法事の引出物|おすすめの品物や相場、のしの掛け方などを詳しく解説

法事に来ていただいた方への、お礼の法事のお返しとして引出物を用意します。いざ準備する側になると、どんなものを用意すべきか分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は、法事の引出物について、選び方やマナーを解説します。

法事の引出物(お返し)とは

法事(法要)に参列する親族は、お供えや御供物料 を持参します。葬儀に持参する現金を「香典」というのに対し、法事に持参する現金は「御供物料」といいます。

そのお礼として、施主は、親族への手土産の品「引出物(法事のお返し)」を用意します。引出物は、法要の帰り際に渡すことが一般的です。引出物には、「参列してくれたことへのお礼」、「お供えや御供物料のお礼」の意味が込められています。

なお、結婚式で頂くお礼の品が「引出物」とよばれることから、結婚式と区別をするため、法事の引出物は「引き物」と呼ばれることもあります。

法事の引出物と混同されやすいものに、香典返しがあります。引出物は、法事の参列やお供えに対するお礼であるのに対し、香典返しは、通夜・葬儀で頂いた香典へのお礼です。通夜葬儀で香典を頂き、法事にも参列された方へは、香典返しと引出物をどちらも渡すことになります。

お返しは誰に渡す?お坊さんにも必要?

法事の引出物は、参列された方にした親族 に対し、一世帯に一つずつ渡すのが一般的です。読経頂いたお坊さんにも用意し、お経の前後やや食事の後に、お布施と一緒に渡すと良いでしょう。お坊さんが高齢の場合や徒歩の場合には、後日お寺まで持参する方が親切かもしれません。

法事の引出物の相場金額

引出物の相場は2千~5千円です。香典返しと同じく引出物も、頂いた額の「半額~3分の1」程度をお返しするというのが一般的です。お返しの額は、引出物と食事を含めて考えます。

仮に引出物の金額が3千円、お食事の値段が4千円とすると、3千円+4千円=7千円分のお返しをすることになります。法事の香典は、法事の種類や関係性にもよりますが、一人1万円程です。お食事の額も考えると、法事の引出物は2千~5千円の品を用意し、会食の席を用意しない場合には、少し高額(5千~1万円程度)の引出物を用意するようにしましょう。

高額のお供えをいただいた方には、後日差額分のお返しを贈ると良いでしょう。会食の席を用意しない場合には、少し高額(5千~1万円程度)の引出物を用意するようにしましょう。

法事の引出物で渡す品物

弔事での品物選びは「悲しみを後に残さない」という気遣いから、「後に残らないもの」、「消えもの」を選ぶことがマナーとされています。どの家庭においても、日常で消費されるようなものが良く選ばれています。例えば、お菓子やタオル、洗剤などの、食品や消耗品です。また、故人に縁のあるものを引出物に選ぶこともあります。遠方から来られる方や、高齢の方がいらっしゃる場合には、に配慮し、軽くてかさばらない品物を選ぶことをオススメします。

品数は1種類?2種類?

法事の引出物は、1種類で用意する場合と、2種類をセットにして用意する場合があります。例えば3千円の予算で用意をする場合、3千円で1種類の品物にする場合と、1,500円の2種類の品物をセットにする場合です。1種類でも2種類でも問題はありません。関西や西日本では、セットで用意する場合が多いです。

引出物でタブーな品物は?

弔事の引出物のタブーには、「縁起物」があります。例えば、「喜ぶ」のゲン担ぎや子孫繁栄の意味がある昆布や、武運長久の意味がある鰹節は、法事の引出物として相応しくありません。

また、ビールや嗜好品も、避けた方が無難です。生ものや冷蔵品、賞味期限の短いものも、受け取る側の気持ちを考えて控えましょう。

商品券などの金券は、お返しの金額が分かってしまうことから、相手に不快な想いをさせるかもしれません。法要の引出物としては、避けられるのが無難です。

法事の引出物で人気なおすすめの品物

それでは、法事の引出物で良く選ばれている品物をご紹介します。不祝儀であることをふまえ、参列者の好みや、持ち帰りの利便性を考慮して選びましょう。

お菓子(饅頭、お餅、カステラなど)

引出物のお菓子は、自宅で家族で分け合うことができるので人気です。お寺でのお供えになることから、お坊さんに渡すものとしてもオススメです。饅頭、お餅、カステラ、せんべいなどがあります。なるべく個包装で、日持ちするお菓子が良いでしょう。

お茶、コーヒー、紅茶など

いつもの食卓でいただけるものとして、お茶やコーヒー、紅茶も人気です。普段良く飲むものだからこそ、少し品質の良い高級感のあるものを贈ると喜ばれます。お茶を贈ることは、法事の後に「家族でお茶を飲みながら故人を偲ぶ」という意味があります。

日持ちが良く、常温でも保存ができ、軽くてかさばらないため、引出物の定番です。

砂糖

昔は砂糖がなかなか手に入らない物であったこともあり、ギフトとして贈ることで喜ばれてきました。現在においても、砂糖は日常で頻繁に消費されるため、良く選ばれています。コーヒーや紅茶のギフトと合わせて贈るのも良いでしょう。

また、砂糖の白は、「純粋な魂」や「自愛」を表します。故人に「純粋な魂で旅立ってほしい」、また、参列者に「ご自愛してください」という気持ちが込められています。

お米

お米も、どの家庭でも頻繁に消費されるため、良く選ばれています。高級感のあるブランド米が、一合ずつ上品に包まれたセットは、特別感があります。

ただし、お米はずっしりと重みが出てしまうところが難点です。参列者が徒歩や公共交通機関を利用する場合には、避けたほうが良いでしょう。

カタログギフト

受け取った側が、自分で欲しいものを選ぶことができるのが、カタログギフトです。雑貨や食品、レジャーやレストランのコース料理など、豊富な品物から選ぶことができます。

「しきたりに合った品物」よりも、「相手が本当に欲しい品物」を届けることができるため、近年急速に人気が出てきています。

法事の引出物はいつ、どうやって渡す?

引出物を渡すタイミングとしては、法事当日に、お経やお食事が終了し、解散する時が良いでしょう。直接手渡しで渡す方法と、それぞれのお食事の席に置いておく方法があります。参列のお礼を伝えるものなので、可能な限りは、手渡しでお礼の気持ちを伝えるのが良いでしょう。

お坊さんへの引出物は、お坊さんが食事に参加されない場合にはお経の前後に、食事に参加される場合には帰り際に、渡すと良いでしょう。お布施やお車代などと一緒に渡すように準備しておくと、渡し忘れを防げるのでおススメです。当日に渡せない場合には、後日お寺に出向いて渡すというのも手です。

法事の引出物にお礼状は必要?

法事の引出物に、お礼状は不要です。基本的に、引出物は法事の会場で手渡しするものなので、直接お礼の言葉を伝えることができます。そのため、礼状は不要とされていますが、もちろんお礼状をつけてもかまいません。ギフトショップによっては、品物にお礼状を添えてもらえることもあります。

法事に参列されない方から御供物料を頂いた場合には、引出物を郵送でお返しすることになります。引出物を郵送する場合にはお礼状を添えるようにします。礼状は、時候のあいさつを省き、お供えへのお礼と、法事が滞りなく済んだことの報告を記します。

法事の引出物ののし(掛け紙)

引出物ののし(掛け紙)について解説します。のしや水引には地域性があります。のしは、地域のギフトショップに依頼すると、適切なのしをつけてもらえるので、活用すると良いでしょう。

表書きと名前の書き方

法事の引出物ののしの表書きは、四十九日法要の場合は「志」もしくは「満中陰志」や「忌中志」、その後の法要では「志」と書きます。関西など一部の地域では、「志」ではなく「粗供養」と書くところもあります。表書きの下には、施主の苗字(「○○家」もしくは「○○」)と書きます。

葬儀の香典や香典返しなどは、薄墨を使用するマナーがありますが、引出物においても四十九日法要までは「薄墨」を使用するのが通説です。忌明け以降の法要であれば、濃い墨であっても問題ありません。

水引の色

水引は地域によって違いがありますが、一周忌までの法事では、「黒白」もしくは「双銀」の「結び切り」を使用します。結び切りには、不幸を「繰り返さない」という意味があります。

三回忌以降には、「白黒」か「黄白」の結び切りを使用するのが一般的です。三十三回忌や五十回忌など、弔い上げの際には「紅白」結び切りの水引を使用する地域もあります。

まとめ

法事は、故人への供養を行い、残された親族の絆を深める機会です。その法事の場で、故人に代わって、「ありがとう」の気持ちを届けてくれるのが引出物です。受け取る側のことを想い、気持ちのこもった贈り物を用意しましょう。

▼法事のマナーまとめを知りたい方はコチラ

法事とは?服装やお供えのマナー、挨拶やお返しなど網羅的に解説!

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ