葬儀における礼服とは?通夜・葬儀の服装マナーについて

©buritora/stock.adobe.com

葬儀の礼服は「黒い服であればなんでもいい」と思っていませんか?

実は、礼服には格式があり、故人との関係性によって着分けなくてはなりません。間違った格式の喪服で参列すれば、マナー違反となってしまいます。

この記事では、礼服と格式について解説をします。

礼服とは

礼服とは、お葬式、結婚式、入学式、式典などフォーマルな場での正装です。フォーマルウェアともよばれます。

礼服にはしきたりが多く、式典や神事などそれぞれの場に相応しい礼服があるだけではなく、式典の時間帯や出席者の立場によっても適した礼服が変わることがあります。

例えば結婚式においては昼には昼間に行われる挙式・披露宴に着用すべき礼服、夜には夜のパーティーの礼服があるのです。礼服は、しきたりを理解しシチュエーションに合わせて失礼のない服装を心がけることが大切です。

葬儀に着ていく礼服とは

礼服の中でも通夜・葬儀(告別式)、法事に相応しい礼服を喪服といいます。

喪服はブラックフォーマルともいわれており、黒を基本に目立たない服装にします。喪服には「正礼服(正式礼装)」「準礼服(準礼装)」「略礼服(略礼装)」といった格式があり、立場や関係性を考慮した喪服を着用しなくてはなりません。

例えば、親戚関係の方が喪主よりも格上の服装で参列することや、故人の友人が遺族よりも格上の服装で参列することはマナー違反となってしまいますので、気を付けてくださいね。

【男性】葬儀に着ていく礼服

©Ameashi/stock.adobe.com

ここからは男性が通夜・葬儀で着る礼服について、「正礼服」「準礼服」「略礼服」の格式別に解説します。

正礼服

正礼服は、一番格式が高い喪服です。喪主や遺族(三親等程度まで)、葬儀委員長、世話役など、葬儀で主な立場となる人が着用します

男性の洋装の正礼服は、モーニングコートです。ズボンは黒とグレーの縦縞で、裾がシングル仕立てのもの、ベストは白えりをはずしたシングルのものを着用します。ネクタイは黒無地でネクタイピンは付けません。注意点として、モーニングコートは昼の正装なので通夜ではなく葬儀・告別式で着用します。通夜ではブラックフォーマルを着用しましょう。

和装の正礼服は、紋付羽織袴です。背中と両袖、両胸に計5つの家紋が入った袴が正式です。色は一般的には黒とされていますが、地域によっては白い袴を着用することがあります。帯には地味な色の角帯を締め、足袋は白または黒、草履の鼻緒は黒にします。和装の正喪服に関しても、一般的に通夜での着用はしません。あらかじめ死の準備をしていたように捉えられてしまうためです。

通夜には、この後説明する準礼服のブラックスーツが望ましいでしょう。

準礼服

正礼服に準ずる礼服を準礼服といいます。準礼服は、喪主から参列者まで幅広く着用できるため、一般的にいわれている「喪服」とは準礼服を指します。

男性の洋装の準礼服は、弔事用ブラックスーツに黒ネクタイです。ブラックスーツはシングルでもダブルでも構いません。黒無地で光沢のない素材を選びましょう。インナーのシャツは白無地、足元は光沢のない黒い革靴に、黒無地の靴下を合わせます。

和装の準礼服は三つ紋付きや一つ紋付きです。ただし、近年は喪主もブラックスーツ(準礼服)で出席することが増えており、和装は洋装よりも格上に見られることから、和服で参列すれば喪主より格上の衣装になってしまう可能性があります。一般参列者として参列する場合には、洋装が無難です。

略礼服

準礼服よりさらに格の下がる服装を略礼服といいます。一般参列者として参列する際は準礼服が好ましいですが、突然の連絡を受けて通夜に駆け付ける場合には略礼服でも構いません。

また、通夜の前日までに行う仮通夜に駆け付ける際には、準礼服では「死を準備していた」ように感じられてしまうため、略礼服で向かいます。三回忌以降の法要も略礼服で構いません。

男性の略礼服は、黒や濃いグレー、濃紺など、地味な色合いのスーツです。平服とはいっても弔事に駆け付けるのですから、喪服の基本を守り、光沢や目立つ柄が無く、黒を基調に清潔感のある服装にしましょう。インナーのシャツは白無地、ズボンはダブルではなくシングル、ネクタイは黒無地が好ましいです。

▼【男性向け】葬儀の服装に関するマナーを詳しく知りたい方はコチラ

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

【女性】葬儀に着ていく礼服

©karin/stock.adobe.com

女性の礼服において、正礼服、準礼服、略礼服の格式はどのように設けられているのでしょうか。ここからは女性の礼服を格式別に解説します。

正礼服

正礼服は喪主や親族が着用します。

女性の洋装の正礼服は、ワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。黒無地または地味な紋織りで光沢が無く、透けない素材のものにします。レースやサテンなどの素材は避けましょう。準礼服以下であっても、女性の洋装はワンピースやスーツ、アンサンブルであり、正礼服と準礼服以下に大きな違いがありません。そのため、正礼服として選ばれるのは和装が多いです。

和装の正礼服は、黒無地の五つ紋付きの着物です。半えりや足袋は白ですが、それ以外の帯、帯揚げ、帯締め、草履などはすべて黒で統一します。草履は黒の布製が基本ですが、光沢がなければ革製でも大丈夫です。ちなみに、喪主夫婦で洋装和装をそろえる必要はなく、喪主が洋装であったとしても、喪主の妻が和装で参列することは可能です。

準礼服

正礼服に準じる喪服であり、喪主から参列者まで幅広く着用します。

準礼服の洋装は黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルです。素材は光沢が無く、透けないものにしましょう。極力露出を控えるようにスカートの丈は膝下、ブラウスはえり元の詰まったデザインのものを選びましょう。足元は黒のパンプスに黒無地のストッキングです。袖丈は五部丈以上の長さを選びましょう。

準礼装の和装は、地味な色留袖・色無地紋付や訪問着に黒喪帯や色喪帯を合わせます。遺族の場合は黒喪服を選びましょう。近年では「和装=正喪服」と考える方が増えており、和装で参列すると近親者と見られてしまいがちです。また、色喪服が準喪服であることを知らない方も増えています。そのため、準喪服を着る機会に和装を選ぶ方は、ぐっと少なくなってしまいました。

略礼服

略礼服は急な知らせで通夜以前にお参りする場合や、三回忌以上の法要で着用します。「平服でお越しください」と案内がある場合にも、略礼服を選びます。

女性の略礼服は、地味な色合いのワンピースやスーツ、アンサンブルです。黒や濃紺、グレーなどのダークカラーであれば良いとされています。平服といえど葬儀に参列する服装ですので、葬儀の服装における基本的な注意点は守り、露出や光を抑えた服装にしましょう。

▼【男性向け】葬儀の服装に関するマナーを詳しく知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

葬儀で着用する礼服のマナー

礼服の基本について説明しましたが、着用する際にも気を付けるべき点があります。

そこでここからは、男性の葬儀の服装について、細かい注意点を解説していきます。

ワイシャツ

男性のワイシャツは必ず白色を選びましょう。喪服は黒を基調としますが、ワイシャツに関しては黒やグレーではなく白です。

急な知らせで駆け付ける場合には、地味な色合いあれば問題ありませんが、葬儀・告別式に参列する際は白無地のシャツにしましょう。また、ストライプなどの柄つきや、ボタンダウンなどはカジュアルな印象を与えますので避けるようにします

ボタン

ジャケットのボタンは、モーニングコートのように1つしかついていないものや、3つのボタンがついているものがあります。葬儀のジャケットも、ビジネススーツと同様にボタンの留め方に関してのマナーがあります。

モーニングコートなど1つボタンの場合は、このボタンは留めるのがマナーです。ブラックスーツなどボタンが2つ以上ある場合には、一番下のボタンは外すようにしましょう。

ダブルスーツ・シングルスーツ

男性のスーツには、ダブルスーツとシングルスーツの2つの種類があります。葬儀においては、黒であればどちらのタイプでも構いません。特に格の違いもありませんので、デザインの好みや自分に合うものから選んでいただければ問題ありません。

かつてはダブルスーツでの参列が多かったですが、近年は若い方を中心にシングルスーツが増えている傾向にあります。

葬儀に着ていく礼服がない場合はレンタルがおすすめ

急な知らせで着ていく礼服がない

久しぶりに喪服を着たら、なんだかおなかの周りがパツパツな気がする・・・

そんな場合には礼服のレンタルを利用すると良いでしょう。喪服のレンタルサービスは、購入するより安く自分のサイズに合った衣装を用意することができ、お手入れをする必要もないため便利です。葬儀に参列する機会の少ない方には特におすすめしたいサービスです。

近年では多くの葬儀社が、衣装レンタルサービスを取り扱っています。まずは参列予定の葬儀社に問い合わせてみましょう。当日の会場に衣装を用意してくれることもあるので、大変便利です。

また、ご自分でインターネットで喪服のレンタルを取り扱っている業者を探して依頼するのも一つの手です。葬儀社に依頼するよりも衣装の種類が多いので、自分に合ったデザインを選ぶことが出来ます。葬儀の日程までに宅配が間に合うかどうかも、忘れずに確認しましょう。

まとめ

葬儀の礼服と格式を男女別に解説しました。喪服の格式は、故人との関係性によって変わります。

間違った格式の服装で参列してしまうと、マナー違反となってしまいます。服装に迷った際には、喪主から一般参列者まで幅広く着用できる「洋装の準礼服」で参列するのが無難です。

葬儀の服装マナーをあらかじめ理解し、いざという時には焦ることなくマナーに沿った服装で参列できるようにしておきましょう。

▼葬儀に参列する際の服装や髪型のマナーについて知りたい方はコチラ

葬儀の服装や髪型マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ