通夜・葬儀のお手伝い|内容と服装・断りたいときのマナーを解説

お葬儀は亡くなった人を無事に送り出すために、多くの人の手助けが必要です。

そのため昔からお葬儀が発生した際には、親族や隣近所の人たちが集まりお手伝いをしてきました。

今では葬儀社がそのお手伝いを代行していますが、遺族からお手伝いを頼まれることは今でも多くみられます。今回は葬儀のお手伝いについて、役割や服装に加え、断りたい際のマナーについても解説をしていきます。

通夜・葬儀の手伝いを依頼される人

一般的な葬儀では、親族や近所の方が葬儀の依頼をされます。「隣組」など昔からの近所付き合いが残っている地域では、葬儀当日だけではなく、通夜の前から手伝いをすることもあります。

また、会社関係者の葬儀や社葬の場合は、社員が葬儀の手伝いをすることもあります。部署内から4~5名がお手伝いとなったり、各部署から代表をたてたりします。葬儀に関して社内で規定がある場合もあるので、訃報を受けとった場合は一度確認するとよいでしょう。

ただし、近年では家族葬など小規模な葬儀が増えてきているため、お手伝いをお願いされることはなく、葬儀社のスタッフが請け負うこともあります。

お願いされたときだけ手伝えばいいの?

お葬儀の手伝いは、基本的には遺族から頼まれたときだけ手伝えばそれで構いません。

勝手に手を出してしまうと、図々しいと思われかねないからです。

しかし、遺族は忙しい上に人に頼むのは申し訳ないと考える人もいます。

そのため、お願いされなければ手伝わないという心持ちではなく、「何か手伝うことはありませんか」と、ひとこと声をかけるようにしましょう。

通夜・葬儀でお手伝いをお願いされるもの

ここでは葬儀で実際にお手伝いをお願いされるものの代表的なものをご紹介していきます。

葬儀社が運営する式場では主に受付・会計の役目のお手伝いが多く、家や集会所での葬儀の場合には、下記すべてのお手伝いを担うことがありますので、覚えておくとよいでしょう。

©karin/stock.adobe.com

通夜・葬儀の受付・会計

葬儀の受付・会計のお手伝いの方は、式場に来た参列者を最初に出迎えます。

受付は、香典を取り扱い、参列者に遺族の代わりにお礼を伝えて返礼品を渡す窓口のような役目ですので、印象が非常に大切なお役目になります。

また、香典を預かりそれらを会計することは、葬儀社が代行することはありませんし、現金を取り扱う以上、遺族からの信頼が厚くないと任されません。

少し遠い親族や故人や、遺族と特に交流の深かった方々に任せることが多い役目です。

会社関係の参列が多い場合は、会社関係の方もお手伝いをお願いされるでしょう。

▼葬儀の受付をおこなう際のマナーを知りたい方はコチラ

「葬儀の受付をお願いされた」受付の仕事内容・受付対応のマナー

式場内外の案内係

式場内の案内は、葬儀会場自体が広かったり休憩スペースが離れている場合に、お願いされる役目です。

また親族や弔問客が高齢の方が多いと予想される際には、休憩所やトイレなどの施設案内も務めます。

また、社葬の場合などは大勢の方が公共交通機関を使って式場に来るため、道路での案内や駐車場の整理なども請け負います。

案内する姿勢や雰囲気が重要な役目で、てきぱきと動くことのできる若い人がお願いされることが多いでしょう。

食事の準備・片付け

食事の準備や片付けなどのお手伝いもお願いされることがあります。

配膳やお茶出しなどを行うため、女性にお願いされることが多い役目で、親族の中でも遺族に近しい人が役目を担います。

これは、葬儀は亡くなった故人の代わりに遺族がお礼を告げる場であり、食事はお礼が形となったものだからです。

そのため、もてなす側である遺族に近しい親族が手伝いをお願いされることが多いのです。

接待

お通夜や葬儀の始まる前や終わった後で、お茶やお茶菓子などを参列者へと出して接待します。

これは、親族が一般の参列者をもてなすことであり、主に親族の比較的若い人が担います。

お茶を出す際には、一言声をかけたり、参列をしてくれたことへのお礼などを告げます。

故人と親しかった人であれば故人の想い出などを聞くこともできるでしょう。

故人に代わりお礼を告げる心持ちで接待をすることで、故人への気持ちに溢れた雰囲気の良いお葬式になります。

通夜・葬儀でお手伝いをする際の服装

葬儀でお手伝いを頼まれた際、服装はどのような物を着ればよいでしょうか。

喪服でいいのか、悩むところですよね。

お手伝いをお願いされた時に慌てないように、着て行く服装や用意をしておくと便利な物をここでご紹介します。

他の参列者と同じ「喪服」

お手伝いする際の服装は、他の参列者と同じ「喪服」で構いません。

お手伝いをしていても、お通夜や葬儀には参列をするので、他の服装に着替えている時間はないからです。

ただ、社葬などではたくさんのお手伝いの人がいますので、見分けがつくように喪章などを揃って着用する場合がありますが、一般の葬儀ではまずつけません。

その場合は葬儀社スタッフから案内があります。

平服やエプロンも用意しておくと良い

いつお手伝いを頼まれてもいいように、平服やエプロンを持参することも良い方法です。

食事や接待などとお手伝いは、水回りを使いますので喪服が汚れる場合があります。

特にエプロンは特にお手伝いの時にだけ喪服の上から着れば、喪服を汚すことがないので大変便利なのです。

親族はお通夜であっても喪服での参列がマナーですので、平服でお手伝いをする場合には式が始まる前までには着替えるようにします。

この時に持参する平服やエプロンは、地味なものにしましょう。

葬儀ではおしゃれは不要ですので、黒やグレーなどの色合いで無地のものがおすすめです。

通夜・葬儀のお手伝いの時間に関するマナー

通夜や葬儀のお手伝いをお願いされた場合は、依頼された仕事の内容にもよりますが、葬儀が始まる1時間前には斎場へ到着しているようにしましょう。

仕事内容の確認や、お手伝いの方が複数いる場合は役割分担や仕事の進め方について共有があります。トイレや控室の位置など、式場の中についても把握しておくと良いでしょう。

手伝いをする方が香典を渡すタイミングは?

葬儀で手伝いをしていると、一般の参列者とは違って受付をする時間などがありません。

受付は手伝いがお通夜や葬儀が始まっても続きますし、接待などは手伝いが終わると同時に始まってしまいます。

そのため手伝いが始まる前に、受付を済ませておく必要があります。

お手伝いは主に一般の参列者をもてなすためですので、お手伝いの方は式場には早めに到着します。

一般の参列者が来る前に先に受付をする際に香典を渡すようにしましょう。

通夜・葬儀のお手伝いをどうしても断りたいとき

葬儀のお手伝いを頼まれたけど、体調が悪かったり、前後にどうしても外せない用事があってバタバタしてしまう場合など、葬儀のお手伝いをどうしても断りたいときもあるでしょう。

葬儀の手伝いは、頼まれたらできるだけ行うことがよいですが、どうしても断りたいときは、失礼にならないようにマナーを守って伝えましょう。

©hanack/stock.adobe.com

できるだけ早く伝えましょう

葬儀のお手伝いを断る時には、まずできるだけ早く伝えましょう。

葬儀は急に発生することがほとんどで、遺族も準備などに追われています。

遺族は貴方を頼りにしてお手伝いをお願いしています。そこでお断りの連絡が遅いと、他にお手伝いする人にお願いする時間がなくなってしまいます。

お手伝いの人がいないと受付が滞ったり、接待ができずに一般の参列者へのおもてなしが不十分になってしまう可能性があり、遺族が残念に思ってしまうお葬儀となりかねません。

断る理由を述べましょう

お手伝いを断る連絡を入れる際には、断る理由を述べましょう。

断る理由は当たりさわりのない理由で構いません。

  • 風邪を引いたので
  • 諸事情があって

これは「故人が亡くなったことよりも、断る理由が大事なのか」と思われないためです。

葬儀は故人を送るたった一度の機会です。
たとえ断りの理由が貴方にとって葬儀よりも大切だとしても、わざわざそのように思われて波風を立てるよりも、当たりさわりのない理由の方が後の人間関係をスムーズにしてくれます。

通夜・葬儀の手伝いをしてもらった人へのお礼はどうする?

通夜・葬儀のお手伝いをしてもらった方には、初七日法要までに必ずお礼をします。ただし、どのようにお礼をするかは地域によって異なるため、葬儀社や年長者の方に確認すると安心でしょう。

通夜・葬儀のお礼としては、心づけとしてお金をお渡ししたり、品物を贈ったりすることが多いようです。注意したいのは、葬儀のお礼と香典返しは別物であるため、もしお手伝いの方からも香典をいただいた場合は、香典返しも別で用意しましょう。

心づけとしてお金を包む場合、相場は1~3千円程度となります。葬儀の指揮をしてもらった世話役代表には1~3万円を目安としてお渡しします。

お金を包む際は、香典と同じく不祝儀袋に入れいるか、白い封筒・奉書紙を使いましょう。品物を贈る際も、掛け紙をかけるようにします。

▼通夜・葬儀のお手伝いをしてもらった人へのお礼について詳しく知りたい方はコチラ

葬儀のお手伝いをしてくれた方へのお礼 | 心付けは何を渡せばいい?お礼の金額相場は?

まとめ

今回は葬儀の手伝いについて解説をしてきました。

  • 葬儀のお手伝いは「手伝いましょうか」と声をかけ、頼まれたらお手伝いをするとよい。
  • お手伝いには受付・会計・案内・接待などがあり、基本的には喪服での対応で良いが場合によっては平服やエプロンなどを持参してもよい。
  • お手伝いを断りたいときは、早めの連絡をすると同時に当たりさわりのない理由を述べるとよい。

遺族の方も急な葬儀の準備で慌ただしいので、手伝えるところはできるだけ引き受けるようにしましょう。

ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ