【女性向け】葬儀の際は「清潔感」のある髪型に |へアアクセサリーの選び方も併せて解説

葬儀にはふさわしい服装マナーがあるように、髪型にもふさわしいマナーがあります。
葬儀では「清潔感」がある髪型がふさわしいですが、具体的にはどのような髪型がよいのかご存知でしょうか。葬儀では避けたほうが良い髪型もあります。
今回は女性の葬儀でふさわしい髪型を、具体的に紹介をしていきます。
ヘアアクセサリーの選び方も合わせて解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

▼葬儀・通夜での髪型のマナーを知りたい方はコチラ

お葬式・通夜での髪型のマナー|男女別や髪の長さ別に詳しく解説

葬儀での女性の髪型:ミディアム~ロング

それではまず女性のミディアム~ロングの髪型についてみていきましょう。
この長さで葬儀にふさわしい「清潔感」ある髪型は、一つに束ねることです。
長い髪を束ねずに下ろしたままでは、葬儀の髪型としてふさわしくありませんので、必ず束ねるようにしましょう。

低めの位置で「お団子」

一つ目のおすすめは、低い位置で「お団子」にまとめる髪型です。
長い髪を束ねてまとめると非常にすっきりとした印象になります。
束ね方は、まず首後ろで一つにしっかりと結び、毛の束を二つに分けてねじりあげ、結び目に強く巻き付けて、ピンなどで固定します。
まとめるのが上手く行かない、または苦手という方は、ヘアネットを使うと綺麗にまとめることができます。
ポイントはお団子はしっかりとまとめることです。
毛先を飛び出させるようにしたカジュアルでおしゃれなお団子の結び方もありますが、葬儀にはふさわしくありませんので、しっかりとまとめあげましょう。

耳を隠した「ひとつ結び」

こちらは髪をお団子にまとめあげるのではなく、襟足で「ひとつ結び」にします。
ただ縛るだけでは耳は隠れませんので、耳が隠れる程度に髪をたゆませまると。耳を隠すことで柔らかな印象になります。
ただ、たゆませた部分がおじぎをしたときに前に流れてこない程度に留めましょう。
また、耳を隠すのはイヤリングを着けていない場合に限ります。
葬儀でイヤリングを付ける場合には、真珠のイヤリングをしますよね。
真珠は悲しみの涙の象徴であるため、隠すべきではないと考えられています。
合わせて真珠のネックレスも同等に考えられるため、髪を肩にかからないように束ねるのがマナーとなります。

ミディアム~ロングの場合の注意点

前髪はばらつかないように

前髪は頭を傾けた時に、ばらばらと落ちてこないように気を付けましょう。
髪が落ちて顔を隠してしまわないようにするのです。
葬儀では前髪が落ちることがマナー違反であり、何度も髪を耳にかける仕草も相手によい印象を与えません。
葬儀では、様々な人に挨拶をしておじぎをしたり、焼香をした後に手を合わせて黙とうをしたりと頭を下げることが多くあります。
そのため前髪はワックスや黒いヘアピンなどでしっかりとサイドに固め、ばらつかないようにしましょう。
なおワックスを使う場合には無香料のものを使い、ヘアピンも飾りがついている物は避けます。
葬儀にはおしゃれは不要という考えがありますので、気を付けましょう。

髪を耳より上で束ねるのは避けよう

髪を束ねる際は必ず耳の下で束ね、髪を耳より上で束ねるのは避けます。
これは「慶事は耳の上、弔事は耳の下」という言葉があり、髪を耳より上で束ねるのは、お祝いの席であるとされているためです。
実際、髪を上の方でまとめると華やかで活動的に感じられます。
葬儀で華やかさは不要ですし、葬儀を喜んでいると捉えられてしまう可能性がありますので、高い位置で髪をまとめるのは避けましょう。
葬儀では清潔感の他に、落ち着いている髪型が推奨されますので、低い位置で髪をまとめることがふさわしいのです。

パーマはできるだけ隠すのが◎

パーマは見た目に華やかさがあるので、カジュアルやおしゃれとみられてしまいます。
そのため、葬儀ではできるだけ髪をまとめてパーマを隠すことが望ましいです。
束ねられる髪の長さの場合は、束ねましょう。
お団子にできるとなおよいですが、束ねられない長さの場合には、ヘアピンなどでできるだけ大人しく見えるようにとめましょう。
バレッタやヘアネットなどでパーマのかかった後頭部全体の髪を押さえる方法もあります。
なお、毛先が跳ねているとより華やかな印象となりますので、一時的にワックスなどで毛先を抑えると、印象を変えることができるのでお勧めです。

葬儀での女性の髪型:ショート~ボブ

次にショート~ボブの女性の髪型について見ていきましょう。
髪が短めであれば、そのままで構わないと思われがちですが、短くても葬儀には気を付けるべきポイントがあります。
押さえるべきポイントを中心に見ていきましょう。

耳を出して「清潔感」を出す

髪が結べない長さの人は無理に結ぶ必要はありませんが、ぼさぼさのままであったり、寝ぐせがついていたりしてはいけません。
葬儀に何よりふさわしい髪型は「清涼感」を出すことです。
そして、耳を出すことで顔の輪郭をはっきりさせて、すっきりとした印象を与えることで清涼感を出すことができます。
耳が隠れていると清涼感が欠けるばかりか、お辞儀をしたときに前に髪が落ちてきてしまう可能性もありますし、イヤリングをしていると隠れてしまいます。
真珠のイヤリングは隠すべきものではありませんので、耳は出しておきましょう。

髪を耳にかけてペアピンで固定

耳を出す髪型は、耳に髪をかけるだけではいけません。
髪を耳にかけるだけでは、頭を下げた時に顔に落ちてきてしまいます。
何度も言うように葬儀では顔に髪が落ちてくるのはマナー違反ですので、髪が落ちてこないように、黒いヘアピンでしっかりとサイドの髪を止めましょう。
ヘアピンも黒以外の物は使わないようにし、飾り気のあるヘアピンも避けて、シンプルなものを使いましょう。
また、ヘアピンをたくさん使うのも避けましょう。
あくまで必要最低限の数にとどめ、ヘアピンは髪に隠れるように使いましょう。

葬儀にふさわしくない女性のNG髪型

ハーフアップ

ハーフアップは葬儀にはふさわしくない髪型です。
何故ならハーフアップは、髪を一部まとめただけで毛先は広がっていますので、華やかでおしゃれな印象があるからです。
髪を止めるバレッタやゴムなどを黒にしても、ハーフアップは髪が広がる髪型です。
葬儀は、故人を偲ぶ場ですのでおしゃれは不要とされ、華やかな印象を受ける髪型もふさわしくありません。

二つ結び

二つ結びも葬儀にはふさわしくない髪型です。
まず葬儀は、偶数や重なることを連想する数字を避ける傾向があります。
二つ結びの「二つ」は避けられる数字ですので、この髪型はふさわしくありません。
また、二つ結びは幼い印象になる髪型です。
大人が葬儀で幼い印象である必要はどこにもないので、葬儀には不向きなのです。
二つ結びは結んでいるためすっきりとして見えますが、知らず知らずのうちに二つ結びをしてマナー違反とならないように気を付けましょう。

ポニーテール

ポニーテールも葬儀にはふさわしくない髪型です。
これは、先ほど説明した「慶事は耳の上、弔事は耳の下」に由来します。
ポニーテールは後頭部の高い位置、つまり耳の上で束ねる髪型ですから、慶事の髪型であるのです。
ポニーテールを葬儀でしてしまうと、葬儀を喜んでいるという意味合いになってしまいます。
すっきりした髪型であるとしても、葬儀でポニーテールの髪型で参列をするのはやめましょう。

パーマが目立つ髪型

パーマは、かけているとどうしてもおしゃれに見えてしまいます。
そのため、葬儀にはふさわしくありません。
葬儀ではおしゃれをするべきではないと考えられていますので、パーマがかかっている髪はパーマが見えないようにまとめましょう。
特に毛先が跳ねていると、華やかな印象が出てしまいますので上手く隠せるようにお団子にしたり、一時的にワックスを付ける方法がお勧めです。

三編み・編み込み

三編みや編み込みも手の込んだおしゃれな髪型と見なされてしまうので、葬儀にはふさわしくない髪型です。
三編みや編み込みは、シンプルに束ねた時と違って、華やかな印象が出てしまいます。
加えて、すっきりとは見えず清涼感に欠けますので、葬儀では避けましょう。
ただ三つ編みは、最終的にお団子にまとめて見えなくなってしまう場合には構いません。

髪色が明るい方は事前に黒くしましょう

葬儀ではあまり明るい色の髪は、歓迎されません。
これは昔から日本人が黒髪であることと、葬儀に明るい印象は不要だとの考えのもので、現在では治療用かつらや地毛であれば明るい色でも認められています。
しかし、まだ染めた明るい色は葬儀にはふさわしくないと多くの人が考えていますので、葬儀に参列する際には、一時的にでも黒い色に戻すのが望ましいでしょう。
その際には、簡易的な黒色スプレーで構いません。
急なお通夜では美容院に行く時間も取りにくいですし、せっかく染めた髪色を戻してしまうのも残念なことです。
そのため、シャンプーなどで落ちるヘアスプレーで葬儀の際だけ一時的に黒く染めれば問題はありません。

葬儀でマナー違反にならないヘアアクセサリー

葬儀でマナー違反にならないヘアアクセサリーは次のようなものです。

  • ヘアピン
  • バレッタ
  • シニヨンネット
  • バナナクリップ

主にこれらのヘアアクセサリーを用いて髪をまとめると、葬儀にふさわしい「清涼感」ある髪型に仕上がります。
なおヘアゴムはシンプルなためにふさわしいとの考え方と、カジュアルでふさわしくないとの考え方があり、ヘアゴムを使う際は黒いリボンで隠すと無難です。
逆に、シュシュやカチューシャ、光沢のある生地のヘアアクセサリーは葬儀には不向きですので使わないように気を付けましょう。

質素な装飾のもの

上記であげた葬儀でマナー違反にならないヘアアクセサリーでは、共通して質素な装飾の物を使いましょう。
装飾が派手であると華美でおしゃれな印象を与えてしまうからです。
一部が金属で光沢があったり、大きすぎるリボンがついていたりするものは使わないようにします。
サテン生地のヘアアクセサリーは光沢が無く、葬儀用としてよく選ばれています。

色は黒・グレーなどの目立たない色

ヘアアクセサリーを葬儀で着ける際には、色にも注意が必要です。
主に黒やグレーなどの目立たない色を選びましょう。
髪色を同じ黒は、目立たずに髪と同化してすっきりとまとまっているように見えますのでお勧めです。
白はシンプルな色ですが、髪に着けると目立ってしまいます。
おしゃれと見なされてしまうので、白を含め黒い髪に目立つ色のヘアアクセサリーは厳禁ですので気を付けましょう。

▼葬儀・通夜でのアクセサリーのマナーを詳しく知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

まとめ

今回は葬儀に参列する女性のふさわしい髪型について説明をしてきました。
・「清潔感」を心がけた髪型にする。
・髪の長さがミディアム~ロングの人は、低い位置でお団子としてまとめるか、一つに束ねてすっきりとまとめるとよい。
・ショート~ボブの長さの人はお辞儀をした際に髪が前に落ちてこないようにヘアピンなどで留めるとよい。
葬儀では故人を偲ぶ心を示すために、身だしなみを整えて参列をするように心がけましょう。

▼葬儀・通夜での服装マナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ