法事のお布施|使う封筒や相場金額、表書きの書き方や渡し方などを解説

お寺とのお付き合いで避けては通れないのが「お布施」です。ご葬儀の際や、法要の際以外にもお彼岸やお盆で必要になる場合が多いですが、実際どのくらいがお布施の相場なのか気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、本記事ではお布施の相場や渡し方を解説していきます。

お布施とは

お布施とは本来仏教において、自分の持っているものを「施す・分け与える」ことを指し、修行の中の一つとされています。自分の金品を分け与える財施(ざいせ)、僧侶が仏法を教える法施(ほうせ)、人々の恐怖心を取り除き安心させる無畏施(むいせ)というものがあります。

現在、一般的にいわれる「お布施」は、上記の中での財施を指し、感謝の気持ちで僧侶にお渡しするお金という意味になります。お布施は直接的には僧侶にお渡しする形になりますが、実際には菩提寺で祀られている仏様に捧げるものになりますので、「お布施は気持ちですから相場はありません」と言う僧侶もいます。

ただし、そう言われては困るという人も多いので、現在では読経料や戒名料に値段をつけて提示する僧侶も増えてきているようです。

お布施の種類

法要の際に僧侶に渡すお布施にはどのようなものが含まれていればよいのでしょうか。それぞれ項目ごとに相場をみていきましょう。

読経料

一周忌までの法要の際の読経料の相場は3万~5万程度です。これが三回忌を過ぎると1万円~5万円程度になり、故人が亡くなってから時間が経つと一般的にはお布施の金額は下がっていきます。ただし、地域や宗派、各お寺によっても違います。

お車料

お車料は簡単にいうと僧侶の交通費で、5千円~1万円程度が相場です。ただし、住職の住居が隣接しているお寺で法要を行った場合や、施主が送迎タクシーを手配した場合などは僧侶に渡すお布施の中にお車料は不要と考えて問題ありません。

御膳料

御膳料の相場は5千円円~1万円です。僧侶が法要後の御斎(食事会)に参席されなかった場合に、御前の代わりに出すお心づけですので、御斎(食事会)に参加された場合には不要になります。また、折詰め等用意している場合には不要と考えて問題ありません。

出す場合には、お布施の袋とは別に「御膳料」と書いた袋を用意して包むとわかりやすいでしょう。

もし、お車料と御膳料を一つの袋で出す場合には切りの良い金額にするのが良いでしょう。

戒名料

一般的な仏教の葬儀では、お通夜までに僧侶に戒名をつけてもらいますが、授与してもらわなかった場合には本位牌に魂入れをする四十九日法要までに授与してもらうのが良いでしょう。

戒名料は戒名のランクによって相場が異なるのが一般的です。10万円~100万円が相場と、金額にも幅があります。金額は宗派やお寺によって変わりますが、「居士・大姉」や、それに更に「院号」がつく戒名ほど高くなると考えておけば良いでしょう。明確にお寺の住職から金額提示される場合もあります。

▼戒名とは?詳しく知りたい方はコチラ!

戒名の付けかたやもらい方とは?戒名が用いられるタイミングや宗派ごとの付け方を詳しく解説

法事ごとのお布施の相場金額

通夜・告別式が終わると今度は法要があります。周忌法要やお盆、お彼岸で、僧侶に読経してもらう場合にはお布施が必要になります。地域によっては、新盆ではなくてもお盆やお彼岸に僧侶が自宅を回って読経するお寺もあります。法事ごとのお布施の金額相場を細かくみていきましょう。

初七日法要のお布施

初七日法要は、故人が亡くなった日から数えて七日目に行われる法要です。(関西では亡くなった前日を一日目と数える場合もあります。)

初七日法要の相場は宗派にもよりますが3万~5万です。最近では、葬儀の際に繰り上げて行うケースも増えています。葬儀の際に繰り上げ法要を行う場合には、僧侶に袋を分けてお渡しするか、「初七日法要の分も入っております」と一言伝えると良いでしょう。

葬儀の際に一緒に行わない場合は、自宅に僧侶を呼ぶ場合とお寺に出向いて行う場合があります。この場合、御膳料やお車料も必要であればお布施に含めたり、別に袋を用意して包んだりする必要があります。

▼初七日法要で行うことやマナーを知りたい方はコチラ!

初七日とは?数え方や具体的に何をするのかという疑問まで詳しく解説

四十九日法要のお布施

四十九日法要は葬儀とは別に法要を行い、納骨式も合わせて行うのが一般的ですが、親族が集まるのが難しい場合には告別式・火葬の後に初七日・四十九日法要を繰り上げて行い、納骨までその日に行うケースもあります。

もちろん、入るお墓がない場合やその他事情がある場合には四十九日法要で納骨せずに先に延ばす事もあります。

十九日法要自体のお布施は3万~5万、納骨時のお布施は1万~5万とされています。四十九日法要と別日で納骨式を行う場合には、お布施は必要になると考えた方が良いですが、四十九日法要と同日で行う場合には、納骨式としてのお布施は必要ない場合もあります。

また、亡くなった故人がそのお宅での初仏となる場合には、新しく仏壇やお墓を用意し開眼供養を行う場合もあります。この辺りは、地域や宗派、お寺ごとによって変わりますので、住職に確認しておくと良いでしょう。

また四十九日法要でも、お寺以外で行う場合はお車料も必要になりますし、法要の後の御斎に僧侶が参加しない場合には折詰めや御膳料が必要なります。

▼四十九日法要で行うことやマナーを知りたい方はコチラ!

四十九日法要とは?計算方法や流れ、香典・服装・お返しなどを解説

お盆・お盆のお布施

お盆には僧侶が自宅を回って個別に読経をして供養をするお寺もありますし、個別にではなくまとめて合同供養を行う場合もあります。やり方によって相場は異なり、お布施は5千円~2万円程度が相場になりますが、新盆の場合には3万~5万程度が相場となります。

また、地域によってはお盆後に新盆のお宅を集めて合同で施餓鬼供養を行うお寺もあります。その場合には施餓鬼料として程度を相場としたお布施をお渡しします。また、供養のための。塔婆料は2,000円~1万円程度が相場ですが、塔婆料は金額がお寺ごとに決まっています。事前にお寺に確認しておくと良いでしょう。

一周忌のお布施

一周忌は亡くなってから一年後に行う法要です。親族が多く集まれる、命日に近い日に行うことが多いですが、親戚以外にも故人の友人・知人も呼んで行う場合もありますので、住職とも相談し早めに日程調整をし、会場の手配などをすると良いでしょう。

一周忌法要のお布施の相場は3万~5万程度です。一周忌はお寺や自宅、ホテルやメモリアルホールを借りて行うこともできますが、お寺以外で行う場合には、お車代を5千円~1万円程度用意します。車を施主が手配した場合にはお車代は不要です。

また、一周忌法要が終わった後にはお斎(会食)を行います。僧侶がお斎(会食)を辞退された場合には御膳料を5千円~1万円程度もしくは折詰めを用意します。

▼一周忌で行うことやマナーを知りたい方はコチラ!

【一周忌法要】香典や服装のマナー、お返しやお布施の相場などを解説

三回忌以降のお布施

三回忌は故人が亡くなってから満二年で行う法要です。一周忌の次の年が三回忌法要となります。

三回忌以降のお布施の相場は1万円~5万円程度になります。一般的には時間が経過するほどお布施の相場も下がります。

また、三回忌以降は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌まで続きます。ただし、三十三回忌以降は、故人を直接知る人が生存しなくなってきますので、三十三回忌もしくは十七回忌を弔い上げとする方が多いようです。

弔い上げの場合のお布施は3万~5万程包み、永大供養をお願いする場合はお布施とは別に用意してお支払いします。10万円~150万円程度が相場となっており、個別に納骨となるのか、合祀墓などで遺骨を他の方の遺骨と混ぜて納骨するのかどうかという点で相場の金額に幅があります。

お布施の書き方

僧侶に渡すお布施ですが、お布施はどのように書くと良いのでしょうか。下記にて詳しく見ていきましょう。

お布施の表書き

お布施の表書きは、包んだ封筒や奉書紙の上側中央に縦書きで「御布施」と記載します。既に印刷されている袋を使う形でも構いません。

お布施の下には、施主のフルネームを記載します。故人と施主の苗字が違う場合には、苗字の後に「〇〇家」とつける形でも良いですが、わかりづらい場合には施主のフルネームを左脇に記載するとわかりやすいでしょう。

文字の色は黒で毛筆や筆ペンを使って記入します。金額や住所は基本的には記載する必要はありませんが、故人の後を継ぐ方の住所が故人とは違う場所だったりする場合には記載がある方が好ましいケースもあります。

お布施の包み方

お布施は奉書紙か封筒でお金を包んで渡します。どのような紙を使うのか、どのように入れたらよいのか解説していきます。

まず、「御布施」と書いた袋には「読経料」(あれば「戒名料」も)を入れます。お車料とお膳料どちらも渡す場合には、袋を分けた方が丁寧ですがお車料とお膳料で合わせて切りの良い金額であれば、表書きは「お車料・お膳料」としてしまい、一つの袋でも構わないでしょう。

もし、お寺の方から金額の明細を提示されており、何がいくらかお互いが明確にわかっている場合には、一つの袋で表書きは「御布施」とし、全て包んでしまっても問題ありません。

お布施をつつむ封筒

お布施を包む際には奉書紙を使うのが伝統的で、最もふさわしい方法です。奉書紙が用意できない場合は白い封筒でも構いませんが、簡易的な方法とされています。

ただし、白い封筒を選ぶ場合には郵便番号を記載する欄などがない無地のものが望ましいです。

また、表書きが印刷されておらず水引だけが印刷された封筒もありますが、お布施には使いません。当家にとって法要は弔事ですが、お布施は僧侶にお経をあげてもらったことに対するお礼であって、僧侶にとっては弔事ではないからです。

もし用意できない場合には双銀や黄白で結び切りの水引のものであれば利用することもできますが、コンビニ等でも販売されていますので、なるべく無地のものを用意できると良いでしょう。

ただし、お墓や仏壇の開眼供養などや、お年賀として年始の挨拶で持っていくお布施には紅白の水引がついたのし袋を使うケースもあります。

封筒への入れ方

御布施を包む際には、まずお札の向きを揃えます。そして、お布施袋を表に向けた際に肖像画が見えるように、お札を表向きに入れます。香典の入れ方とは逆です。

また、お布施はなるべく新札を用意するようにします。もしすべて新札で用意できなかったとしても、ボロボロのお札や汚れたお札は失礼になりますので、なるべくきれいなものを用意するようにします。

奉書紙はお布施を渡す方法として伝統的かつ最も丁寧な形としておすすめです。奉書紙を使った包み方は、まず奉書紙をひし形に広げ、お布施を包んだ中包みを真ん中よりも少し右側に来るように置きます。中包みの端に合わせるようにしながら、左・右・下・上の順番に畳めば完成です。

包み終わった際、奉書紙の滑らかな表面が見えるように、最初にひし形に広げる際にはざらざらとした裏面の上に中包みを置きます。

お布施の渡し方

お布施を渡す際には、黒塗りの切手盆などの小さなお盆に乗せて渡すのがマナーです。お盆がない場合には、袱紗の上に乗せて捧げるようにし、手渡しは避けましょう。

もし、菓子折り等と一緒に渡すのであればその上に乗せて差し出しても構いません。

お布施を渡すタイミング

法要の際、御布施を渡すタイミングはいくつかあります。本来であれば事前にお寺へ出向いて渡すのが丁寧ですが、難しい場合は当日法要が始まる前に渡すのが良いでしょう。

法要後にお斎があれば終わった後でも構いませんが、僧侶をお見送りする前に渡します。もしお斎を辞退された場合には法要が終わった時点で渡すようにします。

終わった後に渡そうと思っていると、様々な方への挨拶もあるため忘れてしまいがちなので注意をします。

お布施を渡す際にかける言葉

お布施を渡す際には、無言で差し出すのではなく、何か一言声をかけて渡すようにしましょう。法要が始まる前であれば、「本日はどうぞよろしくお願いいたします。」「この度の法要をどうぞよろしくお願いいたします。」などと言いながら差し出します。

また、終わった後であれば「本日はありがとうございました。」「御布施でございます。どうぞお納めください。」などと声をかけて渡すようにします。

お布施金額の聞き方

お布施の金額目安を知るためには、「僧侶やお寺の方に聞いてみる」という方法が一般的です。

事前にお寺に法要の日程調整の連絡を取られるかと思いますので、その際に「今回の法要ではいかほどお布施を用意するのが良いでしょうか」と確認します。

僧侶に「相場はありませんからお気持ちで結構ですよ」と言われた場合には「皆さんはどの程度ご用意されてらっしゃいますか」と聞くと答えてくれる場合もあります。

それでも「お気持ちで」と言われた場合には、相場とされている金額や無理のない範囲で出せる金額をお包みする形で問題ないでしょう。

まとめ

そもそもお布施は修行の一種であり、本来金額が決まっているものではありません。ただ、時代の流れとともに、読経料や戒名料などとしての値段がついてきてしまったのも事実です。

お布施の金額は相場があるといっても、地域や宗派、お寺ごとに異なることがあり「いったいどれくらい包んだらよいのだろう」「僧侶に金額を訪ねるのは失礼ではないだろうか」と戸惑ってしまうこともあると思います。わからない場合は、お寺の住職に聞いてしまっても構わないのです。相場はあくまでも目安になりますので、困った際には一度お寺の住職に相談するようにしましょう。

▼法事で行うことや準備しておくことを知りたい方はコチラ!

法事とは?服装やお供えのマナー、挨拶やお返しなど網羅的に解説!

 

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ