葬儀やお通夜で花を贈る際に気をつけておくべきこととは?花の種類や値段の相場について解説

葬儀やお通夜では祭壇を飾ったり、故人にお供えしたりとさまざまな場面で花は欠かせないものです。葬儀での花といえば白い菊をイメージするかもしれませんが、最近では白い菊だけにとらわれず故人や遺族の意向を反映して洋風なイメージの花を取り入れることも多くなってきました。

葬儀で飾られる花は、親しい身内や会社関係の方へ贈ることがありますが、葬儀で用いる花にはどのような種類があり、誰が手配するのかを良く知っているという人は少ないようです。この記事では、そのような状況になった時に慌てないように、葬儀の花にはどのようなものを選べば良いのか、どうやって手配をするのかについて解説をしていきます。

葬儀・お通夜でおくられる花の種類

葬儀ではいろいろな種類の花が飾られ、それぞれに目的が違っています。代表的な種類としては「供花」、「花輪」、「献花」、「枕花」のお花に分けられ、誰が贈るのが良いのかも異なっているので、自分が贈る時にはどのお花を準備するのが良いのかを知っておくようにしましょう。

供花

供花(きょうか・くげ)は故人への弔意を表すためのお花で祭壇の脇や会場の中にお供えします。供花は故人と親しかった人や葬儀に参列することが難しい場合に贈られることが多く、場合によっては香典の辞退がされている場合に、香典代わりに供花を贈るということも見られます。

供花には白を基調とした菊やユリの花がも多く用いられますが、宗教や地域によっては花ではなく魔除けに効くとされる樒(しきみ)を供花とするところもあります。

供花は余り場所を取らないようにフラワーアレンジメントの形で送ったり、会場の場所に余裕がある時にはフラワースタンドの形にして贈るようにします。

葬儀で供花を手配する方法とは?贈る前に知っておきたいマナーや相場について解説

花輪

花輪というとお店の開店祝いなどで店舗の入り口に飾られているものをイメージするかもしれませんが、地域によっては葬儀やお通夜の式場の入り口の近くに花輪を飾るところもあります。

花輪は主に、親族や故人の所属していた会社などの団体から贈られることが多いです。ただし、会場の入り口に花輪を置くスペースが必要であったり、景観の問題などから最近では葬儀場の方で花輪は飾らないとしているところもあったりと、見かけることが少なくなっています。

葬儀の花輪はどこで注文すればいい?相場の値段や名前の書き方を解説

献花

キリスト教の葬儀では焼香は行いませんが、参列者が棺の中や祭壇にお花を1本ずつ供える献花と呼ばれる儀式が行われます。最近ではキリスト教だけにとどまらず、棺の中に献花を行うことが見られるようになっています。

この献花には故人の好きだった花を用いこともる多く、葬儀場の方が遺族との打合せでどのような花にするのかを決めて準備されます。

枕花

枕花は故人の枕元に飾られる花のことです。主に臨終からお通夜にかけて、故人の霊を慰めるために枕元に置かれます。枕花は基本的には故人の親戚や、特に親密な関係の人などが訃報を受けてすぐに準備される事が多いです。

枕花は枕元に置かれる花であるため、故人に寄り添うように小さい花が選ばれます。また、直接畳や床の上に置く事ができるように盛籠にしたり、足台のついた花器に入れたものが用意されます。

葬儀・お通夜でお花を手配する方法

葬儀でのお花は一律に同じ花を並べる事が多く、違う種類の花を贈ってしまうとその部分だけ統一感がなくなる可能性があり、全体の調和が取れなくなる恐れがあるため、注意が必要です。したがって、葬儀に花を贈る場合には、葬儀が行われる葬儀社に連絡をして、花の手配を依頼すると安心です。

ほかにも、生花店に依頼して、生花店が葬儀社とやり取りをして他の供花と同じものを手配してくれる場合もあります。

最近ではネットで供花の申し込みができるサービスがあり、夜間でも手配が可能であったり、申し込みの履歴を文書で残す事が可能であるため、会社関係で会計などの処理をするには便利です。

花にかかる費用の相場とは

葬儀やお通夜で花を贈る時には1基(1つ)か1対(2つ)のどちらを贈るのかを決めます。贈る花の種類によって1基で送るものと1対で贈った方が良いものがあります。昔は1対で贈られることが一般的でしたが最近では1基で贈っても良いとされることも多く、特に決まりはないため故人との関係性や予算との兼ね合いで決めるようにすると良いでしょう。ただし、花輪を贈る時には1基で贈ることが多いため注意しましょう。

葬儀に贈るお花のおおよその相場としては1基で7,500円~1万5千円くらいで、1対だとその倍の1万5千円~3万円くらいになります。ただし、葬儀には生花を贈ることが多いため、季節や市場の相場によって変動も見られることを理解しておきましょう。

葬儀で花を用意する場合の注意点

葬儀場に花を贈る時に注意しなければいけないポイントとして、最寄りの生花店やネットのオンラインで花の手配をしようと思っても、葬儀場によっては外部の業者からのものの持ち込みを受け付けていないケースが挙げられます。また、事前に葬儀場と打ち合わせができていなければ、自分の出した供花が周囲のものと違っていたため、目立ってしまったということが起こりえます。

そのようなことにならないように、葬儀場以外の場所で花の手配をする際には事前にしっかりと相談、確認をするようにするとよいでしょう。

ほかにも、葬儀に花を用意しようとするときに注意しなければいけない点がありますので、事前の確認を怠らないようにしましょう。

「お花代」を払う場合には花の用意は不要

故人の親族や親しい間柄であって、通夜や葬儀に向けて供花を贈りたいときに花を手配する代わりに「お花代」として供花の代金をお渡しすることも可能です。この場合、香典に加えてお花代をお渡しするようにし、不祝儀袋はそれぞれ別に準備をします。

したがって、通夜や葬儀に参列するときにお花代をお渡しするのであれば。供花などの花の用意は必要ありません。

送る前に喪主の確認をとる

葬儀に花を贈る時には、まず最初に遺族に花を贈っても良いかどうかを確認する必要があります。贈っても問題ないような場合には、故人がどのような花が好きだったのかや親族の方の花のアレンジが和風か洋風かなどを可能な範囲で聞いておくとよいでしょう。ただし、その場で聞くことが難しいと判断されれば、無理に聞かなくても葬儀が行われる葬儀社に確認することもできるので問題はありません。

喪主が断っている場合には無理に送らない

最近では故人や遺族の意向で供花などをお断りされているケースも増えてきています。したがって、お花を手配する前に必ず遺族に連絡をして確認をとるようにします。もし、供花を辞退されている場合には、気持ちだからといって無理に贈ることは遺族に負担をかけてしまうことになります。したがって、辞退されている時には無理に贈らないのがマナーです。

花に名前を入れる際の書き方とは

花を送る時には個人で贈る場合でも、会社などで贈る時にでも札名を添えるようにします。個人で贈る時には自分の氏名を記載するだけで良いのですが、会社や親族などの場合には札名の書き方にもマナーがあるため、間違えないように手配をしましょう。

会社名義で花を送る場合

故人の勤め先から花を贈る時には会社名を記載します。会社の正式名称を記載しますが、会社名が長い場合には、株式会社を(株)、有限会社であれば(有)というように略しても構いません。そして、会社名の横に役職名と代表者名をフルネームで記載します。

会社の社員一同や職場から花を贈る時には、名前を連名にして記載します。このとき、右から順番に役職の高い人を書くのがルールです。また、連名にするのは3人までで3人以上で花を贈る時には「〇〇一同」というような書き方にします。

故人の孫や子供が連名で送る場合

故人の孫や子供などの親族が連名で送る時には特に決まりはないため、「〇〇家孫一同」や「〇〇家子ども一同」というように書くと良いいでしょう。

また、家族や親戚など身内の場合には送る人数が2,3人であっても個人の名前を書くことはせずに連名での表記とします。親族が花を贈る場合であっても、個人の名前を出すことは無いので間違えないようにしましょう。

葬儀やお通夜で花をいただいた場合はお返しに何を渡せばいい?

葬儀のお花はお供え物との考え方もでき、香典とは違いお返しは不要とされることもあります。ただし、何もしないということは礼に欠けるため、何らかのお返しは必要です。したがって、お礼状だけをお送りすることもあれば、お返しとして品物を贈っても構いません。また、地域によっては香典と同様に、3分の1から半額程度のお返しの品をお返しするというところもあります。

まずは、電話やお礼状を送ってお礼を述べるようにしましょう。お礼状だけを送る場合は四十九日の前でも構いませんので、葬儀が終わったのち1週間ほど経ったころにお礼状の送付をするとよいでしょう。

また、お礼の品物を送る場合には香典返しと同様、四十九日の忌明け後にお礼状をつけて贈ると良いでしょう。

▼お礼状(挨拶状)の書き方や送る際のマナーを知りたい方はコチラ

香典返しの挨拶状 | 内容・書き方・贈るタイミングは?【葬儀スタッフ作成の例文あり】

 

まとめ

葬儀で用いられる花にはいろいろな種類があり、特に故人と親しかった場合には、供花や花輪を贈ることもあるでしょう。ただし、葬儀の花を贈りたいときには、まず遺族に花を贈っても良いかどうか意向の確認をして、ご迷惑にならないようにする必要があります。

また、通夜に間に合うようにするためには、訃報を知ってからすぐに手配をする必要もありますので、どのような花を選べばよいのかなど迷った際には葬儀場に確認をしながら、速やかに準備を進めましょう。

葬儀の花を贈る際のマナーや注意点を守り、急な訃報にも落ち着いて対応ができるようにしたいものです。

▼葬儀までに必要な準備の一覧はコチラ

葬儀の際に準備しておくべきこととは?タイミング別に準備するべきことを解説【チェックリスト付き】

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ