初彼岸はいつ?香典やお布施の相場金額、贈り物などのマナーを解説

春と秋に訪れるお彼岸という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。故人が亡くなり初彼岸を迎える遺族は、どのようなことをすればよいのかと悩むこともあるかと思います。

この記事では初彼岸ですることや、香典や服装はどうするのかなどについて解説していきます。

初彼岸とは

初彼岸とは、故人が亡くなった後四十九日を過ぎた後に初めて迎えるお彼岸のことをいいます。故人が亡くなった日によっては四十九日の喪が明ける前にお彼岸が来る場合もありますが、この場合は初彼岸とはならないので注意が必要です。

お彼岸は年に2回あり、春分の日、秋分の日を中心にして前後3日間のそれぞれ7日間の期間をいいます。春分の日、秋分の日は年によって違うため、お彼岸の期間も年によって違い、お彼岸の始まりの日を「彼岸の入り」、春分の日と秋分の日を「中日」お彼岸が終わる日を「彼岸明け」とよびます。

初彼岸にすることは何?

初彼岸ではどのようなことをすればよいのか分からない人も多いようです。実は、初彼岸ではこれをしないといけないという決まりはありません。ですから、必ずしも法要を行う必要はないとされています。どのような供養を行うのかは、遺族の考え方や地域の風習などを踏まえて考えておくようにしましょう。

法要・彼岸会

初彼岸を迎えるにあたり、故人の供養を行うために、身内を招いて法要を行うこともあります。この場合、遺族は僧侶にお布施を渡し、招かれた参列者は香典を持参するようにします。

彼岸会とは、日本独特のお彼岸に行われる菩提寺での仏教行事です。もともとは彼岸会は「六波羅蜜」と呼ばれる6つの修行を会得するためのものですが、彼岸会に参加することで自身の修業になるだけでなく、故人に対しても供養になるとされています。菩提寺で彼岸会が行われるかどうかを問い合わせてみると良いでしょう。

お仏壇やお墓へのお参り

初彼岸でお墓参りをするのは、一般的に中日になる春分の日や秋分の日に行われます。しかし、仕事の都合などで中日にお墓参りに行くことが難しい場合は、彼岸の期間中に行くことで問題ありません。

お墓参りに行った際には、お墓や墓地の掃除を一緒に行い、お供え物をして故人の冥福を祈りましょう。

卒塔婆供養

卒塔婆供養とは、卒塔婆とよばれる木の板を立てて、故人や先祖の供養を行うものです。卒塔婆には、住職に戒名・梵字・施主名・などを書いていただき、法要が終わった後にお墓に立てて供養します。

卒塔婆供養を行う時には、卒塔婆の準備をしてもらわなければならないため、事前に寺院に連絡をして、お願いをしておかなければなりません。

訪問

初彼岸を迎える実家や親戚の家に訪問し、お仏壇に手をあわせることもあります。初彼岸を迎えるにあたり、遺族は忙しくされているかもしれませんので、いきなり訪問することは避けましょう。相手の都合を聞き、それに合わせて、いつ、何名で訪問するのかを伝えておくことが重要です。

また、遺族の自宅に訪問する時には、手ぶらで行くのではなく、手土産としてお供えを持参するのを忘れないようにしましょう。

初彼岸の香典

初彼岸は通常家族や身内で故人を偲ぶ場合が多いですが、法要に招かれて参列する場合には香典を包んで行くようにします。

また、通夜や葬儀にどうしても参列することができなかったため、初彼岸にお参りさせていただくことがあります。そのような場合にも、香典を包むか供物を持参するようにしましょう。

相場金額

初彼岸で香典を包むときの金額は、通常のお彼岸の時と同じで良いのですが、遺族が初彼岸に特別な法要を行う時には、香典も他の法要に倣って金額の相場を考えます。

故人の親族の場合で1~3万円くらいが相場ですが、法要に夫婦で参列する時には2~3万円程度を包みます。また、故人と血縁関係のない友人・知人の相場は5千円~1万円程度になりますが、法要の後に会食があるような場合は、会食代も含めた金額とし、故人の親戚の場合で2~3万円(夫婦の場合は3~5万円)、友人・知人の場合は1~3万円程度を包むようにします。

特別な法要が行われない場合は、3~5千円程度が香典の相場となります。また、法要が行われないときは故人の自宅を訪問し、お仏壇にお参りするか、お墓参りをさせていただきます。このような時は、香典の代わりにお供えの品物を持参しても差し支えありません。

包み方・書き方

初彼岸の香典は香典袋に包みます。香典袋は白黒又は双銀の水引のものを使用しますが、関西などの一部の地域では黄白の水引のものを使用する場合もあるので、地域の風習や習慣に従って準備します。

初彼岸の香典の表書きは宗教や宗派によって違いが出てきますが、「御香典」はどのような宗教でも使用することができ、「御仏前」は仏教であれば宗派を問わず使用することが可能です。また、表書きの下には自分の名前を書き、この時の墨の色は黒墨を使用します。

初彼岸のお布施

初彼岸で法要や彼岸会に参列する場合、僧侶や寺院に対してお布施をお渡しして感謝の気持ちを伝えます。この時、お布施はどのくらいの金額をお渡しするのか、僧侶からはっきりとした金額を伝えてもらえることは少なく悩むところですが、一般的な相場に合わせてお渡しすると良いでしょう。

相場金額

お布施は菩提寺で開かれる彼岸会に参列する場合と、故人のために個別に法要を行ってもらう場合では相場が異なります。

彼岸会に参列する場合では3千円~1万円程度が相場となります。また、個別に法要を行う場合は3~5万円程度が相場となり、僧侶に自宅に訪問してもらった時は、御車代としてお布施とは別に3~5千円程度をお渡しするようにします。

卒塔婆供養を行う時は、お布施のほかに卒塔婆を書いてもらう塔婆料が必要になります。塔婆料はお布施とは違い、その金額はそれぞれの寺院で決められており、地域や宗派によって違いがありますが、1本あたり2千円~1万円くらいが相場です。

包み方・書き方

初彼岸の法要の御礼としてお布施を渡すとき、お布施は装飾や郵便番号などがかかれていない無地の白色の封筒に入れるか、奉書紙に包んでお渡しします。中袋や封筒にお札を入れるときは、お札の方向を揃え、袋の表に対してお札を表に向けお札に描かれている肖像画が上側になるようにして入れます。

封筒の表書きは、封筒の表面中央の上部に縦書きで「御布施」と記入します。そして、表書きの下には施主のフルネームまたは「〇〇家」と家の名前を記入しておきます。この時に使用する筆は薄墨ではなく、濃い墨で問題ありません。

渡し方

お布施を渡すときは、そのまま封筒を手渡しするのはマナー違反になります。お布施は切手盆と呼ばれる黒い小さめのお盆に、お布施の入った封筒をのせて切手盆ごと僧侶に差し出します。この時、僧侶から封筒に書かれた文字が読める向きにしておくようにして差し出しましょう。

ただし、菩提寺などの法要では切手盆を持って行くのは難しいため、袱紗にのせてお渡しするようにします。この場合は、袱紗の上に封筒をのせた状態で、僧侶に封筒だけをとっていただくようにします。

また、お布施をお渡しする時は黙って渡すのではなく、ひとこと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

初彼岸のお供えや贈り物は何がいい?

初彼岸には故人に対して、お供え物を持参するのがマナーです。基本的に、贈るものは故人が好きだった食べ物やお酒、果物や花などが良いとされていますが、日持ちがして消え物といわれる後に残らないものを贈ることが多いです。特にお菓子はクッキーやおせんべいなどが好まれます。また、線香やろうそくなども定番のお供えになります。

しかし、中にはお供えとしてふさわしくないものもあるため注意が必要です。日持ちのしないお菓子や果物、殺生をイメージさせる肉や魚などはたとえ故人がお好きだったとしても、お供えとしてはふさわしくありません。

贈物をするときのマナー

初彼岸のお供えを贈る時は、のしのついていない、水引の印刷されている掛け紙を掛けるようにします。水引は黒白又は双銀などを選びのが一般的ですが、関西地方では黄白の水引が広く使用されているという特色もあり、地域の習慣に合わせたものを選びようにしましょう。

掛け紙の表書きは、水引中央の上部に「御供」と書き、水引中央の下部には自分の氏名を記入します。また掛け紙は、御供を持参する時には包装紙の上からのしを掛ける外のし、郵送などで贈る場合は内のしにしておきます。初彼岸の御供は、3~5千円くらいが相場となります。

贈物をいただいた際のお返しはどうする?

初彼岸は故人と関係性の深い身内だけで行うことが多いため、御供を送られた場合でもお返しは不要とされることが多いです。身内以外の友人・知人がお仏壇をお参りいただき御供を送られた場合でも、お返しは必要ないとされています。

しかし、香典をいただいた場合や、今後のお付き合いのことを考えた時にきちんと御礼をしたほうが良いと考えられる時にはお礼状を添えて、お返しをしたほうがよいでしょう。この時、お返しの金額は頂いた金品の3分の1~半額程度のものをお渡しするようにします。

初彼岸の服装

初彼岸のお参りをする時の服装は、法要に出席する場合と、ご自宅に訪問する場合では異なりますので注意が必要です。

法要をする場合の服装

彼岸会や個別の故人の法要を行う場合は、親族であれば喪服を着用するのがマナーです。特に喪主や施主は参列者よりも格式の高い喪服を着用するのがマナーとなりますので、正式喪服又は準喪服を着用するようにしましょう。

同様に、自分が参列者として参加する場合では喪主の服装に準じて、ひとつ格式を落として準喪服または略式喪服を着用するのがマナーです。

初彼岸で訪問をする際の服装

初彼岸に故人の自宅に訪問する時には、遺族も訪問する側も平服で構いません。

ただし、平服というのは普段着ではありません。男性であれば黒やダークカラーのスーツまたは、落ち着いた色のシャツにズボンなど、女性の場合は落ち着いた色とデザインのワンピースやブラウスにスカートを合わせて、肌の露出は避け、派手な印象を与えないように気をつけましょう。

初彼岸で訪問する際の挨拶はどのようにする?

初彼岸に故人の自宅を訪問した際には、出迎えてくれた遺族にきちんと挨拶を行いましょう。挨拶は初彼岸のお参りに訪問させて頂いたこと、お線香をあげさせていただきたいことを告げ、持参した御供をお仏壇にお供えします。

また、初彼岸ということもあり、たくさんの方が来られることも考えられます。遺族の方のご迷惑にならないように、お線香をあげた後は長居をしないように気をつけましょう。

初彼岸で訪問した際の挨拶の例

玄関では「こんにちは。〇〇です。本日は初彼岸のお参りに伺わせて頂きました。」と簡単な挨拶を済ませます。

仏間に通されたら、「お線香を上げさせていただきます」といって、持参した御供をお仏壇にお供えします。仏間に通されたのち、「お仏壇にお供えください」といって、遺族に香典や御供を渡しても構いません。その場合、家族にお渡しした後、お仏壇にお線香をあげましょう。

まとめ

初彼岸は故人が亡くなって四十九日を過ぎた後、初めて訪れるお彼岸のことです。故人が亡くなってからまだ日が浅いこともありますが、どのような形で故人の供養を行うのかは遺族によってさまざまです。

しかし、法要を行う場合や自宅に訪問してお仏壇にお線香をあげる場合、服装や御供を持参するなど知っておくべきマナーがあり、状況に応じたマナーを守れるように気をつけましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ