葬儀の香典の袱紗(ふくさ)への入れ方・包み方

香典は袱紗に包んで葬儀会場へもっていき、渡す直前に袱紗から取り出します。
袱紗は現在ではあまり一般的なものではなくなり、見かけなくなってしまいましたが、貴方はご存知でしょうか。
袱紗はマナーを重んじるお葬儀で香典を持参する時にはぜび使いたいものです。
この記事では、袱紗について種類と香典を入れ方・包み方について解説をしていきますので、葬儀に香典を持っていく際の参考になさってください。

袱紗(ふくさ)とは?

袱紗とは物を包んだり贈り物などにかける方形の布のことです。
冠婚葬祭に用いられる袱紗は正絹製が多いですが、ポリエステルなど安価なものも販売されています。
袱紗は元々物を持ち運ぶのに使われていた風呂敷から儀式用に変化したものです。
現在での袱紗には様々な色や模様があり、用途に応じて使い分けることがマナーとされています。

葬儀にふさわしい袱紗(ふくさ)と香典の渡し方 | 色や形、代用品は?

袱紗が必要な理由

慶事ではお祝い金を、弔事では香典を包んで持参する袱紗ですが、なぜ袱紗を用いるのでしょうか。
その答えは、贈り物を持ち歩く際にそのまま持ち歩くと、相手に渡すまでに贈り物が汚れたり、折り目などがついてしまう可能性がありますよね。
袱紗に包んでいれば汚れたり折れたりすることはありません。相手へ綺麗な物を届けるという心遣いから生まれたものが袱紗なのです。

袱紗の種類

ひとくちに袱紗と言っても様々な種類がありますので、ここで少しご紹介します。
袱紗は色や大きさ、柄が豊富で、用途に合わせて下記のような種類があります。

金封袱紗

金封袱紗は金封をすっぽりと入れられる袋状になった形の袱紗です。
包み方までマナーがある袱紗のなかで、金封袱紗は包まずに入れるだけですので面倒がありません。
ただ金封袱紗はあくまで簡略的なものですので、重要な場面には向きませんので、時と場合によって風呂敷タイプの袱紗と使い分ける必要があります。

風呂敷タイプ

風呂敷よりも小さい正方形の形をしていて、汎用性が高い袱紗が風呂敷タイプです。
風呂敷タイプの袱紗には、布だけで金封を包むものがスタンダードですが、他に台紙がついていて金封を台紙に乗せてから包める台付き袱紗、爪がついていて包みやすくほどけにくい爪付き袱紗があり、袱紗を普段使いせず冠婚葬祭ぐらいにしか使わない人は台付きの袱紗をお勧めします。
台付きの袱紗は、金封を台紙に乗せて包めるので包みやすいですし、台紙は一般的には赤系と黒系の裏表になっていて、冠婚には赤系に、葬祭には黒系を上にしてその上に金封を乗せるので非常にわかりやすいのです。
風呂敷タイプの袱紗は暖色系の色はお祝い事に、寒色系の色は悲しみ事に使うことができますが、お祝い金と香典では包み方が異なってきます。
この記事では香典の包み方について、後述しています。

掛袱紗

掛袱紗はその名の通り、包むのではなく掛けて使う袱紗です。
正方形で、四方の角に房がついていて、表には家を示す家紋が彩られていることが多い袱紗で、現在では結納などのお祝い事、大切な贈り物を差し出す際に使われます。
切手盆や広盆などの黒いお盆を下に置き、その上に贈り物を置いて、その上から掛袱紗をかけ相手へと差し出します。
相手側は掛袱紗を上座へと置き、品物を受け取った後、掛袱紗を裏返してお盆に乗せて返します。
掛袱紗は弔事では使用しません。

慶事と両用タイプ

袱紗は色と柄で、慶事用と弔事用で使い分けます。
沢山ある種類の中で慶事にも弔事にも両方使えるものもあり、それは紫色の袱紗です。
ただし、男性に限り「紺色」、女性に限り「えんじ色」も慶弔両方に使うことができる両用タイプですが、男女共通して慶弔に仕えるのは「紫色」のみとなります。
また柄は不要で、無地だけが慶弔両方に使えることができます。
慶弔で使える袱紗には上下の決まりがありません。
これは、慶事では右開き、弔事では左開きがマナーですので、どちらかに合わせて袱紗の上下を入れ替えて使うためです。

▼袱紗の色のマナーを知りたい方はコチラ

通夜・葬儀(告別式)で香典を包む袱紗(ふくさ)は何色?

種類別:香典の袱紗への入れ方・包み方

香典を袱紗に入れたり包んだりする際にもマナーがあります。
せっかく袱紗を使おうと思っても、入れ方や包み方がマナー違反では残念なことになってしまいますので、ここで正しい入れ方と包み方をご説明します。

風呂敷タイプの袱紗

風呂敷タイプは香典を包みます。
使う袱紗の色は寒色系で、具体的には紺・深緑・灰緑・緑・うぐいす色・灰青・灰色・紫です。
なお台紙がついている場合は、香典を乗せる側は黒または灰色の面ですので、ここも気を付けましょう。
では、香典の包み方を見ていきましょう。

  1. 袱紗を裏返して、角が下にくるように置きます。
  2. 袱紗に香典を中心よりも右寄り、表書きが見えるよう正位置で置きます。
  3. 右を左へ折ります。
  4. 下を上へ折ります。
  5. 上を下へ折ります。
  6. 最後に左側を右へ折って、余った部分は向こう側へ回して包みます。

金封袱紗

©kagonma/stock.adobe.com

金封袱紗は香典を入れるだけですが、適当に入れるのではいけません。
弔事は左開きがマナーのため、金封袱紗も左を開けてから香典を入れます。
この時、表書きを正面にしたまま香典を袱紗にいれましょう。
なお、金封袱紗でも弔事に使うことのできる色は風呂敷タイプと同じで寒色系の紺・深緑・灰緑・緑・うぐいす色・灰青・灰色・紫です。

袱紗は代用できる

急なお葬儀の場合、袱紗が用意できなかったり、慌てていて忘れてしまったりすることもあることでしょう。
袱紗が手元にない場合には、以下のものでも代用できますので焦らずに対応しましょう。

ハンカチ

袱紗はハンカチで代用できます。
ただしハンカチを代用する場合には二つの気を付けるべきことがあります。
まず一つ目は、寒色系の色で無地であることです。
袱紗の代用ですので、香典を包む袱紗と似たような条件のハンカチを使うようにします。
レースなどの飾りや模様・装飾などは弔事にふさわしくないので、このようなハンカチは袱紗の代用として使わないように気を付けましょう。
二つ目は、できるだけ折り目の無いハンカチを使うことです。
折り目がついていると失礼に当たりますので、できればアイロンで折り目を伸ばした状態で香典を使うことが望ましいです。
ハンカチに香典を包む際は、風呂敷タイプの袱紗と同じ包み方をします。

  1. 裏返して角が下に来るように広げます。
  2. 香典を表書きが見えるように、中央から右寄りに置きます。
  3. 右→下→上の順番で折ります。
  4. 最後に左を折り、包み込んで完成です。

風呂敷

風呂敷も袱紗の代用として使うことができます。
風呂敷はもともと、風呂に出かけるための着替えや道具などを包んで簡単に持ち運ぶことができる布として重宝されてきた歴史があり、袱紗はそこから金封を包むものとして進化してきました。
風呂敷と袱紗は、物を包むか金封を包むかの差でしかありませんので、袱紗の代用として風呂敷で金封を包んでも問題ありません。
ただ風呂敷は物を包む為に比較的袱紗よりも大きなものがほとんどです。
そのため、袱紗の代用として使うものはできるだけ小さめのものを選ぶようにしましょう。
また、ハンカチと同じで香典を包む袱紗として風呂敷を代用する場合には、寒色系の色で無地のものを使うようにします。
そして香典を包むときも袱紗と同じように包みます。

  1. 裏返して角が下に来るように広げます。
  2. 表書きが見えるように、香典袋を風呂敷の中央より右寄りに置きます。
  3. 右→下→上→左の順で包んで完成です。

香典を包む袱紗(ふくさ)がない!袱紗は絶対に必要?代用品を紹介します

まとめ

今回は、袱紗の種類と袱紗への香典の入れ方・包み方を見てきました。
・袱紗は方形の布で、主に冠婚葬祭で使われる。
・香典を包むのは、風呂敷タイプの袱紗で右→下→上→左の順で包む。
・香典を入れる金封袱紗は、左開きにして香典を入れる。

▼香典のマナーはコチラ

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ