法事の服装は平服でもいい?女性・男性や回忌に分けて詳しく解説!

「法事でも喪服を着るべき?」と、迷われる方も多いことでしょう。法事は、通夜や葬儀と比較して、前もって準備しやすい儀式です。正しい服装で出席できるように学び、失礼の無いようにしましょう。

法事別服装マナー

法事(法要)とは、故人を偲ぶために行うもので、「追善供養 」ともいいます。

正確には、お経を上げる供養を「法要」、お経の後の会食まで含むものを「法事」と呼びます。

四十九日までは7日ごとに法事を行い、百箇日以降は年忌法要として、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌と行い、三十三回忌で弔い上げとなることが多いです。

葬儀から日数が経過すればするほど、法事の服装はカジュアルなものになっていきます。

忌明け法要から三回忌までは喪服

忌明け法要から三回忌までの法要では、準喪服が適しています。忌明け法要は、大きな節目の法要であり、盛大に行われます。その後、亡くなってから満一年に一周忌、満二年に三回忌を行います。

三回忌までは、生前に親しかった友人も招かれることもあり、葬儀同様の喪服で出席することが一般的です。身内などの少人数で法事を行う場合も同様に、喪服を着用するようにしましょう。

ただし、喪主側から事前に「平服でどうぞ」などと案内されている場合には、略喪服(平服)で出席して構いません。友人や知人としての招かれた場合も、準喪服で出席するのが無難です。

七回忌以降は平服

七回忌以降の法要では、略喪服(平服)が原則です。男性は、黒やダークグレー、濃紺などのスーツ、女性は、黒を基本とした地味な色のワンピースやスーツです。

七回忌以降の法要には、親族以外が招かれることはほぼありません。死後、年数が経ってくると、「そろそろ服装に気を遣わなくても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、法事を行う以上は、故人やお坊さんに対して失礼のない、落ち着いた服装をする必要があります。

喪服の種類

喪服には正喪服(正礼装)、準喪服(準礼装)、略喪服(略礼装)という格式があります。法事の種類や、故人との関係性によって、身に着けるべき格式は異なってきます。

正喪服

正喪服とは、最も格式の高い礼服です。正喪服は、葬儀や告別式で喪主や親族などの主催者側が着用し、通夜や法要では着用しません。

男性の正喪服は和装やモーニングコート、女性の正喪服は、和装やブラックフォーマルです。

しかし、近年では、葬儀の簡略化が進み、正喪服を見かけることはほとんどありません。喪主や遺族も、正喪服ではなく準喪服を着用するケースがほとんどです。

準喪服

準喪服は、お通夜・葬儀から一周忌の法要まで、幅広い場面で着用できる礼服です。一般的に「喪服」とは、準喪服のことをいいます。喪主、親族、一般参列者など、どのような関係性の方も身に着けることができます。

男性はブラックスーツに白いワイシャツ、女性は黒無地のスーツやアンサンブル、ワンピースなどが準喪服にあたります。

略喪服

略喪服とは、地味な平服です。急なお通夜や、七回忌以降の法要で着用します。

平服といっても、Tシャツやジーパンでの参列が許されるわけではありません。平服とは、喪服に準じた地味な服装のことで、喪服の基本的なマナーは守る必要があります。

男性の法事での服装

男性の法事での服装は、三回忌までは喪服を着用しますが、七回忌以降は平服でOKです。それでは、男性の法事の服装について詳しく説明します。

喪服の場合

ブラックスーツに白いワイシャツが基本です。スーツは、シングルでもダブルでも構いません。弔事用に販売されている、黒無地で光沢のない素材のスーツを着用します。

ネクタイは、黒無地のものを着用しましょう。ベルトや靴、靴下も黒で統一します。ネクタイピンはなるべくつけないようにしましょう。

暑い夏場には、半袖のワイシャツでも構いませんが、法事中はジャケットを着用するようにしましょう。暑い日の法要は、汗を吸収しやすいインナーを着用することをオススメします。

冬の寒い日の法事には、黒など地味な色合いのセーターをインナーにしたり、コートを着用したりしても問題ありません。ただし、法事中は必ずコートを脱ぐようにしましょう。

平服の場合

男性の平服は、濃紺やダークグレーのスーツに、白いワイシャツを合わせます。なるべく無地のスーツが好ましいですが、目立たない色合いの織柄や、うっすらとしたストライプなどであればOKです。

ネクタイは、黒が一番無難ではありますが、黒に近い地味な色合いでも問題ありません。ベルトや靴、靴下は、無地の黒色にしましょう。清潔感が大切です。

髪型はきちんと櫛でとかし、前髪が落ちてくるようであればワックスやスプレーで固めましょう。

女性の法事での服装

法事における女性の服装は、三回忌までは喪服を着用します。七回忌以後は平服であることが一般的です。それでは女性の法事での服装について、詳しく説明します。

喪服の場合

女性の喪服は、弔事用に販売されている黒無地のアンサンブル、スーツ、ワンピースに、黒のストッキングとパンプスを合わせます。喪服の素材は、光沢のない無地の黒を選びましょう。

なるべく露出を控え、襟元が詰まった服に、袖丈は七部丈~長袖、スカート丈は膝下が好ましいです。

夏場においては、半袖のワンピースでも構いませんが、法事中はジャケットを羽織るなどして露出を少なくしましょう。

冬場の寒い日には黒、もしくは黒に近いグレーや紺色などの地味な色合い のコートを着用しても問題はありません。明るい色や、白に近い色、毛皮のコートは避けるようにしましょう。

また、高齢の方や妊娠中の方に関しては、身体を第一に考え、無理のない服装にしましょう。

アクセサリーは基本的にNGです。結婚指輪や真珠のアクセサリー以外は、外して出席しましょう。

平服の場合

女性の平服は、黒や紺、グレーなどの地味な色のアンサンブルやスーツ、ワンピースです。インナーのトップスも、白ではなくダークカラーを選びましょう。なるべく露出を控えます。

基本的にはスカートが好ましいですが、地域的に寒さが厳しい場合や、食事の手配で動き回る場合、小さなお子様がいる場合には、パンツスーツでも構いません。

アクセサリーは基本的にNGです。結婚指輪や真珠以外は、身に着けないようにしましょう。足元は、黒のストッキングに黒のパンプス、その他の小物も黒が基本です。

夏場の暑い時期であっても、素足で出席することの無いようにしましょう。冬であれば、ストッキングではなくタイツでも可能ですが、うっすらと足が透ける程度の厚さにしましょう。

清潔感を心がけ、メイクはナチュラルなものにします。髪が長い方は、顔にかかることの無いよう、低い位置で束ねましょう。

子供の法事での服装

子供の服装は、紺やグレーなどの地味な色合いであれば失礼にはなりません。白いシャツにグレーや黒のズボンやスカートを合わせると良いでしょう。キャラクターや、派手なチェック柄などは避けるのがマナーです。

乳幼児は飾りの少ない、落ち着いた雰囲気の服装であればOKです。

学校や幼稚園の制服がある場合には、制服で出席しましょう。明るい色やチェック柄など、目立つ制服であっても、制服は正装なので問題ありません。

家族や身内のみで法事をおこなう際の服装はカジュアルでもいい?

故人が亡くなってから月日が経つにつれ、近親者だけで法要を行うようになってきます。家族や身内のみで行う場合には、「なるべく楽な服装で集まりたい」と思われるかもしれません。

しかし、服装に気を遣わないことは、故人だけではなくお坊さんに対しても失礼なことです。会食時などはカジュアルな服装でも構いませんが、お経の間だけは法事に適した服装にしましょう。

ただし、七回忌以後の法要で完全に身内だけが集まる場合には、お坊さんに相談の上ラフな服装にしても良いでしょう。その場合も、黒やダークカラーを基調とした服装にしましょう。スウェット生地やノースリーブなど、カジュアルすぎるものはNGです。

基本は略喪服であることを心に留め、袖丈は五分丈以上、長ズボンもしくは膝丈より長いスカートで、キチンとみえる服装にしましょう。

法事でNGな服装

どの法事においてもNGとなる服装をご紹介します。

ファーやアニマル柄は、殺生を連想させるためタブーとされています。また、ノースリーブやミニスカートなど、露出の多い服装もNGです。サンダルやミュール、派手なアクセサリーも相応しくありません。Tシャツやジーンズなどのカジュアルすぎる服装や、華美な印象の服装は避けましょう。

これらの服装は、「平服でお越しください」と案内があっても、控えるようにしましょう。

まとめ

今回は法事の服装についてまとめました。三回忌までの法要は喪服、七回忌以降は略喪服(平服)で出席するのが基本的なマナーです。

ただし、法要の服装は、葬儀ほど厳格なマナーではなく、地域や親族の意向によって異なります。あくまで基本的なマナーとして参考にしていただければと思います。

また、清潔感のある服装を心がけることも大切です。法要は、事前の準備が可能なので、クリーニングに出すなどの手入れをし、きれいな服装で出席しましょう。

▼法事のマナーまとめを見たい方はコチラ

法事とは?服装やお供えのマナー、挨拶やお返しなど網羅的に解説!

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ