含めて、詳しく解説します。

相場金額

引出物は2千~5千円くらいが相場です。お返し(引出物と食事の合計)は、いただいたお供えや御供物料の、「3分の1~半返し」をすることが目安です。

例えば、3千円の引出物と5千円の食事を用意する場合、夫婦2名で参列した方に対しては、3千円(引出物)+5千円×2人前(食事)=1万3千円分のお返しをしたことになります。高額の現金を包まれた方には、後日追加でお返しをすると良いでしょう

渡す品物

弔事の引出物は、不幸が続かないようにという意味で、「あとに残らないもの」が良いとされています。お茶や珈琲、お菓子、海苔、洗剤など、日持ちのする食品や消耗品が人気です。

参列者が自宅へ持ち帰るということを考慮すると、なるべく軽くてかさばらない品が良いでしょう。

のしの書き方

お返しには必ずのしをつけます。法事お返しのしには「志」や「粗供養」と記します。

のしの水引は、黒白もしくは黄白の結び切りです。水引の色や種類には地域性がありますが、ギフトショップに依頼すれば相応しいのしをつけてもらえるので安心です。

まとめ

身近な人が無くなると、長期にわたって法事を行っていくことになります。法要は、故人の供養を行う場であると同時に、故人を通じて出会えた縁を、より濃くする場でもあります。施主側も参列者側も、しっかりと準備をして、法事の日を迎えましょう。

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ