法事の挨拶例文集|喪主の締めの挨拶や参列者の献杯の挨拶などを紹介

自分が施主を務める法事の際は、法要が始まる前など挨拶が必要になります。法事では葬儀とは違い葬儀社のスタッフはいませんので、自分たちで進行を行う必要があります。

本記事では法要の際には、どのタイミングで、どのような挨拶を行う必要があるのか解説していきます。

法事で挨拶が必要な時

法事での挨拶は、法要の始まりと終わり、お斎の始まりと終わりで挨拶が必要になります。ごく身内だけの場合は、形式ばった挨拶は必要ないこともありますが、住職にはきちんとご挨拶をした上で法要を始めていただくのが良いでしょう。

また、親戚の方やその他故人の知人などに来ていただく場合には、来ていただいた事のお礼をお伝えするようにしましょう。

法要が始まる前の挨拶

法要が始まる前の挨拶では、下記の内容を盛り込むようにします。

  • 参列者へのお礼
  • 誰の法要なのか
  • 読経開始の合図

法要開始前の挨拶では、長くお話しする必要はありません。短めに必要なことだけを伝えるようにしましょう。

四十九日法要の場合

四十九日法要を葬儀の際に繰り上げて行う際には、葬儀社のスタッフが司会進行をしてくれますので、その部分だけ施主が行う必要などはありません。

葬儀とは別日程で四十九日法要を行う場合には、親戚のみで行うことが多いので、あまり仰々しい挨拶ではなくても良いでしょう。

四十九日法要を自分達で行う場合の例文を記載しますので、参考にしてみてください。

本日はお忙しい中、御足労頂き誠に有難うございます。これより、父の四十九日法要を執り行いたいと存じます。それではご住職、宜しくお願い致します。

お寺で法要を行う場合には、時間になり次第住職の方から「皆様お揃いですか?それでは始めさせて頂きます」とお声がけいただける場合もありますが、住職との関係性や人柄にも寄ります。法要をお願いするのですから、なるべく施主の方から挨拶をした方が良いでしょう。

一回忌の場合

一周忌は葬儀の際に繰り上げ法要をする事はありませんので、どのような形でも遺族が主導して行う必要があります。

自宅で行う方、お寺で行う方、ホテル等の会場を借りて行う方もいます。自宅で行う場合には、来ていただいた方をご案内したり、始まる前にお茶出し等をする必要もあります。ホテルで行う場合も、葬儀の際のようにスタッフがたくさん付くケースは少ないので、自分達で案内や挨拶を行う必要があります。

始まりの挨拶は、一周忌でも四十九日法要と同様に長く話す必要はありません。しかし、親戚以外にも故人の友人・知人などに来ていただいた場合には、きちんとした挨拶を施主からした方が良いでしょう。

一周忌の場合の例文を記載しますので、参考にしてみてください。

皆様、本日はご多忙のところお集まり頂き有難うございます。時間となりましたので、これより亡き父・〇〇〇〇(戒名)の一周忌法要を始めさせて頂きたいと思います。それではご住職、宜しくお願いいたします。

法要が終わった後の挨拶

法要が終わった後の挨拶では下記の内容を入れた挨拶を行います。

  • 法要終了の案内
  • 感謝の言葉
  • お斎があるかどうか
    ある場合は、お斎の会場の案内
    ない場合は、これで散会にする旨と折詰めや引き出物の用意があるという案内

お斎がある場合は簡単に挨拶をして、会場にご案内する形でも構いません。四十九日法要と一周忌の場合での例文をみていきましょう。

四十九日法要の場合

①お斎がある場合の例文(お寺からお斎の会場に移動する)

本日は皆様お忙しい中、父の四十九日法要にお集り頂きまして誠にありがとうございました。葬儀の際には、皆様には一方ならぬお世話を賜り、あらためて御礼申し上げます。本日、無事に納骨を済ませることが出来、父も安心していることと思います。

ささやかではございますが、お食事の席を用意いたしました。この後、〇〇寺より徒歩5分の〇〇にて予約をしてありますので、お時間の許す限り父の供養のためにも、思い出話などしながらごゆっくりしていただければと思います。

本日は誠にありがとうございます。

②お斎が無い場合の例文

本日はご多用中にも関わらず、皆様お集まりくださいまして有難うございました。お陰様で無事に四十九日法要を行うことができました。誠にありがとうございます。

正直に申し上げますと、まだ父が亡くなった実感が沸かず整理がついていない部分もありますが、これにて一区切りとし、父に心配をかけぬよう一日も早く立ち直り、家族で力を合わせて生きていこうと思います。どうかこれからも変わらぬご支援のほど何卒お願い申し上げます。

本来であれば皆様と一緒に粗宴を囲みつつ、父の思い出話をお聞きしたいところではございますが、遠方からお越し下さった方もいらっしゃいますので、本日はこれで散会とさせていただきます。

お荷物になるかとは存じますが、折り詰めと心ばかりの品を用意してございますのでお帰りの際には、どうかお持ち帰り下さい。本日は誠にありがとうございました。

一回忌の場合

①お斎がある場合の例文(ホテルで法要を行い、同じフロアの別会場に移動してお斎)

本日は、皆様お忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。お陰様で父・〇〇〇〇(戒名)の一周忌法要を無事に終えることができました。

私たち家族にとっては、あっという間の一年でしたが、これからも父に恥ずかしくないような日々を過ごしていきたいと思っていますので、今後とも皆様ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

なお、簡単ではございますが、同じ階の〇〇の間にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、故人を偲びつつおくつろぎいただけますと幸いです。
本日は誠に有難うございました。

②お斎がない場合の例文

本日はご多用中にも関わらず、皆様お集まりくださいまして有難うございました。お陰様で父・〇〇〇〇(戒名)の一周忌法要を無事に終えることができました。親しい皆様に囲まれ父も喜んでいることと思います。誠に恐縮ではありますが、本日はこれにてお開きとさせていただきたく存じます。

何のおもてなしもできませんでしたが、ささやかながら折詰をご用意いたしましたので、どうぞお持ち帰りください。どうか今後とも、ご指導賜りますよう、何卒お願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

お斎を始める際の挨拶

お斎を始める際の挨拶には、下記の内容を盛り込みます。

  • 故人との関係(自己紹介)
  • 法要に参加していただいた事に対するお礼
  • ゆっくり休んでいただきたい旨
  • 献杯も同時に行う場合は献杯の挨拶

※別の方に献杯をお願いする場合には、事前に声をかけておくようにしましょう

四十九日法要の場合

四十九日法要の場合の挨拶の例文を記載します。

故人の長男(故人との続柄)の〇〇(名前)でございます。本日はご多用のところお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

おかげ様で無事に父の四十九日法要を済ませることができました。忌明けを迎え父(故人)も安心していることでしょう。

本日は皆様と故人の思い出を語らいながら、故人を偲びたいと思います。

それでは、故人の冥福を祈りまして、献杯。

ありがとうございました。それでは、どうぞお食事をお召し上がりください。

一回忌の場合

一周忌法要の場合の挨拶の例文を記載します。

故人の長男(故人との続柄)の〇〇(名前)でございます。本日はご多用のところお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

おかげ様で無事に父(故人)の一周忌法要を済ませることができました。懐かしい皆様に囲まれ父(故人)も喜んでいることでしょう。本日は皆様と父(故人)の思い出を語らいながら、故人を偲びたいと思います。

それでは、献杯は父(故人)の友人の〇〇様にお願いしたいと思います。

〇〇様、宜しくお願い致します。

お斎での締めの挨拶

お斎での締めの挨拶は下記の内容を盛り込みます。

  • ここで散会することの連絡
  • 今後とも変わらぬお付き合いのお願い
  • 今日一日のお礼
  • その他の案内

また、参加者と話すうちに故人の知らなかったエピソード等印象に残ったことがあれば、それを話しても構いません。締めの挨拶は、始めの挨拶よりは時間が押していない限り長くなっても良いでしょう。

四十九日法要の場合

まだまだ皆様のお話をお聞きしたいのですが、そろそろお時間となりましたので本日はこれにてお開きにしたいと存じます。

父(故人)の友人の皆様から、私が知らなかった父(故人)の趣味の場での話を伺うことが出来、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。父がいなくなって寂しくなりましたが、残りました家族一同助け合ってやっていきたいと存じます。どうか今後とも、変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

また、お荷物になるかと存じますがお帰りの際にお礼の品を用意しておりますので、お持ち帰り頂けますと幸いです。本日は誠にありがとうございました。

一回忌の場合

そろそろお時間となりますので、これでお開きとさせていただきたいと存じます。久しぶりに皆様方と顔を合わせ、父(故人)の思い出を共有することが出来て、皆様にも父(故人)のことを思い出してもらい、父(故人)も喜んでいるかと思います。

父(故人)と比べるとまだまだ未熟な私ではございますが、私共家族一同への今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申しあげます。

お荷物になるかと存じますが、お手元にお礼の品をご用意いたしましたので、お帰りの際には、どうかお忘れなきようお持ちください。本日は誠にありがとうございました。

献杯の挨拶

献杯は、喪主がお斎の始まりの挨拶の際にそのまま行う場合と、別の方に献杯だけお願いするパターンがあります。

献杯だけお願いされた方は、挨拶が長くなりすぎないように下記内容を手短に一分程度にまとめるようにします。

  • 自己紹介
  • 故人を偲ぶ言葉やお悔やみの言葉
  • 「献杯」の言葉

「献杯」は「乾杯」とは違い、グラスなどを高く掲げて他の方と合わせたり、大きな声で唱和したり、飲み干して拍手するという事は行いませんので注意しましょう。グラスは合わせずに、唱和も静かに行い、拍手も行いません。

下記では喪主以外の方が献杯の挨拶をする場合の文例を記載します。

四十九日法要の場合

故人の親族が行う場合の例文

故人の弟の◯◯でございます。本日はお忙しい中、兄(故人)の四十九日法要にお集りいただきましてありがとうございました。

本日で四十九日の忌明けでございます。私たち家族が頑張っている様子を見て、兄(故人)もほっとしているのではないでしょうか。楽しいお酒の場が好きだった兄(故人)ですからこの場ではどうか昔の思い出話などで兄(故人)を偲んでいただければと思います。

それでは、これより献杯をさせていただきます。献杯。

一回忌の場合

故人の友人が行う場合の例文

只今ご紹介をいただきました〇〇の友人の〇〇と申します。〇〇(故人)とは学生時代からの付き合いで約30年、共に遊び成長してきた仲間であります。〇〇(故人)がご逝去されて一周忌になりますが、こうして皆様の元気な姿を拝見することができ、〇〇(故人)も安心していることと思います。

お食事の席では、ご一緒に故人を偲び、故人との思い出に浸りつつ、和やかに過ごしたいと思っております。

それでは皆さま、お手元のグラスをお持ちいただきご唱和お願いします。献杯。

お坊さんへの挨拶

法要では、お坊さんへのお布施を渡す必要があります。寺院によっては戒名の長さで大体の金額が法要ごとに決まっていたり、相場がある場合もありますが、どの程度の金額で用意したらよいかわからない場合には、直接確認しても問題ありません。

金額を確認する場合には、法要の日程調整を連絡する際などと一緒に下記のような文言で確認しておくのが良いでしょう。

誠に恐れ入りますが、お布施の準備もございますので、いかほどご用意させていただけばよろしいかお聞かせ願えればと存じます。

また、法要が終わった後には、お布施を渡す必要があります。

本日は、ご多用のところ、大変お心のこもったお勤めをたまわり、誠にありがとうございました。おかげさまで、無事に◯◯法要を終えることができました。

些少ではありますが、どうぞお納めください。どうか、今後ともよろしくお願い申し上げます。

お車代や御前料(折詰め等)を一緒に渡す場合には、この際にお布施とは袋を分けて渡すと良いでしょう。

参列者として法事に呼ばれたときの挨拶

参列者として法事に呼ばれた際には、以下の内容が必要になります。

  • 受付等、会場に到着した際の挨拶
  • 香典を渡す際の挨拶
  • 遺族や施主への挨拶

下記にて文例を確認していきましょう。

受付での挨拶

法要の会場に着いたときは、「本日はお招きをいただき、ありがとうございます。ご家族の皆様と一緒にご供養をさせていただきます」「本日は参列させていただき有難うございます。改めてご冥福をお祈りさせていただきます」といったように、招いていただいたことに対するお礼の言葉を述べます。

香典を渡す際の挨拶

香典は祭壇の前に黒塗りの切手盆など置くスペースがあれば、到着をして式が始まる前に一度焼香をさせてもらい、そのタイミングでお供えします。

直接供物や御香典を遺族に渡す場合には「御仏前にお供えください」「心ばかりのものですがどうぞお納めください」と差し出します。

遺族や施主への挨拶

法事の会場に入り、遺族と顔見知りだったり、はっきりわかる場合には、無言ではなく手短に「本日はお招きありがとうございます。皆さまと一緒にご供養をさせていただきます」などと言葉をかけてもいいでしょう。開式前などであれば長話はしないようにします。

何かお話ししたいことがあれば、法要後かお斎があれば、その席で故人についての思い出を語るようにしましょう。

挨拶をする際の注意点

法要の際の挨拶では、喪主・施主、参列者共に注意するべきなのは忌み言葉です。忌み言葉には下記のようなものがあります。

①重ね言葉

「重ね重ね」や「ますます」などと同じ言葉が繰り返される「重ね言葉」は不幸が重なってしまうとされて縁起が悪いため、避けるようにしてください。

②「死ぬ」「死亡」「生きていた時」などの直接的な言葉

「ご逝去」「永眠する」「生前」などに言い換えるようにしましょう。

③「さまよう」「浮かばれない」などのネガティブな言葉

故人の魂がさまよう、浮かばれないなど連想させてしまいますので避けるようにします。

他にも、宗教によって使う用語に違いがあるため、どの宗派での法要なのかは注意しなければなりません。例えば「ご冥福をお祈りする」の「冥福」は仏教用語なので、キリスト教式では使えません。またキリスト教では、亡くなることを「天に召される」とも表現します。

不安な場合には、事前に挨拶の文章を考えておくようにしましょう。

喪主・施主の注意点

自分が喪主として挨拶をする際には、故人の思い出話やエピソードなど話したいことがたくさんある場合でも長くなりすぎないように注意をしましょう。

また、遠方から来ていただいた方などがいる場合には、そのことに対してお礼を伝えるなどしましょう。

たくさんの方に来ていただいた場合には、なるべくお斎の際などは一席一席をまわってお礼を伝えるようにします。

参列者の注意点

法要に関係ない話や、故人の悪い噂話などを話題に出すのはマナー違反ですのでしないようにしましょう。法要は故人の冥福を祈り、偲ぶための場所であるということを肝に銘じます。

また、もしどうしてもお斎の席など、途中退席する必要がある場合には喪主か遺族に一言挨拶をしてから帰るようにします。他の方とお話ししているタイミングなどはなるべく避けるようにし、今日招いていただいたことに対するお礼をお伝えしてから退席しましょう。

まとめ

法要は故人が亡くなった後に行う重要な追善供養です。三回忌までは、親族以外も招いて法事を行うケースも多くあります。親族だけの際には改まった挨拶は必要ありませんが、遠方から来ていただいたり、故人の友人などを招く場合には失礼の無い様に丁寧なあいさつが出来ると良いでしょう。

また、参列する場合にも献杯の挨拶等頼まれることがあるかもしれません。当日依頼されても慌てないように参考にしてみてください。

▼法事のマナーまとめを見たい方はコチラ

法事とは?服装やお供えのマナー、挨拶やお返しなど網羅的に解説!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ