お彼岸にお布施は必要?相場金額や包む袋、書き方、渡し方を解説!

お彼岸に僧侶に読経をお願いすると、お布施をお渡ししますが、お布施には明確に金額が決まっておらず、どのくらい渡せば良いのか迷うことも多いようです。

ここでは、お彼岸のお布施の相場やお布施の渡し方で気をつけることなどのマナーについて解説します。

お彼岸とは

お彼岸とは、春と秋の年に2回訪れる、春分の日と秋分の日の前後3日間のことをいいます。

お彼岸はあの世とこの世の距離が最も近くなるとされており、この期間にお墓参りをするというのが日本の古来からの風習となっています。そのほか、僧侶に読経をして頂けこともあります。

また、寺院で営まれる彼岸会やお施餓鬼と呼ばれるお彼岸の法要に参列したり、ご先祖さまのために個別に法要を行うこともあります。

お彼岸にお布施は必要?

葬儀や法要などでは僧侶に対してお布施をお渡ししますが、お彼岸でも個別に法要を行なった時には、お世話になった僧侶にお礼としてお布施が必要です。僧侶に自宅に訪問していただきお経を上げていただいた場合には、お車代もお渡しする必要があり、お布施とは別にして準備をしておきます。

また、お盆やお彼岸に、お墓に卒塔婆と呼ばれる縦長の木の板を立てて故人を供養する卒塔婆供養をすることがあります。この場合は、お布施とは別に卒塔婆を用意していただいた卒塔婆料を包みお渡しします。

このような個人的な法要以外にも、寺院で催される彼岸会や合同供養に参列する場合にもお布施が必要になりますので、忘れずに持参するようにしましょう。

お彼岸にお布施を渡す場合の相場金額

お彼岸にお寺で開催される法要に参加する場合や個人的に法要を営む場合のどちらの場合にもお布施が必要ですが、お布施はお礼の気持ちとされているため、はっきりとした金額が決まっていません。しかし、一般的にはおおよその相場がありますので、それらを目安にするとよいでしょう。

お寺が営む彼岸会などの法要に参加する場合は、3千円~1万円程度のお布施をお渡しします。菩提寺と家の関係性によっては2万円以上のお布施を包む場合もあり、ご家族や地域の方に確認しておくと安心です。また、初彼岸のお布施の場合も基本的には同じ金額と考えて良いでしょう。

彼岸の法要で僧侶に自宅に出向いていただく場合には3万円~5万円程度のお布施を包むことが多く、その他寺院からの距離によって、お車代として3千円~1万円程度を別に包むことがあります。

お布施で使う封筒

お布施をお渡しするときは香典袋ではなく、奉書紙とよばれる和紙で包むのが丁寧な包み方です。お布施をお渡しするときの奉書紙は左、右と三つ折りにして上、下の順に折る慶事の包み方が正式な包み方です。

しかし、奉書紙がない場合には封筒に入れてお渡しすることでも構いません。この場合の封筒は白字で何もかかれていない無地ものもを使用します。郵便番号が印刷されているものや柄の入っているものはふさわしくありませんので、避けるようにしましょう。

また、二重になっている封筒は不幸を重ねるとして弔事では避けられるため、お布施をお渡しするときも使用しない方が良いでしょう。

お布施の書き方

お布施を封筒に入れてお渡しする場合、お布施の書き方にもマナーがあります。封筒の表面は目立つところでもあるため、マナーを守り失礼にあたらにように気をつけましょう。

表書き

封筒の表には表書きとして中心より少し上の部分に「お布施」または「御布施」と書くのが一般的です。その他、法要の種類によっては「卒塔婆料」「御礼」などと書くこともあります。お車代をお渡しする時にはお布施とは別に封筒に入れるようにし、表書きは「お車代」「御車代」とします。

最近では文房具店などで、あらかじめ表書きの印刷された封筒を販売されていることもあるので、そちらを活用しても良いでしょう。

名前

封筒の表書きの下の部分には名前を書きます。名前を書く時には施主の苗字のみか「〇〇家」などの家の名前、またはフルネームで記載しましょう。この時、表書きより大きな字にならないように気をつけます。名前が書いていないと、僧侶が誰からのお布施か分からなくなるため、必ず書くようにしましょう。

金額

お布施を封筒に入れてお渡しする時には金額は記載しないのが一般的ですが、地域によっては封筒の裏面に金額を記載するところもあります。

お布施の金額を書く時には、金額の前に「金」をつけ、漢数字や旧漢字を用いるようにします。例えば、1万円のお布施であれば「金壱萬圓」、三千円であれば「金参阡円」となります。ただし、最近では通常の漢数字や新漢字を使った表記も見られます。

使う墨の色は?

お布施の表書きは毛筆や筆ペンで書きます。墨の色は香典の表書きのように薄墨ではなく、お彼岸のお布施としてお渡しする表書きには、黒の墨を使用します。

これは、香典は故人の訃報の急な知らせに「悲しみで涙がにじんだ」「ゆっくりと墨をする時間もなくかけつけた」という意味合いを含んでいるといわれるのに比べ、お布施はあらかじめ予定された法要に対してお渡しするものであり、普通の墨を用いることで問題ないとされているからです。

お金の入れ方

お布施を封筒に入れる時は、お札の肖像画の方が封筒の正面を向くようにし、肖像画が上側にくるようにします。お布施は香典とは違い、僧侶への謝礼としてお渡しするものですので、あらかじめ新札を準備しておくほうが良いとされています。もし、旧札しか準備できなかった場合でも、なるべく折り目の少ないきれいなお札を選びましょう。

奉書紙に包む場合は、中包みとして、お札を半紙で包みますが、この場合も封筒に入れるときと同じ向きになるように包み、肖像画が奉書紙の正面を向き上側になるように包んでおきます。

お布施の渡し方

お布施を渡すときには渡すタイミングや渡し方のマナーがあり、せっかくのお布施が失礼にあたらないように気をつけましょう。

お彼岸の法要でお布施を渡すタイミングとしては、読経していただき法要が終わる時間帯で、僧侶の方がお帰りになられる時が一般的です。また、「本日は、心のこもったおつとめを頂き、誠にありがとうございました。お布施をお納めください」などお経を上げていただいたことへの感謝を伝える挨拶の言葉を添えて、お布施を渡すと良いでしょう。

基本的に、お布施はそのまま手渡しするのではなく、切手盆とよばれる小さなお盆にのせて渡します。切手盆にお布施をのせて、僧侶の前に運びます。この時、僧侶から文字が読めるように向き直し差し出します。

自宅以外で法要を行い、切手盆にのせてお渡しするのは難し場合には袱紗で代用します。袱紗とは祝儀や不祝儀袋を包むための小さい布のことで、いろいろな色のものがありますが、弔事で使用される袱紗は紫や黒などの暗い色のものです。

袱紗にお布施を包んでお渡しする時には、僧侶の前で袱紗からお布施を取り出し、袱紗をたたんでお盆の代わりにお布施の下に敷いて、差し出すようにします。この時も僧侶から文字が読める向きにしておくようにしましょう。

まとめ

お彼岸にお布施を渡す場合、個人的な法要であるか、合同の法要であるかなどでおおよその相場が決まっています。ただし、地域や菩提寺と家の関係性によっても違いがあるため、あらかじめ詳しい人に確認をしておくと安心です。

また、包み方や渡し方についてもマナーがあるため、事前の準備をしっかりとしておくことが大切です。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ