花祭壇で自分らしい葬儀!種類や値段、選ぶ際のポイントを解説

葬儀には、「その人らしさ」が感じられる祭壇を飾りたいと考える方が増えています。花祭壇は、本人のイメージに合わせた生花で華やかに飾ることができるため、近年人気を集めています。

今回は、花祭壇の値段や種類についてまとめました。

花祭壇とは

花祭壇(生花祭壇)とは、その名の通り、菊や洋花などのお花で作られた祭壇のことです。従来は「白木祭壇」が主流でしたが、近年では、色とりどりの花を使った「花祭壇」が増えてきています。

花祭壇は、季節に合った花や故人が好きだった花など、アレンジのバリエーションが豊富で、故人にふさわしいデザインに飾ることができます。また「好きなお花を飾りたい」「優しいイメージの祭壇がいい」「故人らしいデザインにしたい」と考える方から花祭壇は人気を集めています。

花祭壇と白木祭壇との違い

花で形作られた祭壇を「花祭壇」というのに対し、従来の葬儀で定番とされていた白木の祭壇を「白木祭壇」といいます。花祭壇と白木祭壇の大きな違いは、祭壇に屋根(家や城の部分)があるかどうかです。

昭和初期ごろの葬儀では、白木の神輿に棺桶をいれて「野辺の送り」を行っていました。その名残から、白木祭壇には神輿の屋根がついています。一方で花祭壇には屋根はつきません。

また、仏教的意味合いの装飾が多い白木祭壇に対し、花祭壇は宗教色が薄く、宗派に関わらず使用することができます。

花祭壇の種類

花祭壇といえば、一般的には生花で作られた祭壇ですが、近年では造花で作られた祭壇を扱っている葬儀会社もあります。生花祭壇と造花祭壇について、それぞれの特徴を説明します。

生花祭壇

生花祭壇は、「好きだった花を使用したい」「故人のイメージに合った祭壇にしてほしい」などの、具体的なリクエストをすることが可能です

生花で祭壇を作り上げるため、白木祭壇と比較して価格が高めになります。生花独特の香りを感じられ、祭壇の美しい生花を棺に手向けることができる点は、生花祭壇のメリットです。

造花祭壇

「美しい花祭壇を飾りたいけど、費用を抑えたい」という方に向けて、近年一部の葬儀会社が取り扱い始めたのが、造花を使用した祭壇です。コスト面だけでなく、祭壇の準備に時間がかからないので、緊急の通夜でも用意ができるという点もメリットです。近年の造花は、一見では生花と見分けがつかない程、クオリティが高くなっています。

ただし、キリスト教など、造花ではなく生花を飾る必要がある宗教では飾ることはできません。特に生花にこだわらない場合には、検討してみるのも良いでしょう。

花祭壇が選ばれる理由

従来は白木祭壇が一般的でしたが、近年は花祭壇の方が人気となっています。では、どのような理由で花祭壇が選ばれているのでしょうか。花祭壇の人気の理由について解説します。

華やかな雰囲気でお見送りできる

昔ながらの白木の祭壇が厳かな雰囲気を演出する一方で、花祭壇は優しく温かい雰囲気を作り出します。まるで故人が花畑の中にいるかのように見える花祭壇もあります。見た目の美しさが、花祭壇が選ばれている理由の一つです。

祭壇をアレンジすることができる

従来の白木祭壇は、祭壇の形が決まっているのでアレンジの幅は狭いですが、花祭壇は故人のイメージに合わせて自由な形に作り上げることができます。

葬儀会社にもよりますが、デザインが決まっている花祭壇であっても、部分的に遺族の希望を取り入れられることが多いです。アレンジが増える分コストはかかりますが、「その人らしさ」を考えて、想いを込めた祭壇を用意することができます。

どのような宗教・宗派でも使うことができる

花祭壇は、仏式はもちろん、神式、キリスト教式、創価学会友人葬、無宗教など、ほぼすべての宗旨宗派で飾ることができます。

ただし、宗教によっては、宗教的な飾りを入れ込むために、理想通りのデザインにならない場合があります。例えば、日蓮正宗では、花ではなく樒を飾ります。そのため、花祭壇といっても、樒を入れ込んだ、緑色のデザイン祭壇となります。

このように宗教によっては多少デザインが変わることはありますが、どの宗旨宗派にも対応でき、比較的自由度が高い点も花祭壇の魅力です。

花祭壇の価格相場

花祭壇の費用は、祭壇の大きさや、花の種類、アレンジによって変動します。葬儀業者によっても、祭壇の価格帯は大きく変わります。葬儀業者に希望のイメージを伝え、価格を確認するのが良いでしょう。

一般的に、花祭壇は小規模の祭壇なら15万円程度~ですが、立派な物だと100万円を超す祭壇もあります。通常の白木祭壇と比較すると、高額になる傾向です。

▼その他の祭壇の値段を知りたい方はコチラ

祭壇の値段はいくら?花祭壇や白木祭壇の値段、葬儀全体の費用も解説

花祭壇で使われる花

花祭壇は、白い花のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

白以外にも、花祭壇では淡いピンクや黄色、青や紫など、様々な色合いを使用します。使われる花の種類も豊富で、菊や百合といった定番の花以外にも、カーネーション、トリコキキョウ、ひまわりなども近年の葬儀では使用されています。

菊は、天皇家の紋章であり、花の中でも長持ちする花です。白木祭壇や供花として、葬儀において一番使用されてきた定番の花です。花祭壇においても、菊をベースに、大小さまざまな大きさの菊を組み合わせてカーブラインを描くことで、祭壇に立体感があるように見せることができます。

百合

洋花をベースにした花祭壇には、白もしくは、淡いピンク色の百合を使用したものが多いです。百合は、気品と華やかさを演出し、式場に良い香りを漂わせます。

蝶が羽を広げたかのような、華やかな印象のある花です。オープン祝いなどの慶事で使用されることも多い花ですが、弔事の場でも使用されます。花祭壇に胡蝶蘭が加わると、豪華で華やかな印象になります。

葬儀の祭壇に飾る花の種類や並べ方、値段とは?後飾り祭壇の場合も解説

花祭壇を選ぶ際のポイント

花祭壇を選ぶ際には、葬儀のイメージに合ったものを選びましょう。といっても、多種多様なデザインの中から、どれか一つに絞り込むことは、難しいことです。花祭壇を選ぶ際のポイントについて解説をします。

会場の広さに合わせたサイズにする

家族葬用のホールと、一般葬用のホールでは、祭壇を飾るスペースの広さが異なってきます。大きなホールに小さな祭壇を飾ってしまうと、飾り映えがしなくなってしまいます。また、小さな式場であれば、小さな祭壇であっても十分立派に見えます。

「こんなはずじゃなかった」とならないように、事前に葬儀ホールを見学し、ホールに対して最適な大きさの祭壇を依頼すると良いでしょう。

故人の好きな花を使う

花祭壇に使用する花は、菊やユリ、蘭などが多いですが、故人の好きだった花を取り入れると、一層故人らしい祭壇になります。葬儀社によっては花のリクエストが出来ない場合や、季節によって手配できない場合もありますので、葬儀社に確認すると良いでしょう。

また、好きだった花ではなく、故人のイメージにぴったりな色を基調とした花祭壇にするのも良いでしょう。

故人の好きだったものをモチーフとして取り入れる

故人らしいものをモチーフに、花祭壇をつくるケースもあります。例えば、音楽が好きな故人のための楽譜をモチーフにした花祭壇、優しかったお母様へ送る、女性らしいハートをモチーフにした花祭壇、故人の好きだった車をモチーフにした花祭壇などがあります。

オリジナルのアレンジは、技術を持った職人がいる葬儀社でないと対応ができません。希望される場合には、葬儀社との事前相談で、あらかじめ要望を伝えておくことをおすすめします。

まとめ

花祭壇について解説をしました。美しい花祭壇は、故人の供養だけではなく、遺族にとっても心の癒しになるでしょう。

花祭壇は、葬儀社によって価格帯やデザインセンスにばらつきがあります。事前相談を行い、祭壇のイメージを確認しておくことをおすすめします。

▼その他の祭壇の種類や選び方などを知りたい方はコチラ

葬儀で使う祭壇とは?種類や値段、選び方などを元葬儀スタッフが解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ